やってきた!ファミリー 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2018/8/6-31)月~金曜日14時から 字幕

やってきた!ファミリー  떴다! 패밀리  全20話
2015年放送 SBS
平均視聴率 3.2% 시청률
やってきた!ファミリー OST (SBS TVドラマ)
あらすじ

200億の相続を巡って起こるチェ・ドンソク一家の相続争奪戦が愉快に展開し、誤解や憎悪で染みが付いた家族史と、チョン・クッスンの波乱万丈の人生が切々と描かれる。そこに、夢を追いかけて保障された未来を捨てて冒険と挑戦を選んだチェ・ドンソクと、保障された未来のため夢を諦めて危険な賭けに打って出たナ・ジュニの、スリリングで熱いロマンスが花を添える。ホームドラマとロマンティックコメディが融合した新しいドラマ。

KNTV やってきた!ファミリー 相関図
キャスト

 

スタッフ /脚本/キム・シネ、演出/チュ・ドンミン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●財産争奪戦の結末は

やってきた!ファミリーは、50年前に家族を捨ててアメリカに渡ったクッスンが突然200億ウォンの財産を持って韓国に戻って来たことからその財産を巡って家族の間で争奪戦が始まります。

財産の争奪戦というとジメジメしたドラマのイメージがありますが、このドラマはホームドラマとラブコメディが融合したようなドラマで楽しむことが出来ます。

ロマンスの要素も強くクッスンの孫とアメリカ帰りの弁護士の恋がお互いを思いやるがゆえにすれ違う姿がドラマを観ていて少しもどかしい気がしますが、そのもどかしさがどうなるかという気持ちになりドラマを楽しませてくれます。

またこのドラマの見どころは、今まではエリートのイメージの役が多かったチン・イハンさんとオ・サンジンさんが今までにない役にこのドラマの中で挑戦したのが韓国で話題になりました。

その他の出演者も話題で元祖KPOPのイ・ジョンヒョンが出演しており話題になりました。ドラマも回を追うごとに遺産の争奪戦が激しくなっていますが、それと同時にクッスンが韓国に戻って来た本当の理由が分かって行きます。実はクッスンがアルツハイマーであることなどもドラマの中で分かって行きクッスンがなぜ韓国に戻って来たのかも分かって行き、家族とは何かを考えさせられます。

ドラマの中で最初は、財産の争奪戦を行っていた家族が回を追うごとに成長して行き和解していく姿に感動します。最初はクッスンの財産を誰が手に入れるのかと考えながら見ていましたが、ドラマを観ていると家族が段々と絆を深めて行く姿が素敵でこのドラマを観るのが楽しくなって来ました。

登場人物も豪華で、今までにない役をこなしている俳優さんが多くそれまでにない姿をみることが出来るドラマだと感じました。このドラマを観れば家族の大切さを感じることが出来るはずです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー