アルハンブラ宮殿の思い出 1話・2話 あらすじと感想 ヒョンビン  ユ・ジヌ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

アルハンブラ宮殿の思い出  알함브라 궁전의 추억 全16話 tvN

第1話視聴率7.507%

quetalsurinoさんより

第1話あらすじ

不安そうな表情を見せるVRゲームのプログラマー、チョン・セジュ(チャンヨル)が公衆電話をかけた相手は、バルセロナに出張中の投資会社代表ユ・ジヌ。セジュは送信済みのメールを確認後、グラナダのボニータ―ホテルで会おうとの言葉を残し電話を切ります。

その後、バルセロナからグラナダに向かう電車に乗ったセジュは、到着を知らせるアナウンスを聞くと降りる準備を始めます。突然鳴り響く雷の音に不安になるセジュが、ドアを開けると、拳銃を持った男が発砲します。血が飛び散り、銃弾の跡がガラスに残る。。。しかし、グラナダに到着した電車には、血痕も銃弾の後も、セジュの姿もなく、残されたのは彼のバックのみ。

セジュから連絡をもらったジヌ(ヒョンビン)は、急いでグラナダのボニータ―ホテルを目指します。ボニータ―ホテルは韓国人の経営する古く汚いホステルで、深夜到着したジヌは、宿の主人チョン・ヒジュ(パク・シネ)から、建物にはエレベーターもなく、窓は開かず、ネズミがいて、トイレは故障中の最悪の部屋の状態を説明され、他のホテルに泊まることを勧められますが、彼の目的はチョン・セジュと会うこと。

準備が完了したとの電話をもらったジヌは、グラナダの街に出かけ・・・「多くの人はアルハンブラ宮殿を目指しグラナダを訪れるが、僕はアルハンブラ宮殿よりも、遥かすごい何かを見るため、ここにきた」と語り、周りを見渡します。突然、宮殿が爆発すると、破片が飛び散り、ジヌの前に現れたのは馬に乗った騎士。

静かな広場、銅像が動きだしジヌを攻撃します。一撃されたジヌの手からは血が流れ。。。「あなたはナサール王国の戦士により殺されました」のメッセージと共にログアウト。これまではセジュが開発したARゲームで、グラナダを背景にしたゲームを直接体験するためにやってきたジヌ。リアル過ぎるゲームに、必ずセジュと契約することを決心するジヌ。 

4時間前、突然掛かってきた電話にジヌが興味を示した理由は、ライバルのチャ・ヒョンソク(パク・フン)から100億ウォンを提示されたことを聞いたから。その後、メールを確認し、セジュのプログラムの価値がそれ以上あると判断したジヌ。

ログアウト後、レベルアップを目指し再びゲームを始めます。グラナダのとあるホテルのトイレにアクセスすると、レベル1で使用できる武器を手に入れられることから、夜通しゲームを続けたジヌは、翌朝レベル2へ進み、ボニータ―ホテルに戻ります。

しかし、戻ったホテルでは携帯電話を充電することもできず、キッチンでは火災警報器が鳴り続ける中、チョン・セジュを調べた報告を受けているジヌは、電話が聞こえないことからイライラは頂点に達し、ホテルのオーナーチョン・ヒジュに暴言を吐き、泣かせてします。

その後、プログラムを開発したセジュは未成年で、契約には保護者の同意が必要・・・保護者は姉でボニータ―ホテルを経営中の姉チョン・セジュと報告されると、ジヌは慌てて泣くセジュを確認します。

第1話感想

ヒョンビン主演の最新作!

1話から大胆でスケールの大きさを感じます。「ジギルトハイドに恋した私」以降、久々のヒョンビン主演のドラマが始まりました!

イスラム文化とヨーロッパ文化が共存する唯一の国、スペインのグラナダを中心に描かれるドラマで、バーチャルリアリティーの一種であるARゲームがドラマの題材となっているようで、第1話では早速、リアルなゲームの世界が登場します。

「イニョン王妃の男」や「ナイン~9回の時間旅行~」を手掛けた脚本家ソン・ジェジョンの最新作で、「W~君と僕の世界~」では、漫画と現実の世界を描いたロマンスドラマは数年が経った今でも記憶に新しいですが、展開がはやく、予想が難しいのが特徴的で、ゲームが題材のこのドラマも、全く今後が予想できないところが、興味をそそります。とりあえずは、ヒョンビンとパク・シネ主演ということで、楽しみにしています。

「アルハンブラ宮殿の思い出」はクラシックギターの名曲の一つですが、このドラマではEXOのチャンヨルが演じるチョン・セジュが開発したARゲーム名で、1492年のスペインとイスラム教の戦いを、スマートレンズを装着しプレイするもの、ゲームを開発したセジュから指定された場所に向かったユ・ジヌ(ヒョンビン)は、ARゲームのデモ版を体験すると夢中になり、契約を進めようとしますが、肝心のセジュは姿を見せず、約束場所のボニータ―ホテルはボロボロのホステル。。。ホテルのオーナーで、姉のチョン・ヒョンジュ(パク・シネ)がセジュの保護者とは知らず、イライラが爆発してしまったジヌ!

姉の同意がないと契約できないのに、険悪なムードを作ってしまったジヌは、ヒョンジュを説得し無事契約を結ぶことができるのでしょうか。それよりも、姿を消したセジュはどこに?

ヒョンビンと言えば、低い声が魅力的ですが、登場するナレーションを聞くと、魔法のようなゲームの世界に吸い込まれるようで、素敵でした!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話視聴率7.363%

quetalsurinoさんより

第2話あらすじ

捜しているチョン・セジュ(チャンリョル)の姉が、チョン・セジュで契約するために同意が必要な法的保護者だと知ったユ・ジヌ(ヒョンビン)は、止まっているホステルの状態が最悪なことから、ヒジュにヒステリックに当たったことを後悔。態度を変え場の雰囲気を和らげようとしますが、失敗します。

 IT博覧会のモバイルワールドコングレスが1週間前、バルセロナで開催され、ジヌの会社ジェイワンが開発したスマートレンズは、ディバスを選ばず、日常でAR(拡張現実、Augmented reality)を構築する媒体として紹介され、注目を浴びたばかり。その映像をみたセジュは、友達に会いにバルセロナに行くと話して、1週間も留守中。

朝食の時間、ヒジュと祖母の会話に耳を向けたジヌは、セジュがバルセロナからの夜行列車に乗り、朝8時にグラナダ駅に到着すると聞くと、食事も済ませず駅に向かいます。食事を取ることなく、お金だけ置いていったジヌが気に入らないヒジュは、考え込み。。。 

駅の電車から降りてくるセジュの姿はなく、あとから合流しホステルに向かった秘書のソ・ジョンフン(ミン・ジヌン)から連絡がきます。しかし、電話をかけてきたのは、ジヌの失礼過ぎる発言に怒りが収まらないヒジュでした。宿の返金をすると話し、チェックアウトを求めます。

一方、グラナダの駅で偶然、ジヌが会ったのは前妻のイ・スジン(イ・シウォン)と妹のイ・スギョンでした。夫チャ・ヒョンソクの出張に同伴したと知ると、ジヌはチャ・ヒョンソクがグラナダにいる理由に気づき、ゲームにログインすると、新しいユーザーが接続している。ユーザーがいる場所に向かうと、道にはアラゴン兵士(カスティリャ王女のイサベル1世とアラゴン王子のフェルナンド2世の結婚後、グラナダを陥落させ、統一し現在のスペインへと)の死体が・・・

先を進むとレベル4まで勝ち進んだチャ・ヒョンソク(パク・フン)の姿が。チャ・ヒョンソクはジヌの友人であり、会社の合同創立者だったはずが、今は絶対に負けたくない人生最大のライバル。セジュが未成年であることをまだ知らない様子のチャ・ヒョンソクに、契約をあきらめるよう伝え、ジヌの会社が開発したスマートレンズなしでは、セジュが開発した「アルハンブラ宮殿の思い出」をプレイすることができないことを強調します。

ユーザー同士の同盟を結ぶか、敵になるかの選択で、二人は同盟ではなく、敵なることを選択!いつでも戦いモードに変わる可能性がある中、韓国のオフィスで二人の様子をチェックしていたパク・ソノ(イ・スンジュン)戦略理事は、レベル差を理由にジヌをログアウトさせます。

秘書のソ・ジョンフを通じて、身元を明かし、重要な話があるとチョン・ヒジュと約束を取り付けたジヌ。意味深げな表情を見せ1年ほどで、グラナダは魔法の都市として有名になるはずと、ホテルを購入することを勧めます。

 「これが初めてグラナダにきた理由だ。1年前・・・」と語るジヌは、電車の中。足に傷を負い、突然雷が鳴ると緊張した表情でトイレに入ると、銃を取り出します。その後、電車の中で起きた銃撃戦・・・

第2話感想

さすが!ヒョンビン!

このドラマは、現在と過去の出来事が交差することになるのか、第2話は現在のジヌが登場し、第1話と第2話までの話が1年前の出来事だったことが分かります。セジュの姉ヒジュが、ホステルの経営から、観光ガイド、翻訳、ギター工房でのアルバイトまで、家族のために働く姿が描かれ、その後、ジヌから破格的な提案をされることになるのでしょうか。

契約が成立し、ゲームが発売されると、グラナダを訪れる人が増えることを見据えての発言でしたが、ジヌの一年後の未来の予測が当たったのか、外れたのかに対する答えは、「半分は当たって、半分は完全に外れた」でした。この1年間何があったのでしょう。

ヒョンビンが演じるジヌから受けた印象は、チャレンジ精神が旺盛で、自信満々で、難しい性格、行動派、口は悪いけど、ウィットがある人物。工学博士でIT投資企業の代表でもある彼の人生最大の目標は、ライバルのチャ・ヒョンソクをノックダウンさえることでした。彼に負けたくない一心で、グラナダまでやってきたジヌ。その理由は、元妻のイ・スジンをチャ・ヒョンソクに奪われてしまったからのようです。現在は再婚一年目にして離婚調停中で、恋に不器用にもとらえることができるジヌとヒロインヒジュとのロマンスが楽しみになります。

1話では、登場したゲームの世界がリアル過ぎて、CGの完成度も高く、現実拡張のARゲームがすごく気になり始めました。第1話で初めてゲームをプレイした時に見えたジヌのウキウキした表情が、第2話の終わり、1年後を描くシーンでは疲れ果て不安そうなジヌの姿が対照的で、必死に銃撃戦を繰り広げる理由が謎として残りました。

ゲームの世界ならログアウトしてしまえば終わりのはずなのに。。。列車がグラナダに近づくと、雷がなり、空が暗くなる現象は、第1話でセジュが姿を消した時と全く同じ状況。何があったのか、興味津々な展開が続きます。

 ヒョンビンの魅力は無限大!!!

ヒョンビン  현빈 ユ・ジヌ役
出典:http://program.tving.com/
生年月日:1982年9月25日 身長 184cm 血液型 B型 2003年にKBSのテレビドラマ『ボディガード』でデビュー
ジキルとハイドに恋した私(2015/SBS) ク・ソジン(ロビン) ワンダーランド常務
シークレット・ガーデン(2010-2011/SBS) キム・ジュウォン ロエルデパート社長、イカれジャージ
チング~愛と友情の絆(2009/MBC) ハン・ドンス 葬儀屋の息子、元ボクシング選手他
受賞歴
2004 MBC放送芸能大賞 タレント部門 特別賞
2004 MBC演技大賞 男性新人賞
2005 MBC演技大賞 最優秀男優賞/人気賞/ベストカップル賞
2006 KBS演技大賞 人気賞/ネチズン賞/ベストカップル賞
2006 第42回百想芸術大賞 人気賞(『百万長者の初恋』)
2010 SBS演技大賞 最優秀演技賞 ドラマスペシャル部門/ネチズンが選んだ最高人気賞/ベストカップル賞/10大スター賞(『シークレット・ガーデン』)
2011 第47回百想芸術大賞 テレビ部門 大賞(『シークレット・ガーデン』)

 

アルハンブラ宮殿の思い出 3話・4話 あらすじと感想 パク・シネ  チョン・ヒジュ役

 

アルハンブラ宮殿の思い出 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー