アダマス 失われたダイヤ 1話・2話 あらすじと感想

アダマス 失われたダイヤ


アダマス 失われたダイヤ 아다마스 2022年放送 tvN 水木 全16話

daisySSさん

第1話視聴率3.502%

第1話あらすじ

ハ・ウシン(チ・ソン)は母が亡くなった日、母の遺言書だけではなく、父を殺害した死刑囚から手紙を受け取ります。その頃、刑務所では死刑囚の一人が同じ部屋で生活する受刑囚たちを全員殺害すると、刑務官まで殺害する事件が発生します。

死刑の実行が行われていない状況で、この事件が起きた後、死刑が実行されることに賛成する世論が広がり、大統領選挙を控えて、政治的にも死刑賛成を訴える政治的な動きが始まる。

双子の兄弟のハ・ウシン(チ・ソン)とソン・スヒョン(チ・ソン)は容姿が同じだけで性格の全く違う兄弟。兄のソン・スヒョンは検事で弟のハ・ウシンは作家。

有名な推理作家のハ・ウシンは、ヘソングループのクォン会長の自伝の代筆を依頼されます。1ヶ月間、クォン会長の屋敷に滞在し、携帯電話を持ち込むことも外出も許されない条件、、、普段のハ・ウシンなら引き受けるはずのないこの依頼を引き受け、クォン会長の屋敷で1ヶ月間を過ごすことになります。

自伝に関して秘密を厳守するとの条件だったため、兄ソン・スヒョンには旅行に出かけること、連絡が取れないことを伝えます。兄は母を亡くしたショックで弟が旅にでると考える。。。

刑務所で起きた殺人事件をソン・スヒョンに担当させようとする検察次長。しかし、有力大統領候補のファン・ビョンチョルの機嫌を取る次長の態度に、ソン・スヒョンは事件を担当することを拒否。その頃、スヒョンのマンションを訪れた社会部の記者キム・ソヒ(イ・スギョン)は、スヒョンとは会えず。。。

ヘソングループのクォン会長の屋敷は、「ヘソンウォン」と呼ばれ、要塞のよう場所で、出入りを厳しくチェックし、屋敷に入る入口には全身をスキャンするシステムが導入されているほど、厳重なセキュリティで守れています。

スキャン後に中に通されると、屋敷を管理するクォン執事(ファン・ジョンミン)は、「会長が留守の間は、私がすべてを管理します」と語り威圧的な態度で彼を出迎えます。その後、メイド達を管理するオ女史(ウ・ヒョンジュ)に滞在する部屋に案内され、同じ部屋を使うことになるアシスタントのイ・ドンリム(シン・ヒョンスン)と挨拶を交わす。

その夜、眠りにつけず屋敷内を歩きまわっていたハ・ウシンは倒れているメイドを発見。助けを呼ぶものの他のメイド達は助けようとせず、勝手に屋敷内を歩きまわったことを注意するオ女史。その後、クォン執事(ファン・ジョンミン)が現れると、無表情で倒れていたメイドを外に運び出します。

翌日、イ・ドンリムが部屋に飾った花を見たハ・ウシンは、栽培が禁じられているケシの花だと気づき、屋敷内にある庭園で育てられていると知ると、庭園を除きます。

そこはウン・ヘス(ソ・ジヘ)が管理する庭園で、彼女と挨拶を交わすハ・ウシン。自伝のためにクォン会長の義理の娘(息子の嫁)としてインタビューをしたいと申しでると、「じゃ、インタビューは今やりましょう」と返事すると、クォン会長を非難するような発言をする。

「ヘリコプターの事故で死亡した次男、、、本当に事故だったとおもいますか?」と質問を投げかけると、「ここは危険な場所です。できるだけ早く出た方がいいわ」と語るウン・ヘス。

その時、ヘリコプターに乗ってクォン会長が帰宅。ハ・ウシンがウン・ヘスと会話を交わしたことを既に知るクォン会長は、「どんな話をされましたか?」と二人が交わした会話を確認しようとしますが、ハ・ウシンは軽い嘘で流します。

屋敷のセキュリティを総管理するチェ総括(ホ・ソンテ)にコンタクトを取ってきた警官。チェ総括(ホ・ソンテ)の名前とヘソンウォンの住所だけが書かれたメールが届いたことを伝えます。IPアドレスを確認したところ、海外から発信されたもので、、、差出人の名前は「Persona Non Grata」。

ハ・ウシンの小説が「Persona Non Grata」だと知るチェ総括は、ハ・ウシンを呼び出します。銃を持って現れたチェ総括の姿を恐れることなく、「ヘソングループのシンボルであるダイヤモンドで作られた矢、ADAMASを盗むことです」と目的を明かす。

第1話感想

主人公の双子の兄弟を演じるのはチ・ソン!

継父を殺害した実の父の濡れ衣を晴らすために兄弟が真犯人を探すために奮闘するドラマとのことですが、ミステリドラマとして第1話では、何かの目的を持ってヘソンウォンに侵入した弟ハ・ウシンの姿を通じて、今後何が起きるのかワクワクする展開を描きました。

母が亡くなる前、ハ・ウシンに残した言葉や、死刑囚イ・チャンウが濡れ衣を着せられたと語り証拠をソン・スヒョンに渡すキム・ソヒ記者の姿から、今後、ハ・ウシンとソン・スヒョンがそれぞれどのように事件にアプローチしていくのかが、楽しみです。

セキュリティを担当するチェ総括はアンダーカバーの警察官のようで、ヘソングループの秘密組織であるAチームをまとめるイチーム長(オ・デファン)は、クォン会長の命令で様々なトラブルを解決する人物。刑務所で起きた殺人事件を仕掛けたのはこのイチーム長だったようです。

ドラマ「ドクター弁護士」で悪役を演じたイ・ギョンヨンがクォン会長を演じていますが、同じ時期韓国で放送された「なぜオ・スジェなのか?」でも悪役を演じたイ・ギョンヨン、、、このドラマでも悪役を演じることになりそうです。

チ・ソンが全く性格の違う双子の兄弟を演じるという点だけで、期待できるドラマです!

第2話視聴率2.849%

第2話あらすじ

チェ総括(ホ・ソンテ)に銃を向けられたハ・ウシン(チ・ソン)。「監視システムから僕を排除してください」とお願いするハ・ウジンは、チェ総括が警察のアンダーカバーであることを秘密にすると約束。しかし、「森の中で狩りの途中、事故は起こる。君を処理した方が僕の身分を隠す最も正しい選択だろう・・・」と語り譲らないチェ総括。

そんな二人を発見したウン・ヘス(ソ・ジヘ)。クォン会長(イ・ギョンヨン)は、ハ・ウジン、ウン・ヘスとチェ総括を呼ぶと、何があったのかを質問します。「怪しい人物を発見して銃を向けただけです」と返事するチェ総括の言葉に、クォン執事(ファン・ジョンミン)は、勝手に森の中を歩きまわっていたハ・ウシンの行動を疑います。

チェ総括の正体をクォン会長に明かさなかったハ・ウシン。チェ総括の考えに気づいていたウシンは、彼の正体を秘密にする。彼から「クォン執事に気を付けて」と注意されたハ・ウシン。

双子の兄ソン・スヒョン(チ・ソン)は記者のキム・ソヒ(イ・スギョン)と、過去の事件に関して会話をする時間を設け、話しを聞いたあとに疑問を抱き始める。

一方、屋敷ではハ・ウシンはADAMAS(アダマス)を見つけるため、ウロウロ。そんな中、ウン・ヘスが持っている金属探知機が反応すると、「ケガをして固定しました」と語ると指を見せるウシン。

チェ総括(ホ・ソンテ)はハ・ウシンのことを外の上司に報告。

継父が殺害された事件の目撃者を訪ねたソン・スヒョンは、自分が誰なのかを明かすと、捜査記録のコピーを彼に見せ、「赤い線を引いた部分を読んでください」と要求。しかし、目撃者は赤と緑の色の区分ができない、、、お金を受け取り嘘の証言をした目撃者。

アダマスを探すハ・ウシンはヘソンウォンの屋敷の最上級階を省き増築されたことを知ります。アダマスを隠している場所が秘密の空間だとすれば、、、と予想すると、勝手に入ることが禁止されている会長室に入る。一部の床の音がおかしいことに気づいた瞬間、クォン社長が現れる。

「ここで何をされていますか?」との質問に、「今日の午後にインタビューしようとおっしゃっていたので」と語り、危機から逃れる。

オ女史(ウ・ヒョンジュ)にお金を渡すとハ・ウシンを監視するよう命じたクォン執事。このことを知ったウシンは、「僕はそう簡単に思い通りになる相手ではないです」と一撃。ウシンの言葉に怒りを我慢するクォン執事は、ハ・ウシンが指をケガしたのかを調べされます。

クォン執事はウシンの診療記録を手に入れ、彼が指をケガしたことを確認する。クォン執事は引き下がらずハ・ウシンを疑い監視。そんなハ・ウシンを助けたのがウン・ヘソだった事が分かり、ウシンは自分宛てに手紙を出したのがウン・ヘスだと気づいたウシンは、「消えた凶器がアダマス(ADAMAS)」だと知った経緯を彼女に質問します。

栽培しているケシの花は夫が育てていたものだと話し始めるウン・ヘス。夫クォン・ヒョンジョは、覚せい状態で、クォン会長が殺人を犯したと話したことを耳にしたウン・ヘス。

屋敷に入った理由はアダマス(ADAMAS)を手に入れて、検死報告書と比較する計画であることを正気に明かしたハ・ウシン。しかし、ウン・ヘスがハ・ウシンを推薦したわけではなったことが分かり、「この屋敷に偶然なんでないわ」と意味深げな発言をするウン・ヘス。

その頃、ソン・スヒョンは継父の事件の目撃者夫婦が自殺したことをニュースで知る。

第2話感想

閉鎖された屋敷を舞台にするストーリーのため、緊張感がます第2話でした!登場する人物たちのそれぞれの秘密や事情が隠されていた状況で、今話一つだけ明かされたのは、ハ・ウシンに殺人に関する手紙を出した人物はウン・ヘスだったこと。。。

しかし、クォン会長の本の代筆の作家としてハ・ウシンを推薦したのが、ウン・ヘソではないとすれば、屋敷にいる人物又は、屋敷と関係がある別の人物がハ・ウシンを屋敷に呼んだことになりますね。

秘密を暴こうとする人物と秘密を守ろうとする人物たちの攻撃、防御が本格的に始まることになります。

継父の殺人事件の目撃者が自殺しらと知らせるニュースを見るソン・スヒョン、、、誰もいないはずの部屋で人の気配を感じ驚く、表情を見せるところでエンディングを迎えました。目撃者夫婦が死亡した背景にはヘソングループの秘密組織Aチームが動いたようですね。

グオン会長の死亡した次男とハ・ウシンの顔が似ているようなニュワンスの反応や発言もあり、過去の殺人事件にどんな秘密が隠されているのか、気になります!




【放送情報】

 

【グッドキャスティング~彼女はエリートスパイ~】

●BS 12 2024/2/14(水)16:00~

グッドキャスティング~彼女はエリートスパイ~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

 

【応答せよ1997】

●BSフジ 全16話(2024/2/16から) 月~金曜日10時から 字幕  2/15に事前ナビ特番

応答せよ1997 キャストと相関図 視聴率 あらすじと感想

 

【あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜】

●BSJapanext 全20話(2024/2/17から)土曜日14:30から4話連続放送 字幕

あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【本当に良い時代】

●BS日テレ 全50話(2024/2/19から)月~金曜日15時から 字幕

本当に良い時代 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【太王四神紀】

● BSフジ   全31話(2024/2/21から)(BS182 - サブch)月~金曜日9時から 字幕

太王四神紀 あらすじ キャスト 視聴率 感想 相関図 (※外部リンク)

 

【イノシシ狩り】

●WOWOW (2024/2/22~2/27) 2/22(木)2/23(金) 2/26(月)2/27(火) 午前8:30~

イノシシ狩り(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

 

【王女ピョンガン 月が浮かぶ川】

●テレ東(2024/2/23から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

王女ピョンガン 月が浮かぶ川 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

 

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP