ただ愛する仲 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ただ愛する仲 그냥사랑하는사이 全16話

第13話視聴率 1.263%

amijkさんの感想より

 

第13話あらすじ

バイオタウンの建設現場でムンスがガンドゥと一緒にいるのを見てショックを受けたムンスの母。夫を訪ねていき、言い争いになります。

うどん屋の前で偶然会ったジュウォンの様子を見て放っておけなかったガンドゥ。一杯飲もうと誘います。ムンスのどこが好きなのかをお互いに告白します。

チョン理事から会社の役に立つ相手とのお見合いを言いつけられたユジンは、ジュウォンにどう思うかを聞きますが、ジュウォンは冷たい返事をするだけでした。

ガンドゥが飲んでいる薬について調べたジェヨンは、肝臓損傷の可能性があり、肝臓の病歴がある患者には処方されない薬であることを知ります。ガンドゥのカルテを調べると事故で肝臓に外傷を負っていたことがわかります。

お見合いの途中で席を立ったユジンはジュウォンのところに向かいます。ただかわいそうな女だと思って抱きしめてくれと懇願するユジンを抱きしめるジュウォン。

ガンドゥとのデートから帰宅したムンスは、母から仕事のことやガンドゥのことを秘密にしていたことで責められます。事故当時の話になり、ムンスもやりきれない思いを母にぶちまけ、家を飛び出します。父を母のもとに行かせ、うどん屋の前で1人でいるムンスの前にガンドゥが駆けつけます。事故がなかったらどうなっていたかを想像する二人。ガンドゥは「俺たちはもっと一生懸命、だれよりも幸せにならないといけない」とムンスの手を握ります。

第13話感想

ムンスはガンドゥとの仲は順調で幸せいっぱいなのですが、事故の悲しみから立ち直れない母とはぶつかってしまいます。ムンスの父と母の言い争いはあまりにも悲しかったです。同じ辛い経験をしても、その悲しみ方は家族といってもそれぞれなのだと感じました。

どこまでも冷たいジュウォンの態度に、ユジンが見せた悲しい表情が印象的でした。ジュウォンはユジンに「お前が失ったものは何なんだ」と言っていましたが、二人の別れの経緯が気になりました。回想シーンでは、二人が大学で出会ったころが描かれました。ジュウォンのほうから近寄っていったんですね。

ワンジンのエピソードでは、ワンジンはオートバイ事故で入院中にムンスと知り合ったことがわかりました。そしてビルのオーナーであることも判明。ワンジンとジニョンのカップルもうまくいきそうな気配です。
チョン理事とマリが一緒にいるところを見てガンドゥがかなり心配していました。マリもチョン理事が好きな様子。渡り鳥についての知識を嬉しそうにマリに話すチョン理事の姿がかわいかったです。

ガンドゥは「誰よりも幸せにならなきゃ」とやっと決心できたようです。ムンスと支えあって幸せになってほしいところですが、健康状態が気になります。

【豆情報】特別出演 オ・ミンソク ユジンのお見合い相手 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


第14話視聴率 1.686%

amijkさんの感想より

 

第14話あらすじ

一夜を過ごし先に部屋を出て行こうとするジュウォンに、「ありがとう」と呟くユジン。

ムンスは事故で死んだソンジェの家を訪ねます。まるでソンジェが生きているかのように「今、いないけど」と答える母親に、何も言えません。その話を聞いたガンドゥは、自分も死んだ人が生きていると錯覚するときがある、声が聞こえると話します。ムンスもまた、ヨンスが目の前で死ぬ夢を見ることを打ち明けます。

前日、母親と言い争って家を出てきたムンスに、今日は帰れと言うガンドゥ。自分は母親を避けたことをとても後悔している、ムンスはお母さんの隣にくっついているようにとアドバイスします。そんなガンドゥを見送りながらムンスは、「私より辛い人が慰めてくれる。じゃあ、あなたは?」と心の中で問いかけます。

ガンドゥを病院に呼び出し、血液検査をするジェヨン。

工事現場から何らかの骨が発見され、調査するかどうかで混乱が生じます。関わることを避けようとするジュウォン。ガンドゥと話をしたユジンが適切な対処をします。

ムンスと一緒に訪れた遺族の家が、がれきの中で一緒に過ごし死んでいった同じ中学の先輩ソンジェの家であることに気づくガンドゥ。ソンジェがムンスの初恋の人だと知り衝撃を受けます。

一方ムンスも、ガンドゥの部屋でソンジェにプレゼントしたストラップがついた携帯を見つけ取り乱します。様子のおかしいムンスを見て不安になったガンドゥは「愛してる。いま言わないといけない気がして」と抱きしめます。

第14話感想

「昨日のことは昨日のこと」と約束通り表面上はクールに振る舞うユジンに対し、ジュウォンのほうはユジンを意識し出した様子でした。そして、ジュウォンの弱い面が表れていた回でした。工事現場で発見された骨の処理をめぐって逃げ腰になっていたのにはちょっとビックリ。それを極力、どの方面にも影響が最小限ですむように処理したユジンの有能な仕事ぶりがカッコ良かったです。

マリはチョン理事の妻に、もうやめてくれとクギをさされてチョン理事との関係をやめることを決意。「仲のいい夫婦ではないけれど、黙って見ていることはできない」と言っていた奥さん、すごくしっかりした人でした。でもチョン理事、マリと会えなくなったら荒れてしまいそうでちょっと心配です。この奥さん役のイム・ソンオン、どこかで見たと思ったら「お願い、キャプテン」でク・ヘソンの同期のパイロット役を演じていた女優さんでした。

ガンドゥと付き合う前はしっかり者という感じだったムンスが、すっかりガンドゥに頼るようになりました。ガンドゥも守る存在ができて嬉しそうです。今も声が聞こえて苦しんでいるソンジェがムンスの初恋の人であることがわかりましたが、二人の間でどんなふうに話が交わされるのか気になります。

ただ愛する仲 15話・16話(最終回) あらすじと感想

ただ愛する仲 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー