インサイダー(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

インサイダー


放送予定 

【日本放送】

●KNTV(2024/5/4-25)土曜日7時から4話連続放送 字幕

●KNTV(2024/4/10から)月~金曜日18:45から 字幕 

●【日本初放送】KNTV 全16話(2024/1/23から) 月~金曜日18:40から 字幕

【韓国放送期間】 2022年 6月8日 ~ 7月28日。夜10時30分

インサイダー

인사이더

2022年放送 JTBC 水木 全16話

視聴率

平均視聴率 3.04% 시청률 最低視聴率第1回2.568%% 最高視聴率第6回3.414%

インサイダー

出典:tv.jtbc.joins.com

あらすじ

潜入捜査中に奈落の底に落ちた司法研修生のキム・ヨハンが、奪われてしまった自分の運命を取り戻すため、死闘を繰り広げるアクションサスペンスドラマだ。欲望が絡み合うゲーム盤の上で繰り広げられる緻密な頭脳戦と高度な心理戦、華やかなアクションまで、自身を破滅に追い込んだ世の中と勝負する男性の壮絶な復讐が繰り広げられる。

相関図

出典:JTBC

キャスト

主要人物


出典:JTBC

カン·ハヌル キム·ヨハン役
「生き残ってみせる。 私が生きている一戦は終わらないから」。

祖母を一人で支える司法修習生。父親のように思っていた先輩検事たちの提案で、アンダーカバー捜査をして刑務所に入る。 すべてを失うことになると、皆がそっぽを向く。 失われた自分の人生を取り戻す唯一のカードは、ひたすら自分、自分自身だけだということに気づき、刑務所の一番下でテキサスホールダムから学び始める。


出典:JTBC

イ·ユヨン オ·スヨン役
「もう少し我慢すれば瑞草洞で降りられるのに、どうしてもう降りようとするんだ」

バム店で作った資金と人脈で、各種利権事業に介入する江南花柳界の大麻談、マダムの仮面をかぶった事業家だ。 検事のターゲット捜査のために母親を失い、一生復讐を夢見てきたが、相手は検察要職を経て、さらに巨大化した。 巨悪を崩す刀を探していた彼女の前に、アンダーカバー捜査を始めたキム·ヨハンが現れる。


出典:JTBC

ホ·ソンテ ユン·ビョンウク役
「世の中にできないことなんてないよ」

大手企業の会長らを牛耳る、中央地検金融租税調査2部の部長検事。 良い頭で誰よりも早く司法試験をパスし、不動産事業をする妻の実家の支援で、誰よりも早く昇進してきた。 腐敗捜査庁の新設に反対する中央捜査部ラインの実力者で、モク·ジンヒョンがキム·ヨハンをアンダーカバーに植えた事実を早くも見抜く。


出典:JTBC

キム·サンホ モク·ジンヒョン役
「汚い仕事はこのモク·ジンヒョンが全部やるから…。一緒にやろう!」

系図がなく、一生地方だけを回ってきた検察内の代表非主流。 県北部地検部長検事。高位公職者の不正を捜査していた旧「社稷洞チーム」出身で、工作陰謀に長けている。 新設される腐敗捜査庁を人生の機会と考え、反対勢力の弱点をつかむため、司法研修生のヨハンをアンダーカバーに抜擢する。


出典:JTBC

カン·ヨンソク チャン·ソノ役
「このグラの世界では、信じられる者を探すのが仕事です」

約款の年齢で賭博一つで星州刑務所を掌握した、希代の賭博天才。刑務所に入所したキム·ヨハンに賭博と戦いを教え、キム·ヨハンを後継者でありパートナーに育てる。 過去の悪縁であるヤン·ジュンへの復讐を夢見ている。


出典:JTBC

パク·ソングン ホン·サンウク役
「政権は5年だが、騎手は不滅だ」

腐敗捜査庁新設に反対する中央捜査部ラインの首長、最高検察庁中央捜査部長だ。 検察内の主流から無難に昇進してきた。 名誉ほどお金も好きで、位階を問わず利益の前では行き詰まっていない行動で公職にいてはならないタイプだが、検事の先輩·後輩たちの間では信望が非常に厚い人物だ。


出典:JTBC

カン·シンヒョ ホン·ジェソン役
「スタートは君がした。 ただ人間的に因果応報だと思え」

ホン·サンウクの息子。 金ヨハンの法学部、司法研修院同期。
いつもキム·ヨハンに押されて2位になった。 そうするうちに司法研修院卒業を控えてキム·ヨハンのアンダーカバー作戦が失敗に終わると躊躇なくキム·ヨハンを奈落に送るのに一助となる。

出典:JTBC

話数ごとのあらすじと感想

neroさん
インサイダー(韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 9話・10話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 11話・12話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想
インサイダー(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●ある日突然運命を変えられてしまった主人公が、自らの手で復讐を誓うアクションサスペンス!!

第1話から手に汗握る展開がつづき、一気にハマっていった作品。主演を務めたカン・ハヌルの演技に、またひとつ驚かされました。「椿の花咲く頃」で見せたさわやかな雰囲気はまったくなく、坊主頭に傷だらけの風貌で登場したカン・ハヌル。これが地上波のドラマだとはにわかに信じられないほど、完成度の高い作品に仕上がっています。

前半は刑務所、そして後半はカジノを舞台に繰り広げられる権力争い、不正、そして裏切りの数々。騙し騙されるなか、次第に成長していく主人公の姿に思わず夢中にさせられました。

カン・ハヌル演じるヨハンは、幼い頃に父を亡くし、祖母と2人で暮らす司法修習生。ひょんなことから潜入捜査を行うこととなったヨハンは、その後仲間の裏切りによって本物の前科者となってしまいます。絶望に暮れるヨハンに追い打ちをかけるように告げられた祖母の死・・

どん底に突き落とされたヨハンはいつしか、自分を陥れた者たちへ復讐を誓います。しかし、ヨハンが相手にしようとする壁はあまりにも高く。そんなヨハンの協力者として現れたのは、賭博場で顔を合わせた謎の女性オ・スヨン(イ・ユヨン)でした。こうしてパートナーとなったヨハンとスヨン。果たして2人の復讐の行方は?

本作の見どころは、なんといってもまったく隙のないキャスト陣の演技力です。主演のカン・ハヌル、イ・ユヨンに加え、ホ・ソンテやキム・サンホ、チョン・マンシクなど、脇を固める俳優陣の高い演技力に毎回驚かされるばかり。とくに刑務所内では、ハウスを取り仕切るチョン・ソンオ役を演じたカン・ヨンソクとその取り巻きノ・スンファン役のチェ・デフンの存在感が光りました。さらに悪役専門かと思うほど悪役が似合うチョン・マンシクの不気味な存在感も、最後までストーリーに緊張感をもたせる重要な役割を担っています。

登場人物のあまりの多さに途中で混乱することも多くありましたが、それ以上にストーリー展開が目まぐるしく、ついつい夢中にさせられるドラマです。逆転につづく逆転に、あっという間に全16話が終わってしまいました。

最終話では続編を予想させるような演出もあり、シーズン2にも期待が持てそうです。

映画さながらの激しいアクションシーンと名俳優たちの渾身の演技で、視聴者を惹きつけた本作。ロマンスを期待している方にはちょっと物足りないかもしれませんが、殺伐とした復讐劇やアクションものが好きな方には、ぜひともオススメしたい作品です。




【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/16から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP