アンダンテ~恋する速度~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●衛星劇場(2018/6/5-26) 月~金曜日早朝5時から6/8は早朝5:15から字幕
●韓国放送2017年9月24日(日)~

アンダンテ~恋する速度~  안단테 全16話
2017年放送 
平均視聴率 2.00% 시청률 最高視聴率第1回2.8% 最低視聴率第10回1.6%
アンダンテ~恋する速度~ DVD-SET1
あらすじ

ソウルに住む高校生シギョンは、家族に内緒で授業をサボりゲームに明け暮れる生活を送っていた。息子の怠け癖を見かねた母親はついに彼を転校させることを決意し、一家は祖母の家に引っ越すことに。そこは一風変わった田舎町で、シギョンと妹のシヨンは戸惑うばかり。

そんな中、シギョンは同じクラスのミステリアスな少女、ボムに一目惚れをする。真面目に学校に通って一途なアピールを続けるシギョンに、ボムもまた次第に惹かれていく。恋のときめきに心躍らせる2人だったが、思いもよらぬ運命が待ち受けていたーー。

アンダンテ~恋する速度~公式サイト 相関図
キャスト

カイ イ・ジギョン(18歳) 高校生
キム・ジンギョン キム・ボム(19歳)シギョンの同級生
イ・イェヒョン イ・シヨン(17歳)ジギョンの妹、同級生
ペク・チョルミン パク・ガラム(18歳)シギョンの同級生

チョン・ミソン オ・ジョンウォン(45歳) シギョンの母
ソン・ビョンスク キム・ドクブン(76歳)シギョンの祖母
パク・ジヨン オ・ジョンス(27歳)ジョンウォンの妹

キム・グァンシク パク・ヨングン ポスピス病院長
キム・ジュリョン ヨンスク ポスピス看護師長
イ・チャンジュ ヨム・チャンフン ポスピス医師
チョン・ジンギ キム・ジェウン ポスピス患者

クォン・ナミ ト・ギョンジャ シギョンの高校の教頭
アン・ホンジン チェ・ジョンミン シギョンの高校の教務主任
ジェイ・キム カン・ヒョヌ シギョンの高校の担任教師

ソン・ジヒョン ソク・ジュヨン(18歳)シギョンの同級生、クラス委員
ハギョン オム・ヨンギ(18歳)シギョンの同級生
アン・スンギュン ミン・ギフン(18歳)シギョンの同級生
ペク・ウンギョン キム・ジヘ(18歳)シギョンの同級生
キム・ジョンホ キム・ミンソク(18歳)シギョンの同級生
ソン・ソユン ボムの少女時代

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
sumomo777さんの感想より

●とっても温かくてほっこりする青春ラブストーリー

典型的な都会っ子の高校生が田舎に引っ越して想像以上の経験から学んで成長していくストーリーは、主人公の人間としての成長を見て感動、そして田舎の美しい風景がとてもきれいで人の心情をよりあたたかく演出してくれていたと思います。

実際、主演のカイさんは初めて台本を読んだ時の感想は「心が温かくなった」と言っています。そんな気持ちで演技されているのがドラマによく反映されていて、韓国ドラマでよく見るドロドロやハラハラ感なく、純粋無垢な男の子がだんだんと成長していく姿に学び、温かくて感動できるドラマです。

カイさん演じるイ・シジョンは見ていて本当に飽きなかった。シジョンは慣れない土地へ引っ越してきて心細い中、ボムに一目ぼれ。シジョンにとっては初めての恋なので、どきまぎすることばかりかと思いきや、サラっと甘い言葉を天然に言ってしまうので、見ていて胸キュン場面がたくさん出ています。とってもまっすぐな愛情表現で、時に言葉がうまく表現できないときには、ジーっと温かく見つめることもあれば、ぎゅっと抱きしめてくれたり。もう、見ていて要注意!って感じです。温かいドラマと言えど、撮影時期は冬で極寒。カイさんは寒さには勝てなかったそうです。

使い捨てカイロを体中に貼って、さらには下着も重ね着して寒さに耐え忍んだそうです。ヒロインのキム・ボム役のキム・ジンギョンもまたかわいい。さすがはトップモデル出身とあって、ドラマの中でもスタイルの良さはひときわ目立っていて同じ女性としてとても刺激されました。ボムは心に傷を負っていて、それを表に出さず強く生きている姿は尊敬しました。

シジョンと会ってだんだんと変わっていく様子には感動しました。撮影時はカイさんと一緒のシーンが多かったので、いつも一緒に行動をしていたそうです。カイさんのことを「片時もじっとしていなかった(笑)」と言っていましたが、イタズラ好きで面白いことを見つけるのも好き。カイさんは撮影中もオフも楽しみながら過ごしていたそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー