ウラチャチャ My Love (ワイキキ) 9話・10話 あらすじと感想 コ・ウォニ  カン・ソジン役 | 韓ドラの鬼

ウラチャチャ My Love (ワイキキ) 9話・10話 あらすじと感想 コ・ウォニ  カン・ソジン役


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


ウラチャチャ My Love 으라차차 와이키키 全20話

第9話視聴率 2.007%

えぱたさん

第9話あらすじ

ユナ (チョン・インソン) が買い物中に娘ソルが泣き出し、通りかかったシングルファザーに助けられます。なんと、有名パティシエで、ユナのクッキングスクールの講師になったのでした。

マルグムは中国のプロダクションと契約して、小さい頃ドゥシク (ソン・スンウォン) と撮った写真を渡して去ります。

ジュンギ (イ・イギョン) にガス台の調子を見てもらっていて、急につまみをソジン (コ・ウォニ) が触って火がつき、ジュンギが眉毛を片方焼いてしまい、検事の役がギャングの役に変更になってしまいます。ジュンギは怒り、就活のインタビューに行くソジンの背中に、カツラの広告のビラを貼ります。ハゲのインタビュワーが広告を見つけ、怒り、ソジンはガッカリします。

会社から「不合格」とメッセージがあり、遠出しようとバスに乗っていたソジン。取り違えてソジンのスマホを持っていたジュンギに、会社から二次試験のお知らせがあり、ジュンギが時間稼ぎをしている間に、ソジンは間に合い、インタビューを受けられたのでした。2人飲んで酔って、気分が良くなったソジンは、ジュンギにキス…。



第9話感想

イケメンのシングルファザー、スーパーパティシエが登場しました。確率からすると宝くじ並みですがドラマには必須です。ソルにハムとチーズを食べさせ熱を出させたドングには、太刀打ちできない相手です。ユナには告白できずにいて、唯一秘密を知られてしまったスアには、状況をコントロールできるのかと問いかけられたドング、ピンチです。

ドング (キム・ジョンヒョン) が面倒を見ていたソルが行方不明になって、またあの客室のベッドにいたのは、どうやって行ったのか、いまだ謎です。

変な治験のバイトで声が子供みたいになってしまったジュンギとドゥシク、これは楽しかったです。怖そうなタクシー運ちゃんも変な声で、笑えました。子供の声のドゥシクが失恋の歌を歌っていて、ドングが加わりデュエットした時、キムジョンヒョンの歌が上手いのでビックリしました。

ドゥシクの恋が終わってしまい、目立たないドゥシクのネタが無くなり、寂しくなりました。

ドングとドゥシクがプラモデルで意地の張り合いをしていたのは、いったい何の意味があったのか、よく分かりませんでした。

第10話視聴率 1.966%

えぱたさん

第10話あらすじ

酔って帰宅したソジンとジュンギ、倒れた拍子にカウンターにあったドングのカメラをジュンギが落として壊してしまいます。ドングが見つけ、怒りに燃え、ジュンギは正直に話そうと言いますが、ソジンは絶対に秘密で墓まで持って行くと。

ドングにソルを預け、クッキングスクールに通うユナ、イケメンでスーパーパティシエのソン氏のベーカリーへ。遅くまで2人で菓子製作の研究に没頭。

映像制作を志すドング、知り合いの監督に誘いを受けます。子供の成長記録の映像で、赤ん坊をあやすプロのユナを呼び、制作を手伝ってもらいます。ドングの笑顔を見て、微笑むユナ。評判はイマいちで落ち込むドングを励ますユナ。

黒づくめの男、コンビニに現れ、「タイのカップ麺は?」と尋ね、不審に思ったドゥシクは、探偵を雇って詐欺師を探しているスアに連絡、スアはコンビニのバイトのフリをします。

ソジンは就職し、記者として働き始めます。パワハラ上司に難問を言われ、落ち込んでいたところ、会場に居たジュンギが同僚と機転を利かせ、写真をゲット。ジュンギを見直したソジンでした。

ユナの励ましに力を得たドング、監督と組むことを決定。ユナに告白します。

第10話感想

ジュンギがぶつかって壊れたカメラは、ドングがオリビアと名付け、妹のように大事にしていたカメラでした。そんなに大切な壊れると困る物なら、しっかりしまっておくべきで、カウンターの上に置いておく人の責任だと思います。バレる前にカメラもキスも話して、事は収まり、良かったです。ヒヤヒヤするのは嫌いです。リアクションは怖いですが、許してくれた優しいドングです。正直にドングに話そうとジュンギが言うのはカメラのことで、ソジンはキスのことと勘違いして、話がズレていたのが、面白かったです。

ドゥシクとスアのコンビニに来たモンスターカスタマー、今はそういうのがたくさん居るんですね。困ったことです。相手の経営レストランに行って芝居をし、謝罪させた場面、スッキリしました。

ドングがユナに告白する場面、直前にユナがソン氏と車から降りたので、どうかな〜と思いましたが、タイミングはドングに有利に働きました。しっかり重要ポイントを押さえていたドング、これからの展開が楽しみです。

コ・ウォニ 고원희 カン・ソジン役

出典:http://tv.jtbc.joins.com/

生年月日: 1994年9月12日 身長170cm
出演ドラマ
ユビョルナ! ムンシェフ (2020/チャンネルA) ユ・ユジン役
私の彼はエプロン男子 (2018/KBS)ダヨンの友人、ジュエリーデザイナー
ウラチャチャ My Love (2018/JTBC)ドングの妹
最強配達人(2017/KBS) イ・ジユン 大手企業令嬢、コーヒーワールドのバイト
星になって輝く(2015/KBS) チョ・ボンヒ ファッションデザイナーを目指す女性
君を愛した時間(2015/SBS) ユン・ミンジ ホジュンの妻、ハナの職場の後輩
王の顔(2014-2015/KBS) 仁穆(インモク)王后キム氏 宣祖の継室
花たちの戦い~宮廷残酷史~ チャンニョル王妃 仁祖の2番目の正室

ウラチャチャ My Love(ワイキキ) 11話・12話 あらすじと感想 イ・ジュウ  ミン・スア役

ウラチャチャ My Love(ワイキキ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー