Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふっくらとした恋愛 シーズン2 EP1~10あらすじと感想 キャスト

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●youtube動画 スタジオOnStyleの公式FacebookとYouTube、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」、NAVER tvVで公開

配信開始日2019/07/12 ~ 1話あたり9~10分前後 字幕は韓国語と英語選択が可能

ふっくらとした恋愛 シーズン1は

ふっくらとした恋愛  あらすじと感想 EP1~6まで

 

ふっくらとした恋愛 2   全10話
2019年放送 スタジオOnStyle tvN D Storyウェブドラマ
平均視聴率 —% 시청률

画像出典:KStyle

あらすじ

生まれたときからぽっちゃりしていた女子高生コン・スリンのラブストーリーと、成長の過程を通じて「どんな姿でも、自身をあるがままに愛する方法」について話す恋愛コメディ学園ドラマ

2018年11月にシーズン1 全エピソード6 シーズン2は全エピソードが10となっている。

キャスト

少女注意報のセッビョル&クスル、

ONFのラウン、

HONEYSTのキム・チョルミン、

チョン・ミンギュ、

キム・イェロン、

シン・セフィ

OST 主題歌

ONF「きれいでたまらない」

スタッフ /制作:スタジオOnStlye
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
えぱたさん

●EP1~10のあらすじ

1話 あらすじ

私だけ違うクラスになってしまった
スリン、ミンジェ、ジュヒョク、ソンホ、ユミは2年8組で同じクラスになります。グスルだけ違うクラスになってしまって、誰も話し相手がいません。

前の女の子2人に話しかけてみると、グスルがユーチューバーであることを知っていて、何とか話を繋げることができ、一安心。しかし、人の悪口を言っていて、グスルの化粧ポーチのブラシをぞんざいに扱うので、少しキツめに「授業で使うから大事にして」と言ったら、機嫌を損ねて、SNSに悪口を書かれます。

翌日、「人の悪口を言うのって、カッコよくないから。いつか自分に返ってくるよ」と言ってやります。一瞬、凍りついた教室内の空気でしたが、「スッキリした。言ってやりたかった」と言ってもらえて…。

2話 あらすじ

お前の彼女、学年トップかよ
夏休みに水遊びに行く時にビキニを着れるように、ダイエットをしているスリン。

部活の日、1週間前、ミンジェに体操服を借りに行ったら、ミンジェと生徒会で一緒のユミと仲良くて、ミンジェの友達に、スリンは「太っていて、勉強はできそうな」ことを上から目線でバカにされ…。ソンホがかばってくれ、スリンはその友達たちに「謝れ」とハッキリと言えて、スッキリ。

ミンジェにそれを言っても、友達の肩を持って、ユミと小論文コンテストの練習があるとかで、冷たいし…。去り際に、「忘れ物」と、ミンジェがキスしようと近づいてきたら、妹のジュイが来て、中断されるのでした。

3話 あらすじ

ダイエット成功したら、可愛くなると思ったのに
ジュイは、彼女なし、イケメンのユン・ジホが来ると聞いて、ダイエットして、おめかしして、同窓会へ。実は嫌なヤツで、陰でジュイの悪口。同窓会の後、追いかけてきて、「付き合ってやるよ」と。スリンが来て、「私の妹に何言ってるの? さっさと、消えろ!」と言ってくれて、ジュイはスリンをハグ。

ソンホが家に来ていて、ジュイが「ぽっちゃりの女の子どう思う?」と聞くと、「顔がどうとかより、一緒に居て楽しくなる人がいい」と言います。「好きな人いるの?」との問いに、「オレは輝くソロだから」と。ジュヒョクと2人で話している時も、「好きな人いるの?」と聞かれ、「可愛くて、カッコいい子」と答えるソンホでした。

4話 あらすじ

私をこき下ろす友達
グスルにジュヒョクが歌を歌って、「好きだよ」とイベントをやってくれます。スリンはミンジェからキャンディはおろか、メッセージももらえず。

中学1年の時は、ある男の子から「ユミちゃんに渡して」とキャンディを託され、2年の時は「ユミちゃんの電話番号を教えて」と言われ、3年の時は7組の背の高いバスケ部の男の子にキャンディもらうも、ユミに名前を教えたら、取られて…。

小論文コンテストの前日、スリンにキャンディを選んでいたミンジェでしたが、ユミに「コンテストに集中したら」と言われ、買えなかった…。スリンが大きなハート型のキャンディを渡したら、嬉しがって、ミンジェはユミの見ている前で、スリンにキス。

5話 あらすじ

大学に行ったら、何がしたい?
進路面談のシーズン。仲間はそれぞれやりたいことがあるのに、スリンには決まっておらず、自分の夢ややりたい勉強、志望大学もないので、焦ります。

ソンホが美大受験の刺激も与えてくれます。SNSに写真を載せると、カフェでユミと一緒に居たミンジェが見ていて…。

料理が好きなので、ソンホのアドバイスもあり、「調理専門に進もうと思う」と先生に言います。ミンジェに相談すると、「一般の大学に行って、趣味でやれば?」と言われてしまい、「ミンジェに評価してって言ってない!」と言ってしまいます。「この関係は続くかな」と内心は心配するスリンでした。

6話 あらすじ

グスルの彼氏、180cm未満なの?
メイクの集まりで、2人の美人のお姉さんたちに、グスルは彼氏について興味を持たれます。

100日目のお祝いに彼氏のジュヒョクと祝っていたら、いい雰囲気になり、キスというところ、お姉さんたちが通りかかります。彼氏の背が低いのが恥ずかしく、「弟だ」とグスルは言ってしまい、スネてしまったジュヒョクでした。

学校にまで来たお姉さんたち。ジュヒョクが歌うのを見て、あまりに上手いので、ビックリ。「背が低くたって、私が好きだら、いいじゃん」とグスル。仲直りしてキスする2人でした。

教室の暗がりで、ミンジェのノートを盗むユミ…。

7話 あらすじ

中間テスト、ダメだった
家で食事中、ミンジェの弟はおかずに箸を出そうとして、「勉強できない者は食べるな」と母に咎められます。ミンジェは「成績表は?」と言われ、「まだ出ていない」と嘘をつきます。実は成績がいつも1番なのに、今回は5番だったのでした。

並んで勉強するユミとミンジェに距離感を感じるスリン。ソンホに「ユミに振り回されてばかりで、少しはスリンのこと考えろ」と言われ、逆上するミンジェ。大げんかが学校中の噂になります。

母に成績表が出ていた嘘を見抜かれ、叱られるミンジェ。疲れたミンジェはスリンに「別れよう」と言います。スリンは「本当にミンジェにとって大切なものが何か、考えて」と去るスリンでした。

ソンホがユミのカバンにミンジェのノートがあるのを見ます。

8話 あらすじ

修学旅行で変な噂を聞いちゃった
学校中でミンジェとスリンは別れたらいしと噂になり、ユミが何やら、コソコソと話しています。

修学旅行でソンホとスリンが仲良く行動するのを見て、またコソコソ噂が出回ります。女の子たちが「スリンはソンホとミンジェ、二股かけてミンジェと別れたらしいよ」と言っているのをスリンは聞きます。

直接ユミに聞いてみると、開き直って、「そうよ、私よ。それって、悪いことでしょ?」と言います。ソンホに「ミンジェのノートを盗んで、スリンに劣等感を持ってやってるんだろ?」と言われ、ユミは逆上して去ります。

ミンジェはスリンと仲直りして、「今も、スリンが好きだよ」と言います。

9話 あらすじ

私より下だと思っていた子がイケてる時
9年前、スリンの誕生日を祝う子たちがたくさん居て、ユミは同じ日が誕生日だったのに、ひとり。スリンが声をかけて友達になったのでした。

以来、ユミは頑張って痩せて、肌もキレイにして、勉強して、スリンより上だと思っていました。愛されるために努力したのに、何もせず、堂々としていて、皆に愛されるスリンが嫌いでした。腕相撲の時、スリンが勝って、ミンジェに好きだと公開した時も、嫉妬して、ミンジェを取ろうとしたのでした。

また、誕生日にひとりぼっちになるユミは、スリンを羨んでしまいます。ジュヒョクに「ユミがスリンとお揃いの指輪を今もしてるよ」と言われて、スリンはユミにプレゼントを渡します。「可愛いから、勉強できるから、じゃなくて、友達だから、ユミが好きだよ」とスリンは言います。泣き出すユミでした。

10話 (最終回) あらすじ

中学生の時、いじめられてたんでしょ?

ソンホは中学生の時、いじめを受けていて、美術に逃げ場をつくっていました。

そんな時、ソンホは自分がジュヒョクのことが好きだと気づきます。クラスでは、「男が男を好きだなんて、気持ち悪い」と噂が立ちます。

ソンホがジュヒョクのことが好きであることをスリンは知っていました。ある時、ソンホがジュヒョクの似顔絵を描いていることを、ジュヒョクが知って、ソンホは自分の気持ちをジュヒョクに言います。「可愛くて、カッコいい、いい人だなと思って…」とソンホが言うと、「誰が誰を好きとか、気持ち悪いとかはない。今はグスルが好きなんだ」とジュヒョクは言います。

 

作品感想

ぽっちゃりでも、自分のあるがままを愛そうという素敵なメッセージ!

スリン役のセッピョルは、2017年に結成された「少女注意報」という5人のガールズグループのメンバーです。制作スタッフは、このドラマを制作するにあたり、ぽっちゃり体型でも自分をありのままに受け入れている女優を探していました。そこでセッピョルが選ばれ、スリンの役作りのために8キロもの増量をしたのです。

ぽっちゃりと言えば、同じくメンバーのユン・ジソンは60キロ越えのぽっちゃりアイドルで有名になったのだそうです。本人は予期せぬことで、「肯定的な反応が有り難い」とコメントしたとか。

ドラマ内で登場するグスルも、同名でこの「少女注意報」のメンバーです。一重まぶたを気にしているというシーンが出てきますが、キム・ゴウンのようで可愛いと思います。

スリンを見ていると、確かに実際にこういう子が居たとして、ドラマの設定のように男の子にモテるかどうかというのは微妙です。しかし、頑張ってダイエットをして外見を取り繕って、友達を蹴落としたり、悪口を言い合ったりしている子より、ぽっちゃりしているくらいのほうが、女の子そのものの可愛さが表れていて、魅力的に見えてくるから、不思議です。

また、ドラマから伝わってくるメッセージ、ポジティブなメッセージが良いなと思いました。人の価値は外見より内面で、他人には悪口を言われるくらいの外見を持っていても、自分で自分を受け入れているから自信を持っていて、堂々としている人は、他人も受け入れる抱擁力が高くて、魅力的だから、男の子にもモテるし、友達ができるというメッセージです。

韓国は日本より競争社会化が激しくなっているらしく、有名人の自殺とかもよく聞きますので、こういう「自分のありのままを受け入れて自分を愛そう」という、このドラマのメッセージは大事だと思いました。ですけど、私はゲイには反対の立場ですので、それは明確にしておきます。

また、「少女注意報」は福祉ドルとも呼ばれていて、社会福祉の団体を訪問して、ボランティア活動を盛んに行なっているグループで有名だそうです。韓国のドラマでは、主人公が孤児とか、孤児院出身という設定がよくありますが、この孤児院は一般的には漢字で保育院と呼ばれていて、ハングルではポユグォン보육원と書きます。最近でも常緑保育院という児童養護施設を訪問したとニュースが出ていました。

韓国の俳優やアイドルたちはよく慈善活動をするみたいですが、有名になったらそれを自分だけのために使わず、社会福祉活動のためにも使う姿勢が素晴らしいと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー