カイロス 9話・10話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

カイロス 9話・10話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


カイロス 카이로스

【韓国放送期間】2020年10月26日から 12月15日まで 2020年放送 MBC

第9話視聴率3.4% 3.2%

えぱたさん

第9話あらすじ

キム・ソジン (シン・ソンロク) はエリ (イ・セヨン) を告訴するつもりだったが、会長の指示により、エリは警察署から釈放される。署を出て、電話に出ると、ソジンが息絶え絶えで、「助けてくれ。場所は…」と言って、電話が切れる。

エリと助ける友人たちは、エリの母のチラシを作り、情報を求めるが、人々の態度は冷たく、ゴミ箱に捨てられる。エリの母から電話があり、「もう少しで終わる。そうしたら、家に帰る」と。

事故で亡くなったソジンの妻ヒョンチェ (ナム・ギュリ) の遺体を確認して、不倫相手ドジュン (アン・ボヒョン) は泣き崩れる。

1か月前のヒョンチェは、娘ダビンのぬいぐるみから探知器を取り出す。ヒョンチェは、会長の秘書テクギュの後をつけ、「何か隠し事があるでしょう? 誰の命令? 2倍を払う」と交渉を持ちかける。

ソジンは倒壊事故で31日後に救出されたが、父は事故の後、悔いて自殺したのだった。その跡地で新しいプロジェクトの説明会があり、デモする人々の中、ソジンはスピーチし、反対派にも感動を与えるが、謎の男がヒョンチェを脅迫する。



ソジンの病室に入ったドジュンは、酸素ボンベに手をかけるが、「殺せるが、まだ殺さない。事故の真相を知るまでは」と、ソジンのスマホを取って、電源を入れると、エリと電話がつながる。一方、エリに近づいていたドジュンは、エリのスマホを取り上げて、電話に出る。電話の向こう側で、自分がしゃべっていた。「何だ? 自分だったのか?」と驚く。

 

第9話感想

エリのお母さん、フラフラ歩いていないで、どうか早く帰ってあげてください。家族の重荷になりたくないとか言ってないで、大人しく床に寝ていてくれたほうが、3人で探している時間とチラシ印刷代を手術費にあてたほうがいいです。どこでイ・テクギュに捕まらないか、ハラハラします。

キム・ジノと娘ジアに悪事を企んだテクギュが病院に忍び込んだ時、ベッドがもぬけの空で、助かったと思いましたが、どこへ行ったのでしょうか。

誘拐未遂で逮捕されたエリを、示談にしなさいと釈放してくれたお爺様、話が分かる人だと思いました。腹黒い会長だけでなく、チャリティをやったり、哀れみを示してやりなさいと言うような会長も、もちろんいるでしょう。

前は8月と9月で並行していた次元が、9月と10月になってきました。ソジンとヒョンチェが事故に巻き込まれ、ソジンは重体、ヒョンチェは死亡という事態に。エリたちは事故を回避できるのでしょうか。

顔が傷だらけの怪しいお爺さんは、今回かなり詳しく正体が描かれてきました。顔のキズはヒョンチェに関わるものなのかもしれません。

ヒョンチェに扮するナム・ギュリの悪女ぶり、ヒョンチェとの関係を失いたくないドジュン役アン・ボヒョンの切羽詰まった感の演技がうまく、強烈な印象があります。

ソン・ジル、チェ・ドクムン、クォン・ヒョクが特別出演しています。

 

第10話視聴率3.5% 2.8%

えぱたさん

第10話あらすじ

ドギュンはエリのバイト先を訪問し、母が失踪したとの情報提供のお願いのチラシを見つけ、エリの家を訪問する。

ソジンの車の事故に関わるトラックを発見したとの連絡を受けて現場に行くが、テクギュが持っていたライターを見つけ、犯人はテクギュだと目星をつける。

ユジュン建設の倒壊事故犠牲者家族の会からエリに連絡がある。ソジンはドギュンとその会に行き、謝罪をし、賠償したいと申し出て家族のリストを受け取る。会の代表とソジンの父、エリの父は工事担当の同僚だった。

ドギュンはエリの母をどこかで見たことがあると記憶をたどっていたが、ユ会長に面会に来ていたと思い出す。テクギュに「ソジンを殺してほしい」と依頼するヒョンチェも、ユ会長に会いに来ていた。ドギュンはユ会長に連絡してきた電話番号を調べると、テクギュのものだった。

ドギュンはエリにソジンからと見せかけてメッセージを送り、ヒョンチェが殺される前に「テクギュを殺してくれ」とエリに依頼するが、エリはドギュンだと見抜く。

エリの母がバスターミナルで倒れ、病院に搬送される。警察からの連絡でエリに通報が行く。エリの母が目を覚ますと、テクギュがいた。さらに現れたのはユ会長だった。

 

第10話感想

どうやら、イ・テクギュを操っていた陰の黒幕はユ会長らしいです。お金のために…。エリの母が何か弱みを握ってユスっていたのか? 良い人なのかと思いましたが、チャリティとかいうのはカモフラージュでしたね。

いったいエリの母は何を知っていたのか? ソジンの父が自殺したとかいうのは、「絶対に有り得ない」と異議をとなえる人がいました。他殺だとしたら? その証拠になる会話を録音していたとしたら? その犯人がユ会長だとしたら?

枕元からソジンのスマホを盗んだドギュンは、ヒョンチェの死を回避しようと、「その前にテクギュを殺してくれ。そうしたら、何でも言うことをやる」と誘導しました。ジヌクがドギュンだと見抜いてエリに助言し、ドギュンがソジンに見せかけてメッセージを送ってきた時に、エリが電話をかけ、「あなたでしょ? ソ課長⁈」と言った時、笑えました。やっぱり、1人の知恵より、2人の知恵ですね。

ヒョンチェが「ソジンを殺してほしい」とテクギュに依頼していました。ヒョンチェの殺意の動機は何でしょうか? ソジンが家族を顧みないで、仕事に没頭しているから? それくらいで殺そうと思うのでしょうか? ソジンが起ころうとすることのフラッシュバックで、自分の行ないを改めて、家族サービスをやるようになったから、ヒョンチェは考えを変えるのでしょうか? どうも短絡的な気がします。

 

カイロス 11話・12話 あらすじと感想

カイロス キャスト・相関図 視聴率 あらすじ

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー