オアシス(韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想

オアシス


オアシス 오아시스 2023年放送 KBS 2TV 月火 全16話

marikoさん

第5話視聴率6.5%

第5話あらすじ

1960年代、ドゥハクの母アムデクが、第2子を妊娠する。チョルウンの祖父は亡くなる直前、ドゥハクの父ジュンホに、「子どもができないヨジンのために、生まれてくる子どもを譲ってくれるように」と頼む。ヨジンは「自分の子どもとして育てる」と約束する。ジュンホは、子どもを養子に出すことを決めてしまうのだった。

ドゥハクは労働組合を鎮圧するために行った現場で、妹の写真を見せられる。ドゥハクは押し入った建物の中で、妹を探す。ドゥハクは活動家たちを殴るしかなく、妹が慕う先生は逮捕され、妹は家に帰らされる。

妹は「お兄ちゃんがヤクザをしているおかげで、私が助かっても嬉しくない。人間らしく生きるためにやっていることだから、私はお兄ちゃんのように恥ずかしいことはしていない」と叫ぶ。ドゥハクは妹にビンタをしてしまう。

妹は「こんな人じゃなかったじゃない?どうして、そんな風になってしまったの?」と言うが、ドゥハクは「妹を会社に行かせるな」と両親に言う。妹は「自慢の息子が、今はヤクザよ!」と言い、父はドゥハクに殴ろうとするが、殴れない。ドゥハクは「全部お父さんのせいじゃないか」と泣く。父は後悔で涙を止められず、ドゥハクは「俺は父さんの子どもじゃない」と言って去るのだった。

チョルウンの司法修習生の研修先に、マンオクが来る。チョルウンの関係部署である安企部に、配属になったという。チョルウンはマンオクに殴りかかろうとするが、マンオクは「検事になりたいか?安企部には、お前が協力しなかったという記録が残っているんだぞ?」と脅す。チョルウンにまた、スパイになるように命じるのだった。

ジョンシンは、グムオクから映画館の登記簿をプレゼントされる。グムオクは、ドゥハクの友人ヒョンジュと取引をして、登記簿を手に入れたのだった。

チョルウンは、マンオクから指示を受けた人たちを、検挙する提案を会議でしようとしていた。しかし、学生時代に先輩から「恥ずかしい生き方はやめろ」と言われたことを思い出し、途中で会議を抜け出してしまう。チョルウンは、廊下でチョンソンとぶつかり、チョンソンから「国のために働く若者が、落ち込んでいてはいけない。また会おう」と言われる。

ヒョンジュは、ヨンピルがドゥハクを陥れるために、文書を偽造しているという情報を手に入れる。ドゥハクたちは緊張を高めるのだった。

チョルウンはジョンシンに会いに来る。ジョンシンは「私の恋人にでもなりたいの?」と笑うが、チョルウンは「そうだ、どうして分かった?」と答える。「一番気分の良い朝は、お前の夢を見て起きる朝だ」と伝えるが、ジョンシンは困ってしまう。

ジョンシンは「辛いのね。ドゥハクもあの時きっとそうだったのに、私はキツイことを言ってしまった。あんたは、私と一緒にいることが耐えられなくなる」と言い、立ち去ろうとする。チョルウンは「他に理由があるのか?ドゥハク兄さんがいるから?」と訊くが、ジョンシンは答えずに帰ってしまう。

ジョンシンの家に、知らない男たちが押し入って来て、ジョンシンは拉致される。グムオクは、すぐにソウルに向かう。ヒョンジュはドゥハクに「ジョンシンさんに何か起こったようだ」と、連絡するのだった。

グムオクが待つジョンシンの部屋に、ライバル会社の社長から電話がかかってくる。「映画館を返せ」と交渉される。グムオクは「娘じゃないし、いつ下剋上されるか心配だったから、ちょうど良かった」と言って、電話を切ってしまう。

ドゥハクは、ジョンシンを助けようとする。ヒョンジュは「ヨンピルもお前を狙っているのに、危険だ」と止めるが、ドゥハクの意志は固い。その頃、妹は家から逃げ出していた。ドゥハクは母から連絡を受け、妹を探すのだった。

ヨンピルは、車に乗っているドゥハクを襲う。ドゥハクは、頭を鉄棒で殴られてしまう。ヨンピルは、止めを刺そうとするが、そこに親分が来る。ヨンピルを殴り、ドゥハクを病院に送る。ドゥハクは、わざとヒョンジュにジョンシン探しを任せ、ヨンピルに自分を襲わせたのだ。いつ襲われるか分からないより、襲われる時を自分でつくった方がいいという作戦だ。

ヨンピルは、嘘の文書を親分に見せていた。ドゥハクが横領していたと言い、「ドゥハクが親分の座を狙っている」と吹き込むのだった。ドゥハクはその場に乗り込み、詐欺師仲間たちに偽装文書を診断させる。ヨンピルの仲間は、偽造だと認めるのだった。親分は、ヨンピルを追い出してしまう。

ドゥハクはチョルウンに、ジョンシンを探すように頼む。チョルウンは「警察に頼め」と突き放すが、ドゥハクは「安企部を利用しろ」と言うのだった…。

第5話感想

チョルウンが、ドゥハクの実の弟だったなんて!驚きました!子どもを奪い、ドゥハクを刑務所に送り、ヨジンたち家族はどれほど自分勝手なのでしょうか?チョルウンの祖父はジュンホの恩人なのかも知れませんが、それを盾に取って、図々しいですよね。

だからヨジンは、ドゥハクとチョルウンが兄弟と呼ばれるのを嫌がっていたのかと、納得がいきました。ヨジンは、チョルウンがチョンソンの息子だと嘘をついているのが、怖いです。どこまでも悪い女すぎませんか?チョンソンはすっかり騙されているのでしょうか?

ドゥハクの両親は、ドゥハクがヤクザになったことを悲しんでいましたね。刑務所に行ったのに、普通の仕事ができると思っていたのでしょうか?ヤクザしかできないことが分からない両親は、甘すぎます。ドゥハクの言う通り、すべてお父さんのせいです。

ドゥハクは苦労の連続なのに、いろんな人を助けるのにも忙しくて…。犠牲の精神を、見ていて悲しいです。ドゥハクが自分の幸せのために生きられるときは、来るのでしょうか?

ドゥハク役のチャン・ドンユンの演技が、韓国では評価されているようです。まだ30歳という若さでありながら、哀愁のある雰囲気で、古い時代のドラマに合っています。切ないドゥハクに感情移入している視聴者が多いはずです。

ドゥハクとジョンシンは、刑務所でキスまでしていたのですね。ジョンシンにとっては、突然別れを切り出されたのかも知れません。ジョンシンのお父さんが、ドゥハクに別れてくれるようにドゥハクに頼んだからなのですけどね…。

ジョンシンの友人役ヤンジャを演じているのは、アイドルグループ“オーマイガール”のスンヒです。気さくな性格で人気のあるメンバーですが、『オアシス』でも良い味を出していますね。演技も頑張っていると、評価されているようです。

第6話視聴率6.7%

第6話あらすじ

チョルウンの父の葬儀に、要職の役人が来る。チョルウンの父は、思想的な容疑をかけられ厳しい取り調べを受けた後、亡くなったのだ。チョルウンは役人に怒鳴るが、役人は「君のやっていたことは分かっている。いつでも逮捕できる」と言い放つ。ヨジンは、土下座をして謝るのだった。

ジュンホはチョルウンに父の遺言書を渡し、「復讐しようとせずに、お母さんの世話をよくしなさい」と諭すのだった。しかし、チョルウンは強くなって、復讐することを決意する。

チョルウンは、マンオクに「ジョンシンを探してくれ」と頼むが、「私たちは、興信所ではない」と断られてしまう。チョルウンは土下座をして、「家族になるので、助けてください」と頼むのだった。チョンソンは、チョルウンを助けることを許可する。

ジョンシンは、誘拐犯から「グムオクに助けてと電話しろ」と命じられるが、断る。その頃チョルウンは、ジョンシンの居場所を突き止める。グムオクはジョンシンを助けるため、映画館を譲る書類に印を押していた。グムオクは誘拐犯に電話をし、話がまとまる。しかし、そこにチョルウンと警察が助けに来る。チョルウンはジョンシンを助け、抱きしめるのだった。ドゥハクは、2人を遠くから見ている。チョルウンはジョンシンにキスしようとするが、避けられる。

ジョンシンはグムオクに、「私を殺せと言ったらしいですね」と怒る。ジョンシンは、「私が命を懸けた映画館なので、私が死んでも、勝手に譲ったらダメでしょう」と言い、持ち分を6対4に変更するように交渉する。そうでなければ、独立すると脅すのだった。すると、グムオクは「全羅道を全部譲るから、自分の娘になれ」と言い残し、去って行く。

マンオクは、ドゥハクの実家にやって来る。ドゥハクの母アムデクに、チョルウンについて尋ねるのだった。マンオクは「近々重要な部署に就くから、調査している。ただし、チョルウン氏については、答えないように。昇進に不利になることもあるので」と釘をさす。マンオクは前科や精神疾患経歴がないか訊くが、アムデクは否定する。

最後に、マンオクは「チョルウン氏が、チェ・ヨンシク氏の息子なのは確かですか?」と質問し、アムデクは慌ててしまう。そこにジュンホが来て、「ヨンシク氏の息子に間違いない」と断言する。アムデクは「チョルウンは無事ですか?」と狼狽しながら質問してしまう。

アムデクは、「チョルウンは大人になったのだから、もう真実を知ってもいい」とジュンホに言うが、ジュンホは叱りつける。アムデクは1度でも息子に「お母さん」と呼んでもらいたくて、むせび泣くのだった。

マンオクは、チョンソンに「ヨンシク氏の息子ではないようです」と報告する。マンオクはチョンソンに「もしやチョルウン氏は…」と尋ねると、チョンソンは「そうだ」と答える。

ジョンシンは、精神を病んで入院している母から、亡き父がドゥハクの手紙を捨てていたと知らされる。ドゥハクは父に言われて別れを決意したのだと、知るのだった。

ドゥハクと仲間たちは、再開発で任された貧しい村に行き、人々が追い出されてマンションが建てられることに心を痛める。親分に相談するが、親分に「まだ半人前だな」と言われてしまう。

チョルウンはドゥハクを高級中華店に連れて行くと、ジョンシンもやって来る。ドゥハクは帰ろうとするが、ジョンシンは「話がある」と引き留める。チョルウンは「ドゥハク兄さんが、ジョンシンを助けるように、俺に頼んできたんだ」と明かす。チョルウンは「兄さんは、いつもお前の近くで見守っていたんだ。これから命がけでジョンシンを俺の女にするから、卑怯者になりたくなかった」と言って、帰ろうとする。すると、ジョンシンは、「2人で、私でふざけるのはやめて」と怒って、先に帰ってしまうのだった。

ジョンシンは、ドゥハクを尾行し、ドゥハクの家で酒を飲む。チョルウンはヤンジャの店でジョンシンを待つが、ヤンジャからジョンシンが“可哀相な奴”に会いに行ったと聞かされる。ジョンシンはドゥハクに、「私さえ幸せなら、自分は不幸でもいい、という犠牲の精神なの?」と、くだを巻く。ドゥハクは「俺はもうヤクザだ」と突き放すが、ジョンシンは「まだ私の隣にいたいんでしょ。父がつけた傷を全部、私が返す」と哀願しながら、寝てしまう。

翌朝、ジョンシンは「私もここに一緒に住もうかな」と言い出す。慌てるドゥハクに、ジョンシンはキスをする。チョルウンは、隠れた場所から2人を見ていた。

ジョンシンは、グムオクに電話をする。「娘になります。その代わりに、約束を守ってください」と伝える。グムオクは、ジョンシンに「母さん」と呼ばせる。ヤンジャは、ジョンソンに「チョルウンが一晩中、ジョンシンを待っていた」と教える。ヤンジャはジョンシンの反応を見て、相手がドゥハクだと気付き、ジョンシンを止めるのだった。

ジョンシンはチョルウンの職場に行き、ドゥハクと一緒にいたと伝える。ジョンシンが「恋愛感情は捨ててほしい」と言うと、チョルウンは「寝たのか?」と訊き、ジョンシンは呆れる。チョルウンが「兄さんと一緒にいて、幸せになれるのか?」と訊くと、ジョンシンは「私の幸せは自分で作るし、自分で責任を持つ」と言い放ち、帰っていく。

その頃、ドゥハクは仲間たちと、暴力で再開発の住民たちを追い出していた…。

第6話感想

ついに、ジョンシンとドゥハクがキス!これから仲良く過ごせるのでしょうか?ドゥハクは土地の再開発で、ヤクザとして本格的に仕事を始めるようになったので、2人の溝が深まりそうですが…。それでもやはり、ドゥハクは優しいので、見ていて安心します。「ドゥハクを立ち直らせる」と言ったジョンシンは、カッコよかったです。

引き換え、チョルウンはやはり精神が卑怯者なので、見ていて嫌な気分になりますね。司法試験に受かったからか、性格が堂々としだした気がしますが、ジョンシンに「寝たのか?」と訊くのは、気持ち悪いです。ドゥハクと付き合わなかったとしても、チョルウンとは絶対に付き合いたくありません!

チョルウンが泣きながらお酒を飲むソーンは、可哀相というよりも、しつこいなと思ってしまいました。やはり、その人が良い人かどうかで、同情できるかどうかが決まりますよね。いつの間にか、チョルウンは喧嘩が強くなっていましたが、特訓でもしたのでしょうか?カッコいいとは思えませんでした…。

子どもを泣く泣く手放した、アムデクは可哀相ですね。叱るジュンホの方が、理解できません。ただ、チョルウンが、アムデクたちが実の両親だと知っても喜びそうにないので、心配です。

ジョンシンは誘拐犯に飛び蹴りをして、カッコよかったです!ジョンシンの強気で積極的な性格は、好感度が高いですね。韓国ドラマには、ぶりっ子な女性があまり出てこないので、見ていてスカっとします。

ドゥハクの仲間、ヒョンジュも渋くてカッコいいです!男気があるタイプなので、隠れファンが増えそうな気がします。

ヤンジャの歌のシーンは、さすがでしたね。本職が歌手なので、上手でした。ヤンジャの性格も、本来のスンヒの性格と似ている気がします。

ジョンシンに「母さん」と呼ばせるグムオクも可愛いし、だんだんと登場人物に愛情がわいてきました!

オアシス(韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想

オアシス ~君がいたから~(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP