イ判サ判 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

イ判サ判 (理判事判)2017年SBS 이판, 사판 全32回(全16話)35分×2

第9話(第17回・第18回)

bluepepperさん

第9話 あらすじ

ギョンホの再審請求が棄却されたことを知ったミョンヒは、自分がギョンホの再審が通るようにするとジョンジュに言う。ゴスの妻であるムン・ユソンは、ゴスの初恋の相手であり、ゴスの裁判の被告人でもあるミョン・スジンがゴスに送った手紙を見つける。そんな中、ジョンドの誤判により冤罪で服役したスンボクが無罪を勝ち取れたのはジンミョンのおかげだとマスコミが報じる。

https://knda.tv/kntv/

第9話 感想

チェ・ゴス部長判事の「初恋の人」問題、やっぱりムン部長奥様にバレちゃいましたね。食堂で声を合わせて大声出すシーン、ぴったり息が合ってて、吹き出しちゃいました。さすがベテラン同士。本当の夫婦以上の息の合い方が素晴らしい!お見事です。

ヨン・ウジンさんはサ・ウィヒョン判事がよく似合っています。頭脳明晰で優秀で堅物で不器用、という役柄がものすごくしっくりきます。イ・ジョンジュ判事とも、少しずつ距離が近づいて、恋に発展しそうな雰囲気になってきました。

それにしても、イ判は、サ判に対する態度と、ト・ハンジュン検事に対する態度が違いすぎますね。ハンジュンの方が絶対かわいいのにー!

今回は車のシーンが胸キュンです。話があると助手席に乗り込んで来たサ判に「そこは指定席なのに」と文句を言いながらも愛嬌見せちゃうんですよね。「ん?俺の顔が見たかったのかー?」って顔を寄せて「ん?ん?」って。男性相手でもあの愛嬌!もう完全にやられてしまいます。私だったら絶対ト・ハンジュンがいいけどなー。

ト・ハンジュン検事が、母ユ教授に向かって「(ト議員と)なぜ別れないんだ?!」と言うシーンがあります。「それよそこ!ほんとそう!」と思わずひざをたたいてしまいました。ユ教授は過去の誤審を正そうとしているようですが、それでも、夫と別れないし、夫の暴力に耐えているし、夫に面と向かって歯向かおうとしないし・・・。理由を知りたいです。本当に。いったいなぜなのでしょう?

10年前のキム・ガヨンのケータイが出てきました。しかも殺される直前の声が録音されているという都合の良さ!さすがにこんな証拠物件が出てきたら事態は大きく動くはず。次回の展開に注目したいと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話(第19回・第20回)

bluepepperさん

第10話 あらすじ

 ミョンヒはガヨンの携帯の中にあったジンミョンとガヨンの写真をウィヒョンとジョンジュに見せ、ガヨンが死んだ日、ジンミョンがガヨンと一緒にいた事を話す。ジョンジュはウィヒョンをお酒に誘い、ウィヒョンはジョンジュにハンジュンに対する気持ちを聞く。ヨンスンとバッグのことで訴訟中のスジンは、妹のスヨンの恋人であるチェソンが自分に協力しない事に腹を立て、スヨンはかつて同じアイドルグループだったセラと再会する。

https://knda.tv/kntv/

第10話 感想

この回、最初の方でイ判とサ判が一緒に行った飲み屋さん、綺麗でしたね。天井の桜と、壁に埋まったアイアンマンが印象的な日本料理店、よくドラマに出てくる場所です。ソウル麻浦区の上岩洞(サンアムドン)のIZAKAYA 미나미(ミナミ)。行ってみたいと思ってリストアップしながら、まだ行ったことがありません。2人が話している前に串がいっぱい見えたのは、きっとオデンですよね。お腹が減った夜中に見ていると、めちゃめちゃ行きたくなります。

偽ブランドバッグ事件の被告、チェ・ゴス部長判事の「初恋の人」は、なんと、その昔、チン・セラを陥れたマネージャーだったんですね。現在は前髪をきりりと上げた強気のオールバックで、「有名デザイナー」と名乗ってますが、どういう経緯で「有名デザイナー」になったのでしょう?そしてなぜそう意地悪ばっかりするのか?

これまで単なる被告人、初恋の人だと思っていた彼女が急にクローズアップされて、頭の中が「?」でいっぱいになりました。

偽ブランドバッグ事件そのものは、真実が暴かれ、ムン部長の「大岡裁き」が下ってひと安心。ムン部長の判決シーンには、ようやく胸のつかえがとれて、スカッと爽快な気分になりました。

でも、肝心のキム・ガヨン事件の方は、まだ解決しそうにありません。いろんな証拠や証言が出て来ても、ト議員は「記憶にない」って。でもまあ、百戦錬磨の議員さんなんだし、そりゃそう答えますよね。

あっちでもこっちでも10年前の録音を持ってたり、全然関係ないと思っていた人たちが初恋の人だったり、かつてのマネージャーだったり・・・。あれやこれやと、ご都合主義が目に付くドラマです。それでもけっこう楽しく見てしまうのは、やはり役者さんたちがお上手だからでしょうか。

イ判サ判 11話・12話 あらすじと感想

イ判サ判 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー