Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ただ、一つだけの愛 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 キム・ボミ クム・二ナ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ただ、一つだけの愛  단, 하나의 사랑 全32回(16話)

第13回 視聴率 6.3% 第14回 視聴率 7.3%

quetalsurinoさんより

第13回・第14回 あらすじ

イ・ヨンソ(シン・ヘソン)とキム・ダン(キム・ミョンス)の親密な姿に嫉妬したチ・ガンウ(イ・ドンゴン)は、ダンともみ合い川に転落。意識を失っていくダンは、ある少年を思い浮かべ。救急隊員に救出されたダンが意識を取り戻すと、もう一人川に転落した人がいると伝えます。しかし、一緒に川に落ちたはずのチ・ガンウは平然とその場を立ち去る姿を、不思議な気持ちになるダン。

病院に入院しているダンを訪ねたガンウは、ヨンソの側から離れるよう脅し、ダンはヨンソへの気持ちを告白します。ヨンソが幸せになるまでは彼女の側を守ると語り。退院したダンはヨンソが幸せそうにバレエの練習をしている姿を見ると「キレイ」と彼女を励まし、ダンが気になるヨンソは、側にいるダンを複雑な気持ちで見つめます。

チェ・ヨンジャ(ト・ジウォン)から、ファンタジアバレエ団から身を引くことを要求されたヨンソは、精神面で異常がないことをアピールするため、スポンサーが集まっている会議室に向かい、丁寧にお詫びをすると、予定されている公演を失敗したらファンタジアから身を引くことを約束します。これまで謝罪などすることのなかったヨンソの態度に、彼女にチャンスを与えることになると、チャン・ヨンジャは再び計画が失敗したことに苛立ち・・・何があってもバレエ団を手に入れようとするヨンジャの姿に、必ず公演を成功させることを誓い。。。

しかし、プリマドンナとしてヨンソが復帰することに不満を持ったバレエ団のダンサーたちが、練習をボイコットし、ガンウはバレエ団のダンサーを全員首にすると怒りをあらわにすると、ヨンソはダンサーたちと話し合うため、彼がいる場所に向かいます。

老人ホームでボランティア活動をしているバレエ団に加わり、ヨンソもボランティアに参加。もくもくと働くヨンソの姿と、予定してる公演ジゼルの主人公役を掛けてテストに応じることにしたヨンソ。その姿に心を動かしたバレエ団の仲間たち。

一方、少年の記憶から自由になれないダンは、先輩天使のフに人間が天使になるケースがあるのかを尋ね、落ち着かない姿に、言葉で理解ができないようだからと、とある場所にダンを連れて行きます。

そこは、ヨンソがボランティアをした老人ホーム。老夫婦を発見すると、「天使ノエルは主の審判を受けよう」と語ると、天使が消滅します。天使ノエルが消えた後、泣き崩れるおばあちゃんの姿に、ヨンソをかさねたダンは、強いショックを受けた様子。

屋敷に戻ったダンは・・・朝食を準備するヨンソの前にくると、真剣な表情で伝えたい話しがあると語り、ドキドキする表情を見せるヨンソ。。。

第13回・第14回 感想

ハラハラ、ドキドキ、切ない・・・

消滅させられた天使を目の前で目撃したダンは、天使には人間との恋が許されていないことを実感。もしも自分が消滅させられた後、一人残されるヨンソを心配すると、「秘書を辞めます。この家から出ていきたいです」と語り、別れを申し出ます。

残されるヨンソが心配なのか、消滅することが心配なのか、ダンの気持ちはどちら?と悩みましたが、気持ちをあきらめられる段階で彼女の側から去ろうとしたというよりも、ヨンソを悲しめたくないために、こう以上気持ちが大きくなる前に、距離を置こうとするように感じました。

幸せなヨンソが見たいと語っていたダンなのに、このまま二人が別れてしまうことになるって寂しいですね。本当にダンはヨンソのもとから離れることになるのでしょうか。

ガンウはダンが天使であることに気づきました。先輩天使フが神父としている教会を訪れたガンウは、フに、「人間に正体がバレてしまった天使の身に何が起こるのでしょうか」と質問すると、教会でする質問としては相応しくないと指摘・・・、以前、ガンウの顔を確認したフの表情が険しくなったように見えたことがありますが、今話では、ガンウが天使であることに気づいていない様子でした。それともガンウの存在に気づいていることを隠しているだけなのか、今後の話の展開に先輩天使フに隠された役割がありそうですね。

これまで困ったダンを助けてきた先輩天使フが、人間を愛した天使の最後をダンにわざと見せた理由は、本来の天使としてのミッションを終え天国に戻ることを望むからだと思いますが、少年の記憶を持つダンはもしかして天使になる前に人間だった可能性も捨てられず、ヨンソが少女時代に出会った少年が誰なのか、気になります。

お互いへの気持ちに気づき、ヨンソが幸せになるために側にいると、一人ぼっちではないと、彼女が自殺を図ろうとした橋で、気持ちを語っていたダンに感動したばかりなのに、二人のロマンスは乗り越えるべき障害物が大きすぎて、恋することは胸がときめくだけではなく、ツンツンと痛むものだと気づいたダン。

本格的なラブラブな二人が見られることを期待していたので、突然のダンの別れの言葉に。。。二人のロマンスが向かう方向は??

キム・ダンはドキドキするほど可愛かったです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第15回 視聴率 7.0% 第16回 視聴率 7.8%

quetalsurinoさんより

第15回・第16回 あらすじ

キム・ダン(キム・ミョンス)との朝食を準備中のイ・ヨンソ(シン・ヘソン)は、理由も明かさず秘書を辞め、屋敷から出たいとのダンの言葉に・・・、ダンの気持ちに気づいた後だっただけに、強いショックを受けます。

「今すぐ出ていきなさい」の冷たい言葉に、ダンはそのまま屋敷を出て、涙を流す。。。

 

公演予定の主人公ジゼル役を決めるオーディオが開かれることになり、ウンソをはじめ、クム・ニナ(キム・ボミ)などのファンタジアバレエ団のダンサーオーディオに参加することになります。チェ・ヨンジャ(ト・ジウォン)は、審査員からチ・ガンウ(イ・ドンゴン)を排除しようとする計画を立てますが、チ・ガンウの提案でバレエ団員の投票で審査することが決まり。チ・ガンウが演出することになる新しいジゼルのコンセプトはこれまで解釈されてきた古典的なものではなく、現代的な新たな解釈をベースにした公演になる。

執事のチョン・ユミ(ウ・ヒジン)は、パク・グァンイル室長から、過去ウンソが角膜移植を邪魔した資料等を受け取ることになっていた日。二人に接近してきた男に書類が入ったバックを奪われてしまいます。その中に入っていた告発のための資料は、チェ・ヨンジャの娘で長女のクム・ルナ(キル・ウネ)が持っていた!

ダンが心配になったヨンソは、履歴書に書かれていたダンの住所を訪れます。書かれていた住所は聖堂。現れたヨンソに、ダンはもういないと捜さないよう忠告する神父(天使のフ)。帰り道、ダンとの思い出の場所へ向かうと、一人ダンへの気持ちを語ります。

屋敷を出た後もウンソを心配していたダンは、隠れてヨンソを見守る中、彼女の気持ちを確認すると、彼女の前に姿を現し。。。対等ではない関係に怖くなって逃げたことを認め、一人でも立派に前に進めるはずだと、二人の関係に未来がないことを冷たく伝え、別れを告げ立ち去ろうとした時、ダンの後ろ姿が見たくないヨンソが先に立ち去ります。

自分の目の前で消滅させられた天使を目撃したダンは、残されたおばあちゃんから天使ノエルに関して聞かされ、二人が一緒に過ごした時間が1年ほどだったことを知り、その後、おばあちゃんの死を見守ります。人間の死と天使の消滅を経験したダンは、彼が夢でみた少年の存在を確かめるため、島にある青い玄関の家を訪ねます。

夢で見た少年が自分の過去だったことに気づいたダンは、夢に登場する少女の名前がヨンソだと知り。。。

第15回・第16回 感想

天使になる前、ダンは人間でした。名前は、ユ・ソンウ!

最後のシーンで、少年だった頃の記憶をたどって灯台に向かったダンの目の前にヨンソが現れました。本物のヨンソ?それともダンの想像?

少年の記憶の中に登場した少女は、ヨンソでした。雨の日は必ず、父?から暴力を受けていた少年ソンウは、そのあとは傷を隠すため、家に引きこもっていました。バレエのためロシアに留学することになったヨンソが、最後のお別れの言葉を伝えに彼を訪れた日も、傷を隠すため玄関を開けなかった。彼女が残していった箱を開けた後、彼女を追う姿が描かれました。

その後、ビーチで踊る少女の姿と、その姿に感動する少年の姿が登場しましたが、これは以前、登場したのと同じシーンなので、ヨンソが天使になったダンと出会った理由には、過去が関係していることを意味しそうです。

ダンがウンソの秘書を辞めたことを知ったチ・ガンウ(イ・ドンゴン)は、聖堂に現れますが、ダンの姿はなく、既にダンが天使だと知りながらも、先輩天使フを相手に正体を確認しようとするシーンでの、ガンウの態度から強い怒りを感じました。その後、彼が望むジゼル像も、彼の怒りを感じさせるものでしたね。

ヨンソのバレリーナとしての姿は、長身で細いからか、ラインが本当にキレイでした。ライバルのクム・ニナを演じるキム・ボミは実際に大学でダンスを専攻しています。「ソウルバレエシアター」のバレエ団が出演していますが、代表的な公演作品としてジゼルも有名で、バレエシーンも楽しみになります。

亡くなったチョ秘書の死に、娘クム・ルナが関わっていることを知った母、ヨンジャはそのことを確かめることができず、なぜかルナを恐れているように見えました。あと、クム・ルナが登場する度に流れる呪文のような言葉、あれは何を意味するのでしょう。

ダンとヨンソのストーリーに切ない気持ちになった今話、ただ、ドラマの進行が遅い気がしました。ヨンソとダンの過去が少しは明らかになりましたが、果たして二人の恋はハッピーエンドを迎えることになるのでしょうか。

少年ユ・ソンウが何故天使になったのか、今後明らかになる内容が、暗そうで。。。はがゆい気持ちになります。

キム・ボミ 김보미 クム・二ナ役
出典:http://program.kbs.co.kr/
生年月日: 1987年5月15日身 長:162cmデビュー:2008年SBSドラマ’風の絵師’
あなたが憎い!ジュリエット (2019/WEB) イ・ヨンジュ 芸術大学演劇映画科演技専攻3年、ナラの友人
契約主夫殿オ・ジャクトゥ(2018/MBC) パン・ジョンミ ヨンミンの妹、スンジュの部下
マンツーマン(2017/JTBC) バク・ソンイ ドハの友人、ルームメイト
名もなき英雄(ヒーロー) (2016/OCN)ソミ ジョンヨンの友人、カフェ店主
風の絵師(2008/SBS)マンニョン チョンヒャンの付人他多数

 

ただ、一つだけの愛 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 ト・ジウォン チェ・ヨンジャ役

 

ただ、一つだけの愛 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー