アリス (韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率





NEW! 投票開始!


チソン 出演ドラマランキング


パク・シネ 出演ドラマランキング


ヒョンビン 出演ドラマランキング


放送予定

【日本放送】

●【日本初放送】KNTV(2021/1/23から)土曜日20時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】2020年8月28日~10月24日まで 午後10時より

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

アリス

앨리스 Alice

2020年放送 SBS 金土ドラマ 全16話

視聴率

平均視聴率 7.56% 시청률 第1回4.1% 最低視聴率第1回前4.1% 最高視聴率第4回後10.6%

出典:SBS 앨리스

あらすじ

死によって永遠に別れることになった男女が、時間と次元の限界を超えて魔法のように再会することから繰り広げられるストーリー。 時間旅行を可能にしてくれる空間“アリス”と、再会した二人の男女の運命的な話を時々暖かくて感動的に、時には目を離せない緻密なミステリーヒューマンSFドラマ

2050年、時間旅行システム“アリス”が存在する世界。アリスを構築した科学者ソニョン(キム・ヒソン)はある予言書を追って1992年にやってくる。だが自身が妊娠したことを知り、1992年にとどまり一人で息子ジンギョムを出産する。産まれた息子は生まれつき共感能力のない失感情症を抱えていた。高校生になったジンギョム(チュウォン)は校内暴力事件の加害者と疑われるが、無実を信じるソニョンは事件解決のため奔走。その後事件は無事に解決、共感できないことに苦しみつつもジンギョムは母に感謝の気持ちを伝えようと誕生日にケーキを用意し、お祝いする。しかしその直後、ソニョンは何者かに殺害されてしまう。命を落とす直前、ソニョンは「いつか私にそっくりな人物が現れても必ず避けなければいけない」と言い残す。その瞬間、ジンギョムは生まれて初めて涙をこぼし、犯人への復讐を心に誓う。

時は流れ10年後。母を殺した犯人を捜すため刑事となったジンギョムの前に、亡くなった母と瓜二つの天才学者テイ(キム・ヒソン/二役)が現われる。その後連続殺人事件が発生。犯人が母を殺害したのと同一人物で、未来から来たのではないかと感じたジンギョムはテイに協力を依頼。2人は力を合わせて犯人を追うことに。そこにはアリスの壮大な秘密が隠されていた…。

出典:KNTV アリス

相関図

出典:SBS 앨리스 相関図

相関図

KNTV アリス

キャスト

主要人物

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

キム・ヒソン ユン・テイ役 (女、32歳) 1989年生まれ。韓国対物理学科教授。6歳で計算を解いて、15歳で韓国対物理学科にシニア入学した天才。“防腐剤美貌”を誇る。自尊心が強く、変わり者で、派手な外見にあふれる情熱のため、人から多くの誤解を受ける。無愛想に見えるが、一度親しくなれば、予測不可能な魅力を持っている。科学的に世界を変えてみたいという欲とチャレンジ精神を持った、力強い女性科学者だ。

このような彼女の前に、奇妙な男が現れる。今が一番きれいな時だと確信している彼女に、50歳こえているか、息子を出産したことはないかと尋ねる、刑事ジンギョムだ。ストーカーのように追いかけて、自分を見て泣く。この男の正体が気になる。

そんな中、謎の事件に関わる中で、大きな危機に陥る。時間旅行者がテイの命を狙い始めた。まだ本人はよく分からないが、タイムトラベルの秘密を明かすキーを握っていて、その過程で自身の隠された秘密にも徐々に気づく。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

チュ・ウォン パク・ジンギョム役 (男、29歳) ソウル南部警察署刑事2チーム経緯。時間旅行の過程である放射能ワームホールを通過して生まれた子供。6歳のとき無感情症の診断を受ける。自分の感情はもちろん、他人の感情すら、理解して共感することができない。どんな事件も証拠と論理だけで捜査する。常に孤独で過ごすが、ジンギョムの母ソニョンは、ジンギョムの唯一の完全な友達。

2010年10月。ソニョンが何者かに殺され、発見される。無感情証人ジンギョムの人生に、切実な目標が生じた。母を殺した犯人を捕まえること。自分のためにした生涯を犠牲にした、母のために必ず捕まえる。

2020年には、謎の事件を暴く中で、アリスを通じて未来から現在に来る、時間旅行者の存在に最も最初に気づく。アリスによって起こる弊害を防ぐために奮闘する中、母とそっくりな女性、ユン・テイと運命的に会う。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

キム・ヒソン パク・ソニョン役 (女、2010年に死亡し、当時40代前半) ジンギョムの母。2050年、タイムトラベルシステムのアリスの基本原理を構築した科学者。ところが、アリスに関する預言が込められた本が1992年に存在するという事実を知って、大きな衝撃に陥る。テイは、預言の真偽を明らかにするために、同僚であり恋人であるミンヒョクと、1992年に到着した後、預言を所有したと知られているチャン博士なる人物を訪ねて行く。

テイとミンヒョクは、預言書を持って、すぐに2050年に復帰しようとした。しかし、自分が妊娠中であると知って、復帰を躊躇する。放射能に覆われたワームホールを通過した胎児が正常である確率は低いという理由で、ミンヒョクは、赤ちゃんを消去すると主張するが、テイは躊躇する。テイは、赤ちゃんの将来のために、愛するミンヒョクと自分の未来を放棄し、一人で、1992年に残って「パク・ソニョン」という新しい名前で、息子ジンギョムを出産する。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

クァク・シヤン ユ・ミンヒョク役 (男、30代半ば) 時間旅行者。アリスガイドチーム長。時間旅行者を保護するアリスの精鋭要員で、時間旅行に対する価値判断をするよりは、自分に与えられた任務を黙々と遂行する。

2050年の時間旅行に成功した未来人は、時間旅行者が滞在空間であるアリスを建設し、時間旅行商品を販売することを決定する。そんな中、時間旅行が破壊されるという内容の預言が存在するという噂が急速に広がる。アリスは、この預言書を見つけるために、2人のスタッフを1992年に派遣する。テイとミンヒョクだった。1992年に到着した後に、自分の妊娠の事実を知ったテイは、子供を守るために恋人との別れを選択する。ミンヒョクは、単独で、将来に戻ってきて、アリスのガイドチーム長になる。

アリスの時間旅行は平行宇宙への時間旅行である。ここで何をしても、自分たちが住んでいる未来には何の影響も及ぼさない。これを悪用して、過去の怒りや欲求不満を解消するための時間旅行者が増え、さらには犯罪を犯して、過去の警察に追われる時間旅行者まで生じる。問題を起こした旅行者を保護すると同時に、アリスの存在を隠すガイドチームのチーム長であるミンヒョクは、時間旅行者を追うジンギョムと敵になる。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

イ・ダイン キム・ドヨン役 (女、29歳) セギョン日報社会部記者。ジンギョムの親友。温室の雑草のような女性。明るく肯定的であり、他の人の痛みに共感することを知っている、温かい性格。どこでも、誰の前でも堂々とした社会部記者だ。高校時代、ジンギョムを恐れていなかった唯一の学生であり、母親の死後、困難な生活をしていたジンギョムを助けた、唯一の友人。しかし、ドヨンがジンギョムを助けたのは、単純な思いやりではない。

無感情人間であるジンギョムが、異性を感じないのは当然だと思ってドヨンは焦らない。ジンギョムも自分を好きだと信じ、いつかはジンギョムも自分の感情を理解すると、待っていた。しかし、予想外の恋敵が現れる。ジンギョムの母と似ているうえに、美しく魅力的である。ライバルができたドヨンは、もはやクールに接することができない。ジンギョムを何とか自分の男にするために、率先して乗り出すようになる。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

キム・サンホ コ・ヒョンソク役 (男、50代前半) ソウル南部警察署捜査第2チーム長。2010年に1人の高校生を逮捕する。19歳のジンギョムだった。自殺した女子高生の事件の犯人だと確信した。決定的な証拠はなかったが、ジンギョムの精神診療記録、尋問の過程で示す奇妙な感情の表現、そして同じクラスの友人らの証言をもとに、ジンギョムを疑った。

濡れ衣だったと分かると、自分の過ちを素直に認めてジンギョムに謝罪をする。彼に命を救われた後、ジンギョムを優しく世話をするようになる。2020年現在、家族のような関係だ。どんな状況でもジンギョムの力になってくれる確かな味方である。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

チェ・ウォニョン ソク・オウォン役 (男、50代前半) カイパー先端科学研究所の所長で、天才物理学博士。神を信じる科学者。一見、科学と神への信仰は矛盾するように見えるが、科学こそ神からの贈り物だと思っている。探求と発見を通じて、偉大な神の摂理を証明する。

2010年、先端科学技術研究所代表になった時、一人の女性が訪ねてきて、将来が書かれた預言書を見せた。預言書には、2020年に未来から来た者が殺人と蛮行を犯したと書かれていた。オウォンは彼らと対抗して戦う重要な人物とされていた。預言には半信半疑だったが、時間が流れて2020年に起きた事件が予言書の内容と完全に一致して、オウォンは預言書を信じるようになり、今後予定される悲劇を防ぐために努力する。

警察署の友人たち

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

イ・ジェユン キム・ドンホ役 (男、30代半ば) ソウル南部警察署捜査第2チームの刑事。全身が筋肉質で、脳も筋肉になっているではないかと思われる、ジンギョムのパートナー。将来の科学技術で武装した時間旅行者の頭脳戦ではなく、本人の圧倒的な筋肉で勝とうとする。このように性格や捜査方法の両方が、ジンギョムと完全に相い対するが、誰よりも心強いジンギョムの助力者である。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

チョン・ウク ハ・ヨンソク役(男、40代前半)良き父、善良な夫になる準備を完全に終えた、老いた未婚男性刑事。生真面目で融通がきかない、女性が避けるスタイル。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

ソン・ジヒョク ホン・ジョンウク役(男、30代前半)刑事。探偵で最も洗練されたと確信している、のらりくらりした自信家。一目惚れしたテヨンを巡ってハ刑事と競争するが、テヨンの関心は全く別のところにある。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

チェ・ホンイル ユン・ジョンス役 警察署長

アリスのスタッフたち

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

キム・ギョンナム キ・チョルアム役  (男、30代半ば)   時間旅行者。アリス本部長の優れたリーダーシップで、実質的にアリスを導いている部長。時間旅行者の安全と同様に過去の人たち(2020年を生きる一般の人たち)の安全性を重視する。このような方針がアリスの従業員の支持を得て、尊敬を一身に受ける。しかし、このような穏やかな彼の性格も、アリスの運命の前では、話が違ってくる。アリスの運命を脅かす預言書の存在は、チョルアムには目障りだった。預言が事実であれば、より大きなものであるが、実際にはなくてもアリスの評判を傷つけることが明らかになった。

1992年には、預言の位置を把握したチョルアム。テイとミンヒョクに「預言書を回収してこい」と命令した。しかし、ミンヒョクは一人で手ぶらで帰ってきた。預言書は見つからず、テイは行方不明になったと報告した。幸いに預言の噂はすぐに静かになった。過去の時間、2020年には、アリスの時間旅行が順調に進行されたが、時間旅行者が連続殺人を起こす惨劇が繰り広げられる。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

ファン・スンオン オ・シヨン役 (女、30代前半) アリス管制室室長。しっかりした性格で専門知識で武装した、アリス管制室室長。断然引き立つ容姿とカリスマを持つが、ミンヒョクの前に出ると、思索がごちゃごちゃになって、行動を躊躇する。

常に自分より一歩先に進むテイに嫉妬心を感じたが、テイとミンヒョクの2人の未来を祝福した。そんな中、1992年にタイムトラベルに行ったテイが突然消えた。ミンヒョクは自分の子供と一緒に、消えたテイを探しに行き、シヨンも彼を助けたが、テイを見つけることはできなかった。

時間が流れ、ある日、シヨンは2010年にテイが死亡したと知る。友人の死を悲しむが、もはやミンヒョクの心を揺さぶる存在はないという事実に、安堵する。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

ヤン・ジイル チェ・スンピョ役(男、30代前半)ガイドチームのチームメイト。鋭い目つきとスマートな体型を持つ。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

キム・ソナ チョン・へス役(女20代後半)ガイドチーム最年少のチームメイト。キャリアウーマンスタイルだが、アクションにも遜色のない健康美を備えている。

警察署の前の中華料理店「捜査点」

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

チェ・ジョンウ テイの父(男、50代半ば)子供の頃の夢は捜査課の班長になることであった。「捜査点」という名前の中華料理店を設けて、長い間経営している。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

オ・ヨンシル テイの母(女、50代半ば)現実的で、優しいテイの継母。実子であるテヨンよりもテイの世話をして、取りまとめる。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

MOMOLAND ヨヌ テヨン役(女、20代後半)テイの妹。表向きにはいつも喧嘩しているが、姉思いの妹。クールに仕事を片付け、「捜査点」の配信社員になり、刑事たちの関心を独り占めする。

時間旅行者たち

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

オ・ヨンア ウン・スモ役(女、30代後半)死んだ娘を生かすために時間旅行に来た母。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

イ・ジョンヒョン ヤン・ホンソブ役(男、20代後半)子供の頃、自分を苦しめていた兄への復讐を夢見て、時間旅行に来た。残酷な歪曲された性格の持ち主。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

パク・インス イ・セフン役(男、40代半ば)未来から来たタイムトラベラー。先生の命令で預言書を見つけるため、大邸宅へ向かう。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

ユン・ジュマン チュ・ヘミン役(男、30代後半)未来から来た連続殺人魔。先生の命令を受けて、秘密の殺人を開始する。

その他の人物

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

ペ・ヘソン キム・インスク役  (女、44歳)   コ刑事の妻。生まれたつき心臓が奇形だった息子を失った傷を抱えて生きていたが、夫が連れてきたジンギョムを実の息子のように育てた。無感情のジンギョムを理解し、受け入れることは容易ではない。母を失って日々暗くなっていたジンギョムを見て見ぬふりができず、世話を開始した。現在では、ジンギョムを息子のように大切に育てる。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

ミン・ジュンホ キム・ジョンベ役(男40代半ば)ドヨンの新聞社のセギョン日報社会部部長。強弱、弱強、典型的な組織内部長スタイル。

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

イ・スウン チョン・ギフン役(男、20代半ば)時間旅行者の不法滞在を助けるブローカー。

イム・ジェヒョク イ・デジン役(男、30代前半)ソク・オウォンのボディガード、兼物理的な仕事を主に解決してくれる、特殊部隊出身の随行者。

 

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /脚本:キム・ギュウォン、カン・チョルギュ、キム・ガヨン、演出:ペク・スチャン、制作:THE STORY WORKS
作成:え

話数ごとのあらすじと感想




●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

 

daisySSさん

アリス (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 9話・10話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 11話・12話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想
アリス (韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

感想

daisySSさん

●時間と空間を自由自在に旅行できる未来、、、タイムスリップを通じて起きる事件を追う刑事が主人公!驚きの結末が待つファンタジードラマ!

キム・ヒソンとチュウォンが共演し、タイムスリップを通じ繰り返される運命の主人公を演じています。キム・ヒソンは高校生の息子がいる母の役から30代前半の研究者の役を演じ、安定した演技力とストーリー性の強いドラマの展開に加え、第1話から最終話までハラハラする展開が続きます。

海外旅行に出かけるように未来から過去へ時間旅行が可能になった未来、「アリス(タイムスリップアレンジする会社及び空間)」を通じて旅行ができる人々は、それぞれの理由で過去にタイムスリップし、アリスが決めたルールを守らなくなります。

このドラマにはタイムスリップを通じて未来から来た人によって起きた事件を主人公のパク・ジンゴム(チュウォン)が担当することで始まるドラマですが、パク・ジンゴムには本人も気づかない驚くストーリーがあったこと!驚きの展開が続きますが、タイムスリップが崩壊する最後を描いた予言書が登場し、この予言書の内容を巡り事件を解決していく過程で明らかになるパク・ジンゴムの秘密が登場します。

パク・ジンゴムの母、パク・ソニョン役を演じているのはキム・ヒソン。2017年に放送された「品格の彼女」や2018年に放送された「ナインルーム」でも個性的な役を演じましたが、このドラマでは母性愛の強い母パク・ソニョンと科学者ユン・テイを演じ、全く違和感なく演じており、本当に楽しめたドラマでした。

未来、現在、過去を行き来する内容が繰り広げられ、後半は少し複雑な展開が描かれます。タイムスリップのドラマには登場する平行理論やメビウスの輪などの理論が上手にドラマの内容に溶け込み、興味深い展開が繰り広げられるので、時間旅行を通じて過去の出来事が変わった場合、未来にどのような影響を及ぼすことになるのか、進展を楽しみながら見ることができる内容でした。時間旅行を通じて過去が変わった場合、平行する別の次元の世界が作られ平行して存在する、、、様々な視点から考えられる独創性のあるドラマでした。

タイムスリップを題材にしたドラマが近年人気を集めたこともあり、数多くの作品が放送されました。個人的には「ウェルカム2ライフ~君と描いた未来~」が面白かったです。2013年に放送され強い印象を残した作品としては、「ナイン~9回の時間旅行~」があります。「アリス」は繰り返される二人のストーリーに運命に込められたメッセージを読み取るところがよかったです。

チュウォンの演技もよく、お薦めしたい作品です!

 

kyoko2525さんの感想より

アリスは死んだ母親に似た女性と感情を失った男性がその後タイムスリップをして、出会った男女のラブストリーです。魔法のような“時間旅行”を描くファンタジックなストリーです。生まつき感情が失われた刑事のパク・ジンギョム役には人気のチュウォンが演じています。変わり者の天才物理学者のユン・テイ役にはユン・テイ。そして相手役としてはパク・ソニョン役を女優キム・ヒソンも出演しています。キム・ヒソンは初ので1人2役を演じています。優クァク・シヤンが時間旅行システム“アリス”のガイドチーム長であるユ・ミニョク役、女優イ・ダインがふんしています。場を和ませるような明るい性格の記者役、キム・ドヨン役を演じています。

とても気品のあるキム・ヒソンとキム・ソナがとてもハマり役でした。韓ドラを見るようになり知った女優さんだったのですが、とてもきれいな方です。先生は未来のジュンギョムだったという衝撃の結末に驚きました。そしてドラマのラストでミンヒョクが父親としてジュンギョムとテイを助けようとしまた。とても感動しました。ヒョンソクに再開し、ジュンギョムとヒョンソクがオウォンからジュンギョムを助けました。こちらも本当に感動して泣きました。
テイがジュンギョムをどうにか守ろうと時間旅行を戻しませんでした。そして自分の命と引き換えに息子を救おうとしたのです。

終盤になるまで話の途中からこの首謀者は一体だれなのかという疑惑が出てきました。少し話が複雑になり、混乱してしまったのですが、最後はとてもよいハッピーエンドでした。そのまえに彼女のことを覚えていないことになり残念でしたが、テイとジュンギョムがハッピーエンドになって、とてよいラストでした。
とてもこころが温まるヒューマンラブストーリーです。

そしてこのラブストーリーは、韓流ドラマ初心者の方でも見やすいライトなストリーとなっていますのでドロドロした韓流ドラマが好きでない方にもおすすめです。




【PR】

年末・年始は韓流三昧。U-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ



NEW! 2021年版 投票開始!


韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021


韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


韓国ドラマ時代劇ランキング 2021(姉妹サイト・外部リンク)


韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー