どうしたのプンサンさん 19話・20話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

どうしたのプンサンさん  왜그래 풍상씨 全20話(40回) 2019年放送 KBS

第37回視聴率 17.6% 第38回視聴率 20.4%

第19話 あらすじ

ファサンはジョンサンと一緒にプンサンへの肝臓提供を決心するが、ウェサンが意識不明と知りショックを受ける。ジョンサンはシムランとヨンピルに対し、これ以上ウェサンに関わるなと釘を刺す。一方、ジンサンは妹たちへの負い目から雲隠れしてしまう。肝臓移植のため入院したジョンサンとファサンは互いへの正直な思いを話し、手術室へと向かうのだが…。

出典:https://knda.tv/kntv/program/kn190602/

quetalsurinoさんより

第19話 感想

プンサンはジョンサンとファサンから移植を受け、手術は無事に終わります。兄が罪悪感を持つことを恐れた双子の妹たちは、自分たちがドナーになったことを隠し、バラバラだった家族が一つになったようで、残るのは意識が戻らないウェサンに何が起きるかでしょうか、最終話で最も気になることは。。。

赤ちゃんだった頃から、家出した母に代わってウィサンを育てたのはファサンでした。暴力団同士の争いに巻き込まれ意識のない状態のウィサンを見たファサンは、悲しみのあまり涙を流し、これまでウィサンが怪我をして入院中だったことを家族に隠していたジョンサンの意図を疑います。でも、ジョンサンが秘密にした理由は、兄弟たちに心配をかけたくなかったから。。。

プンサンを誤解していたことを知ったファサンは、母ノ・ヤンシムがお金だけ手にして移植手術を拒んだことを知ると、母のせいで兄をこれまで憎んでいたことを後悔し、二度と母とは会わないと誓います。母ヤンシムは肝臓を提供する代わりとして受け取ったお金を返すつもりはなく、最後まで図々しい姿に、最低以外の言葉が思い浮かばない人物でした。これまで振り回されたファサンがかわいそうだけど、母の真の姿に気づいて本当によかったと、安心。

双子だけど、長年溝があったファサンとジョンサンの仲は、兄に肝臓を提供することをきっかけにお互いを理解するようになります。ジョンサンは肝臓を提供する必要がなかったにも拘わらず、妹ファサンだけを犠牲にすることができず、共に手術を受けることになったことを知ったファサンは、ジョンサンを見直すことになりました。お互いを理解しこれまでとは違う姉妹の姿に、感動!病気にはなったけど、これをきっかけでバラバラだった家族が団結する結果につながりました。

病院の中で、弟ウェサンを暴力団に誘った人物を見たプンサンは、嫌な予感がしたのか彼の後を追い、集中治療室にいるウェサンを発見することになりました。泣きながらウェサンの名前を呼ぶプンサン氏!生まれてからずっと親代わりだったプンサンにとっては本当にショックなことでしょうね。ウェサンの側で号泣するファサンの姿に涙が出ましたが、プンサンの涙につられ、再び涙が出たエンディングでした。

流れとしては皆が幸せなエンディングを迎えそうな雰囲気ですが、ウェサンの意識が戻り、回復することになるのでしょうか。結婚を反対されていたジョンサンの義理の母は、ジョンサンが兄に肝臓を移植することを知ると、離婚を要求。兄のために離婚すると断言したジョンサンは、やっと幸せをつかんだので、離婚しないで幸せなエンディングを迎えて欲しいですね。

様々なことがあったけど、温かい展開を迎え、ホッとしました。最終話では皆が笑顔を見せるエンディングで終わって欲しい!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第39回視聴率 20.5% 第40回視聴率 22.7%

第20話 あらすじ

移植手術から回復中のプンサンは、ICUにいるウェサンを見て、ぼう然となる。弟や妹を苦しめたと自分を責めるプンサンをブンシルは必死で慰める。退院したファサンは尽くしてくれたチルボクに一緒になろうと告げる。ファサンからウェサンの通帳を渡されたプンサンがICUに行くと、再びウェサンは心停止を起こす。プンサンたちが見守る中、医師のヨルハンは必死に心肺蘇生を試みる。

出典:https://knda.tv/kntv/program/kn190602/

quetalsurinoさんより

第20話 感想

韓国では、最終話の視聴率が22.7%を記録し、水・木曜日放送枠のドラマの中では注目度は断トツの1位!

集中治療室で意識のない末っ子ウェサンを発見したプンサンが、泣き崩れる姿は本当の兄が弟を心配する場面のようで、悲しい気持ちにさせられました。

でも、ドラマの最終話は、5人兄弟の完璧なハッピーエンド!ウェサンは劇的に意識を取り戻しました!家族向けのホームドラマのエンディングは幸せな結末が多いですが、このドラマは最後まで予想不可能な部分もあり、ハラハラさせられましたが、これ以上を期待できない終わりでした。

プンサンの移植は成功的で、離婚の危機にあったジョンサンの話にはちょっとしたオチがありました。婚姻届けも提出前だったので離婚届けは出せないとの夫ヨルハンの言葉に笑いました。離婚届ではなく婚姻届けを出すことになった二人。

多くの過ちを犯したファサンは彼女を大切に思うチルボクの気持ちを受け入れ、ウェサンへの片想いで妊娠し出産したシムランは、ウェサンへの気持ちを断念し、生まれた息子はウェサンが引き取ることになり、ウェサンの息子をファサンが育てることになります。

めちゃめちゃな人生を送っていたウェサンは、プンサンと共に自動車修理工場で真面目に働くことになり、肝臓をプンサンに提供できなかったジンサンは罪悪感から姿を消しましたが、プンサンは諦めず探し出し、兄弟は揃うことに!

3年後の家族の様子が描かれ、皆の顔には笑顔が!兄弟が多いと、あんな感じに色々なことがあるんでしょうね。血を分けた兄弟だから、こじれる時には半端なくこじれ、憎しみや悲しみも家族だからこと、他人とは違う感じ方をするんだ、と思いました。

核家族化が進み兄妹も少なく、子育てを放棄し浮気の末、家を出た母と妻の浮気を苦しみ、子供たちを捨てた父・・・、両親に代わって必死に兄弟の面倒を見続けた長男プンサンの人生は、辛いことの繰り返しのようでした。病気になっても、自分を優先することなく、兄弟や家族を優先させるプンサンに、もっと自分の人生を生きて欲しいと感情移入したこともあります。

もしも自分が同じ状況に置かれていたプンサンの立場だったら・・・と考えると、最近では珍しい家族のために自分を犠牲にしたプンサンのようにはなれなさそうで、ドラマを通じて感じるものが多かったです。初めは、トラブル続きで全く先の見えないプンサンの家族の様子に、否定的な視線でドラマをみていましたが、気が付けば最終話まで観ていたので、自分が思っていた以上にドラマを楽しんでいたみたいです。

迷惑をかけすぎる家族って、成人しているのなら、厳しい言い方かもしれませんが、切り捨ててもよさそうだと思いますが、最後まで兄弟や家族をおもうプンサンの姿にじんわりとした感動がありました。ユン・ジュンサンの演じるプンサンがよかったです。

 

どうしたのプンサンさん 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー