カイロス (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


放送予定

【日本放送】

未定

【韓国放送期間】2020年10月26日~2020年 12月15日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

カイロス

카이로스    Kairos
2020年放送 MBC 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回2.7% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

出典:http://www.imbc.com/

 

あらすじ

幼い娘が誘拐されて絶望に陥った1か月後の時間を生きる男性ソジン(シン・ソンロク)と、行方不明になった母を探す1か月前の時間を生きる女性エリ(イ・セヨン)が交信し、お互いに愛する人を救うために、時間を突き切って奮闘するファンタジースリラードラマ

相関図

MBC カイロス 카이로스 相関図

キャスト

主要人物

出典:MBC

シン・ソンロク キム・ソジン役 38歳。ユジュン建設最年少取締役。人生で成功するため、どんなチャンスでも逃さず、スマートで勤勉。どんなことでも私の手を経なければ、心を許さず、人ではなく、状況と数字だけを信じていた。美貌のバイオリニストの妻と可愛い娘との快適な生活。理事の座に着くのも間近に見えた。会社が主催する慈善音楽会の時、公演前ケータリングパーティーで気持ちよくシャンパンも飲んでいたその日。妻のバイオリン演奏がクライマックスに向かって、ソジンが自分の人生に102%満足していたその瞬間、娘が消えた。

出典:MBC

イ・セヨン ハン・エリ役 26歳。コンビニアルバイト。公務員受験生。人生の目標はたった一つ。お金をたくさん儲け、母の心臓病を治すこと。三千万ウォン。三千万ウォンさえあれば、新しい心臓を与えることができる。心臓移植対象者として登録された母親の名前は、現在のリストの一番先頭に進み、最終的に母親と組織が合うドナーに会った。その移植手術を控えた最後のテスト中に、母は再び倒れ、千金のような移植のタイミングは飛んでしまった。そこで、見知らぬ男から電話がかかってくる。自分の妻と娘を救うことができる人はエリだけだと、ご自分を助けてくれと哀願する。さらに、自分は31日後の未来に住んでいると…!

出典:MBC

アン・ボヒョン ソ・ドギュン役 32歳。ユジュン建設の課長。他の人より早く社会生活を始めたせいで、時を逃して一歩遅れて勉強を始め、ユジュン建設に入社した。しかし、頭も良く、行動も早く、どの部門でも欲しがる人材になった。ドギュンが完璧主義者ソジンの目にかかるのは、時間の問題であった。他人の手を介さずに、数値と結果だけで仕事を進めていくソジンを、皆が“スマートな難しい上司”とみなすとき、そのソジンと唯一、手足が合うのは、ドギュンであった。ユ会長も認めるソジンの右腕となった。ソジンはドギュンにとって、“苦難克服の成功神話”の例であり、理性的で隙のない仕事の処理で、いつも尊敬してきた模範であった。

出典:MBC

ナム・ギュリ カン・ヒョンチェ役 35歳。ソジンの妻。バイオリニスト。ひたすらクリスタルのように澄んで、輝くだけと思っていた人生が、一日に変わった。事故で会社が倒産し、取締役であった父は、行方不明になり、母は寝たきりに。消えた父は自殺したという噂が広がり、ヒョンチェは休学をしなければならなかった。人生が終わったと思った。前に戻れる道はないと考えた。演奏のアルバイトの時、ユジュン建設のレセプションでヒョンチェはソジンに会った。嘱望される人材のソジンはヒョンチェに、失​​ってしまった光を取り戻してもらいたくて、憧れの起爆剤となった。ソジンの前では、ヒョンチェは成功した起業家の上品に育った一人娘、たおやかなバイオリニストを演じた。完全に嘘ではない。かつてそうだったのは事実。豊富な財産、睦まじい家庭。誰もがうらやむ生活だった。

ソジンの家

出典:MBC

シム・ヘヨン キム・ダビン役 6歳。ソジンとヒョンチェの娘。パパとママを愛して好奇心も多く、遊び心も多い娘。ほしいのはすべて持っていても、いつも忙しく顔さえ見ないパパ。温かく優しく笑っても、すべて失われた人のように寂しく無表情で視線を失う母親。その二人の間で子供ダビンは、愛嬌も学び、気づかいも学んだ。それでもパパとママが自分をどれだけ愛しているか知っている。どうやって喜ばせるかをいつも心配する。

出典:MBC

ソ・ヒジョン チョン・ヘギョン役 49歳。ダビンのベビーシッター。ダビンを娘のように大切にするベビーシッター。微妙に冷たいソジンとヒョンチェ夫婦が扱いにくい。

エリの周辺人物

出典:MBC

WINNER カン・スンユン イム・ゴヌク役 26歳。エリの護衛。貧しいが勝手なエリがある日、彼の心に入ってくる。夜遅く暗い路地でゴヌクの祖母がひき逃げにあったところ、深夜バイトを終えて帰宅するエリが発見し、病院に運んだ。すぐにお金を払えず、目の前が真っ暗になるが、エリが医療費を代わりに払った。申し訳ない気持ちで、エリが働く焼肉屋を訪れたゴヌクに、エリは振り返り、大したことがないように一言。「返済して」その日以来、ゴヌクはエリの護衛となった。言うだけで何でもする。

出典:MBC

ファン・ジョンミン クァク・ソンジャ役。56歳。エリの母。逃げるように住んでいたところを抜け出し、知らない地で全くがむしゃらに生きていた。幼い娘と自分を守るために、昼夜を問わず働いた。心臓が痛いことも何度か知れず。心臓病に倒れた後、すべてを捨ててたかったこともあったが、「痛くてもただそばにいて」というエリの言葉にしっかりと粘った。残り少ない人生、エリの隣にいること。ソンジャが望むのはそれしかない。

出典:MBC

イ・ジュヨン パク・スジョン役。26歳。エリの親友。生活の中で、ろくな友情も育むのが難しかったエリのほぼ唯一の親友。一途な友情で、エリのそばにいつもいる。

ユジュン建設

出典:MBC

シン・グ ユ・ソイル役 72歳。ユジュン建設会長。財界順位50代企業、ユジュン建設の初代会長。7〜80年代乱立していた多くの建設会社の1つであったユジュン建設を、大韓民国屈指の大企業にした。そもために経験した海千山千中多分悪いことも、一度も後悔したことはない。今晩年に入ったが、彼に老いや衰弱はなく、まだ跳躍する。

出典:MBC

チョ・ドンイン イ・テクギュ役 31歳。ソジンの秘書。冷たく近づきにくいソジンを静かに補佐する秘書。

刑事

出典:MBC

イム・チョルヒョン パク・ホヨン役 45歳。凶悪犯罪捜査殺人課チーム長。ダビンの誘拐事件の捜査を指揮する殺人課チーム長。怠慢で無気力に見える時もあるが、長いキャリアのベテランで、たまに自分だけの感触で捜査のポイントを見つけ、方向をとる。単純に失踪事件と思っていた事件が、誘拐殺害事件で、背後に何かあることを直感し、ソジンを疑ったり、支援もする人物。

出典:MBC

チョン・グァンジン チェ・ドクホ役 36歳。刑事。冷たいようだが、心が弱くて困っている人を無視できない。チーム長を尊敬して従う。

出典:MBC

チョン・ソンジュン イ・テオ役 34歳。刑事。公私の区分が確実である。しかし、お金の前では、多くの場合、弱くなることもある。

出典:MBC

イ・テグ カン・ビョンソク役 32歳。刑事。人が好き。加害者、被害者である前に、それらの人に接する正義感強いタイプ。

その他の人々


出典:MBC

コ・ギュピル キム・ジノ役 40代。ユジュン建設の事故の犠牲者。ユジュン建設の違法資材使用のために、娘を失った父親。悔しさを訴えるため、ユジュン建設の社屋を訪れ、数回のデモを行ったが、責任者格のソジンとは対面するどころか、毎回門前払いされる。

チェ・ドクムン キム・ユソク役(当時の年齢)48歳。ソジンの父。無関心なようだが、常にソジンのために生きる父性愛の強い父。

クォン・ヒョン ハン・テギル役 (当時の年齢)41歳。エリの父。妻と幼い娘の幸せのために、日夜努力している。周辺にも評判の愛妻家、子煩悩な親バカ。

出典:MBC

スタッフ /脚本:イ・スヒョン、演出:パク・スンウ
作成:え



●以下感想ネタバレ有 .

話数ごとのあらすじと感想

えぱたさん
カイロス 1話・2話 あらすじと感想
カイロス 3話・4話 あらすじと感想
カイロス 5話・6話 あらすじと感想
カイロス 7話・8話 あらすじと感想
カイロス 9話・10話 あらすじと感想
カイロス 11話・12話 あらすじと感想
カイロス 13話・14話 あらすじと感想
カイロス 15話・16話 あらすじと感想

作品感想






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー