サイコメトリーあいつ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Mnet(2019/9/2-26)月~木曜日13時から 字幕
●【日本初放送】Mnet(2019/6/21から)6/2に第1話先行放送 金・土曜日21:30から 字幕
●韓国放送 2019年3月11日~4月30日

サイコメトリーあいつ  사이코메트리 그녀석 全16話
2019年放送 tvN
平均視聴率 2.39% 시청률 最高視聴率第6回2.79% 最低視聴率第3回1.93%
tvN 사이코메트리 그녀석
あらすじ

父と母の3人で暮らしていたアパートの放火事件によって一人生き残り、その代償にサイコメトリーの能力を手にすることとなった少年イ・アン。

それから月日が流れ、11年前の放火事件と類似した火災が発生。アンの能力を知る特殊部刑事ウン・ジス(ダソム)が彼を捜査に参加させるが、能力はなかなか上手く発揮されなかった。同じく11年前の事件の被害者で当時アンを助けた検事カン・ソンモ(キム・グォン)は、彼が事件に手をつけることを強く拒否する。

結局アンは単独で捜査を進める中、転校生のユン・ジェイン(シン・イェウン)に痴漢だと誤解され、退学の危機に陥ってしまう。

Mnet サイコメトリーあいつ
 
tvN サイコメトリーあいつ  사이코메트리 그녀석
キャスト

ジニョン(GOT7)イ・アン役 (21歳)
相手の体に触れた瞬間、隠している秘密を読み取る”サイコメトリー”の能力を持つ少年。

シン・イェウン ユン・ジェイン役 (21歳)
放火事件の容疑者の娘という理由で様々な苦難を経験し、孤独に生きてきた少女。

キム・グォン カン・ソンモ役 (31歳)特殊捜査本部の検事。

キム・ダソム ウン・ジス役(31歳)特殊捜査本部の刑事。

ジュンヒョン イ・デボン役(21歳)イアンの親友、ガソリンスタンド」の副社長

コ・ユンジョン キム・ソヒョン役(21歳)ユン・ジェインの幼馴染みの保育院実習生

ギムギム  :ホンジョンス(47歳)駅-イアンの高校時代の教師、スクダルスクダル社長

 

治安センターの人

キム・ヒョジン オ・スクジャ役(40代)歌教室の先生で、ジェインの叔母

パク・チョルミン ナム・デナム役(49歳)警衛

 

特殊捜査本部の人

サガン ホン・スヨン役(40代) 国家捜査警衛

チャン・イス イ・スンヨン役(20代後半) ウン・ジスの同僚刑事

オム・ヒョソプ ○○役 県警察庁長 ウンジスの父。イジョンロクの先輩

チョン・ソギョン  :ユン・テハ役 ユン・ジェインの父 アパート警備員。精神アパート放火殺人事件の犯人として知られている

イ・ジョンヒョク イ・ジョンロク役-イアンの父。元警官。精神アパート火災で死亡する。

チョン・ミソン   カン・ウンジュ役-カン・ソンモの母

イ・スンジュン ガン・グンテク役 ベールに包まれた人物。

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /演出:キム・ビョンス。脚本:ヤン・ジナ。
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

サイコメトリーあいつ 1話・2話 あらすじと感想 ジニョン(GOT7)イ・アン役
サイコメトリーあいつ 3話・4話 あらすじと感想 シン・イェウン ユン・ジェイン役
サイコメトリーあいつ 5話・6話 あらすじと感想 キム・グォン カン・ソンモ役
サイコメトリーあいつ 7話・8話 あらすじと感想 キム・ダソム ウン・ジス役
サイコメトリーあいつ 9話・10話 あらすじと感想
サイコメトリーあいつ 11話・12話 あらすじと感想
サイコメトリーあいつ 13話・14話 あらすじと感想
サイコメトリーあいつ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

●以下作品感想

触れた人や物に残された記憶を読み取る特別な能力もつ主人公が描くファンタジーロマンス!

期待を集める若手俳優ジンヨンと、注目が高まっている新人女優のシン・イェウンが主演のドラマと、若さを感じさせるドラマでした。触れた瞬間、相手の秘密や過去等の記憶を読み取ることができる超能力、サイコメトリーを使って事件を解決していくファンタジーサスペンスドラマです。

主人公イ・アン(ジンヨン)とユン・ジェイン(シン・イェウン)の恋物語も登場するファンタジーロマンスドラマでもありますが、個人期にはドキドキハラハラするロマンス感は薄く、サスペンス捜査ドラマとしての印象が強く残る作品だったと思います。

主演を演じるジンヨンは、2012年放送された「ドリームハイ2」で俳優デビュー、2014年からはアイドルグループ「GOT7」のメンバーとして活躍中のジンヨンの初主演ドラマ!「愛しいウンドン」や「青い海の伝説」などでは主人公の子役を演じています。

個人的には「青い海の伝説」に出演した以降、次回作を楽しみに待っていた俳優だったので、初主演とは嬉しいです。超能力を使って事件を捜査する題材はすごく面白いと思ったので、個人的にはロマンス的な要素がない方がもっと楽しめたかもと、少し残念な気持ちが。。。

火災事件の被害者イ・アン(ジンヨン)と、事件の犯人の娘ユン・ジェイン、火災事件から命がけでイ・アンを助けた高校生のカン・ソンモ(キム・グォン)が11年後再会、新たな事件を解決していく過程で、それぞれの心の傷として残っていた過去と向き合いながら、未来を向けて進む姿がよかったです。

ドラマの後半は、ベールに包まれたカン・ソンモ(キム・グォン)の秘密が気になる展開が続き、13年前の事件に関するショッキングな事実が明らかになります。主人公たち以上に注目を浴びることになるのが、カン・ソンモを演じるキム・グォン。これまでは特に記憶に残らなかったような気がしますが、2018年に放送されたホームドラマ「一緒にくらしましょうか?(原題)」では自分勝手で常に上からの目線のキャラクターを演じています。

その他、「魔女の法廷(原題)」を観た時から気になっていた俳優。「マンホール~不思議な国のピル―」、「空港から行く道」、「密会」、「風の便りに聞きましたけど」等の話題作に出演。演技力もビジュアルもスマートで、今後活躍することが期待される俳優の一人。

超能力の一つとされるサイコメトリー、様々なタイプの超能力が存在する中、サイコメトリーへのアプローチや解釈が分かりやすく、ストーリーの展開と演出も悪くなかったです。アウトローな生き方しかできない男によって起こされた事件によって、連鎖する事件の数々。比較的に明るいタッチで描かれていますが、法律で守られない社会の暗い一面を映し出しているドラマなので、個人的にはロマンスよりもサスペンス的な要素が強い作品だと感じました。

それぞれの感性や受け方、考え方などで好き嫌いが明確に分かれる作品ではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー