ウンジュの部屋 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ウンジュの部屋  은주의 방 全12話 2018年放送 Olive ●韓国放送 2018年 11月6日 〜

第9話 あらすじ

クリスマスにミンソクと会うことにしたウンジュは、プレゼントを用意して待ち合わせ場所に向かう。しかしミンソクが予約していたレストランにはヘジンも同席していたのだった。ウンジュの異変を敏感に感じ取ったミンソクは、雰囲気を台なしにしないよう気を使うが、最後まで不機嫌なウンジュについ声を荒らげてしまう。ヘジンの嫌がらせに疲弊したウンジュと、本意でない仕事を受けたミンソクは、それぞれ複雑な心境で夜を過ごし…

https://knda.tv/datv/program/dt001541/

quetalsurinoさんより

第9話 感想

クリスマスの日、ミンソクと時間を過ごすことになったウンジュは、嬉しそうに約束の場所に向きますが、ミンソクと一緒に居るリュ・ヘジン(パク・ジヒョン)をみると、楽しみにしていた時間は、、、やはり楽しくない時間に変わりましたね。

独立したミンソクの会社が経営難に陥った状況で、ギャラリーの工事をヘジンから依頼されたミンソクは、会社のために気が乗らない仕事を受けるべきかを悩みますが、意外にも一緒に独立した上司でエントランス体表のソン・ジヌは、ミンソクの能力を信じ、嫌な仕事を受ける必要がないとアドバイス。

仕事を受けるべきだと悩んでいたミンソクの悩みを一瞬で吹き飛ばした代表の言葉に、今話の話しの展開の中心にある、大人になることは?30歳を迎えるウンジュが抱えた悩みも難しく考える必要なないことを気付かせてくれる。。。

結局、ヘジンの依頼を断ることを選択したミンソク!今話のミンソクの判断や発言は、個人的には理想そのもの。ヘジンとの関係を何も語らなかったため、仲が悪い?ことに気づいていなかったミンソクでしたが、ウンジュとヘジンの関係を知ると、迷うことなくウンジュを選択するところが素敵!

ヘジンは予想した以上に、悪質なタイプでした。どんな状況でもミンソクがウンジュを選択することにあることが確認できてホッとしました。部屋のリフォームを手伝って大変身した部屋の様子をSNSにアップしたジンギュは、部屋をリフォームしたウンジュの連絡先が知りたいとのメールを受信していたことをウンジュに伝え、ウンジュは趣味ではなく、本気でインテリアを勉強してみたいと思うようです。

クリスマスの夜、ヘジンのせいで喧嘩してしまったミンソクとウンジュは、年末も会うことなくそれぞれの時間を過ごし。でもミンソクが気になるウンジュは、誰もいないミンソクの会社を訪ね、ミンソクはウンジュの部屋を訪れます。

タイミンク悪く、携帯電話の充電がなくなったことでウンジュと連絡が取れないミンソクでしたが、ウンジュはミンソクが残したメモを発見すると、笑顔を見せ!10代の頃のミンソクとの思い出を浮かべる姿が可愛かったです。

二人がすれ違ってしまうと思ったら、ミンソクがウンジュの部屋の前にいました。ミンソクを見るウンジュの表情と、ウンジュに向かって歩いてくるミンソクが素敵で、癒されながらも、ドキドキするエンディング!

今後のミンソクとウンジュのロマンスの行方が気になる。。。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話 あらすじ

ウンジュはジンギュを通じて「部屋を変えてほしい」と依頼してきたダヨンに会う。だがいざ会うとダヨンは、部屋を変えただけでは自分は変われない、と尻込みしてしまう。ウンジュはかつての自分をダヨンに重ねながら、ダヨンを前向きに説得し、部屋の模様替えを手伝う。
一方ミンソクは、ウンジュと自分の関係について自問する日々を過ごしていた。そして自分がつらい時、ウンジュが変わらずそばにいてくれたことに気づき…

https://knda.tv/datv/program/dt001541/

quetalsurinoさんより

第10話 感想

ウンジュとミンソクのナレーションと静かに流れる挿入歌が、今話の内容とマッチして印象的!

喧嘩をした後、仲直りしたウンジュとミンソク。ウンジュは渡しそびれたクリスマスプレゼントを見んンソクに渡し、同じものがウンジュの部屋にあったことをみて、嬉しい気持ちになるミンソクでした。二人の関係を見つめるジェヒョンは、ウンジュに気持ちを告白するようミンソクにアドバイス。

ウンジュはミンソクがヘジンのギャラリーからの依頼を断ったことを知り、エントランスが経営難にあることを知ると、責任を関します。でも、どんな時も、世界唯一でも味方になると語るミンソクに、これまで長い時間、ミンソクが側に居てくれたことを確認するウンジュは、ミンソクに友達以上の感情を抱いている、自分の気持ちに気づいた様子でした。

「恋のスケッチ~応答せよ1988~」で主演の姉を演じたのがリュ・ヘヨンですが、このドラマでは自然体で無造作な髪型も可愛く感じるほど、インパクトのあるヒロインを演じています。今話では、自分を変えたいと望むダヨンと出会い、彼女の姿に自分の過去を重ねるウンジュは、ジンギュに続き、ダヨンの部屋を簡単にリフォーム。カーテンを変えただけで気分がリフレッシュすることがありますが、ちょっとした変化でただの部屋から、居心地のよい自分だけのスペースになる様子を描いています。

会社員から無職へと、その後、自分のために時間を使い始めたウンジュがハマったDIYは、単純に自分が好きなことではなく、得意なことでもあったことで、彼女の趣味が人生の転機へとなるのか、ミンソクとのロマンスのみならず、ウンジュの人生の目標がどのような方向に向くのかが、気になる第10話。最終話までは残すところ、2話のみ。

通常、全16話の編成が多い中、個人的には全12話で構成されているドラマは展開も早く、無駄な内容が全くない。無駄を省きロマンスならロマンス、人生の目標なら目標と、自分らしく突き進む姿に共感できます。30歳を迎え、それまで持っていたキャリアを捨てて新たな仕事に挑戦することは容易ではないですが、ミンソクがウンジュのよき協力者になりそうで、二人が幸せなエンディングを迎えることを期待して!

エンディングはミンソクのキス!驚いたウンジュは一瞬戸惑ったように見えましたが、そっと目を閉じる、。。ずっとウンジュが好きだったことを言葉で告白するよりも意味のあるミンソクのキスに、今話もドキドキが続きました。

 

ウンジュの部屋 11話・12話(最終回) あらすじと感想

 

ウンジュの部屋 あらすじと感想 視聴率・キャスト 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー