サイコだけど大丈夫 11話・12話 あらすじと感想

サイコだけど大丈夫



サイコだけど大丈夫 사이코지만 괜찮아

【韓国放送期間】2020年 6月20日から8月9日 2020年放送 tvN 

第11話視聴率5.681%

えぱたさん

第11話あらすじ

「ハッピーバースデートゥーユー」
ムニョンが扉を開けると、オクランがいた。
「あなたのお母さんのファンよ。お父さんに殺されそうになったわ。娘も殺すって」
駆けつけたガンテは、ムニョンをハグし、ベッドに連れて行ってキス。

病院長は患者とゲームをやりながら、オクランについて情報を得る。
「売れない元女優で、最近は鏡に向かって、何かセリフを言うような行動を繰り返していたらしい」
オクランは失踪し、病院長は警察に届け出をする。ガンテはオクランの私物を整理して、箱に詰める。

ガンテはムニョンに身の上話をする。
「兄貴は、母の殺人の現場にいて、唯一の証人だった。それから兄貴は、『蝶々が殺しに来る』と怖がって、悪夢を見るようになった。兄貴はオレの唯一の家族だ。君と一緒に住むには、兄貴の了解が必要なんだ。待っててくれ」

ムニョンはピザ屋に行って、サンテに家に戻ってきてほしいと頼む。
「契約違反だから、罰金を払うか、戻って来るか?」
ムニョンは大量にピザを買って、ガンテの職場へ差し入れする。
「兄貴を説得するのに、せめて10年はかかるかも」
「待てない」

ガンテがムニョンを心配して、サンインの秘書スンジェをムニョンの家に送って、一緒に住むことになる。

テレビを見ながら、ガンテとサンテは会話。
「他人が家族として住むの、大人なら受け入れるよね?兄貴は大人か?」
「35歳だから、子供じゃないね」

病院の壁画を描くサンテは、病院長に交渉。
「いくら払ってくれる?」
「蝶々がいないね? 外の庭とそっくりにしてくれないと、お金を払えないね」
怒ったサンテはすねる。
「嘘つき、嘘つき」
ガンテとちょっとしたことから喧嘩になり、取っ組み合いの大喧嘩。

ジュリに傷に薬を塗ってもらいながら、サンテは言う。
「もう、アイツ弟じゃない」
「じゃあ、私の子供にしていいかな。私の息子にしよう」
と、ジュリの母。

ムニョンの父は、脳腫瘍が広がっていて、手術が必要と聞き、サンインはムニョンに知らせる。
「私は孤児よ」

サンテはガンテに電話をし、6時にレストランで待ち合わせをする。とんかつを2人で食べ、サンテが支払いをし、ガンテに小遣いをくれる。遠くで見ていたムニョンは、自分の分の請求書をサンテに出すが、サンテは無視。それをガンテが払う。サンテを追いかけるムニョン。
「オッパ〜、私サンテ兄貴のようなお兄さんがほしい」
無視してズンズン進むサンテ。
「早く来い。ガンテ!…コ・ムニョン…」  

 

第11話感想

ムニョンに告白する学生服姿のガンテ…。夢の中でしたが、そのガンテの幸せそうな寝顔を見て、感情チャートから「幸せだ」と言う感情を確認したサンテ。ウロウロしながら、弟の幸せそうな顔に見入る兄の演技が素晴らしかったです。

また、翌朝、自分の貯金箱に鍵がかかっているのを客観化できて、中のお金を使って弟に食事を与えようと言う気持ちが起きてきた姿、ガンテが美味しそうに兄を見ながら食事する姿、感動的シーンでした。

お小遣いまでもらって、ガンテの幸せそうな顔。やっと、苦労が報われた気分でしょう。それを黙って見ていた、ムニョン。「私は孤児だ。お兄さんがほしい!」と言って、素敵なエンディングでした。

パク・オクランはムニョンの誕生日を知っていたかもしれないですが、ムニョンの母じゃないと思います。元目立たない女優だったそうで、またもう1人、謎の人物が登場しました。ガンテとサンテの母親を殺害した人物。サンテが立ち去る姿を見ましたが、後ろ姿が女性のようでした。行方不明のムニョンの母親、精神病院から失踪した元女優の女性患者、またもう1人の、女性らしき、殺人者の影。話が面白くなってきました。

このロマンスと並行して、ミステリー&サスペンスが描かれる手法は、『星から来たあなた』と同じです。韓国の中ではあまり評価されなかったドラマのようですが。

このロマンス+ミステリー&サスペンスの書き方は、この頃よく見るようになってきました。最初に見たのは、『マイ・シークレット・ホテル』で。ナムグン・ミンとユ・インナのロマンスが見たいあまりに、グロいシーンを我慢して見てしまいました。笑 背筋が寒くなるシーンの後で、ユ・インナに存在感に、ホッとしました。強烈な印象のあるドラマでした。

今回、聞き取れた韓国語。ドンセン。兄弟の意味。ジェスがマスコットを見つけて、「それはマンテだ。オレたちは兄弟だ」とサンテが言って、ジェスが「オレも混ぜて」と言ったシーンで。

第12話視聴率5.264%

えぱたさん

第12話あらすじ

ガンテとサンテはムニョンの家に戻って、一緒に生活をするようになる。朝食のテーブルには焦げたトーストが…。

サンテを呼んで、病院長は言う。
「蝶のことを昔、ギリシャ語で、プシュケと言って、その意味は治癒することなんだ」
その言葉を繰り返すサンテ。

ピザ屋であばれる子供と格闘して食べさせる家族を見て、ムニョンは言う。
「子供と動物は嫌い」
「子供は愛に飢えていて、とても可愛いんだ。君がそうだった」
スーパーで買い物をするガンテとムニョン。
「子供が欲しい! 子供を作ろう‼︎」
大声を出すムニョンに、周囲の客に笑われる。

精神科医が見合いで近々結婚するので、結婚式の招待状を配る。

ムニョンの机の上にオクランが置いた手紙を見つけたガンテは、見ると中に蝶と紙切れが入っていた。
「私はすぐに来る」
オクランのベッド付近を探すと、刃物やライターが隠してあった。家族写真があって、少女時代のムニョンと父が写っていて、母の部分はガラスが割れていた。

退院するピルオンは、バスの中でサンテに会い、工事現場でドリルの音を聞いてパニックを起こす。病院にまた戻ってしまう。ベトナムに戦争に行って、命令に従って、たくさんの人を殺したと嘆く。

病院長が誘導して、サンテはあの日のことを思い返す。トンネルの前の暗い道を、サンテと母は2人で歩いていて、猫が走って行ったので、サンテは猫を捕まえて、母のところに行く。女が刃物で母を刺していた。
「私の子供は、私が面倒みる」
女はサンテに近寄って言う。
「もし、お前が今見たこと、聞いたことを他の人に話せば、お前を殺す」
ジャケットに蝶がいたと思い出す。母親の蝶の上に小さい子供の蝶が乗っていたブローチ。

ガンテはムニョンの母の写真のジャケットに蝶のブローチがついていたのを見る。ガンテは怒りで拳を壁に叩きつけながら、感情を押し殺して泣く。黒板にあったロミオとジュリエットの文字を消そうとして、泣き崩れるガンテを見て、病院長は慰める。


「家族写真を撮りに行きましょう、明日。もう予約してしまったの」
「行かない。キャンセルしろ」
無邪気にごねるムニョンにガンテは一喝して、驚くムニョンは心配する。
「いったい何を怒ってる?」

翌日は、サンテとムニョンだけが写真屋に行き、絵本用の写真を撮影することになる。2人がポーズをつくていると、ガンテが現れる。  

 

第12話感想

3人で家族写真を撮ろうと言うムニョンの提案で、少し遅れて現れたガンテ。いつもの精神病院での介護士の様子と、スーツでバッチリ決めて、前髪をアップした姿が、まるで違うので、びっくりします。さすが、俳優。

サンテとガンテの母親を殺害したらしい女性の輪郭が、かなりはっきり見えてきました。サンテの証言によれば、「ジャケットに母蝶の背中に子蝶が乗ったブローチをつけた女性」とのことで、ムニョンの母親である可能性は、かなり濃くなってきました。

サンテとガンテの父親の姿が見えないと言うのは気になります。殺害した女性の、「子供」に関する発言から、何らかの恨みによる犯行であるようで、そこに、何かの殺害の動機が隠されているのかもしれません。

まさかガンテとムニョンが兄弟だったとか⁈ 2人を見れば見るほど、似てるなぁ、兄妹のようだと思ってしまいます。しかし、それはないでしょう。幼少期に、ガンテがムニョンに一目惚れして、追いかけているくらいですから、兄妹というのはないと思います。

自分の母を殺したのがムニョンの母らしいと知りつつも、家族写真の店に現れたのは、ガンテにどんな心境の変化があったのでしょうか。親同士の間で何かの問題があった、悪縁の2人かもしれませんが、たとえそうであったとしても、ムニョンに対してのガンテの気持ちは変わらないと、親は親、自分は自分と、ガンテは心の中で確認したのでしょう。

「絶対に兄貴にこのことを知られてはならない」と言うガンテですが、オ病院長にはそのことを話すことができ、かなり心の負担を軽くすることができたのではないかと思います。

出版社代表サンインとジュリのロマンスがあるかもしれません。ジュリのほうが、もう待ってる関係…。

病院の食堂で、「苗字が違うから、家族じゃない」云々のサンテの言葉に、「家族っていうのは、苗字じゃない。家族っていうのは…」とムニョンが言いかけて、ジュリの母が真面目な顔でムニョンを見つめて、「家族っていうのは、愛だ」とか何かの感動的な話を期待した後で、「家族っていうのは、家族写真よ」の発言が、拍子抜けで面白かったです。

エンディングでガンテが家族写真を撮りに来た時の曲は、Yongzoo (용주) ヨンジュの『パズル』(Last Piece Of You) です。

 

サイコだけど大丈夫 13話・14話 あらすじと感想

サイコだけど大丈夫 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想



【放送情報】


【ポッサム-運命を盗む】

●BS-TBS 全28話(2023/1/26から)月~木曜日12:59から 字幕

ポッサム-運命を盗む (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【誰も知らない】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2023/1/26から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

誰も知らない(韓国ドラマ)全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●BS日テレ 全28話(2023/1/31-3/9)日テレ月~金曜日11:30から 字幕 ※シーズン2・シーズン3も放送決定!

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【悲しくて、愛】

●サンテレビ 全22話(2023/1/31から)毎週 月-金曜日 11:00~ 放送

悲しくて、愛 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


【風と雲と雨】

●テレビ大阪 (2023/2/2) (木) 月~金曜日 9:30~

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト) 


【オクニョ運命の女】

●BS日テレ 全51話(2023/2/3から)月~金曜日13時から 字幕

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP