アルハンブラ宮殿の思い出 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

アルハンブラ宮殿の思い出  알함브라 궁전의 추억 全16話 tvN

第13話視聴率 9.316%

quetalsurinoさんより

第13話あらすじ

ユ・ジヌ(ヒョンビン)のリクエストで、ゲームにアクセスしたチョン・ヒジュ(パク・シネ)は、自分とそっくりにゲームキャラクター、エマを直接確認することになります。一方、ゲームにログインしたチャ・ビョンジュンは、死んだはずの息子の姿を目にすると驚きます。

その後、ヒョンソクの攻撃を受けることになりますが、ジヌに助けられます。急いでエレベーターに乗り、つけていたスマートレンズを破壊した後も、ゲームにログイン中・・・ビョンジュンは攻撃を受け続けます。ジヌの護衛を受けビョンジュンの乗った車がソウルを出ると、ゲームからログアウトすることができ、これまでのジヌの行動を思い浮かべると、ジヌが話していたことがすべて事実だったことに気づきます。

海外出張を終え帰国したパク・ソノは、ビョンジュンが滞在する郊外の別荘を訪れ、これまで起きたことをビョンジュンから聞かされると、ジヌを誤解していたことに気づき、ショックを受け。このままゲームを続けされるとジヌが危険に陥ることになると、心配します。

警察の調査に応じなかったジヌは、その後もレベルアップを狙ってゲームを続けます。連絡の取れないジヌが心配になったヒジュは、ゲームに再びアクセスすると、彼の居場所を見つけ出す。しかし、傷だらけのジヌの姿を発見すると、涙を流してしまいます。ヒジュはエマを観察して気づいた点をジヌに伝えます。

エマの右腕のブレスレットが、グラナダ宮殿の入り口に描かれた、「パティマの手」であると伝え、「天国への鍵」にまつわる伝説を話します。過去、カフェでアルバイトをしながらギターも演奏していたヒジュを訪ねたチョン・セジュ(チャンリョル)が、ヒジュのガイドブックに興味を示していたことを話します。ヒジュの説明を聞いたジヌは、クエストで手に入れた黄金の鍵を取り出すと、セジュが自分を守るために身を隠したことに気づきます。

過去、カフェ・アルカサバには、セジュとマルコの姿が。。。ゲームを開発したことを理由に、取り分を7:3だと主張するセジュに、マルコがナイフでセジュを刺す。その後もセジュとマルコの争いは続き、ゲーム上でマルコが死亡すると、現実でもマルコが死んでしまうことに。

すべてを解決するためには、手に入れた黄金の鍵をエマに渡す必要があると確信したジヌ。 その時、パク・ソノからの連絡を受けたジヌは、自分を捜す警官に気づきます。捕まるわけにはいかない・・・ジヌは逃走をはじめ!

 

第13話感想

前話ではロマンティックな展開もあり、話も分かりやすく進展して、程よい緊張感まで、すべてが完璧に進んでいました。でも、今話は全体的な話の進みはいまいちで、それほど進展もなく、過去描かれた同じシーンを何度も繰り返し観たようなイメージが強かったです。 

ゲーム上で死んだ人物が現実でも死ぬことになり、死んだはずのキャラクターが繰り返しゲーム上、登場する理由も、ゲームで傷を負うと実際に痛みを感じる理由など、疑問に思っていたことが、やはり疑問に残っただけでした。でも、ゲームの問題点を探し出して、セジュを見つけるための準備は整ったようですね。

新たに分かったことは、エマの半径20メートル内で戦うことができないことと、ジヌが発見した黄金の鍵を使うためにはレベルを100まで上げないといけないこと。マスターキーをエマに手渡すと、何が起こるのでしょうか。

ビョンジュンとコ・アラが計画したことが何かは、明らかになることなく、元妻コ・ユラ(ハン・ボルム)のせいでジヌが警察に追われることになる中、このまま警察に捕まるわけにはいかないジヌが逃げ出す。何としても鍵をエマに渡し、その次に何が起きるのかを確認する必要があるからでしょうが、ジヌの姿が消えたことを知ったヒジュの表情がさみしそうでした。

新たな危機を迎えたジヌは、残された3話でゲームの問題点を解決し、セジュを無事に助けることはできるのでしょうか。過去の出来事やゲームに関して、説明のような展開が続きましたが、正直、少しドラマの内容についていけなかったような・・・次の話を観ないとしっくりこない感じ・・・。

でも、ヒョンビンはやっぱり、カッコよかった!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率 10.025%

quetalsurinoさんより

第14話あらすじ

ユ・ジヌ(ヒョンビン)が調査に応じることなく姿を消したことを知った元妻のコ・ユラ(ハン・ボルム)は、ヒョンソクの父、チャ・ビョンジュンの計画が失敗したことを恐れ、勝手な行動に出る。お酒をのんだ勢いで、警察に嘘の証言をします。離婚後、イ・スジン(イ・シウォン)とよりをもどしたジヌが三角関係のもつれから、チャ・ヒョンソク(パク・フン)を絞殺したことをジヌが入院中語ったと話し、秘書だったソ・ジョンフンもその場にいたと証言・・・そのため、警察がジヌを逮捕するために動いた!

ゲームにログインするまでジヌを誤解していたヒョンソクの父、ヒョンジュンは勝手なコ・ユラの行動に腹を立てると逆上するコ・ユラ。ヒョンジュンからユラの嘘の証言で警察を動いたことをジヌに伝えたパク・ソノ理事は、ジヌをずっと疑っていたことを後悔します。

逃走中のジヌは、身を隠しながらもゲームを続けていたことで、激しい戦いが続き携帯電話を失くす。その後、ジヌと連絡が取れないパク理事(イ・シウォン)は、チョン・ヒジュ(パク・シネ)にコンタクトを取ります。しかし、ヒジュもジヌとは連絡が取れない状況が続き、心配から自らジヌを捜し始めます。

ゲームにログイン中のジヌは、武器をチェックするため一時的に避難。避難先は、更衣室のなか。。。ジヌの後を追っていたヒジュは、彼が隠れている更衣室を発見すると、勇気を出してゲームにログインし、ジヌとの再会を果たします。

ジヌと連絡が取れたパク理事は、このまま警察に捕まると何も証明することができないとのジヌの言葉に迷いを見せ、ヒジュを危険にさらすことを恐れたジヌは、朝方までには必ず戻ると約束すると、ヒジュを安全に家まで帰します。いつゲームを終了できるか、無事に戻れるかの保証がないことをヒジュに話さず隠したジヌ。ヒジュはジヌの言葉を信じて彼を待ち続ける・・・でも彼は戻ることなく。。。

その頃、ジヌが心配になったパク理事がゲームの状態を確認すると、ジヌがレベル100をクリアしたことが分かり、チェ・ヤンジュは一番近い建物にエマを移して欲しいとの、ジヌから連絡をもらいます。ジヌがいるところから一番近い大きな建物は、聖堂。

ついにレベル100に到達したジヌは、黄金に鍵をエマに手渡します。マスターの秘密のクエストのミッション完了のメッセージが表示され・・・、聖堂に現れた警官。しかし、ジヌの姿はどこにもなく。。。戻ると約束した時間が過ぎ、再び夜を迎えたヒジュは、妹イジュの「来た」の声に期待を込めます。しかし、二人の前に現れたのはチョン・セジュ(チャンヨル)。

第14話感想

チョン・セジュが戻ってきました!

何度も、ゲームの世界なのか、現実の世界なのかを確かめましたが、本当にセジュが戻ってきたよう。これまでセジュはどこにいたのでしょうかね。セジュが戻ったと思ったら、ジヌが姿を消して終わり。

ジヌはどこにいるのでしょう・・・!!

ヒジュとジヌが最後一緒にいた更衣室のシーンを、ヒジュが回想するシーンが登場しますが、ドラマって最後まで観ないと、損するってことを改めて感じます。必ず戻ると約束するジヌが、ヒジュにキスするシーンが隠されていました。

14話は話が分かりやすく流れ、レベル100をクリアしたジヌは命を落としそうになりましたが、再び現れジヌを助けたのは秘書のソ・ジョンフンでした。グラナダで亡くなったソ・ジョンフンは、その後も、度々ジヌを危機から救ってきましたが、いくらファンタジードラマでも生き返ったりはしないでしょうね。

ソ・ジョンフン役を演じているミン・ジフンは、「お父さんが変(原題)」では、何年も公務員試験に挑戦する長男、キム・ジュニョンを演じていますが、頼りがいのない長男役とは全く違い、このドラマでは優しくジヌ(ヒョンビン)を支える秘書役を演じているので、亡くなってしまったのが残念で、可哀そう。出来るものなら、生き返って欲しいです。

ジヌがエマに鍵を手渡す少し前、イ・スジンから送られた意味深げな「ごめんなさい・・・」メッセージの後、自殺を図ったスジン。ギター曲が流れたことで、ジヌはスジンと連絡を取ることはなかったように見えましたが、ジヌが戻らない理由はスジンと関係があるのか、憶測を残して終わりました。最終話まで残された2話で、ゲームの問題点を含めて、すべてをどのように描いていくのか、楽しみです。

ヒョンビンのカッコよさにドキドキさせられたので、ドラマが完結するのはさみしいですが、イ・ジョンソク主演の「ロマンスは別付録」が始まるので、ドラマが終わってガッカリする時間が全くなさそうで、嬉しいばかりです!

【豆知識】主題歌OST Part5はヤン・ダイルが歌う「I’m here」。

 

アルハンブラ宮殿の思い出 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

アルハンブラ宮殿の思い出 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿