アダマス 失われたダイヤ 7話・8話 あらすじと感想

アダマス 失われたダイヤ



アダマス 失われたダイヤ 아다마스 2022年放送 tvN 水木 全16話

daisySSさん

第7話視聴率2.866%

第7話あらすじ

何者かが出版社に侵入するとハ・ウシンに関する資料を持ち出し、、、その頃、イチーム長(オ・デファン)から逃れた双子の兄で検事のソン・スヒョン(チ・ソン)と記者のキム・ソヒ(イ・スギョン)は、ウシンの家に身を隠します。

二人が身を隠しているマンションを訪ねた男は浴室の修理のために訪れたと説明すると、中に入ります。修理に訪れた男に突然暴力を加えると、「お前は誰だ?チームAか?」と質問すると男に暴力を加え、「こんなことをしてハ・ウシンが無事にいられると思うか?」と挑発する男。

ソン・スヒョンの予想とは違い男はチームAの一員ではなく、特別捜査本部の所属。ソン・スヒョンとキム・ソヒは、特別捜査本部に招かれ、、、彼らのミッションを知らされます。ヘソングループのクォン会長が犯した殺人事件の真相を明かすことだけではなく、クォン会長のために組織的に動くキラー組織のチームAを瓦解することが目的であると伝えます。

次期大統領候補のファン・ビョンチョルの背後にいるクォン会長。ファン・ビョンチョルが大統領になると、クォン会長の望んでいる通りに銃器の自由化が進められるため、その前に阻止する必要があると、VIPからの命令で動きて来た特別捜査本部。

しかし、チームAのリーダーであるイチーム長(オ・デファン)に関する情報がなく、特別捜査本部が苦戦していることを知ると、イチーム長の顔を目撃したことから、ソン・スヒョンは協力することを約束します。

22年前の殺人事件の容疑者の似顔絵(モンタージュ)を特別捜査本部に渡すと、イチーム長と似ていることを伝えます。イチーム長がチームAのリーダーで、22年前の事件の真犯人の可能性があると考えると、ソン・スヒョンは再び刑務所にいるイ・チャンホを面会。

一方、弟を殺害したソン・スヒョンと記者のキム・ソヒを逃がしてしまったイチーム長は、イ・チャンホの事件ファイルに目を落とすと、22年前の事が起きた夜、殺害された双子の継父が何故、イ・チャンホを訪ねたのかに気づく。

クォン会長(イ・ギョンヨン)に22年前の事件を調べている人物がいること、検事のソン・スヒョンと目撃者の女性記者キム・ソヒのことを伝えると、二人を排除すると、証拠を残すことなく解決すると報告します。

クォン会長の書斎に侵入したことをオ女史(ウ・ヒョンジュ)に見つかったハ・ウシン(チ・ソン)は、限定の高級ウィスキーを味わいたくて、勝手に入ったと説明します。しかし、オ女史はウシンの説明を信じることなくクォン執事に報告すると語り、困ったウシンはウン・ヘス(ソ・ジヘ)に相談します。

アダマス(ADAMAS)が屋敷内にないこと、ダイヤモンドを加工して80周年の記念式典で新たなアダマスを登場させるはずだと伝えると、アダマスが運ばれた場所を調べる必要があると伝える。

書斎に侵入したことをオ女史に見つかったことをウン・ヘス(ソ・ジヘ)に伝えると、助けを求めます。

オ女史がお金に弱いタイプだと知らされたウジンは彼女に札束を渡すと、限定のウィスキーが気になり書斎に入ったことを秘密にして欲しいとお願いします。ウシンは約束した額よりも多くを渡し、オ女史は、彼をクォン会長に推薦したのが、ユン秘書だと教える。

それだけではなく、クォン執事の秘密まで知ります。クォン執事の息子が10年前自殺を図り、脳死状態。クォン会長は心臓移植手術を受ける必要があり、待機中。クォン執事の息子の心臓を受けることになったクォン会長。クォン執事の息子の話しを耳にしたウシンは、息子の自殺や、タイミングよく心臓移植を受けられたことに疑問を抱き。。。

ウン・ヘス(ソ・ジヘ)は、ユン秘書がウシンを推薦したことを知ると、ユン秘書の目的に気づきます。義理の弟で、元恋人だったクォン・ミンジョと似ているウシンと出会ったことで、ヘスがウシンに恋をしてヘソン家を出ることを望んでいると気づく。また、クォン会長の心臓移植とクォン執事の息子のことをウシンから聞かされると、ヘスは病院長の父とクォン会長との間に取引があったはずだと疑い始める。

イチーム長は、ソン・スヒョンとキム・ソヒを殺すため、チームAの中で絶対にミッションに失敗しないサン(パク・へウン)を呼び出すと、殺害を命じます。

第7話感想

毎話、毎話、緊張感が増す展開を続ける「アダマス」ですが、今話では多くのことが分かりハラハラする展開を続けています。

まず、クォン執事の息子が自殺を図り、脳死状態になったことが新たに分かりました。息子の心臓を持ち生きるからクォン会長への気持ちは忠誠心だけでなく、息子の生き残り、、、だと感じている様子のクォン執事。しかし、クォン執事の息子は自殺ではなく、殺害されたと疑うウシン。

それだけではなく、ウン・ヘスがウシンに手紙を出した理由も明かされました。ウン・ヘスの恋人だったクォン・ミンジョは、優しい性格の持ち主で、刑務所でのボランティア活動を行っていたこと、、、その過程でイ・チャンホが無実だと気づき、そのことを明かそうとしたようです。

ウン・ヘスはそのため、クォン・ミンジョが実の父によって殺害されたと信じている様子でした。ウン・ヘスとハ・ウシンがお互いの情報を共有し、アダマスの行方を探すために今後協力することになるようです。

今話、22年前の事件の真相が明かされました。双子の継父を殺害したのは、やはりイチーム長でした。イ・チャンホがアダマスを盗み、回収するために訪れたイチーム長は、ソン・スンホをイ・チャンホと誤解して殺害したことが分かりました。

アダマスを使ってクォン会長が人を殺したことがあると夫から聞かされていたウン・ヘス。だとすると、クォン会長が起こした別の殺人事件が存在するということでしょうか。イチーム長が双子の父がイ・チャンホだと気づくと、DNA鑑定を依頼したところまで、今話では描かれました。

ハ・ウシンとソン・スヒョンの関係をクォン会長には秘密にしているイチーム長・・・・、彼が何かを企んでいるようで、今後更に面白い展開を迎えることになりそうです!

第8話視聴率3.233%

第8話あらすじ

クォン執事の息子が亡くなったことを知ったハ・ウシン(チ・ソン)は、彼女の息子の死をモチーフにした小説を準備し、クォン執事の目につくよう仕向けます。屋敷に入る際に持ち込みができなかったバックが必要だとクォン執事に語り、彼女を刺激します。

ウシンのバックの中に何があるのか気になるクォン執事は、保管中の彼のバックの中にある小説に目を通すと、亡くなった息子のことを思い浮かべ、ウシンの予想通り動揺を見せます。

チームAをリードするイチーム長を警戒するクォン・ヒョンジョは、「チームAもそろそろ世代交代が必要だ」と語ると、チョン課長に独断で指示を出します。

22年前の継父が殺害された事件を調べなおすソン・スヒョン(チ・ソン)は、警察に保管されていた資料がすべて姿を消したことを知り、イ・チャンウとの面会を断られると、意図的に事件に近づけなくする勢力を警戒。

イチーム長(オ・デファン)の命令で動き出したチームAのサンは、ソン・スヒョンに関する情報を入手するため、コン係長を攻撃すると、脅迫。無表情でハンマーを振り回るサニ。。。

屋敷内でウン・ヘス(ソ・ジヘ)の協力を受けることになったハ・ウシン(チ・ソン)。ウン・ヘスは、「私意外に、あなたに協力している人がいますか?」と質問。ウシンは、特別捜査本部のチェ総括(ホ・ソンテ)の協力を得ていることを秘密にし、「協力者はいません」と返事します。しかし、ウン・ヘスは彼の言葉を信じない。

ハ・ウシンの計画通り、息子の死の真相に関して動揺し、クォン会長を疑い始めるクォン執事。一方、殺人の証拠品であるアダマス(ADAMAS)を原型のまま保存するための新たな計画を考えだしたウシン。チェ総括(ホ・ソンテ)は、彼の計画を知ると、危険すぎると語り協力を続けることを拒否します。

「チームAは想像している以上に危険です。これ以上は危険なので、クォン執事の提案を受け入れて、屋敷から出た方がよい」とウシンにアドバイスをするチェ総括。また、「誰も信じない方がいいです、特別捜査本部も含めて」と語ると、「イ・チャンウさんの方を調べてみては」とウシンにヒントのような言葉を伝える。

入院中の双子の母ハ・ヨンシンを訪ねたウン・ヘス。イ・チャンウが犯人ではないことを伝えると、ハ・ヨンシンは、「22年間も刑務所に入れられていました。彼をこれ以上、苦しめるのは辞めてください」と語ると、ショックのあまり倒れ、、、ウン・ヘスは、ハ・ヨンシンが夫を殺害した事件の真犯人の存在に気づいていることに、疑問を抱き始めます。

万が一のことを考え父のお墓をすり替えておいたことで、チームAはそのことに気づかず、ウシンとスヒョンの継父の墓を勝手に掘り起こします。お墓を確認して帰る道、車のトランクから聞こえてくる着信音の音に車を止めて中を確認するソン・スヒョン(チ・ソン)。コン係長の遺体と鳴る携帯電話を発見したスヒョンは驚きながらも怒りを感じる。

電話に出ると「誰だ、お前?」と質問。無言のままスヒョンを確認したチームAの殺し屋のサンは、車に設置した爆発物を爆発させ、ソン・スヒョンは病院に運ばれます。

DNA検査の結果、双子の父がイ・チャンウだと知ったイチーム長。「これまでイ・チャンウを生かしておいたことが、面白くなりそうだ」とニヤッとするイチーム長。その頃、イ・チャンウは、刑務官を呼ぶと、「イチーム長に伝えろ!イ・チャンウではなく、先輩として話がある」と語る。

第8話感想

22年前の殺人事件の犯人として逮捕され死刑囚として服役中のイ・チャンウが、チームAの一員だった??

刑務所にいるイ・チャンウを殺そうとすれば殺せるほど権力を持っているクォン会長が、彼を22年間、生かしていた理由が気になった矢先、今話のエンディングで、自分がイチーム長の先輩であることを明かしたイ・チャンウ。

ここに来てイチーム長との話し合いを求めるとは、、、ストーリー展開に置いて新たなターニングポイントになるようです。

チーム長の中で全くコントロールできない人物として描かれるサニは、まるでソシオパスのように映り、ターゲットのソン・スヒョンを殺すため、車に爆弾を仕掛ける程、、、病院に運ばれたソン・スヒョンを確実に殺すために、病院に侵入し、ミッションを果たそうとするようです。

22年間の殺人事件の真犯人がイチーム長であることは、前話明かされました。しかし、なぜイ・チャンウが犯行を認めたのかの理由は明確になっていませんが、もしかするとハ・ウシンとソン・スヒョン兄弟のために罪を認めるしかなかったのか、次の話ではイ・チャンウが本格的に登場し、過去の事件に関する真相をもう少し明かして欲しいですね。

クォン会長への絶大的な忠誠心を見せていたクォン執事ですが、ウシンの計画通り、会長を疑うようになりました。アダマスを任されているクォン執事、、、アダマスを手に入れようとするウシンに直接的な又は間接的に協力することになるのか、彼女の動向も気になります。




【放送情報】


【ポッサム-運命を盗む】

●BS-TBS 全28話(2023/1/26から)月~木曜日12:59から 字幕

ポッサム-運命を盗む (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【誰も知らない】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2023/1/26から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

誰も知らない(韓国ドラマ)全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●BS日テレ 全28話(2023/1/31-3/9)日テレ月~金曜日11:30から 字幕 ※シーズン2・シーズン3も放送決定!

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【悲しくて、愛】

●サンテレビ 全22話(2023/1/31から)毎週 月-金曜日 11:00~ 放送

悲しくて、愛 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


【風と雲と雨】

●テレビ大阪 (2023/2/2) (木) 月~金曜日 9:30~

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト) 


【オクニョ運命の女】

●BS日テレ 全51話(2023/2/3から)月~金曜日13時から 字幕

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP