その男の記憶法 15話・16話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

その男の記憶法 15話・16話(最終回) あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


その男の記憶法 그 남자의 기억법 【韓国放送期間】2020年3月18日から5月13日まで 2020年放送 MBC 全32回※全16話

第15話視聴率 2.6% 2.8%

第15話あらすじ

ソンヒョクは結局、ジョンフンの病気のことを書きつづった本を出版する。スチャンは出所したと同時に、ジョンフンは元恋人の親友であるハジンと交際しているとライブ配信で暴露する。スチャンの思惑どおり世間の冷たい目にさらされたジョンフンとハジン。そのせいでジョンフンはニュース番組を降板、ハジンは全ての仕事をキャンセルされてしまう。そしてハジンはハリウッド映画の話を受けることにする。

出典:https://kntv.jp/program/kn200704/

daisySSさん

第15話感想

盗撮した写真をチ・ヒョングン監督に提供していたことで、記者として働けなくなったパク・スチャンはネットストリミング放送で、ジョンフンの初恋の相手の親友がハジンであることを伝え。。。ユン・ソンヒョク(キム・チャンワン)博士の本も出版され、渦中の人となったジョンフン。本の内容から過剰記憶症候群を抱えたキャスターはジョンフンだと断定した記者が集まり、キャスターを降板することになります。

ジョンフンはニュースライブを辞め、親友の恋人と恋に落ちたことがイメージダウンへとつながったハジンは、出演を予定していた作品から外され、契約していた広告なども違約金を請求されるほど、、、韓国で女優を続けることが困難な状況に置かれます。



前話でお互いの気持ちを再確認した二人は、お互いを支えて恋を守っていく約束をしますが、結局ハジンはアメリカから受けた仕事のオファーを受け、アメリカに向かう決心。ジョンフンのためにも距離を置く必要がハルと判断し、別れを告げます。別れを告げるハジンの目に涙が、、、一生忘れることができないと語るジョンフンの言葉が切なくて。。。

それから2年が経ちます。1年の計画でアメリカに渡ったハジンは、新たな作品へ出演まで決まり、ジョンフンとは連絡を取らない時間が過ぎます。一方、キャスターを辞職したジョンフンは社会部の記者に戻り活発的な取材活動を続け、再びニュースライブのキャスターのオファーを受けることになりますが、彼はキャスターに復帰するのでしょうか。

勝手にジョンフンに関する本を出版した父への怒りとジョンフンへの謝罪の気持ちからか、主治医で友人のユン・テウン(ユン・ジョンフン)は、海外へ医療奉仕に出かけ。。その後、彼も韓国にはまだ帰国していないようです。

ハジンの妹ハギョンとチョ・イルゴン記者は、まだ付き合って間もない二人はハジンのアメリカ進出により、長距離恋愛を強いられます。

キャスターを辞め記者として活躍するジョンフンは、ハジンを諦めたのか全く彼女とコンタクトを取ることなく、二人の恋はこのままエンディングを迎えることになるのでしょうか。残された最終話で二人が再会し幸せなエンディングを迎えることはできるのか、楽しく視聴してきたので最終話を迎えるのは残念ですが、邪魔の多かった二人のだけに二人の幸せな最後が見たい!!と叫びたくなる気分です。

アメリカに居るはずのハジンが帰国、運転中のジョンフンが偶然彼女を見かけ。。。その後の二人は?

第16話視聴率 2.5% 3.5%

第16話あらすじ

アメリカから帰国したハジン。韓国を離れて2年がたつが、ハジンもジョンフンもお互いを思っていた。ジョンフンが運転していると、たまたま車ですれ違うのだがハジンは気付かない。その後、2人は書店で再会する。そっけなく別れたが接触事故を起こし、そこでまた会う。いくつもの偶然が重なり、運命だと確信した2人はよりを戻す。そんな中、ハジンには韓国映画とハリウッド映画のオファーが来ていて、どちらに出演すべきか悩む。

出典:https://kntv.jp/program/kn200704/

daisySSさん

第16話感想

過剰記憶症候群を抱えすべてを記憶するジョンフンと、辛い記憶をすべて消したハジンのロマンスの結末は、、、幸せなエンディングでした!

スキャンダルを避け進出したアメリカで女優として成功したハジンは、一時帰国中、ジョンフンと再会。偶然が3度かさなり、再会した時は運命だと語ったハジンの言葉通り、二人は運命的な再会を果たします。離れていた2年間お互いへの気持ちは変わることなかった二人。しかし、亡き親友の恋人だったジョンフンとのロマンスが公表され、周囲を意識するハジンは心を閉ざしたまま。ジョンフンは彼女の気持ちを察しているのか、彼女に選択を任せたまま返事を待ち続けます。

韓国映画とハリウッド映画のオファーを同時に受けたハジンは、どんな選択をするのかハラハラしました。ジョンフンもニュースキャスターに復帰し、韓国に戻るかアメリカでの活動を続けるか悩むハジンの選択を静かに見守るジョンフンの姿が素敵でした。離れていた時間の間、彼女との過ごしたすべてを記憶するジョンフンがハジンと再会した時の表情は運命的な恋をする主人公の表情そのもの。

エンディングシーンは映画「Notting Hill」を思い浮かべるような演出で、韓国映画に出演を決めたハジンが制作記者会で記者たちから質問を受ける。。。記者の中にジョンフンの姿があり、ジョンフンの質問に答えるハジン。運命的な恋だと受け入れ未来にむけてお互いを励まし進んでいく。。。幸せなエンディングでした。

気になっていたハギョンとチョ・イルゴン記者のエピソードも面白かったです。2年間の長距離恋愛の末、再会した二人。チョ・イルゴンが嫉妬する姿や、将来への不安など、、最後はハギョンのプロポーズで、二人のロマンスも幸せな結末を。

ラブコメというよりはメロドラマに近い展開でしたが、ドキドキさせられスリル感も味わい、予想外の展開やハラハラする展開など、全体的に完成度の高い作品でした。何よりも主人公を演じたキム・ドンウクとムン・ガヨンの切ない演技がすごくよかったです。

視聴率はそれほど高いものではありませんでしたが、様々な話題を呼んだ作品でした。熱狂的なファンがいるほど韓国で放送された際には、関連記事も多く、多くの注目を集めました。ムン・ガヨンは主演としての実力が認められ、登場するファッションも話題になったので、2020年韓国トレンドを知ることができました。

運命的な恋が幸せな結末を迎えるのは本当に気持ちがいいエンディングです!

その男の記憶法 キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー