ただ愛する仲 全話あらすじと感想 キャスト相関図 視聴率

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【日本放送】
●TBSチャンネル1(2019/12/2から)月~金曜日20:30から2話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2019/10/15から)17:30から4話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2019/6/24から)月~金曜日深夜25:10から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】 2017年12月11日~(月・火ドラマ)

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

ただ愛する仲  그냥사랑하는사이 全16話
2017年放送 JTBC
平均視聴率 1.75% 시청률 最低視聴率第13回1.263% 最高視聴率第1話 2.409%
 
JTBC ただ愛する仲  그냥사랑하는사이
あらすじ

ワイルドだがしっかりとした若者ガンドゥ(ジュノ) と、傷を隠したまま平凡な日常を夢見る建築モデラーのムンス(ウォン・ジナ) が惹かれ合い、互いに染まっていく二人の熾烈な恋を描いた感性ラブストーリー。

ムンス役のウォン・ジナは120倍の倍率を勝ち抜いて主演に抜擢。

サッカー選手を夢見てきたガンドゥは、突然の事故で父を失い、怪我した足によって夢も消えてしまった。頼りになるコネも、学力も、特別な技能もないガンドゥは自然に路地裏で生活することになり、ただ耐える人生を生きて行く。しかし自分とは違い、痛みを隠したまま日常を懸命に生きるムンスに出会い、ガンドゥは少しずつ変わっていく。

ホームドラマチャンネル ただ愛する仲
 
キャスト

ジュノ(2PM):イ・ガンドゥ役 どん底の人生を生きる、荒々しいが強い裏路地の若者。突然の事故でカンドゥは3ヶ月を超える昏睡状態から奇跡のように目が覚めた。そして、ずっと3年を、痛めた右脚に鉄心を打ち込んでリハビリ治療を受けのに病院で過ごすことになる。

ウォン・ジナ:ハ・ムンス役 平凡な日常を夢見る建築モデラー 建築模型士

イ・ギウ:ソ・ジュウォン役 外見、実力、人格、何一つ欠けていない優しい建築事務所所長 建築設計士だった父、大学は建築工学科へ。大学で1年先輩であるユージンに会って、それこそ一目惚れ。

カン・ハンナ:チョン・ユジン役  ジュウォンの元恋人、チョンユ建設対外協力チーム長。卒業後、様々な大規模なプロジェクトに参加し名前を馳せたカリスマあふれる建築士。現在は、ジュウォンの建築事務所に外注を任せたチョンユ建設の対外協力チーム長。

イ・ガンドゥの周辺人物

キム・ヘジュン  イ・ジェヨン ガンドゥの妹、大学病院インターン 医学部に入学して、より困難に耐え、今ではインターンとなった。

ユン・セア  マリ  ガンドゥの姉的存在。クラブのマダムを任されている。

キム・ガンヒョン  アン・サンマン ガンドゥの弟分、旅館の清掃係

パク・ミョンシン   サンマンの母、ガンドゥが居候する旅館の女将

ナ・ムニ  チョン・スッキ ガンドゥの祖母的存在、薬屋のおばあさん。カンドゥに不法に麻薬性鎮痛剤を売る。

 

ムンスの周辺人物

ユン・ユソン ユンホク役 ハ・ムンスの母 美容師、銭湯運営

アン・ネサン ハ・ドンチョル役 ハ・ムンスの父 麺の店を運営中。

ハ・ソジン ハ・ヨンス役 ハ・ムンスの妹

パク・ヒボン  キム・ワンジン  ムンスの友人、病院で会った間柄。ウェブ漫画家、車椅子

キム・ナムジン    ユン・オクの店の従業員 若い頃ユン・オクの美容室アシスタントとして親交を積んだ長い縁である。

 

その他の人物

ナム・ギエ   ジュウォンの母

テ・イノ チョン・ユテク役 チョンユ建設、ユジンの兄

パク・ギュヨン  ソミ ソウォン建築事務所の社員 専門学校を卒業してすぐ事務所にWebデザイナー担当として入社。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/cast/pr10010514

スタッフ /演出:キム・ジンウォン、脚本家:ユ・ボラ
コメントにて随時感想募集中です。

話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●以下話数ごとのあらすじと感想

amijkさんの感想より

●BS11は24話での放送です、オリジナルは16話ですので1・2話分がBS11の1・2・3話分の目安となります。

ただ愛する仲 1話・2話 あらすじと感想 ジュノ (2PM):イ・ガンドゥ役 1~3
ただ愛する仲 3話・4話 あらすじと感想 ウォン・ジナ ハ・ムンス役 4~6
ただ愛する仲 5話・6話 あらすじと感想 7~9
ただ愛する仲 7話・8話 あらすじと感想 10~12
ただ愛する仲 9話・10話 あらすじと感想 13~15
ただ愛する仲 11話・12話 あらすじと感想 16~18
ただ愛する仲 13話・14話 あらすじと感想 19~21
ただ愛する仲 15話・16話(最終回) あらすじと感想 22~24

以下作品感想

amijkさんの感想より

●ショッピングモールの崩壊事故を経験した男女と、その周辺の人たちのストーリー。

「記憶~愛する人へ~」「キム課長」での演技がとても魅力的だったイ・ジュノ(2PM)と、新人のウォン・ジナが主演しています。過去に韓国で実際に起こった事故を想起させるタイトルバックが印象的で「悲惨な事故を風化させてはいけない」というメッセージも込められていると感じました。

毎回、事故当時の回想シーンが織り交ぜられているのですが事故当時のガンドゥ役で「記憶~愛する人へ~」で主人公の息子役を演じていたナム・ダルムが出演しています。ジュノが演じるガンドゥとともに、ナム・ダルムのガンドゥも、ドラマの中でかなり存在感がありました。

ムンスとガンドゥの家族や周辺人物がそれぞれ個性溢れるキャラクターなのも魅力です。その中でも薬売りのおばあさん(ナ・ムニ)は特にインパクトがあって、彼女がガンドゥに話す人生訓にはじーんとするものが多かったです。そのほか、事故を起こした建設会社の娘ユジン(カン・ハンナ)や、クラブのママをしているマリ(ユン・セア)にも興味をひかれました。このドラマでは登場人物を単に強者弱者、加害者と被害者として描くのではなく、どの立場の人にもそれぞれの事情があることが描かれていたのも良かったです。

雰囲気としては明るく楽しいドラマではないのですが、辛く悲惨な体験をしてそれでも続いていく暮らしの中で、それぞれがその人なりに辛さを抱えつつ生きて、時には楽しいことも嬉しいこともあって暮らしている姿に救いを感じました。ガンドゥの周りの人たちが、家族ではないながらもお互いを思いやってつながっているところもいいなぁと思いました。入院したおばあさんの病室に集まったガンドゥたちが、実の子どもや孫だと勘違いされるところは心温まるシーンです。このドラマは見る人によって感想が分かれたり興味を持つ部分が違うのではないかと思うので、他の人がどう感じたのか聞いてみたくなりました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー