サイコメトリーあいつ 5話・6話 あらすじと感想 キム・グォン カン・ソンモ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

サイコメトリーあいつ  사이코메트리 그녀석 全16話

第5話視聴率 2.349%

quetalsurinoさんより

第5話 あらすじ

カン・ソンモ(キム・グォン)を監視する男は、三人が会っていることを確認し、三人は監視されていることには気づかない様子。

ソフン治安センターで勤務するユン・ジェイン(シン・イェウン)を訪れたカン・ソンモ(キム・グォン)は、イ・アン(ジンヨン)を発見すると驚き、イ・アンの持つ能力を強めるために彼の持つサイコメトリー能力をトレーニングするため、地域内で起きる事件を解決することをお願いします。

イ・アンの持つ能力で事件を解決し、刑事として異動を希望するジェインにとっても実績をあげることになるだろうと。。。イ・アンと共に事件を解決することを悩むジェインに、イ・アンは幼い頃二人が出会っていたことを始め、ジェインと一緒にいるとサイコメトリーの能力が上がるような気がすると、ジェインの捜査に協力したとの気持ちを伝えます。

一方、刑事のウン・ジス(キム・ダソム)は、ソンモがイ・アンの能力を通じて何かを確認したがっていることに気づくと、イ・アンがソンモの過去の記憶だけは見られない理由を探そうとします。ソンモが心を閉ざしたからだと予想するジス。

ソンモは、イ・アンが見る過去の記憶のパズルをつなげ合わせるのはジェインだと思っている。ジェインと共にサイコメトリーを使って、地域で起きる事件を解決し始めることになったイ・アン。

イ・アンはソンモの後を追うソフン宅配のトラックを見ると、ソンモが心配になり後を追いかけます。イ・アンの存在に気づいた男がイ・アンを攻撃し、刺されてしまいます。犯人の手を握ったイ・アンは男が幼いソンモを監視し続けたこと、11年前の事件が起きた時にもソンモを監視していたことを、サイコメトリーを通じて知ることになります。急所は外されていたため、一命を取り止めたイ・アン。

キャリーバックで発見された遺体の身元が調べた結果、2年前の病院で起きた事件後に失踪したカン・ヒスクだと分かります。しかし、発見された遺体は4,5年前には既に死亡していたことが明らかになると、2年前にハンミン病院でカン・ヒスクを名乗り働いていた介護士が誰なのかを探り始めます。

入院中のイ・アンの病室に侵入する誰かに気づいたイ・アンは、パーディションとして敷かれていたカーテンを利用し、ぐるぐる巻きにすると、待っていた友人イ・デボン(ノ・ジョンヒョン)だと思って、デボンの名前を呼びながら、嬉しそうに抱きつきます。しかし、相手の反応は。。。

第5話 感想

ソンモを監視する男性の正体は?

ソンモには明かせない過去があるのでしょうか。事件の鍵はやはり、ソンモが握っているように思える展開でした。過去、ソンモの母は外出することもなく、何かから隠れている様子と、鎖でつながれた少年が、前の話に登場していますが、やはり少年はソンモのようで、ソンモを監視てして男の正体が早く明らかになって欲しいです。

犯人がイ・アンの病室に侵入しましたが、友人デボンを待ちきれなかったイ・アンが病室を空け、売店にいる間侵入したため、イ・アンは無事でした。ハラハラさせられたけど、イ・アンが無事で何よりです。今後、ジェインと共にサイコメトリーを使って本格的な捜査に取り組むことになるので、徐々に隠された秘密が明かされることになるのでしょう。

サスペンスドラマとしては、少しスリル感が足りないような印象で、もっともっとハラハラさせられる展開でもよさそうです。ちょっと物足りなさを感じました。

過去、火災が起きる前ソンモの母はインタフォンが鳴ると怯えた様子で、ソンモが住むマンションの反対側には彼らを監視する男の姿が登場しました。その時に登場した日時と時間は2005年12月3日、18時20分。

ソンモの母、カン・ウンジュに執着する男性の姿に、もしかすると11年前の事件は、カン・ウンジュを狙った犯行だった可能性がありそうで、もしかして彼女が11年前の事件で死んでいない可能性までありそうで、ソンモは母を監視した男が犯人だと知っているのでしょうか。

カン・ウンジュが11年前の事件で生き延びていて、カン・ヒスクとして生きていたとすれば、2年前に起きた事件との関連性も説明できそうです。ただ、謎の男が監視していたのがソンモの母だったのか、ソンモだったのかも明確ではないので、様々な推測はできる。母が狙われていたとすれば、母を守るためソンモが起こした事件の可能性もあり、彼が真犯人かも?

過去の事件にソンモが関わっていることは確かのようです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話視聴率 2.794%

quetalsurinoさんより

第6話 あらすじ

イ・アン(ジンヨン)の持つ能力に興味を持ち始めたユン・ジェイン(シン、イェウン)は、カン・ソンモ(キム・グォン)からのリクエスト通り、イ・アンのサイコメトリー能力を上げるため、彼のトレーニング役を引き受けます。その様子を黒い服の男の謎の男が見つめます。

カン・ヒスクの遺体が発見されたことで、5年前に死んだ本物のカン・ヒスクと、介護して働きカン・ヒスクの名前を使っていた女性がいた事に気づいたソンモとウン・ジス(キム・ダソム)はそれぞれのカン・ヒスクに関して調査を進めることになります。

一方、収監されている父を訪ねたユン・ジェインは過去の事件を捜査し始めたことを伝えますが、父の反応は冷たい。サイコメトリー能力を高めるため、ジェインとイ・アンの努力は続き、徐々に自分の持つ能力を理解し始めたイ・アン。5年前に死亡した本物のカン・ヒスクの遺体をサイコメトリーすることになったイ・アン。経験や知識を積むことで、サイコメトリーできる能力をより優れたものにできると信じるジェインは、遺体に触れて残された記憶を見る前にこれまで進められた捜査内容をイ・アンに確認させます。

カン・ヒスクの遺体に触れたイ・アンは、超能力を使って殺人犯の顔を見ることに成功しますが、その後、強い痛みを感じると倒れ、彼を心配そうに見つめるジェイン。イ・アンが見た殺人犯は2年前に起きたハンミン療養病院で起きた事件の目撃者、キム・カプヨンでした。

キム・カプヨンは、既に死亡している人物。。。カン・ヒスクが殺害される時に残したキム・カプヨンの言葉「何も残さないよう、あの方が望んでいるから・・・」をソンモ、ジスとジェインに伝え、何者かの命令でキム・カプヨンが動いたことに気づく。

ソンモはジェインの父が、13年前の事件の犯人だとウン・ジスに伝えると、ジスはショックを受け、その後はジェインとの間に距離を置くようにします。一方、ソンモとイ・アンが住む部屋に侵入した男は、ソンモと彼の母が映る写真を持ちだし、明るいところで、ソンモの母の顔を確認します。

ジェインはイ・アンの能力を高めた後、父が殺人犯になった事件の真相を探るため協力を求めようと思う中、刑務所にいる父が自殺を図ったことを伝える連絡を受けます。呼吸困難に陥った彼女を心配そうに見つめたイ・アンは、「許されるまで接待に直接触れないようにするから安心して」と語ると、直接肌に触れないよう気を付けながら、彼女をそっと抱きしめます。

第6話 感想

イ・アンの純粋な気持ちに2度も、感動させられました。彼がサイコメトリー能力を高めようと努力する理由は、ジェインのためですが、彼女が望むまでは絶対に勝手に彼女の記憶をサイコメトリーしないように気遣う姿に、感動です。

呼吸困難で倒れたジェインに触れないように彼女を抱きかかえるイ・アンの姿は可愛かった。自殺を図ったジェインの父は亡くなったのか、未遂で終わったのかが分かりませんでした。ジェインの父をサイコメトリーすると、犯人が浮かび上がりそうですが、事件の真相がすごく知りたい!事件の背後にいる存在を示唆するような内容も登場しましたが、ストーリーが半分ほどしか過ぎていないので、まだまだ新たな事件が起きそうです。

ジェインのトレーニングが始まり、図書館で勉強詰めの時間をすごくことになったイ・アン。確かに、彼女と一緒に居るとイ・アンの能力がますます高まるようで、図書館を舞台にしたエピソードは面白かったです。イ・アンのサイコメトリー能力を高めるトレーニングは、ソンモの記憶を読み取れるようになるまでが条件ですが、カン・ソンモに関してはやはり怪しいところが多くて、ますます謎が高まります。

2005年の事件があった夜、黒いキャリーバックを持った男性現れ、ドアが開いているソンンもの家に入っていく姿が描かれました。その後、部屋に誰もいないことに気づくと、ナイフを持って外に向かいました。

この時登場した黒い服の男性と、遺体で発見されたカン・ヒスクを殺した男性が同じ人物だとするとキム・カプヨンが犯人になりますが、彼は既に死んでいて、ジェイン、イ・アンやカン・ソンモを監視する黒い服の男性とは違う人物になります。簡単そうに見えたけど、話しが進めば進むほど複雑になってきました。

状況からしてソンモが殺人事件の犯人の可能性もありそうで、偽物のカン・ヒスクの存在にソンモが既に気づいていたような感じから、もしかするとソンモの母がカン・ヒスクとして生きていたことになるのか、ジェインの父が自殺を図った理由や、事件とソンモのかかわりまで、謎が多くなってきました。

キム・グォン 김권 カン・ソンモ役
出典:http://program.tving.com/
生年月日: 1989年 5月 16日 身長/体重: 183cm, 68kg  タレント、俳優
一緒に暮らしましょうか?!(2018/KBS) チェ・ムンシク ミヨンの息子、インテリア会社開発チーム長
魔女の法廷(2017/KBS) ペク・ミノ ペク室長の弟、アン・テギュの友人
空港に行く道(2016/SBS) チェ・ジェア スアの弟、体育講師
波瀾万丈嫁バトル(2015-2016/MBC) イ・ジュンソク ハンバッピクチャーズ映画プロデューサー
幽霊が見える刑事チョヨン2(2015/OCN) ハン・テギョン 特殊事件担当チーム刑事
他 多数

 

サイコメトリーあいつ 7話・8話 あらすじと感想 キム・ダソム ウン・ジス役

 

サイコメトリーあいつ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー