コクドゥの季節 9話・10話 あらすじと感想

コクドゥの季節


コクドゥの季節 꼭두의 계절 2023年放送 MBC新金土 全16話

neroさん

第9話視聴率2.0%

第9話あらすじ

ジュンシク(キム・ヨンウン)から動画を見せられたキム・ピルス(チェ・グァンイル)は、コクドゥ(キム・ジョンヒョン)の弱点が他でもないハン・ケジョル(イム・スヒャン)だと知る。

半信半疑ながらもケジョルを呼び出し、ピルソン病院で働かないかと提案するピルス。そんななか、ピルスを殺そうとコクドゥがあらわれる。あっという間にピンチに見舞われるピルスだったが、そこへケジョルが。

すかさずケジョルを利用してピンチを切り抜けたピルス。ケジョルの言葉に従うしかないコクドゥは、ピルスが自分の弱点を知っているのではないかと疑う。

その後、「愛してる」と告白しそうになるケジョルにキスをするコクドゥ。唇を離したケジョルはその場で気を失ってしまう。そんなケジョルを家へ連れていき、ベッドに寝かせるコクドゥ。翌朝、ケジョルの家を後にしたコクドゥは「あの女に手を出した瞬間、お前はこの世でもっとも苦しむことになるだろう」とピルスに警告する。

弱点を知るピルスがケジョルに危害を加えることを心配したコクドゥは、ケジョルを守る為にも彼女と一緒に暮らそうと考える。しかし、ケジョルから昨夜のキスについて説明するよう言われたコクドゥは、「愛していると言われるかと怖かった」と明かしてしまう。告白はされたくないがキスはしたい、そして同棲までしたいと話すコクドゥに失望を隠せないケジョル。

一方、自殺したパク・チュンソンの遺書によって、ピルソン病院の健康診断結果が捏造されていたことが明らかとなり、ピルスもまた窮地に追い込まれる。後がなくなったピルスは、他に世間の注目が集中するような事件はないかと調べる。

コクドゥの失われた記憶を取り戻そうと、催眠治療の専門家のもとへ連れて行くケジョル。しかし、何度試してもコクドゥは催眠にかからない。せっかく予約したのにと、代わりに診療台に横になるケジョル。

すぐに催眠にかかったケジョルは、コクドゥからどうして一緒に住むのが嫌なのかと聞かれ、その本心を明かした。実は過去に出会った男たちが次々と心変わりしていくのを見て、自分に自信が持てなくなったと話すケジョル。「好きになればなるほど、不安になる。本当の私を知れば、失望して離れていってしまうんじゃないかと」そう話すケジョルに向かって、「俺は絶対に逃げたりなんてしない」とコクドゥ。ケジョルが目を覚ます前に、先ほどの会話の記憶を消すようコクドゥは医師に頼んだ。

病院を後にしたコクドゥは、周囲の視線がやけに自分たちにそそがれることを不審に思う。それは他でもない、ピルスの仕業だった。なんとピルスは、コクドゥが不和グループの隠し子だと記事を出したのだ。これによって世間の注目はコクドゥに集中し、以前のように簡単に術を使えなくなってしまうコクドゥ。

さらにグループの株価は暴落し、困ったオクシン(キム・イングォン)はいっそのことソウルに住むのはどうかと話す。他の財閥たちと同じようにソウルの豪邸で暮らせば、人々の関心はすぐに消え去るとオクシン。結局、コクドゥはオクシンに言われるがままソウルへ。

その頃、ニュース記事でコクドゥがソウルへ引っ越したと知ったケジョルは、ショックを隠せない。

オクシンを連れて人前に出たコクドゥは、集まったギャラリーの前で一芝居打つ。翌朝のニュースにコクドゥに関する記事が躍った。慌てて病院へ駆けつけたケジョルは、コクドゥを心配する。「こんなにも不安定な俺を世間が監視してくる。ハン・ケジョル、今の俺にはお前が必要なんだ。」これにはケジョルも同棲を承諾し…。

一方、ケジョルの弟ハン・チョル(アン・ウヨン)は、先日起こった暴力団組員殺人事件に目撃者がいたと知り、驚愕した。

第9話感想

ついにコクドゥとの同棲を承諾したケジョル!いまいち時間の流れがわかりませんが、コクドゥが人間界にいられるのは99日間。おそらくあと一か月ほどでしょうか。果たしてコクドゥとケジョルの同棲生活がどのように描かれていくのか、楽しみです。

そして第9話のエンディングでは、コクドゥが殺した男の事件で目撃者がいたことが判明しました。幸い(?)目撃者の男性は病院で寝たきりの状態でしたが、もし目を覚ませば大変なことになりそうです。

やはり現在の世の中はCCTVも普及して医療も発展しているので、コクドゥが悪党たちを処理するのも簡単ではなくなってしまいました。それを追う警察がよりによってケジョルの弟チョルとは。。不安がよぎります。

一方、パク・チュンソンの自殺によって窮地に追い込まれたピルス。なんとかケジョルのおかげで一命をとりとめたピルスでしたが、今後も反撃が予想されます。コクドゥはピルスがふたたびケジョルを狙うと考えているようですが、どうなることでしょう。

ドラマも後半戦に突入し、目が離せない展開となってきました。ひとまず次回は、コクドゥとケジョルの同棲生活に期待。おもしろくなりそうです。

第10話視聴率1.7%

第10話あらすじ

次から次へと凍死した遺体が発見されると、警察は連続殺人事件を疑いはじめる。さらに被害者は皆、誰もが認める悪党たちだった。まるで天罰を下すかのような犯行に、警察はそれを“天罰殺人魔”と呼んだ。しかしチョルは、「世の中に死んでもいい奴なんていません」と一言。

その後、事件の目撃者が生きていると知ったチョルは驚きを隠せない。目撃者は警察が暴力団組織に仕込んだ諜報員だという。

ケジョルと同棲することに決めたコクドゥは、さっそく新居の準備にとりかかる。業者を呼んで、以前住んでいた家とまったく同じ位置にインテリアを配置するコクドゥ。引っ越しが終わると、業者の一人がソファーの下に落ちていたと言って一枚の紙を差し出す。それは他でもない、パク・チュンソンがト・ジヌに渡したリストだった。

リストが公開されれば、ピルスが真っ先にリストに書かれた人々に危害を加えると考えるコクドゥ。コクドゥはひとまず、内密にリストを調べるようオクシンらに命じる。

荷物をまとめてコクドゥの家にやってきたケジョルは、そこで待つカクシン(チャ・チョンファ)を見て驚いた。どうやらカクシンは、コクドゥの家で執事として働いているという。かつて病院で看護師として働いていたカクシンが一緒だと知り、ほっと安堵するケジョル。

用意された部屋に入ったケジョルは、満足げな様子。部屋の片隅には、病院にあったコクドゥの机が。その後、持ってきた保護契約書の内容を発表するケジョル。ケジョルが提示した契約書には、“勝手に部屋に入らないこと”、“家の中でフランス語を使わないこと”、“嫁として扱わないこと”と書かれていた。

一方、返事のないチョルに腹を立てるテ・ジョンウォン(キム・ダソム)のもとへ、チョルが現れる。わざと返事をしなかったわけではないと謝るチョル。ジョンウォンを家の前まで送って行き、チョルは帰って行く。チョルが去った後、ジョンウォンの前に今度はジュンシクが姿をあらわす。

実はジュンシクはジョンウォンの実父だった。「今度会うときは手ぶらで会うのはよそう、なぁジョンウォン」そう言って立ち去るジュンシク。その場にしゃがみ込むジョンウォンの姿を見たチョルは、彼女のそばにいようと決心。

弟のチョルに自分を紹介して欲しいと話すコクドゥだったが、ケジョルはそれを断る。まだ家族に紹介するほどの仲ではないのかと、ショックを受けるコクドゥ。しかしケジョルには、彼女なりの考えがあった。

いつかコクドゥが自分たちの前を去ったとき、悲しむのは自分だけで十分だとケジョル。弟にまで同じような悲しみを与えたくないとケジョルは話す。コクドゥもまた、自分が去った後にケジョルが誰かとその記憶を共有できればと考えていた。翌朝、ケジョルはコクドゥに弟を紹介すると告げる。

その日、コクドゥが待つカフェにチョルを連れて行くケジョル。2人はすでに一度、警察と容疑者という立場で顔を合わせていた。ト・ジヌとしてチョルから取り調べを受けていたことなど、もちろんコクドゥの記憶にはなく…。ケジョルの交際相手がト・ジヌだと知り、憤りをあらわにするチョル。そんなチョルの態度に、ケジョルもまた失望を隠せない。

翌日、広域捜査隊に加わったチョルは、病室の前で目撃者の警護にあたる。医師たちも信用できないと考えたチョルは、ケジョルに目撃者のケアを頼む。さらに、誰にもこの件を口外してはいけないと伝え…。

一方、パク・チュンソンのリストに書かれた人々が、皆死亡していると知ったコクドゥ。遺族らに訴訟を促そうとするも、大企業の力を恐れた遺族たちは口を閉ざしてしたまま。するとコクドゥは、同じく遺族の一人であるト・ジヌとしてマスコミの前に姿をあらわす。そして被害者遺族を代表し、控訴状を提出するコクドゥ。

その後、意識が回復した目撃者を連れて、ケジョルは警察署へ向かう。チョルに案内されて別室に通されたケジョルは、モニターに映るコクドゥを見て目を見開いた。

第10話感想

せっかく同棲をスタートさせたものの、またしても事態は良からぬ方向へ。。

目を覚ました目撃者は、コクドゥを見てなにやら指を差すようなしぐさを見せました。このままコクドゥは犯人となってしまうのでしょうか。たしかに男たちを殺したのはコクドゥですが、、なんとも困った展開になりました。

さらにケジョルの交際相手が他でもないト・ジヌ(=コクドゥ)だと知ったチョル。連続殺人事件の容疑者であるト・ジヌが姉ケジョルの交際相手だと知り、チョルは憤りを隠せません。チョルの気持ちも十分理解できますが、今はそっと姉の交際を見守って欲しいですね。

そして今話、衝撃の事実が明らかに!なんとピルスのもとで動くジュンシクが、ジョンウォンの父親だったとは。。てっきりジョンウォンはいいとこのお嬢様と思っていたので、これは意外な展開でした。それにしても、父親が娘を脅迫するだなんて。。

チョルとジョンウォンのロマンス(?)からも、目が離せません。なんだかんだお似合いな2人。面白い展開になってきました。

コクドゥの季節 11話・12話 あらすじと感想

コクドゥの季節  あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP