ゴールデンクロス 愛と欲望の帝国 視聴率 キャスト 感想とあらすじ 


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【日本放送】
●GYAO!(2020/1/19)配信開始
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11177/v00019/
●ホームドラマチャンネル(2019/10/3-30)月~金曜日深夜26:45から 字幕
●ホームドラマチャンネル(2019/6/19から)水・木曜日16:45から 字幕

【韓国放送期間】2014年 4月9日から6月19日 水曜日、木曜日の22時〜

ゴールデンクロス 愛と欲望の帝国 골든크로스 全20話
2014年放送 KBS
平均視聴率 8.0% 시청률 最低視聴率第2回5.0% 最高視聴率第15回11.3%
ゴールデンクロス 愛と欲望の帝国DVD-BOX1
あらすじ

 温厚でお人好しな性格のせいで、いつも損をしている銀行員ジュワン。ある日上層部から持ちかけられた書類偽造を断りクビになってしまった。そんな中あろうことか娘殺害の濡れ衣を着せられ警察に検挙される。ジュワンの息子ドユンは司法試験に合格して検事になることが決まっていたが、この事件のせいで保留にされて父をうらむドユンだったが、父も獄中で殺されてすまう。妹と父を殺した巨悪の存在に気付いたドユンは復讐を決意して秘密結社「ゴールデンクロス」に近づいて・・・。

キャスト

キム・ガンウ  カン・ドユン  検事→弁護士


イ・シヨン  ソ・イレ  検事  名門の家系


チョン・ボソク  ソ・ドンハ  イレの父、経済企画部金融政策局長


ハン・ウンジョン  ホン・サラ  ミステリアス。クラブ「ゴールデンクロス」代表 キム・ジェガプの孫

オム・ギジュン マイケル・チャン ヘッジファンド「PAXコリア」代表 「人食い鮫」と呼ばれる。

画像出典:https://www.homedrama-ch.com/

イ・デヨン  カン・ジュワン ドユンの父、ハンミン銀行経営戦略TFチーム長
チョン・エリ  オ・クムシル ドユンの母
チョ・ヒボン  カン・ジュドン ジュワンの弟、失業者
チョ・ドクヒョン  クァク・テス 強力係刑事
チェ・ウソク  ポン・チャンス ドユンの友人、テコンドー館長
イ・ジュスン  オ・チャニ コンピュータ店従業員
イ・ホジェ  キム・ジェガプ イレの祖父、法律事務所顧問
イ・アヒョン  キム・セリョン イレの母

スタッフ /[脚本]ユ・ヒョンミ[演出]ホン・ソック、イ・ジンソ
コメントにて随時感想募集中です。

●受賞歴

2014年 KBS演技大賞賞- ハン・ウンジョン

キム・ガンウ 김강우 カン・ドユン役
2017y05m09d_140817112
 出典:http://www.kbs.co.kr/
 生年月日1978年7月11日 身長180cm 体重 70kg
失踪ノワールM (2015/OCN)キル・スヒョン 特殊失踪専門担当チーム長
海雲台(ヘウンデ)の恋人たち(2012/KBS)イ・テソン(ナメ) ソウル地検検事


●以下感想ネタバレ有。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
Hiromi.Tさんの感想より

●悪に立ち向かう、でも、人間愛も!

カン・ドユン(キム・ガンウ)は、ある事件で妹が悲惨な死を遂げ、しかも、父までもが罪を着せられた挙句に殺されてしまい、復讐へと燃えて行く・・・。

父が、殺される前に見た、相手のパソコンの蓋に書かれた、ある言葉が鍵となり、見ているこちらも、ドキドキしながら惹きこまれて行くのですが、あらゆる邪魔立てによって、復讐が阻止されようとします。途中で、復讐の相手は、巨大な組織「ゴールデンクロス」だということが解ってくるのですが、力があまりにも絶大です。

私は、キム・ガンウの出演映画「食客」がとても好きなのですが、カン・ドユンの復讐相手であるソ・ドンハ役のチョン・ボソクも、悪役から、いい人の役柄まで大変幅広いです。

以前、カシコギという短めのドラマで、非常に感動し、泣きながら見たのですが、ドラマ「明日に向かってハイキック」では、ちょっと冴えない副社長の役で、元スポーツ選手という設定なので、スポーツ大会などになると、急に頭角を現し、とても笑えて、素敵な印象もあります。

このゴールデンクロスでは、それとは逆に、見事なまでの悪役で、ドラマにのめり込み、カン・ドユンを応援するあまり、憎んでしまいそうになる程でした。もちろん、はたと、我に帰るのですが。

そして、カン・ドユンの母グムシル(チョン・エリ)が、最初から最後まで、夫を信じ、冤罪を否定する姿も立派でした。チョン・エリも、出演するドラマが多いですが、気の強い役も多い中、このドラマでは、ちょっと口も悪いですが、夫をとことん信じて愛する姿が、とても素敵です。

復讐劇で、家族愛・人を信じることなど、もう一つのテーマも描かれていて、目が離せない、でも、心温まる部分もたくさん出てきて、素敵なドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー