イ判サ判 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

イ判サ判 (理判事判)2017年SBS 이판, 사판 全32回(全16話)35分×2

第11話(第21回・第22回)

bluepepperさん

第11話 あらすじ

ジョンジュは参考人として呼ばれたジンミョンにガヨンの事件の真相について尋問し、ジンミョンは自分が参考人として呼ばれたことを主張する。ウィヒョンは、ジンミョンが真犯人である拡張を得られないジョンジュに、まずはギョンホの無実を証明することから始めることを勧める。バッグの詐欺事件でミョン・スジンのウソを暴いたムン部長は、自分のことを見下していた夫のチェ部長の鼻をあかし…。

https://knda.tv/kntv/

第11話 感想

サ・ウィヒョン判事は最初は服装がダサい感じだったのに、回を追うごとに少しずつスタイリッシュになっているような気がします。でも、あの太い横ジマのニットネクタイは、かっこよかったのか、ダサかったのか、どっちなんでしょう。「かっこいいけど若干ダサい」線を狙ったのだとしたら、ビンゴ!でしたね。

このドラマを見ていて不思議に感じるのは裁判所の判事さんたちの休憩室。なぜ男女別々の部屋なんでしょうね?着替えをするロッカールームのような部屋なら男女別も当然だと思いますが、特にロッカーもなさそうな部屋なのに、男女別々の部屋なのが不思議です。ドラマの中では、毎回、女性だけの内緒話、男性だけの内緒話が聞ける貴重な部屋ですが、本当の裁判所にもこんな部屋があるんでしょうか?一度覗いてみたいです。

今回の話の中で一番説得力があったのは、サ判のお父さん。「お前が友達を信じたように、私もジンミョン(ト議員)を信じている。確かにあいつは権力欲は強いが、殺人を犯すようなやつじゃない!」って。これが、本当に説得力がありました。そう言われるとそう思えてきます。じゃあ、犯人はいったい誰なのでしょうか?

最後は再審請求審議の法廷シーン。「自分の証言が決定打になる」と話してた時から来ると思ってたけど、やっぱり来ました!トハンジュン検事!「私が証言します!」きゃー、なんて素敵!かっこよすぎます。

なのに、ト・ハンジュン検事じゃなくて、サ判事を証人にする?

うーん、おもしろくなってきました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話(第23回・第24回)

bluepepperさん

第12話 あらすじ

ウィヒョンはギョンホの再審請求尋問に証人として出席し、ギョンホが真犯人ではないことを話すハンジュンの音声ファイルを提出する。ハンジュンは自分に内緒で音声を録音したウィヒョンに腹を立て、ウィヒョンはジンミョンとミョンヒに対する自分の考えをハンジュンに説明する。ミョンヒは今まで家庭内暴力はなかったとハンジュンに話し、ハンジュンは自分が何を見逃しているのかミョンヒに聞く。

https://knda.tv/kntv/

第12話 感想

いくらト・ハンジュン検事を法廷に立たせたくないからって、こっそり録音だなんて。あれはないです。ひどすぎます。イ判一筋の、一途なト・ハンジュン検事でも、さすがに怒って当然だと思います。

でも、DVまで表沙汰になっちゃった、と思ったら、DVは誤解かも、ですって?

ユ教授はこれまで一度も冷静な態度を崩したことがなかったのに、ここへ来て初めてト議員に対して声を荒げ、涙まで見せました。「どんな思いで判事をやめたか。あの電話さえなければ」って。その電話で、いったい、何があったんですかー?

イ判兄を殺した児童性暴行犯人は「無期懲役」を言い渡されましたが、本人は「心神喪失で釈放」を期待していたようです。いったい誰と、どんな取引をしていたのでしょう?

どれもこれも、ますますわからなくなってきました。

私のお気に入りのト・ハンジュン検事にひどいことをした、と思うせいか、サ判、急にまたダサく見えてきました。モコモコ分厚い緑のチェックのオーバーコートも、フードにファーがついたコートも、ダサすぎます。だいたい、コートばっかりいったい何枚持っているんでしょうか。

髪飾りのシーンもサ判、ひどかったと思いませんか?9歳の女の子に深緑の渋い色の髪飾りで、イ判にはピンク?しかも、イ判に全然似合っていなかったし!たぶん、イ判本人もそう思ったはず。だってその後のシーンでその髪飾り、全然出てこなかったですもんね。

そして、いよいよイ判兄の再審が始まりました。最初の証人はなんとユ教授。しかも過去の証拠は偽物だった、とDNA鑑定を添えた本物の下着を提出?

ここからようやく、核心に迫る事実が見えてきそうです。

イ判サ判 13話・14話 あらすじと感想

イ判サ判 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー