ウェルカム2ライフ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ウェルカム2ライフ 웰 컴 2 라 이 프 Welcome2Life

2019年放送 MBC(全32回)全16話

第29回視聴率4.5% 第30回視聴率6.1%

 

第15話あらすじ(第29・30回)

準備中

quetalsurinoさん

第15話感想(第29・30回)

悪対悪、息子ユン・ピル対父チャン・ドシクの命を懸けた対立!!亡くなったと思っていたユン・ピルの母は生きていました。

二人の関係を分裂させようとするイ・ジェサンの計画。。。しかし、チャン・ドシクが迎える結末??ユン・プルが連続殺人犯であることを証言させようとするイ・ジェサンの言葉に、チャン・ドシクは息子に法の裁きを受けさせる代わりに、ユン・ピルの殺害する命令を部下に下します。葬儀まで準備した父に、ユン・ピルの怒りが爆発!部下がユン・ピル側に動いたことには気づかず、彼を殺害するために準備された薬物を逆に投与されてしまい、死を迎えることになるのでしょうか。

殺害されそうになったイ・ジェサンは、意識を失いながらもラ・シオンが無事であることを願います。彼女のために命まで捨てる勇気。イ・ジェサンがチャン・ドシクの選挙事務所に連れて行かれたことに気づいたシオンとク・ドンテク(クァク・シヤン)が現れ、イ・ジェサンの意識が無事戻りました。

その過程で、シオンを助けて怪我を負ったク・ドンテクを見ると、片想いは辛い気がします。パラレルワールド(平行世界)でも現実世界でも彼の片想いが両想いになることはないのかなぁ。最近、自分の考え方が変わり始めたのか、ドラマに登場する三角関係を見ると、多くの場合、主人公ではなくライバル関係にあるキャラクターに惹かれることが多いような。。。主人公イ・ジェサンとは違い、どちらの世界でもブレない姿のク・ドンテクでは、常に公平で、堅実で真っすぐで、気持ちも一途。

捜査ドラマなので、深く三角関係を考える必要なないと思いますが、このドラマのベースにあるのは、愛する者や家族、誰かを大切に想う気持ち。その気持ちがどんな選択をさせ、どんな結果になるかを見せてくれる意味もあるように思いました。

母を殺そうとして、父まで殺害しようとするユン・ピルの選択の行き着くエンディングは、決して明るいものではなく、悪は裁かれると思えるエンディングを迎えて欲しいです。イ・ジェサンたちは身寄りのない女性が失踪中で、遺体で発見されていないことから、まだ生きていると気づきます。しかし、新薬開発の実験に利用されて女性の一人も容態が急変し、次の話では、ついに製薬会社バベルカンパニーで行われていた悪事が暴かれることになるのでしょうか。

予想していた以上の逆転があり、驚くポイントが多い!イ・ジェサンがいなくなったパラレルワールド(平行世界)も気になり、最終話では両方の世界の結末が見られる??

仲間愛、家族愛、親子愛、社会は自分一人ではなく、多くの関係に包まれて、それぞれの選択によって、何百通り?何千?それとももっと多くの結果を出せる。。。

最終話、そのエンディングに期待が高まります!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第31回視聴率4.2% 第32回視聴率6.0%

 

第16話(最終回)あらすじ(第31・32回)

準備中

quetalsurinoさん

第16話(最終回)感想(第31・32回)

最終話を迎えることになりました!思った以上に面白いドラマだったので、ドラマが終わるのは本当に残念。

パラレルワールド(平行世界)のように現実世界でもイ・ジェサンとラ・シオンは幸せな家庭を築くことができたのでしょうか。パラレルワールド(平行世界)では拉致されハンマーで攻撃を受けた後のシオンの姿は登場せず、現実世界でもシオンが命を落とすほどの危機を迎えることが予告されました。やはり、ユン・ピルに拉致され命を落とす危機を迎えますが、ジェサンとク・ドンテク(クァク・シヤン)が現れ命に別状なし。

自ら命を絶とうとしたユン・ピルの望みは叶わず、法の裁きを受ける結末を迎えました。残酷に父チャン・ドシクを殺害し、母チャ・ヤンヒまで殺害したユン・ピル。

10年間シオンに苦しみを与えてきた事件は、犯人を逮捕することで解決。事件が解決するまでシオンの側にいるつもりだったイ・ジェサン。パラレルワールド(平行世界)での経験がイ・ジェサンを変えたことで、シオンもジェサンに恋していた。

シオンはチーム長に昇進、長年シオンに片想いを続けたク・ドンテクは、気持ちを告白しました。彼女の気持ちがイ・ジェサンに向いていることを知るク・ドンテクは、彼女の幸せを祈り、別の警察署に移動。ク・ドンテクは最後まで理想的で素敵でした!

最終話の現実世界はジェサンとシオンが幸せなエンディングを迎え、シオンの妊娠を喜ぶ姿で終わりました。もう一つの世界、パラレルワールド(平行世界)が登場!車椅子の姿のシオンといつもの明るい声で母を呼ぶ娘ボナの姿。。。そしてイ・ジェサンの姿が登場しました。パラレルワールド(平行世界)でもシオンは幸い殺害されなかったようで、犯人を逮捕し10年前の事件は解決されたエンディング。

もしも彼がパラレルワールド(平行世界)に行っていなければ、間違った選択を続けたイ・ジェサンの最後は、法の裁きを受ける犯罪者だったはず。同じ状況で違う選択をしていたら、、、を前提に描かれたドラマは、登場する主人公たちの心理的な変化も上手に表現され、温かく感動的なストーリーでした。

ボナが歌っていた「サメの家族(Baby Shark)」のメロディーが今でも記憶に残ります。ボナを演じたのはイ・スアという名の子役ですが、他に出演しているドラマがあるかが気にある程可愛かったです。連続殺人や醜い事件が多く扱われたにも拘わらず、明るいエンディングが事件の後の悪さをすべて消し去りました。気持ちが落ち込む暗いドラマを観た後は、しばらくブルーになるので、希望のあるエンディングがよかったです。

ウェルカム2ライフ 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー