よくおごってくれる綺麗なお姉さん 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よくおごってくれる綺麗なお姉さん 밥 잘 사주는 예쁜 누나  全16話

 

amijkさんより

 

第11話 あらすじ

部屋にジナがいないことに気付いた母のミヨン。雨の中、ジュニのマンションに向かいます。ジュニはジナにミヨンが来たことを隠して家に帰し、ミヨンと向かい合います。ジュニの前で土下座をしても通じないミヨンは、「あなたは私の基準を満たしていない」と本音を言い始めます。家に戻りかけていたジナは、異変に気付いて戻ってきます。ジナを叩こうとするミヨンからジナをかばうジュニ。

ジナは、ジナの立場を考えてあえて連絡をしてこないギョンソンに会います。スンホとジュニが二人に合流して、ギョンソンはスンホに、ジナを助けるように頼みます。

ジナの会社では、社員たちの雰囲気がますます落ち着かないものになっていきます。チョン部長が入手したセクハラ被害の動画には、ジナが飲み会やカラオケの席で被害にあっている場面がいくつも映っていました。チョン部長と話をしたジナは悩みつつも、被害の事実を証言する覚悟を固めます。

ジナの家ではジナとジュニの仲を強固に反対し続けるミヨンに対し、父が「我が家では個人の自由を優先する」と宣言しますが、効果はありません。ジナはミヨンが決めてきたお見合いの席に出向きます。約束のホテルの前でためらっているとき、帰国した父親に会いにやって来たギョンソンと偶然会い、お見合いの件を知られてしまいます。

第11話感想

「家族同然だから」と言ってきたミヨンですが、ジュニのレベルが不満だと本音を言った部分が痛快でした。でも、よく考えればジナだっていい年だし、そこまでレベルが高いとは言えないのでは…。ミヨンがジュニのマンションに向かいつつ、タクシーの運転手さんに「急いで」と言ってみたり「ゆっくり行ってください」と言ったり、タイミングを計りかねているところが、ミヨンの微妙な心情が丁寧に描かれていると思いました。

社内のセクハラ問題について、女子社員たちは告発をして下手をしたら逆に解雇されたりするのでは?と躊躇する人も出てきました。ジナはたくさん被害にあってきて、今までは黙ってきましたが、今回は声を上げないとまずいような立場です。でも、証言によって左遷とか、不利な立場に立たされてしまうのでしょうか?ミヨンはお父さんが以前いた会社に、ジナを転職させたいようなことを言っていましたが、もしかしたらそんな事態にもなりうるかもしれません。

中国出張を拒むジュニに対する目も、日に日に厳しくなっているので、今後、ジナとジュニは仕事の面でも変化があるかもしれません。
そしてジュニとギョンソンの父親が、カナダからやって来ました。この父親の登場で、ストーリーにどんな展開があるのか気になります。このお父さんは「コーヒープリンス1号店」や「星から来たあなた」などにも出ていたキム・チャンワンです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

amijkさんより

 

第12話 あらすじ

お見合い場所のホテルで偶然ギョンソンに会ってしまったジナ。ギョンソンは「ジュニと別れて!」と怒りを露わにします。お見合い相手と、ギョンソンの近くの席に座ることになってしまったジナ。そこへギョンソンとジュニの帰国した父が現れて、ギョンソンに気付いて声をかけます。
ジナは終始、集中できないままお見合いは終わります。お見合い相手にジナとどういう関係かと聞かれたギョンソンは以前、小姑だったと答えます。

お見合いの仲立ちをした知人から、ジナには離婚歴があるのかと連絡を受けたミヨンはどういうことなのかと怒り出します。その様子を見かねたスンホは、親だからと言って口出しするなと強く意見します。
ジュニに合わせる顔がないジナは、ジュニの部屋の前でうずくまっていました。ジナを見つけたジュニに、「お母さんの言うことを、1度は聞いてあげようと思ったけど、浅はかな考えだった」と話すジナ。

会社で、実名入りの陳述書を提出していたジナ。それを聞いたボラはすごい勇気だと驚きます。代表はチョン部長に今後、ジナの立場が悪くなる可能性について示唆します。

ジュニの父から連絡を受けたジナは、ジュニには嘘をついて会いに行こうとします。会社のビルの前で、ジナがジュニの父と歩いているところを見ていたジュニは、声を荒らげます。

第12話感想

ジナにとってタイミングの悪いことがいくつも重なってしまいました。ジナがお見合いをすると知ったギョンソンは、限界を超えたと怒りを爆発させていましたが、もっともなことだと思いました。これまでひたすらジュニの幸せを思って我慢を重ねてきたんですもんね。これ以上、ジナやジナの親に合わせていくのは耐えられないという気持ち、理解できました。

今回、印象的だったのはスンホです。スンホもこれまで、ミヨンの大きすぎる期待や干渉に耐えてきたんでしょうね。自殺の話まで出していたのでびっくりしました。あまりの剣幕と、その内容にすっかり気落ちした様子のミヨン…。少しは態度が変わるでしょうか。

職場のほうでは、チョン部長も代表の本心がつかみきれていないようでした。今後、加害者が被害者になることもあるかも、という話でしたが、ジナの陳述書によって窮地に立たされたナム理事が反撃に出るかもしれないということでしょうか?ナム理事にはセヨンが協力している形ですが、ジナに対する恨みみたいなものも関係してくるのかなと思いました。一方、コン次長は情勢が自分に有利になったと思ったのか、気が大きくなっているようです。会社の力関係が変わりつつあって、こちらも面白くなってきたというか、目が離せません。

【豆情報】ジナのお見合い相手を演じていたのは、ホ・ジョンド。「記憶」ではパク・ジニに好意を寄せる検事ユビン役で出演していました。 

よくおごってくれる綺麗なお姉さん 13話・14話 あらすじと感想

 

よくおごってくれる綺麗なお姉さん 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー