イミテーション (韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率 | 韓ドラの鬼

イミテーション (韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率

「広告」


放送予定

【日本放送】

●KNTV 全12話(2022/2/9-24)月~金曜日18:45から 字幕

●【日本初放送】KNTV 全12話(2021/12/19から) KNTV日曜日20時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】 2021年 5月7日から 7月23日まで

イミテーション

이미테이션

2021年放送 KBS2 全12話

視聴率

平均視聴率 0.89% 시청률 第1回1部1.0% 最低視聴率第5回0.55% 最高視聴率第8・12回1.2%

出典:https://program.kbs.co.kr/

あらすじ

同名のカカオページのウェブ漫画を原作とし、アイドルが100万人いると言われる時代に、本物を目指す全てのスターたちを応援する韓国のアイドルたちに捧げる物語

相関図

出典:https://program.kbs.co.kr/

キャスト

主要人物たち


出典:KBS

U-KISS ジュン クォン・リョク役 トップアイドルグループ「シャックス」のセンター。各種チャートを席巻し、名実共にKポップの頂点「シャックス」のセンター! グローバルなホットボーイグループらしく、完璧なビジュアル、完璧なフィジカルに実力、人間性、スター性までついている! しかし、ウンジョの事件調査以降、すべてが変わった。 スイートな笑みは今やマスコミの前で徹底的に見せる、機械的な姿に過ぎない。

そんな彼の前に、その子がまた現れた。 イ・マハ! 「ラリマの偽物」という名の通りすがりのコンセプトで、あちこちに登場して、神経をかきたて始め、悪口の書き込みにも、明るい笑顔で挨拶をする、気丈なアイドルになった…。

気になる。気になる! 腹が立つ!! ところで..見たい? 激しく爆発したり、貧しくなったり、幼稚に小さくなるまでに。マハの境界線に閉じ込められて、意外な虚堂美まで発散して、喜怒哀楽のジェットコースターに乗る、クォン・リョクとは…。

痩せていたクォン・リョクは、今やマハに完全に蚕食されてしまう。「あぁ…、どうしたんだろう…」


出典:KBS

チョン・ジソ イ・マハ役 アイドルグループ「ティーパーティー」のセンター。かつてアイドルを夢見ていた。 「鳶が鷹を生む龍ではなく、ソウルの空に浮かぶ星になる!」と誓って。 おせっかいの肯定、おせっかい、おせっかいで、とにかく上京! しかし、星になる道はなぜ、そんなに険しいのか。

トップスターのラリマの偽物で、安物の地方行事を転々とするが、その生計さえも裏切られ、歌手としての夢をあきらめる頃、ジハクのオーディションに参加。 そうして「ティーパーティー」というアイドルとして、大衆の前に立つことになる。

そして再び出会った、今やトップスターになっている近寄りがたい星、クォン・リョク! 舞台で輝く彼を見て、「マハもだんだんうまくやりこなしたい。「偽者の私も、いつかは本当の星になれるのか…」 


出典:KBS

パク・ジヨン ラリマ役 トップ中のトップアイドル。高慢で洗練されたガールクラッシュなイメージで、憧れのセクシーアイコン。挑発的な魅力のカリスマでKポップを平定させる。 幼くして芸能界をコントロールしながら、数千人のファンを抱えているが、常に魂は孤独!

それでも耐えることができたのは、デビュー同期のクォン・リョクがいたからだったが…。 おお~! マハが、クォン・リョクとこのラリマの間に割り込んできたな。私の偽物のくせに? 私の愛まで真似する? 天下のラリマの自尊心がそんなふうにはさせない! 大したことないと思っていたこのマハが、だんだん気になってはきたが、憎くはない。「イ・マハ…アンタ、大丈夫? 」


出典:KBS

ATEEZ  YUN HO イ・ユジン役 “スパークリング”のセンター。外見はどうやってアイドルになったのか分からないほど、無色無臭に見えるが、意外な粘りを秘めている、外柔内剛型アイドル。 厳しい練習生生活に耐えたのも、アイドルという目標に向かって諦めず、ひたすら歩んでいったのも、同じ会社の練習生マハと一緒にいたからだ。

マハが辛くて寂しい時は、いつもどこからか現れて守ってくれる、頼もしい存在で、マハを愛する自分ならではの方法を作った。

そして長い時間待って、ついに! 「ティーパーティー」のマハ、「スパークリング」のユジンは、一緒に舞台に上がる予定だ。 ところが.. 。ユジンは見てしまった。マハの視線の先にある、クォン・リョクを… 。クォン・リョクの視線の先にあるマハを…。今や、ユジンに潜んでいた勝負欲が沸き立つ。「シャックスに勝ちたい」。 いや、クォン・リョクに勝ちたい。 


出典:KBS

god デニー・アン ジハク役 大手芸能事務所NOGで人気グループ「シャックス」をケアし、実質タイトルをつけた。人並み外れた細心さと鋭敏なタッチで「シャックス」の6人のメンバーを事件事故なく育て上げたのは、ジハクの功だ。 そのため、多くの後輩マネージャーたちの尊敬と羨望の対象だったが、ウンジョの事件調査後、すべてを投げ出してNOGを離れる。

その後3年、ジハクが帰ってきた。

エプロンをしっかり結んで、 「CAFE H」の社長としてカムバック! そしてrenewオーディションで、アニーが所属していた「オメガスリー」のメンバーで「ティーパーティー」に再結成する。

契約期間1年、契約と同時に最低時給を支給! 大韓民国最低時給制を適用される初のアイドルとしてデビューさせ、 ジハクの疑わしい疾走が始まる。


出典:KBS



カン・チャンヒ ウンジョ役 クォン・リョクとともに「シャックス」内の人気ツートップ! 同い年のクォン・リョクとは善意のライバルであり、親友だった。 いつも何も言わずに憂愁に満ちた眼差し、そして彼が握ったその日の鍵。「シャックス」のコンサートの日、ウンジョはラストステージを前に姿を消した。彼の不在はクォン・リョクに深い傷を残すが、その後どこにもウンジョの姿は見えない…。

3年後、ウンジョが再び現れた。そして解けるその日の鍵。

ヤックス


出典:KBS

ユリ ドジン役 略語、非標準語の書き方は基本で、韓国語の話し方は秀麗なまで! ワントップ、ツートップはクォン・リョクとウンジョなので、ファンの関心にいつも2%を渇望する冠従! とんでもないことにも気がつくため、メンバーたちの恋愛気流はすぐに分かる。

そんなドジンのレーダー網にハマる、クォン・リョクとマハ! 彼らの秘密ロマンスにチームの末っ子 「ヒョク」と一緒にトムとジェリーのコンビネーションを見せ、中途半端な探偵でチームのムードメーカーポジションだ!


出典:KBS

アン・ジョンフン ジェウ役 「シャックス」のリーダーであり、 メンバーたちのテンションのアップダウンを調節して、状況整理リーダーまでする。チームメンバーたちに厳しいアドバイスと温かい激励をして、真のリーダーの姿を見せる。メンバー間の紛争すら、ワンストップで仲裁! それでいつも、舞台の上より舞台裏の方が忙しい。

ウンジョ事件以降、リーダーとしてチームへの愛着がさらに強まる。誰よりもシャックスを愛するチームのリーダー!


出典:KBS

SF9 フィヨン イ・ヒョン役 「お兄さん、どうかそのヘッドセットちょっと取ってください」ファンの撲滅対象の1位がヘッドセットであるほど、音楽中毒になっている厳しいメンバー。作曲家志望で始めたが、アイドルらしいビジュアルでシャックスのメンバーになった。口を開く代わりに、耳で開いて音楽と会話をしていたイ・ヒョン! 咲くまでロケットエンジンを搭載する日には、録音室のドアをロックして出てこなかった彼が、聞きつけたリアの音色にふっと、一目ぼれしてしまう。

「シャックス」メンバー以外、 他人のことには全く関心がないイ·ヒョン。ところがリアという例外の人物ができた。


出典:KBS

ATEEZ  JONG HO ヒョク役 シャックスの末っ子で、これも入りたい あれも入りたい典型的な末っ子! 幼い時に練習生として始め、兄たちの手で成長したと言っても過言ではない。だからよしよし、面倒を見てあげなければ、むかっ! として、またたく間に大小の事故を起こす。

それでもかわいいのは、落とし穴でもドジンが折れてくれたりもする。

ウンジョの姿が水面上に浮かび上がると気まずくなる兄たちの間で、ウィットと愛嬌で雰囲気を反転させ、突拍子もない挑発に走る。兄さんたちをファイト溢れるように してあげたい、時には奥深い坊やだ。殊勝だなんて!

あ、でもリョク兄さん! そのどうしようもないマハお姉さんと付き合っているの?


出典:KBS

オ・ヒジュン テクォン役 韓国で一番忙しいアイドルが 「シャックス」なら、大韓民国で最も忙しいマネージャーは「シャックス」のマネージャー、テクォンだ。スケジュールを管理したり、宿舎を管理したり、 私生活を管理したり···。体が十個でも足りない、極限職業を体験中。

それで、秘密の恋愛? リョクのせいでとても気をもんでいる。マハと秘密恋愛を始めたクォン・リョクのため、昼間でもテクォンの懇談会は冷ややか! その2人は追いつ追われつの綱引きを繰り広げる。

ティーパーティー


出典:KBS

元PRISTIN イム・ナヨン シム・ヒョンジ役 「ヒョンジュ女中の女神」と呼ばれ、顔一つでアイドル練習生にキャスティング。ちびっ子時代からきれいで、性格はもっときれいだったなんて。本当の女神をやっと見たね! 華やかにデビューすることを信じて疑わなかった。それでも、届きそうで届かない世界… 。「オメガスリー」のデビューに 泣きそうになるが、それでも一緒にいる マハとリアがいるんだ。まだまだ耐えうる。

その後、「ティーパーティー」でデビューし、夢に向けて第一歩を踏み出す。

隠してきたユジンへの気持ち! 表や裏が透けて見えるほど透明な自分の心をユジンは気づかない。いつもユジンのそばにはマハがいたから。


出典:KBS

ミンソ ユ・リア役 「ティーパーティー」のメインボーカル。つぶやきの時から生まれつきのボーカルだった。何言ってるんだ? 生まれつきの音色でアイドル界に足を踏み入れたが、その都度オーディションで脱落! オメガエンターでやっと練習生生活を始めた。劣悪な環境の中でも、マネージャーの暴言にも、シックに耐えながら「カン」で耐えてきたのに、デビューの舞台に上がった日、解体の不運に見舞われる。その後、コーラスのバイト、祝歌バイト、ジャズバーのバイトでかろうじて耐えていたが、ジハクによって「ティーパーティー」でデビューすることになる。

自分のボーカルを認めてくれた「シャックス」のメンバー、イ·ヒョンに感謝する。でも「サンキュー!」の一言が 喉に出ないのは、リアとイ・ヒョン、その2人の間の気流が好感の色に染まるからなのか。

スパークリング


出典:KBS

Boys Republicのスウン ヒョノ役 強者の前では弱者として、弱者の前では強者として、世渡り術に長けている! 「スパークリングのセンター」でデビューしたが、 ユジンとセンターの座をめぐって競争して、事あるごとに言いがかりをつけ、皮肉たっぷりの言い方は日常になって久しい。ヒョノはユジンを打ち破るため、虎視眈々と機会を狙う中央心を抱いて、トラブルメーカーになる。


出典:KBS

ATEEZ  SEONG HWA セヨン役 スパークリングのメンバー。物静かで強い。ファンの間では「隠れた実力者」と呼ばれている。ストレートな性格で、ヒョノに唯一、立ち向かえる!


出典:KBS

ATEEZ  SAN ミンス役 アイドルファンなら皆知っている。「そのピンクの髪のさわやかさ!」周りに花畑をデフォルトでつけているような明るい笑顔で女心を狙撃する。スパークリングの「スパークリング」担当!

シン・スホ テグン役 厳しく徹底的に管理するマネージャーのお手本! スパークリングをルーティン通りに動かす。“マネージャーに生き、マネージャーに死ぬ” 人物。マネージャー界の伝説であるジハクを尊敬する。ジハクが「ティーパーティー」と一緒にカムバックすると、心から歓迎し、助っ人になる。

NOGの人々

コン·ジョンファン パク代表役 韓国社会のKポップ産業を主導している、韓国大手芸能事務所の代表。巨大な資本力でアイドルエンター界のトップ・捕食者、Kポップの経済を引っ張るヒット商品の製造機であることは間違いない。デビューと同時にコミュニティを爆発させた歴代級のアイドルである「シャックス」を発掘した人物でもある。見た目は派手だが、中身はまだしっかりしていない子供たちの甘い汁を吸う最高の戦略家! だから絶対に損失はあり得ない。

そんなパク代表にウンジョは突然の行方をくらますなんて…。まだ甘い汁がかなり残っているのにね。ウンジョを除く5人組で活動を強行させ、メンバーには人間的な面で囲みながら「シャックス」の有効期限を計算中!

イ·テヒョン キム室長役 いるようないないような、静かな人物。パク代表の右腕で、NOGの後始末担当。ずる賢いキツネでもない彼を、誰が知っていただろうか! 実は陰険なタヌキだったという事実を。

ファクトチェック


出典:KBS

シム・ウンジン ピョン記者役 芸能専門「ファクトチェック」のピョン·ジョンヒ記者は、誰よりも勘も鋭い。くだらない恋愛スキャンダル、ゴシップには興味がない。 一度花を咲かせたら、最後まで見ないと気が済まない。 ウンジョ事件後、誰よりも執拗にヤックスのスキャンダルを掘り下げる。 しつこい記者の目を持つ、真面目な芸能人の異端児。

 

出典:KBS

スタッフ /演出:ハン・ヒョンヒ、脚本:チェ・ソニョン、キム・ミンジョン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん

イミテーション 1話・2話 あらすじと感想
イミテーション 3話・4話 あらすじと感想
イミテーション 5話・6話 あらすじと感想
イミテーション 7話・8話 あらすじと感想
イミテーション 9話・10話 あらすじと感想
イミテーション 11話・12話(最終回) あらすじと感想

 

作品感想

主人公たちはK-POPアイドル、、、夢、恋、アイドルの目線から描かれる内容が切なくもキュート!

ウェブトゥーン(漫画)のドラマ化が続く中、韓国のアイドル(ボーイズ及びガールズ)グループたちの成長を描いたドラマとして、主人公のクォンリョクを現役アイドルが務めています。主人公のクォンリョク(イ・ジュニョン)は、ボーイズグループ「SHAX」のメンバーとしてだけではなく、俳優としても成功をおさめた人物。主人公のクォンリョク役を演じるイ・ジュニョンは、現役ボーイズグループ「U Kiss」のメンバーで、ドラマやミュージカルと幅を広げて活動しています。

ヒロインのマハを演じるのは、若手女優として注目を集めているチョン・ジソ。表情や些細な素振りまで現役の女性アイドルのように見えますが、アイドルグループには所属しない、正真正銘の女優。アイドル練習生としてデビューを果たすまでの過程、その後の様々な出来事が描かれる内容で、主人公クォンリョクとのロマンスを描いた作品。

韓国アイドルやK-POPに興味のある方は、絶対に楽しめる内容となっているはずです。K-POPスターのクォンリョクと新人女性アイドルグループとしてデビューを果たしたマハ(チョン・ジソ)の秘密恋愛にドキドキさせられます。ロマンス中心でありながら、アイドルとして奮闘する姿、、、アイドルとしての様々な苦難などを乗り越える姿や、頑張って夢に向かう姿を見て、実在するアイドルグループを応援する気持ちになりました。

ウェブ漫画を原作にするだけに、ストーリー展開は期待した以上。見ごたえのあるドラマとなっています。ドラマの中で登場するアイドルグループ「Shax」、「Sparkle」や「Tea Party」等、パフォーマンスシーンもステキで、まるで本物のアイドルグループを見るようでした。「Shax」のメンバーとしては、韓国ボーイズグループであるSF9のチャニやフィヨンが出演し、アイドルがアイドルを演じることで話題にもなりました。

SF9のチャニは子役出身でアイドルとしてデビューを果たす前から、多数のドラマに出演しています。2012年放送された「優しい男」では、ソン・ジュンギの子役を演、リトルソン・ジュンギと呼ばれた程。社会的現象になるほど話題を呼んだ「スカイキャッスル」ではファン・ウジュ役を演じました。アイドルとしてはグループ内でメインダンサーを務めるほど、ダンスの実力も高いです。このドラマでは、ドラマ全体に置いて重要なキーパーソンを務めており、演技力の高さを見せています。

「アイドル100万人時代と言われる時代に合わせて本物のアイドルを夢みるすべてのスターを応援するため、アイドルたちに捧げる」ドラマというコンセプトで制作されたドラマだけに、見ごたえのある内容となっています。

頑張っているアイドルたちを応援したくなる内容となっています!


「広告」


【放送情報】


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【純情に惚れる】

●BS朝日(2022/2/2から)月~金曜日8:30から 字幕

純情に惚れる 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン】

●テレビ大阪(2022/2/2から)月~金曜日11:59から

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン- あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (時代劇サイト・外部リンク)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー