コンビニのセッピョル 9話・10話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

コンビニのセッピョル 편의점 샛별이

【韓国放送期間】2020年 6月19日から8月1日 2020年放送 SBS 

第9話視聴率6.6% 8.7%

えぱたさん

第9話あらすじ

ヨンジュ (ハン・ソナ) が帰ってしまい、心配するデヒョン (チ・チャンウク) はヨンジュの家に行って、母に自分は「ヨンジュの彼氏だ」と紹介する。

デヒョンの母は、保険のセールスで高級住宅街のマダムからの依頼の電話あり、訪問する。知らずにヨンジュの母から「高額の保険に加入する」と言われ、“セールスの女王”になれるかもと浮かれる。

デヒョンは、本社からの電話を受ける。
「期限切れのソーセージを食べて、食中毒になって、入院している人が、3000ドルの慰謝料を請求している。さもなければ、保健所に訴えると言っている」
デヒョンがCCTVを調べると、怪しい男がソーセージを買っていく様子が。セッピョル (キム・ユジョン) はその男を覚えていた。

コンビニに来た客を通して、デヒョンの父がドライバーとして就職する。知らずにヨンジュの家へ。

ジウクはウンビョルの契約したエージェンシーを見つけて、セッピョルに言う。行き場がないセッピョルを自分のマンションに連れて行くが、パパラッチされる。

セッピョルはデヒョンのコンビニを訴えている男を病院に見舞い、慰謝料を1000ドルにまけさせる。デヒョンはほめるどころが、叱る。保健所に連絡して、検査員をコンビニに派遣してもらう。

ヨンジュからメッセージがあり、「会おう」と。
「セッピョルが詐欺にあって、サウナに住んでいて、母がサウナで見つけて、連れて来た」
鍋の中にラーメンを割って入れているヨンジュ。
「その食べ方、好きじゃなかったじゃないか。どうしたの?」
「デヒョンさんが、ふさわしい人に会えるといいわね。私じゃないみたいだから。最後にあなたが好きな食べ方をしてあげようと思って」
ヨンジュは店を去って行く。  

第9話感想

とうとう、デヒョンとヨンジュの別れの時が来てしまいました。何度も同じ状況があって 回復したので、また回復するかもしれません。

デヒョンの家族が次々と、ヨンジュの家の豪邸に関係していく様子を見て、映画『パラサイト』を思い出しました。デヒョンの父が運転手というのは、もうそのもの! 「半地下の臭いがする」とか。ヨンジュの母が知っていて、意地悪してヨンジュと離れさせようと、故意に根回しをしたのですが、家族のそれぞれが知らないというのは、何か起こりそうな予感がします。

美味しそうなシーンがたくさん登場しました。

① デヒョンの母がセールスで成功して、賞品に韓牛をもらい、家で焼き肉パーティーをやる。

② ジウクの高級マンションで、エプロンをしたジウクがセッピョルにインスタントラーメンを作ってくれる。「インスタントラーメンのプロだ」って、笑えます。

③ ヨンジュがデヒョンに別れを持ち出して呼んだ鍋屋さん。ソーセージ鍋のような料理がグツグツと美味しそうでした。  

OSTはPart.6 の、Block B パクキョン & 宇宙少女 ソラの「シーソー」です。

 



第10話視聴率5.8% 8.7%

えぱたさん

第10話あらすじ

ジウクと呑むセッピョル。
「ソーセージの件の男性は、詐欺で警察に捕まったんだって。店長、カッコいいね」
デヒョンを遠くから見るセッピョルの後ろ姿を見つめるジウク。

母が用意したスーツを着て行くヨンジュ。ヨンジュの職場の同僚がコンビニに来て、デヒョンに話す。
「株主第2位のキム・へジャは、ヨンジュの母親らしい。チョ会長とへジャは米国で近しい間柄だったという噂。ヨンジュは本社の広報部長になるって、今日発表があったんだ。お前、知らなかったのか?」

デヒョンがヨンジュの家に行くと、タクシーで帰宅したヨンジュと家の前で議論する。ヨンジュの母が到着。車から降りてきた運転手は、なんと父親だった。
「オレのことをどんなにバカにしても構わない。だけど、家族に手を出してほしくなかった」
デヒョンの母は、その様子を遠くから見ていた。それでも、家に入って、約束通り、保険の契約書にサインを取って来る。

デヒョンの父は運転手の仕事をやめて帰って来る。
「ネクタイは俺には似合わない仕事、辞めてきた」
「あの旅行、行ってきな。セールスクイーンの夫が、行かなくてどうする」

セッピョルは、ウンビョルが住んでいるマンションに行く。ジウクのマネージャーに出て行ってくれと言われる。トボトボ街を歩いていると、「帰って来い」とデヒョンから電話がある。

デヒョンは思い出のビーチで回想する。コンビニについて自分が考えること、「10店舗のオーナーになるから見てろ」と言ったこと。セッピョルはダルシクからデヒョンの行ったビーチを聞き、ひとり呑みのデヒョンを見つける。
「オレのせいでオヤジのプライドを傷つけちまった」

酔っ払ったデヒョンをおんぶして家に連れて帰るセッピョルは、デヒョンの寝顔を見つめる。実はデヒョンを好きになったのは、もっと前からだった。10年前テコンドーで、サンドバッグが天井から落ちて、怪我をするところ、デヒョンが助けてくれたのだった。その時から…。  

第10話感想

エンディングで、デヒョンがセッピョルの手を引っ張って、顔に近づけていましたが、デヒョンは酔っ払ってヨンジュとセッピョルを混同している感じです。ヨンジュだと思っているのかも。笑

デヒョンはヨンジュのことを知っていて、付き合っていると思っていましたが、知らなかったのでした。そんなに地位の違いが交際にまで問題になるのか、びっくりです。地位を利用して昇進したことはきっかけで、今まで何でも秘密にせず付き合ってきたと思っていたデヒョンには、ショックだったのでしょう。

ヨンジュも、デヒョンのことが本当に好きだったと思います。デヒョンのような素敵な男性に好意を持たれたら、拒む女性はいないでしょう。しかし、地位と交際の問題をより切実に感じていて、自分には越えられない壁があると身を引いた気がします。セッピョルのほうがチャンスがあると。

娘の交際をコントロールしようとするヨンジュの母が一番、嫌味です。貧富の差の激しそうな韓国の、切ない現実でした。デヒョンの父は、ヨンジュの母が電話している隙に、スプリンクラーの蛇口を全開にして、水浸しになったのが、爽快感があって、笑えました。

その後、夫婦が話し合っている場面で、もらい泣きします。

 

コンビニのセッピョル 11話・12話 あらすじと感想

コンビニのセッピョル キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー