カイロス 15話・16話 (最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

カイロス 15話・16話 (最終回) あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


カイロス 카이로스

【韓国放送期間】2020年10月26日から 12月15日まで 2020年放送 MBC

第15話視聴率2.7% 2.2%

えぱたさん

第15話あらすじ 

カフェで会うソジン (シン・ソンロク) はエリ (イ・セヨン) に新しいスマホを渡し、「これで連絡ができる」と言う。警察官僚パク・ジュヨンは、キム・ジノの殺人未遂で逮捕される。ジノの娘の目撃証言、所持していた靴の足跡が現場のものと一致、スマホ位置情報による。本人は黙秘。

ソジンはドギュン (アン・ボヒョン) とヒョンチェ (ナム・ギュリ) の不倫について知り、「別れろ」と警告する。ドギュンは収監中のユ会長の手下テクギュに面会。「誰が殺人を命じているか?」の質問に、「ユ会長だ」とテクギュは答える。(9月末)

保釈金支払い完了のため、テクギュは刑務所から釈放される。「最後の仕事」を託され、偽造パスポートとマイアミ行き飛行機チケットを受け取る。(10月末)

エリとジヌクがジノの自宅で、例の証拠の品を探すと、トランクルームの引き渡し証明書を見つけ、行ってみるが、既に何者かが取りに来た後だった。(9月末)



1か月後のソジンと連絡がつながったエリは、ソジンからの「計画」を聞き、自分と同じ次元のソジンにその「計画」を伝える。その「計画」とは、ユ会長をビルの屋上に呼び出し、証拠の品を渡すと誘導して自白を引き出すということだった。ソジンの父も19年前に同じことをしていた。ユ会長の手下によってソジンは屋上から落とされるが、エリがその「計画」を実行し始める。

 

第15話感想

テジョンタウンのビルを爆発物で倒壊させたという、ユ会長の自白をソジンが誘導して録音するという形で証拠を取りました。しかし、そのリスクを犯したソジンがユ会長の部下らに屋上から落とされるというエンディングでした。ソジンはおとなしく落とされていましたが、エリと何かを「計画」してユ会長を陥れる相談をしてあったようです。

うーん、どうでしょう?  いくら、極悪のユ会長でも、現実的に考えて、いくら会社を成長させるためとはいえ、ビルに爆発物をしかけて倒壊させる…かなぁ? 第1話からこのユ会長のキャラクターがどうも存在感なさすぎのキャラだなと思っていましたが、意図的にそういうキャラにしたのかなという気もしてきました。

しかし、韓国で過去に実際に起こったデパート倒壊事故や客船転覆事故などの原因経過調査などを見てみると、事故が起こったこと自体は結果的には故意ではなく、人的ミスの積み重なりだったとしても、支配者たちの自分本意の都合や犠牲者たちを見捨てる行為があったと思われます。このドラマで制作者たちは、そういった事件の犠牲者たちに目を向けさせたかったのかなとも思いました。

キム・ジノの殺人未遂で尋問を受けているパク・ジュニョンが、自信ありげにふてぶてし過ぎ。犯行現場でマスク外すとは、あまりに不自然。ジノの子供役の女の子の演技がうまいのは認めますが、思わず子供の証言は有効だったかなとか疑問に思ってしまいました。

お歳のユ会長が屋上までエッコラさと階段で登ってきて、イスまで用意してあって、笑えました。

このドラマは、OSTがほとんどなくて、サンサーンス『序奏とロンド・カプリチオーソ』だけという印象ですが、とても効果的に用いられていて、逆に音楽担当の方の腕前に驚きます。

 

第16話 (最終回) 視聴率3.3% 3.3%

えぱたさん

第16話 (最終回) あらすじ

ドギュンは包丁を持ってヒョンチェの実父の家に行き、襲いかかるが、また刺し合いになり、倒れていたところを第三者に発見される。通報を受けた刑事はソジンに連絡し、ドギュンの動機について質問するが、ソジンは知らないと答える。

テクギュが釈放されたと聞き、後がないと決心したソジンは、ユ会長に会いに行く。「証拠を持っている」とソジンは言うが、ユ会長はテクギュの調べで、既にソジンが証拠の品を持っていないことを知っていた。しかしエリの母がユ会長に電話し、「私が持っている」と言う。ソジンはユ会長を以前と同じ場所に呼び出す。ソジンが屋上から落とされようとする時、事前にしめし合わせていた警察が現場に到着し、ユ会長ほかは殺人未遂で現行犯逮捕される。

ユ会長の裁判の日、ジノが証拠の品を持って、証人席に現れ、ユ会長は有罪、無期懲役を宣告される。(回想) 病院でジノを襲おうとしたテクギュを、エリとジヌクが電気ショックで撃退したのだった。テクギュは逮捕される。

ヒョンチェはソジンの娘の誘拐を計画し、依頼した容疑で逮捕される。ソジンは刑務所のヒョンチェを面会し、離婚すると言う。「貧しいさなかにソジンさんを見て、助けてほしいと思って、仕組んだ」とヒョンチェは言う。ヒョンチェは釈放された後、雨が降り出すなか、ドギュンが傘を持って迎えに来る妄想を思い描く。

ソジンの家族とエリの家族と友人らで、キャンプに行く。10時33分が来て、エリがソジンに電話するが、出たのは、未来のソジンではなく、すぐそこにいるソジンで、皆は笑う。

 

第16話 (最終回) 感想

ソジン家族とエリ家族プラス友達でバーベキューキャンプをしに行き、平穏無事に過ごせる日常生活の幸せを強調する素敵なエンディングでした。ヒョンチェは雨の中、ドギュンの幻覚を見たりして、可哀想ではありました。

ユ会長もテクギュもヒョンチェまでも捕まり、裁判の様子まで描かれ、勧善懲悪ドラマは好きではありませんが、やっぱりこうやって終わらないと満足できないだろうなと思いました。普通ならここで、腹黒の検事が登場するのでしょうが、まっとうな検事で、韓国民はよほど公正な裁判を望んでいるのかもしれません。

オープニングでエリがドアが開く音でビクついていて、友達が勝手にパスワード解除して家に入ってきていたのでしたが、最後までエリがひとりでいるシーンの時にもしやと想像してしまいました。

自分ひとりだけで未来を変えようとヒョンチェの実父と刺し合いになって、最悪の結末を迎えたドギュンには同情しましたが、不倫の罰は受けさせるという制作者の主張でしょうか。ヒョンチェのほうに企みがあり、優しい性格のドギュンがヒョンチェを可哀想に思って愛情を持ち、巻きぞえになったという構図です。いざ死んだのは優しいほうで、しかけたほうは生き残るというのも、皮肉ということなのでしょうか。

 

カイロス キャスト・相関図 視聴率 あらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー