カーテンコール 5話・6話 あらすじと感想

カーテンコール



カーテンコール 커튼콜 2022年放送 KBS 2TV 月火 全16話

neroさん

第5話視聴率4.7%

第5話あらすじ

悪夢にうなされたパク・セヨン(ハ・ジウォン)はハッと目を覚まし、祖母の部屋に向かった。しかし、そこにチャ・グムスン(コ・ドゥシム)の姿はなく。慌てて庭に出て探し回るセヨンだったが、そこへグムスンが。眠れなくて外を散歩していただけだと話すグムスンを見て、ほっと安堵するセヨン。

翌日、国内旅行に行くと言って一週間家を出ていたユ・ジェホン(カン・ハヌル)とソ・ユニ(チョン・ジソ)が帰宅。2人が旅先で撮影した写真を見て、グムスンは自分のことのように喜んだ。

一方、DNA鑑定の結果を目にしてもなお、ジェホンとその妻ユニの存在を疑うパク・セジュン(チ・スンヒョン)。専務のキム・スンド(ソン・ジョンハク)を通じて2人の身辺調査を行ったセジュンだったが、とくに怪しい点は見つからない。実はスンドが渡した資料は、予めチョン・サンチョル(ソン・ドンイル)が用意したものだったのだ。

そんななか、グムスンの為に北朝鮮式のククス(麺料理)を作ることにしたジェホン。台所に立つジェホンに向かって、セジュンは中国語で話しかける。これには思わず当惑するジェホンだったが、それをフォローしたのはユニ。ユニの流ちょうな中国語でまたしてもピンチを切り抜けたジェホンだった。その後、グムスンは皆の前で、ジェホンにホテルの仕事をしてみてはどうかと言う。

グムスンの提案に最初は戸惑う様子を見せたジェホンだったが、自分が去った後にも韓国に残って暮らせるようにというグムスンの言葉に、それを受け入れた。実はグムスンにジェホンをホテルで働かせてはどうかと言ったのは、他でもないセヨンの意見だった。

こうしてホテルに出勤することになったジェホンだったが、セヨンが用意したのは花形ともいえる企画室のインターンだという。これには驚きを隠せないジェホン。その後、スンドの登場によって、結局ジェホンはポーターとして働くことに。勝手に人事に口出しするスンドに納得のいかないセヨンだったが、一方のジェホンは企画室よりもポーターの仕事を喜んだ。その日、セヨンと企画室の一同によってジェホンの歓迎会が行われる。

飲めない酒を飲んで、すっかり泥酔してしまったジェホン。遅くにセヨンと一緒に帰宅したジェホンを見て、ユニは嫉妬心を燃やした。ベッドに横になったジェホンは、「ヌナ(韓国語で年上のお姉さんを指す)…、好きです。」と一言。

翌日、ポーターの仕事につくジェホンの姿を見たペ・ドンジェ(クォン・サンウ)は、彼を指名して自分の部屋に荷物を運ぶよう命じた。すると運ばせた荷物はすべて、ジェホンに対する賄賂だとドンジェ。箱に入っていたのは、どれも数百万を超える高級品の数々だった。ドンジェの狙いがセヨンだと知るジェホンは、これにカッとなって部屋を後にする。しかし、そんなジェホンを待っていたのはスンドだった。

20分近くも姿を消したままだったジェホンを叱責し、今度はクリーニング室へ送り込むスンド。言われるがままにその場を後にするジェホンだったが、その様子を見ていたセヨンは、自分が株式を手に入れたらただでは済まさないとスンドに警告した。仕事を終えたジェホンを車に乗せ、一緒に帰宅するセヨン。そんななか、事故に巻き込まれそうになったジェホンは慌ててハンドルを切り、「大丈夫ですか?」とセヨンを心配した。咄嗟の出来事に訛りを忘れて標準語で話すジェホンを見て、思わず首を傾げるセヨン。

その日の夜、セヨンはサンチョルに、弟ムンソンに対して知っておくべきことが他にあるかと尋ねた。そんなセヨンに向かって、「どうせ去るべき相手だ」とサンチョルは言う。しきりにサンチョルの言葉が気にかかったセヨンは、ジェホンが働くクリーニング室へ向かう。その頃、クリーニング室で自分の正体を知る男たちに声をかけられるジェホン…。

第5話感想

ついにジェホンの正体がバレる!?

第5話のエンディングでは、クリーニング室で知り合い?と思われる男たちに次々と声をかけられるジェホンの姿が登場しました。果たしてジェホンは、このピンチをどう乗り切るのでしょうか。

前回に引き続き、またしてもいくつものピンチがジェホンを襲います。まずは、未だにジェホンが本物のリ・ムンソンかと疑う長男のセジュン。妻のユニと中国で会ったというジェホンに突然中国語で話しかけるセジュンでしたが、もちろんジェホンは中国語が話せず…。

困ったセジュンを救ったのは、万能ユニでした!本当にユニがいなければどうなっていたことか、、ユニのキャスティングは今回の演劇に欠かせない配役でしたね。

一方、セジュンの妻ジウォン(ファン・ウスレ扮)とも交流を深めるユニ。ユニのサバサバとした性格に、ジウォンはすっかり心を許したように見えます。2人の関係が今後ジェホンの演劇にどのような影響を与えることとなるのか、注目です。

そして終盤の交通事故のシーンでは、思わず北朝鮮訛りを忘れて標準語を使ってしまうジェホン。これまたヒヤッとする場面でした。セヨンがジェホンの正体に気付くのも、時間の問題かもしれません。果たして、次回の展開はいかに…?

第6話視聴率5.6%

第6話あらすじ

クリーニング室で声をかけてきたのは、ジェホンの演劇仲間たちだった。制作費が不足し、仕方なくアルバイトに励んでいるという友人ら。そんななか、一緒に食事をしようとセヨンが。慌てて初対面のフリをしたジェホンは、今日はバイト仲間と一緒に食事をすると言い、その誘いを断る。友人たちとの久々の再会を果たしたジェホンは、事情を説明して、セヨンらの前では北朝鮮から来た“リ・ムンソン”として接して欲しいと頼むのだった。

一方、ジェホンのコネ入社を批判したばかりか、しまいにはクリーニング室へ追いやったスンドに腹を立てるセヨン。兄セジュンに抗議するも、セジュンは自分の指示ではないと一蹴する。

ジェホンから演劇仲間の件を聞いたユニは、サンチョルに頼んでホテルへ連れて行ってもらう。ジェホンと同じく、友人らとの再会を喜ぶユニ。そこへ、スンドの秘書がジェホンを呼びに来る。案内されるがままにドンジェが泊まるVVIPルームへ向かったジェホンは、そこに座るセヨンを見て驚愕。するとドンジェは、一緒に食事でもどうかとジェホンを誘った。

結局、ちょうどホテルに来ていたユニを加え、4人で食事をすることに。終始ドンジェが気に入らないジェホンは、料理から何から何かといちゃもんをつける。しまいにはセヨンとの婚約が政略結婚だったのだろうというジェホンの言葉に、ドンジェは席を立つ。同じく、そんなジェホンの態度に腹を立てるユニ。

その日、ユニはジェホンに怒りをあらわにした。部屋を追い出されてしまったジェホンは、庭で一人時間をつぶす。そこへセヨンが現れると、ユニのことを愛しているかと聞いた。もちろんだと答えるジェホンを見て、「素敵ね、愛する人と結婚できて。感情を正直に行動に移せるのが羨ましい。」とセヨン。翌日、仕事を終えたジェホンを連れ、セヨンは自らの作業場へと向かった。

セヨンの作業場で2人だけの時間を過ごしたジェホンは、車のキーを受け取って帰りは自分が運転するという。出来ないことがないジェホンに関心するセヨンだったが、そんな2人を待ち受けていたのは警察の検問だった。ひとまずセヨンに一言も発するなと告げ、突然手話を披露するジェホン。結局、ジェホンの機転によってまたしても窮地を逃れることに成功。

その頃、セジュンは家政婦のユン・ジョンスク(ペ・ヘソン)に自らの胸の内を語る。セジュンは祖母グムスンのせいで、両親が若くしてこの世を去ったと考えていた。だからこそホテルを売り払うことで、グムスンが本当に守りたかったのが自分たちか、それともホテルなのかと確かめたいのだとセジュンは言う。

一方、本物のリ・ムンソン(ノ・サンヒョン)は父が死んだ日の悪夢にうなされていた。集めた金を握りしめ、あと「もう少しだ」と呟くムンソン。

しばらくして、グムスンは“送別会”と書かれた招待状を作成する。そして、家族にそれぞれ招待状を10枚ずつ渡し、本当に大切な人を10チームずつ招待するよう告げた。セジュンから招待状を受け取ったユニの母は、娘のユニに電話をかける。しかし、電話は繋がらず。セヨンは親友のソン・ヒョジン(チョン・ユジン)に招待状を渡し、北朝鮮から来た弟のムンソンを紹介すると話した。

ドレスアップして送別会の会場に集まった一同。そんななか、ユニはセジュンの招待客として会場にやってきた母の姿を見て驚愕した。同じく、セヨンに招待されて現れたヒョジンを見て、ハッとするジェホン…。

第6話感想

一難去ってまた一難!

グムスンが企画したパーティーによって、正体がバレる危機に晒されてしまったジェホンとユニ。会場に現れたのは、なんとユニの母でした。ユニの母は、ホテル売却の件を担当する弁護士だったのです。

さらに、かつて役割代行のバイトで顔を合わせたヒョジンと再会を果たすジェホン。俳優としての自分の正体を知るヒョジンの登場に、ジェホンは動揺を隠せません。果たして、ジェホンとユニはこのピンチを切り抜けることができるのか。またしても緊張感あふれるラストとなりました。

また、これまで度々登場してきた本物のリ・ムンソンが、韓国へ渡る為に金を貯めていることが明らかとなり、こちらも驚きの展開に。父が亡くなった日のことを夢で見て、うなされるムンソン。ムンソンの過去に一体何があったのか。さらに父の死にも何やら謎が隠されているようで、今後のムンソンの動きにも注目が集まります。

そんななか、次回予告ではいよいよグムスンの遺産相続について言及され、ますます目の話せない展開となってきました。さらにジェホンが演劇を辞めたいと言い出すシーンも登場。これまでちょっとのことでは弱音を吐かなかったジェホンでしたが、なぜここにきて偽のムンソンを演じることを辞退しようとしたのか。次回の展開も楽しみです。

そして、第6話で登場したOSTは、ソン・シギョンが歌う「長い間」。“バラードの貴公子”と呼ばれるソン・シギョンの甘い歌声に癒されました。




【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP