ただ、一つだけの愛 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 シン・ヘソン イ・ヨンソ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ただ、一つだけの愛  단, 하나의 사랑 全32回(16話)

第1回 視聴率 7.3% 第2回 視聴率 9.2%

quetalsurinoさんより

第1回・第2回 あらすじ

バレエの公演中、落ちてきた照明のガラスの破片に目を傷つける悪夢にうなされたイ・ヨンソ(シン・ヘソン)は、ベッドから出ると浴室に向かいます。しかし、何かにぶつかりつまずくと悲鳴をあげ・・・。大きな屋敷に住むイ・ヨンソ(シン・ヘソン)は、出勤した執事チョン・ユミ(ウ・ヒジン)に届いた郵便物を渡されます。指でなぞり内容を確認したヨンソは、ファンタジアバレエ団からおくられた特別公演の招待状だと知ります。

角膜移植を待つヨンソは、移植が受けられなくなった知らせを聞くと、盲導犬を連れて一人で出かけ、辛い現実に泣きそうになります。一方、臨時で地上に発見された天使、キム・ダン(キム・ミョンス)は任された任務を終え、1日後には天国に戻る予定のなか、ヨンソと一緒に居た盲導犬がキム・ダンに気づき走り出します。

公園のベンチで出会ったヨンソと天使のキム・ダン。しかし、ダンにはヨンソが見えるけど、人間の目に天使の姿が見えるはずがないのに、横に座っているダンに気づくヨンソに驚く…ダン!目は見えないけど気配を感じ声まで聞こえると語るヨンソは、ダンに近づくと彼の香りを確認します。その際、天使の印であるスカーフが落ちて。。。

あとからスカーフがなくなっていることに気づいたダンは、ヨンソと出会った公園に向かいますが、ダンのスカーフは既にヨンソによって拾われていたことに気づくと、彼女の屋敷に忍び込みます。スカーフを握ったヨンソの手から持ち出すことができず、スカーフを回収することに失敗したダンは、翌日、スカーフを取り戻すことためにヨンソの側に再び現れます。

その日は、ファンタジアバレエ団の特別公演が行われる日、遠縁の親戚でヨンソの事故の後、ファンタジアバレエ団の臨時団長を務めるチェ・ヨンジャ(ト・ジウォン)は、ヨンソが出席したことに驚きながらも嬉しそうに嘘笑い。バレエ団を自分のものにするための野望を持つ人物で、目をケガして3年間、ヨンソの移植を度々妨害してきたのはチェ・ヨンジャでした。ヨンソの側で親代わりを務めたチョウ秘書(チャン・ヒョンソン)はそのことに気づき、チェ・ヨンジャを責め立てる。

バレエ公演の後、チョウ秘書が運転する車で屋敷に戻るヨンソは、目が見えない自分に置かれた辛い現実に苛立ちを見せます。その時、ヨンソに勇気を与えようとしていたチョウ秘書は、車のブレーキが効かないことに気づき・・・その後、事故を起こして意識のないチョウ秘書と、血まみれになったヨンソの姿を発見したのは、通りがかりの天使キム・ダン(キム・ミョンス)でした。

スカーフは既に返され、あと少しで天使としての任務を終え、天国に戻ることができるはずで、12時を知らせる鐘の音が鳴った時、「助けてください」と聞こえてくるヨンソの声。

ダンは・・・

第3回・第4回 感想

胸キュン!!!

ドラマの内容よりも、眼が喜ぶほど美しい天使キム・ダン!

ファンタジードラマが好きで、ロマンスドラマが好きなら、このドラマは絶対に好きにならない理由が探せないほど、第1話からドキドキさせられ、最後のシーンは個人的には最高でした。

バレリーナと天使って、どこかで見たような気がするけど、韓国ドラマでは主人公がバレリーナってこれまでなかったのではないでしょうか。偶然2度すれ違うことになった二人ですが、人間の目には見えない存在の天使にプラス、主人公のヨンソは目が見えない設定。

天使のダンからすると2度目の再会時、存在に気づかれるはずがないのに、ヨンソには彼の声が聞こえているようで、ダンのスカーフを返すシーンも、彼が側にいることに気づいているような気がして、バレエをできなくなって以来、心を閉ざしたヨンソと何事にも楽観的な天使とのストーリーにワクワクさせられます。

シン・ヘソンが演じるイ・ヨンソは幼い頃両親を亡くした資産家の令嬢、その上、バレリーナとしての才能まで、4年前に放送された「ああ、私の幽霊様」に出演した際も、バレリーナ役を演じていましたが、長身でスレンダーなのでラインが綺麗に表現できそうで、役ともすごく合っていて、役にはまりそう。意地悪な役も上手に演じられそうだと思っていましたが、嫌みのないわがままお嬢様役も上手で、魅力的な女優です。登場するバレエの作品は、誰もが知る「白鳥の湖」でした。

ヒロインも魅力的だけど、このドラマの最高の魅力といえば、キム・ミョンスが演じる天使のキム・ダン!アイドルグループINFINITE(インフィニット)で「エル」として活動しているのが、キム・ミョンスです。アイドル出身の俳優では、D.O(ト・ギョンス)やドラマ「王は愛する」で高麗の王子を演じたイム・シワンなどが真っ先に思い浮かびますが、2012年放送された「美男(イケメン)バンド~君に届けるピュアヒート~」で主人公を演じて以来、俳優として活躍中なので、アイドルグループに興味がなくても、韓国ドラマが好きな方ならキム・ミョンスを見たことあるはずです。

忘れていたキム・ミョンスの持つイケメン度の高さを再確認した感じがして、早くも私の中では2019年上半期を代表する作品になりそうな予感がします。ロマンスドラマって、既に同じような内容がありそうとか、設定がありそうとか、全く関係がなく、主人公たちのロマンスにときめくかが大切で、このドキドキ感は本当に久々な感覚!これまでドキドキしたラブコメはあったけど、最も熱狂した作品がコン・ユ主演の「トッケビ~君がくれた愛しい日々」だったことを考えると・・・。

地上での動物の守護天使としての任務を終え、戻る時間が迫る中、事故にあったヨンソを天使キム・ダンが助けることになるのでしょうか。事故が起きあと車が傾き、転落した瞬間、時間をとめたキム・ダン。天使の羽をひらいてヨンソを見つめるダンの姿が、美しい!

チ・ガンウを演じるイ・ドンゴンの姿が短く映りますが、イ・ドンゴンもカッコよかったです。

【豆知識】登場するバレエの公演は、「ソウルバレエシアター」のバレエ団が出演。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第3回 視聴率 6.6% 第4回 視聴率 8.6%

quetalsurinoさんより

第3回・第4回 あらすじ

キム・ダン(キム・ミョンス)はすべての任務を終え天国に戻るだけ。。。しかし、イ・ヨンソ(シン・ヘソン)が乗った車が事故にあい、絶壁に落ちるのを見ていたダンは、禁止されている人間の人生・運命に関与することになると知りながらも、大きな白い羽を広げた天使、キム・ダン(キム・ミョンス)・・・は車からヨンソを助け出します。

規則を破くことと知りながらも。。。ダンの先輩で大天使のフ(キム・イングォン)は、忠告したにも拘わらず人間の生死に手を出してしまったダンに、罰として消滅する危険に立たされていることを、聞かされます。聖堂に入ると、罰を受ける準備の出来ているダン。しかし、ダンは消滅することなく、100日間の新たな任務を任されます。これまでダンに救われた動物たちや人間の強い要望で、最後のチャンスが与えられたダンは、人間となって「ある」ミッションを成功させる必要があります。

そのミッションとは恋のキューピットなることで、恋に落ちるよう導くべき人間は、、、イ・ヨンソ(シン・ヘソン)。ヨンソに恋を刺せるのが新たなミッションとなります。

ダンのおかげで命が助かったヨンソは、チ・ガンウ(イ・ドンゴン)によって病院に運ばれ、視力までと戻すことになります。亡くなったチョウ秘書は死亡し、彼の角膜を移植したヨンソは目が見えるようになります。チョウ秘書が亡くなったことを知ったヨンソは酷いショックを受け、彼の葬式を確認すると、明るく笑うヨンソの姿が再び見たいと語っていた彼を思い浮かべ深い悲しみに落ちます。 

その足で、タクシーに乗って屋敷に戻ったヨンソは、両親との思い出の映像を観ながら両親や家族と同じほど近い存在だったチョウ秘書の死を受け入れると、泣き叫びます。両親がなくなって以来は、彼女に取って父のような存在だったチョウ秘書の死を受け入れられないヨンソは、トラウマから歩けなくなり。。。ダンは、よりによって気難しいヨンソのキューピットになることにためらいます。しかし、やるしかない!

一方、海外のバレエ団最年少芸術監督出身のチ・ガンウ(イ・ドンゴン)は、ファンタジアバレエ団の絵医術演出監督を務めることになり、バレエ団員を集めると、「白鳥の湖」を再び公演することを明かし、ヨンソをプリマとして迎えることを伝えます。ざわめく団員とバレリーナとしてのプライドが傷ついたクム・ニナ(キム・ボミ)。しかし、チェ・ヨンジャ(ト・ジウォン)と副団長のクム・ルナ(キル・ウネ)の反対にぶつかります。

チョウ秘書の死後、ダンを側でサポートできる秘書をさがしますが、ヨンソの評判が悪く、応募する数が少ない中、後戻りできないダンが秘書に応募し面接を受けることになります。ダンとの面接で刺激を受けたのか、ヨンソが突然歩き出し、ダンはわがままなヨンソの秘書として採用されます。

ご機嫌ななめのヨンソは、ダンに掃除をさせ、ダンは雨の中、落ちた花びらを一生懸命に集め居ていると、突然隠れていた羽が開き、動揺しているとヨンソからの電話を受けます。連絡を受けてすぐに表れないダンに腹を立たせたヨンソは彼の部屋に向かいます。

その時、強い風が吹き、窓ガラスが割れる。。。過去、バレエの公演中に目をケガしたことを思い出すと不安な表情を浮かべ、天井のシャンデリアが今にも落ちそうな状況。。。恐怖のあまり動けないヨンソを落ちてきたシャンデリアから守ったのは、天使の姿をしたダンでした。

第3回・第4回 感想

キム・ミョンスがカッコいい!特に羽を広げた天使姿が完璧!

なぜ羽がひらいたのかは謎だけど、ヨンソが困った時に彼女を助けるのは、人間になったダン!ヨンソにとっては守護天使のような存在ですね。

しかし、天使の羽で守られたヨンソは、ダンの本当の姿を見てしまいます!!大丈夫なのでしょうか。ヨンソに恋を刺せようとするダンですが、ヨンソが恋する相手として決まっているのは、もしかしてチ・ガンウ(イ・ドンゴン)なのでしょうか。

「スケッチ~神が予告した未来」や前作の「輝く星のターミナル」では固いイメージの演技が続きましたが、このドラマでは肌もピカピカ、ツルツルでキム・ミョンスとは比較できない大人の魅力があって、イ・ドンゴンもイケメン過ぎて、キム・ダンとチ・ガンウのどちらを応援すべきか、悩みます。ここまで両方ともカッコいい、かなり悩ましいと三角関係となりそうです。

ヨンソにバレエを復帰させる説得のため、屋敷を訪れたチ・ガンウ(イ・ドンゴン)は、そのまま帰ってきます。もしかして、ヨンソとダンの姿をみてしまったのでしょうか。一方、ヨンソが復帰するのを再び妨害しようとする遠い親戚の叔母は、何かを計画しているようで、ヨンソの命を狙ったりすることになるのでしょうか。

一方、クム・ニナ(キム・ボミ)はプリマの座をヨンソに譲りたくないからは無理をしてバレエの練習を強行し、結局足を痛めることになりました。その時現れたのが、チ・ガンウ。ニナがチ・ガンウに惹かれるようで、複雑な四角関係になってしまうのでしょうかね。この手のドラマの場合、意地悪な人物又は秘密を持った人物が登場することになりますが、ニナの姉で副団長のクム・ルナ(キル・ウネ)の行動が怪しい。何か秘密があるのでしょうか。

キル・ウネは、「揺れながら咲く花(学校2013年)」にシン・ヘソンと共演しています。イ・ジョンソクが主人公を演じたこのドラマには、多くの学生役が登場しますが、キル・ウネは意地悪な女子高生を演じたので、このドラマでも悪役が期待できそうです。

 クム・ニナを演じたキム・ボミは、大学でダンスを専攻した女優さんで、実際にバレエを踊っているのかきになります。でも、体のラインは本当にきれいで、バレリーナみたい。前作「ウンジュの部屋」はこれまでに類を見たことない新たなタイプのドラマで、まるでリアリティ番組を見ているような少し変わった作品だったことを覚えています。

 とりこにする力があるドラマです。キム・ミョンス/エルの演技もいいけど、シン・ヘソンとの息もピッタリです。

 【豆知識】チュウ秘書役で、チャン・ヒョンソンが特別出演しています。話題の「ドクタープリズナー」が終了後、初となる特別出演。

シン・ヘソン 신혜선 イ・ヨンソ役(26歳・女)
出典:http://program.kbs.co.kr/
生年月日1989年8月31日生 身長171cm
主な出演ドラマ

死の賛美(2018年・SBS)ユン・シムドク役
30だけど17です(2018)ウ・ソリ役
秘密の森(2017/tvN) ヨン・ウンス 西部地検刑事3部検事
黄金の私の人生(2017/KBS) ソ・ジアン ヘソンマーケティングチーム契約社員
青い海の伝説 (2016-2017/SBS) チャ・シア ジュンジェの友人、文化財研究者
ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人 (2016/KBS) イ・ヨンテ(ヨンドゥ) サンテの妹、小学校教師
ゆれながら咲く花(2012-2013/KBS) シン・ヘソン 2年2組生徒、ケ・ナリの友人

 

ただ、一つだけの愛 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 INFINITE エル ダン役

 

ただ、一つだけの愛 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー