なぜオ・スジェなのか 15話・16話(最終回) あらすじと感想

なぜオ・スジェなのか



なぜオ・スジェなのか  왜 오수재인가 2022年放送 SBS 金土 全16話

daisySSさん

第15話視聴率7.7%

第15話あらすじ

交通事故に遭遇した娘ジェイを抱きしめるとそのまま倒れてしまったオ・スジェ(ソ・ヒョンジン)。娘ジェイの死に強い衝撃を受けたスジェは、力を振り絞って葬儀に出席。チェ・ジュワン(チ・スンヒョン)は、スジェのせいで娘が死んだと、スジェを非難。「飛び出さないよう彼女をしっかりつかまえていれば、、、お前のせいでジェイが死んだ。必ず責任を取らせる」と激怒。

葬儀に姿を見せたスジェと鉢合わせになったチェ・テグク(ホ・ジュノ)は、秘密を守ると交わした約束を忘れるなと、念を押すとスジェの弁護士資格を奪うことで、彼女が再び自分を攻撃することができないよう、懲戒委員会を開く準備を進めます。

ジェイの葬儀の後、姿を消したオ・スジェ。チェ・ユンサン(ベ・インヒョク)から死んだと思っていた娘が生きていたことを知った後、ジェイが交通事故で死亡したことをゴン・チャン(ファン・イニョプ)に伝えます。葬儀のあと姿を消したスジェ、、、ゴン・チャンは彼女が心配になり、探し回る。二人が一緒に行った浜辺でスジェを発見したゴン・チャンは、彼女が海の中に歩いていく姿を目撃すると、必死にとめます。「私のせいで娘が死んだわ。私のせいであなたを傷つけた。すべて私のせいなの」と悲しむスジェ。「教授のせいではないです」と慰めるゴン・チャン。

チェ・デグクから呼び出されたソン・ミリム(イ・ジュウ)は、スジェの弁護士資格を奪う計画であることを聞かされると、驚きます。自分に背き、息子チェ・ジュワンを始め、イ・インスの息子、ハン・ソンボムの息子を攻撃するスジェを許すわけにはいかないと怒りを見せる。

法務部の長官の任命の前、ペク・ジンギ(キム・チャンワン)の聴聞会が開かれる予定。同じ頃、オ・スジェの懲戒委員会も開かれる予定。リーガル・クリニックでは10年前の事件をそれぞれが調べ、、、娘を失ったショックで姿を消していたスジェが現れると、「ありがとう、これからは私が相手するわ」と語り、逃げず立ち向かう姿勢を見せるスジェ。

彼が長官に相応しいか否かを判断するために開かれた聴聞会。証言台に立ったチェ・デグクは、ペク・ジンギがワイロを受け取ったことを暴露します。チェ・テグクが態度をかえてペク・ジンギを攻撃した理由は、10年前の事件の被害者カン・ウンソの父がペク・ジンギだということに気づいたから。また、ユン・セピルがカン・ウソンの恋人だったことまで知り、ハンスバイオの合併も問題視する。

同じころ開かれたスジェの懲戒委員会。委員会のメンバーたちは、チェ・デグクが既に手をまわし、スジェの弁護士資格を奪うことに同意した雰囲気。特に懲戒委員会長を務めるソ・ジュンミョンとスジェは最悪な仲。懲戒委員会を非公式ではなく、公開して進めたいとのスジェの意見が受け入れられます。スジェへの懲戒を述べる懲戒委員会長の言葉に、無言のスジェ。

マスコミではペク・ジンギのワイロ事件に加え、オ・スジェの懲戒委員会の様子まで報道され、世間の注目を集めます。状況からペク・ジンギとオ・スジェを排除することができると判断するチェ・デグクは、念のため、すべての罪をハ室長に背負わせることまで話し合い、彼の望む通りにすべては進むように見えます。

しかし、2回目のスジェの懲戒委員会が開かれ、これまで沈黙をしていたスジェが口を開きます。「パク・ソヨンを殺害したのは、ホン・ソクピルではありません。犯人はTKフォーファーム会長のチェ・デグクです」と発言。

懲戒委員会が非公式ではなく公式に開かれたこと、マスコミの注目を浴びたことから、その様子がテレビ中継される。

第15話感想

チェ・デグクの犯罪を明かすために、オ・スジェをはじめリーガル・クリニックのメンバーたちがどのような計画を立てたのか、まだ明かされることなく、今話のエンディングではパク・ソヨンを殺害したのがチェ・デグクだと発言をし、、、テレビ中継されている中、彼の殺人事件のことをスジェが明かすことになるのでしょうか。

オ・スジェとチェ・デグクはお互いの秘密を明かさないという条件で契約書を交わした後、、、デグクの秘密を明かすことで、スジェは不利な状況に置かれるはず、、、しかし、彼女がチェ・デグクの犯罪を告発した二は、何か対策があるからなのでしょうね。

ハン・ソンボムの邸宅を購入したユン・セピルは、カン・ウンソのものと思われるものを発見し、DNA鑑定を依頼するようで、ここからカン・ウンソのDNAが発見されると、彼女が三人にレイプされたことを証明する第一歩となるのでしょうね。

リーガル・クリニックのメンバーたちが調べたことをパズルのように合わせると、10年前の事件の真相を明かすことができると思えるため、何か逆転を期待する第15話でした。

第16話視聴率10.7%

第16話(最終回)あらすじ

オ・スジェの懲戒委員会が生中継され、「パク・ソヨンを殺害したのはTKローファームのチェ・テグク会長です」と明かすオ・スジェ(ソ・ヒョンジン)。父のオフィスからUSBを持ち出しオ・スジェにその証拠を渡したのはチェ・ユンサン(ベ・インヒョク)でした。

しかし、チェ・テグクの犯罪を証明できる証拠がないとの意見に、パク・ソヨンが亡くなった時の映像が流れ、パク・ソヨンとチェ・テグクが交わした会話の録音まで流れる、、、この証拠を渡したのはチェ・出グクに秘書のハ室長。

息子を亡くしたハ室長は、この世に思い残すことはないと、チェ・テグクへの忠実を誓った人物でしたが、娘を亡くした時の気持ちを正直に伝えるスジェの言葉に、チェ・テグクがすべての罪を自分になすりつけようとする姿に、結局チェ・テグクを裏切った。

息子チェ・ユンサンが証拠をスジェに渡したことを知ったチェ・テグクは、「僕は何も恥じることをしたことがない」と語ると、怒りを見せます。オ・スジェの発言にチェ・ジュワン(チ・スンヒョン)は、過去、スジェがTKローファームに入るためキム・ドングの事件を取り引きしたことを告発。

罪を認めるスジェ、、、ゴン・チャンがキム・ドングとして証言台に立ち、自分が殺人犯になった経緯を説明します。取り調べ中に受けた威圧的な暴力を受けたことを証言し、無実を伝えようとしても自分の話を聞いてくれる人は誰もいなかったと過去を振り返ります。

取り調べ中の暴力があったことを証明され、キム・ドングの事件を担当した検事が、スジェの懲戒委員会の委員長を務めているソ・ジュニョン。

ジョン・ナジョンの事件で見つかった凶器で発見された指紋分析を終えたソン・ミリム。二つの指紋が検出され、一つはジョン・ナジョンのもので、もう一つはチェ・テグクの物だったことが明かされます。チョン・ナジョンを殺害したのも、チェ・テグクだった。息子のチェ・ジュワンは「彼女を殺害したのは、ちちではなく僕と友人たちです」と語る言葉に、スジェがジョン・ナジョンの死亡に関する真実を伝えます。

「何事も起こらなかったと考えなさい」と息子を安心させてあと、ジョン・ナジョンの遺体を遺棄するために運んだ時、彼女が生きていることに気づいたチェ・テグクが、チョン・ナジョンの命を奪い、その様子をハ室長がすべて撮影していたことが明かされる。

妹のチョン・ナジョンを探すために現れたキム・ドングに濡れ衣を着せたことを認め、謝罪するハ室長。これで過去の二つの事件に関する真相を明かしたスジェは、「どんな処分も受け入れます」と語りますが、スジェを処分するため開かれた懲戒委員会は彼女の処分を撤回する。

その頃、ユン・セピルはペク・ジンギ(キム・チャンワン)の娘、カン・ウンソに関する記者会見を開き、ハン・ドンオ、イ・シヒョクとチェ・ジュワンが犯した犯罪を明かします。また、ハンスバイオの買収の件で、ハンスバイオから改ざんされたデータを渡されたことから、賠償金を求められることになる。

父がチョン・ナジョンを殺害したことを知ったチェ・ジュワンはショックが隠せない。これまで殺人を犯したと思い、父の命令通りに背くことなく従っていたことから、チェ・テグクを非難。長男の言葉に、チェ・テグクも動揺する様子を見せます。

「令状が出る」との連絡を受けたチェ・テグクは一人オフィスに残り、スジェに連絡をします。チェ・テグクの様子がおかしいことから、119に通報したスジェ。しかし、チェ・テグクはオフィスで死亡した状態で発見される。

半年後、大学に残り教授を続け、リーガルセンター長を続けるスジェ。雨が降ると、傘を持ったコン・チャンが現れ傘を差し出し、スジェの顔は満面の笑み。。。

第16話(最終回)感想

チェ・テグクはパク・ソヨンだけでなく、チョン・ナジョンまで殺害していたことが明かされました。

事件を再捜査することが決まったと知ると、チェ・テグクは結局、死を選択するエンディングを迎えることになったのは予想外でした。

様々な出来事を体験したスジェが日常の小さな幸せを大切にする普通の生活を送る姿を最後に、ドラマはスジェとゴン・チャンの幸せなエンディングを迎えた!雨の日、一つの傘の下、笑顔を見せるスジェとゴン・チャンの姿がロマンチックにも見え、ホッとしました。

最終話で二つの事件の真相を明かし、スピード感ある展開を続けただけに、全く無駄のないストーリー展開の最終話も、最後まで楽しめたドラマでした。ソ・ヒョンジンの演じる演技が好きな方なら、このドラマも初めから最後まで楽しめます。

純粋に法廷ドラマとしてみた場合でも、登場するキャラクター、事件やストーリーを繰り広げる方法が分かりやすく見やすい作品でした。

オ・スジェとゴン・チャンが幸せになれたのが、ドラマが最もの見どころ!




【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【ボーイフレンド】

●テレビ愛知 (2022/12/8(木)~)月曜~金曜 朝8:15~

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い海の伝説】

●BSJapanext 全26話(2022/12/16から)月~金曜日7:30から 字幕

青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP