その年、私たちは 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 | 韓ドラの鬼

その年、私たちは 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2021年12月6日~2022年1月25日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

その年、私たちは

그 해 우리는

2021年放送 SBS月火 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

その年、私たちは

出典:https://programs.sbs.co.kr/

あらすじ

別れた元恋人が高校時代に撮影したドキュメンタリーが急に人気を博し、強制的に集められたことから繰り広げられる青春成長ロマンスを描く。「最悪だった。もう二度と会わない!」という別れで終わるはずだった縁が、再び絡み合う中で、彼らが経験していく複雑な感情が率直に描かれる。

相関図

出典:SBS

出典:SBS

キャスト

主要人物


出典:SBS

チェ・ウシク チェ・ウン役 (29歳、男)
#動かない建物と木だけを描くイラストレーター

ウンとキサ食堂、ウンとアンコウの蒸し物、ウンとタッパル、ウンとブンシク、ウンとビア…、この地域を掌握した『ウンとOO』のマスター、かの有名な『ウン坊ちゃん』だ。すべての大人と子供たちが羨むさじをくわえて (富裕階級) 生まれた坊ちゃんだが、忙しい両親のせいで、幼い頃の記憶は、店の前の板の間に一人で座っていることだけだった。親が忙しいのも嫌で、そこまで粘り強く仕事をして、疲れを感じるような大人の人生も理解できない。一人でいるのが楽で、余裕があって平和なのがいい。よって、「夢はありません。遊びたいです」そうやって暮らしたかったし、計画通りに進んでいた。ヨンスに会う前までは。

物事にぶつかるヨンスとは、あれだけが悪縁だと思った。やたら目が行ってしまうことも、しきりに触れる神経も、不思議な惹かれ合いも、初めて見る種族に対する好奇心だけだと思った。まさかそれが初恋の始まりだとは。

誰かがそう言ったのだ。ファンになるのは不定期を過ぎたら、手の施しようもなくはハマるだけだよ。可もなく、平穏な人生だけを維持していたチェ・ウンを揺るがすのは、ただ1人ヨンスだけだった。ヨンスと一緒にいると幸せで、ヨンスがいなければ耐えられない。ヨンスとはたくさん喧嘩したが、上がったり下がったりする乗り物だと思っていた。紐なしに墜落する落下傘だとは思わなかった。

10年の時間が経った今のチェ·ウンは、多くのことが変わった。日陰に横になって昼寝をする平穏な生活を夢見たが、今は夜も眠れない魂のない人生を生きている。アーティストとして最高の人気と成功を収めているが、チェ·ウンの目は空しさに満ちている。そしてヨンスが再びやってきた。初めて会ったように前触れもなく、そうやってケンカした時間が、 まだ足りなかったのか、–まだ言いたいことが残っているのか…。しかし、今はかつての最優秀生ではない。逆転した今の状況と大きく変わったチェウンの性格が、この関係の新しい一面をあばく、第2ラウンドの始まりだ。


出典:SBS

キム・ダミ クク・ヨンス役(29歳、女)
#休まず走ってばかりいる広報専門家

貧乏になりたくない理由は、私が人に何かを施すことができないということだ。とりわけ、生まれつきの貧困は、大きければ大きいほど、友達と一緒に食事やコーヒーを一杯飲むのも嫌になる。それで、そんなことに関心がないふり、自分だけを気にしているふり。それがヨンスが生きてきた方法だった。両親を事故で亡くし、祖母と2人で支え合っていた。このような鳶が鷹を生むために、強い決心をした。それでヨンスの目標はいつも成功だった。実際、成功の基準は大きくない。ただ祖母と私の2人家族のお金のことは心配せず、平凡に暮らすこと。せいぜいその程度ですがヨンス一人で背負う荷物は、思ったよりはるかに重かった。そしてその年、肩の疲れた荷物を一瞬忘れさせる人に会った。チェ·ウンだった。

ヨンスにこんな可愛らしさがあるとは思わなかった。人にはいつも冷たいヨンスが、彼の前では限りなく優しく暖かい。しかし、誰かがチェウンに触れたら、すぐに再び戦闘モードが飛び出し、ただではおかない。ヨンスのこのような甘じょっぱい姿を目にすることができるのは、チェ·ウンが唯一だ。唯一だった。ヨンスが自分の手でチェ·ウンを決める前までは…。

10年経った今、成功した人生だろうか。成功だけを望み、ある程度は望みはかなえた。家の借金をすべて清算し、固定的な月収があり、お金の心配がかなり減った。今や人と似た線上に立っていると思う。しかし、ヨンスは何も変わっていない。成功を目指してあくせくと生きてきたその人生と同じように、相変らず走っている。いつも仕事が優先だし、職場でもみんなが認めるほど、能力のある人になったが何だかむなしい。大海原で目標を失った方向キーを握っているだけだった。どこに行くべきかは知らないが、習慣がヨンスを休まずに走らせる。

そして、再びチェ・ウンのところを訪れた。見た目はクールで、高慢に。 まるで何事もなかったかのように。しかし、チェ·ウンと対座したテーブルの下のヨンスの手は微かに震える。これがまた違うスタートになるのか、 それとも本当に終わるのか。何も知らないが、向き合おうとする。


出典:SBS

キム・ソンチョル キム・ジウン役(29歳、男)
#全知的視点のドキュメンタリー監督

不釣合いな寂しさに満ちた人生だ。生まれつきの顔立ちはみっともない坊ちゃんスタイルだが、現実はそうではない。家出した父とお母さんの下で、十分な愛を受けられずに育った。いつも職場に出ている母のために、一人で暮らさなければならなかった。とりわけ寂しがりやだった。初めて付き合った友達のチェ·ウンに会う前までは…。幼いチウンはチェ・ウンと自分の姿が、現代版王子と乞食だと思った。

多くのことを持っているチェ·ウンがうらやましかった。しかし、チェ·ウンはすべてをチウンと共にした。自分が持っていることを、まるで当たり前のようにチウンといつも共有した。最もうらやましかったチェ·ウンの家族までも。チェ·ホとヨンオクは、常にチウンも自分の息子のように大切にして優しくしてくれた。消しゴムが劣等感を持つ暇もなく、愛で接してくれたチェ・ウンの家族がチウンにとって家のような場所になった。



高校生の時、初めてドキュメンタリー監督という職業に出会った。ヨンスとチェ·ウンの後を追って撮影する姿を見よう。その職業がもっと気になった。人に関心が高く孤独感が多いチウンには、いつも人と触れ合えるその姿が魅力的に近づいた。どこに行っても人に優しく接して、親切だと言われるチウンにも違った姿がある。チウンは母親と一緒にいると別人になる。幼い頃から一緒にいた時間が少なかったのだろうか。成人になった今、一緒に過ごしているし、母はこれからは仕事に出ることもないが、お互いに対話はない。気まずい沈黙が流れるだけだ。

変なプロジェクトを抱え込むことになった。10年前のヨンスとチェ·ウンのドキュメンタリーをもう一度撮ることだ。自分がなんでこれをやるのか、 よく分からないが、どういうわけかカメラを持って二人の間に立つようになった。最初はただ早く終わらせるつもりだった。そして次はちょっと面白くなった。相変わらずいちゃもんをつけ合う2人の姿が面白かった。そして次は。 昔、頑張って埋めておいた感情が、またぞろ暴き出された。絶対にそうではいけない。チェ・ウンのすべてを共有できるが、一つだけ共有してはならないこと。それが欲しくなってきた。


出典:SBS

ノ・ジョンウィ エンジェイ役 (25歳、女)
#今が最高のアイドル

今のトップアイドルと言えば、 一番先に出てくる名前。エンジェイ。ソロデビューして9年目の今も、依然としてトップの座をロングランしている。ところが、彼女はある程度直感している。トップの座をこれからは次の人に譲らなければならないということだ。地位への脅威はいつもあった。いつも新人の女子アイドルがデビューするたびに、記事のタイトルには「エンジェイ」が言及された。その度に鼻であしらってきたが、今は尋常ではない。本当にどけなければならない時が来るようだ。

賢い。愚かで愚かな少女ではない。デビュー当時からしっかりしている性格だった。自分の長所について正確に知り、短所を長所に昇華する方法も知っている。利口に見えるが、それがこの世の中で生き残る方法だ。何もしなくても話題になるのが女子アイドルの運命だから。エンジェイは本当に最大限何もしなかった。ただ仕事ばかりした。自分の良い姿だけを見せるために、本当にいい人のふりをした。そうやって9年間耐えてきた。

しかし、今はゆっくり準備している。本当に自分の人生を生きる準備。その手始めに、建物の買い入れを始めた。私の人気は底をついても、建物は永遠に残っているからだ。これからはやりたいようにやりながら生きてみようかと思う。人にも会って、食べたいものも思う存分食べて。その始まりに「チェ·ウン」が引っかかった。人一人いなく、がらんとした チェウンの絵を見ていると、なんとなくムカムカする気持ちになった。変わらないもの、自分が永遠に持てないような、それが絵には込められている。そのため、彼にも好奇心が芽生えた。自分のそばで変わらず、その場にいつもいてくれる人を探したい。

ウンの周辺人物


出典:SBS

アン・ドング ク·ウノ役 (27歳、男)
#チェ·ウンのマネージャー

チェ·ウンの絵に関するすべてを総括する。いや、日常までも少し総括する方だ。最良の店でアルバイトをする。その家の息子チェ·ウンからにおいをかいだ。成功の匂い。芸術について、 たくさん知っている訳ではないが、生まれつきのセンスと勘がある。そしてチェ·ウンの後をついて説得した。絶対にマネージャーにさせてほしいって。たまたま手に入れた席のようだが、誰よりもチェウンの絵のファンで、トレンディな感覚で、チェ·ウンのイメージメイキングに大きな役割を果たす。あまり忙しくないし、うるさいがそれだけ魅力も溢れる青年だ。


出典:SBS

パク·ウォンサン チェ·ホ役 (56歳、男)
# チェ·ウンの父

飲食業界の庶民、ペク·ジョンウォン。人手さえあればまた成功だ。運転手、食堂から始めて、一つずつ増やしていく。村中を食べ尽くすほど、事業の手腕がよい。一般的な父の如く強靭だが、頼もしさの裏に愉快さと暖かさを持っている。息子のチェ·ウンを誰よりも大切に思っているが、いたずらにウンの前では目立ちたくない。ヨンオクにだけ優しくするチェ·ウンにとって、小さくて気の弱い復讐というか。毎日をウンを責めるが、誰かウンをイジメでもしたら 、すぐ現れ、誰よりも大きな声で叫ぶ。 「ウンが何がどうしたって言うんだよ!」


出典:SBS

ソ·ジョンヨン イ·ヨンオク役(53歳、女)
# チェ·ウンの母

料理の腕前が見事だ。ただお母さんから教わった味のまま簡単に作り上げただけなのに、その味は職人の味だ。運転手食堂で作ったおかずが人気を集めている。一つずつ、一つずつ 新しくお店を開けてみたが、やっぱり、みんな大ヒットした。——手の味は性格に似ているというか。清潔でボリュームたっぷりの料理と同様、性格も穏やかで温かい。飯を商うだけあって、誰もご飯をちゃんと食べられないのは見られない。そして、やはりその中で一番の愛は息子のチェ·ウンだ。ウン君がどうか元気で幸せであることを願う。明るくて暖かい姿の裏には、過去の大きな痛みを胸の片隅に、わだかまりとして残して生きていく。

ヨンスの周辺人物

 
出典:SBS

パク·ジンジュ イ·ソリ役(30歳、女)
#作家出身_居酒屋_社長

ヨンスの唯一の友達。ドラマ作家を一度入封して辞めた。お酒が好きで美味しい食べ物が好きで人が好きなので、居酒屋をオープンしない理由がなかった。
ドラマ一本でちょっと儲けたお金で、豪勢に商売を始めたが、やはり手ごわいものだ。それでもまた帰るつもり? まだいない。作家らしく想像力と行動力が優れている。わがままは人にあげられないと、依然として人生をドラマチックに生きようとする。


出典:SBS

チャ·ミギョン カン·ジャギョン役 (75歳、女)
#ヨンスさん

長男夫婦を事故で亡くして悲しむ間もなく、血の塊のような孫娘を抱きしめた.
か弱い草の葉のような軟水を抱えながら、磁境はさらにひどく強くなった。きつい仕事をやらずに働く性格が強くて強くなったが、人手不足なく、「ヨンス」を育てようと一生をかけて暮らした。しかしあまりにも早く分別がついてしまったヨンスを見る度に、自分の足りなさが見えて厳しい風が胸を突く。自らカバリンのヨンスに自耕することはこれ以上ない。いや、ただ一つ。自分が去れば、家族というものを全て奪うことになるか心配。ヨンスを愛してくれそうな奴を一人探すこと以外は。

チウンの周辺人物


出典:SBS

チョ·ボクレ パク·ドンイル役 (39歳、男)
#ドキュメンタリー制作会社_チーム長

チウンの直属の先輩。–10年前、ヨンスとウンのドキュメンタリーを企画し、撮影した。ヒューマンドキュメンタリーに長け、見た目に魅了され、とても暖かく人間的な人だ。チウンをドキュメンタリーの世界に引き入れた張本人でもある。ドキュメンタリーに大きな誇りを持っている。

 
出典:SBS

チョン·ヘウォン チョン·チェラン役 (27歳、女)
#助演出家

仕事のできる助演出家はどこへ行っても歓迎される。真面目で寛容な性格で
先輩PDらが真っ先に欲しがる助演出だ。初作品を知雄と共にした。初めてジウンを見た時から 片思いの角度が見えて、わざと距離を出そうと努力したのに
今は、知雄抜きで会社の人たちはみな気づいたようだ。そうして、ようやくチェランも気づいた。自分が片思いする人の視線がどこに向いているのか。それでもチェランは淡々と、ゆっくり、一歩ずつ自分の感情を前に踏み出せる友達だ。


出典:SBS

イ·スヌ イム·テフン役(27歳、男)
#インターン

インターンの基本素養はしっかりしている。言うことをよく聞いて、体力があり、小細工は弄べない。でも、少しは空気読みが足りないのか、自分がスパイとして利用されることも知らずに、同一の指令を忠実に履行する。チウンとチェランのチームに入り、彼らとくっついて多くのことを学んでいく。ところで彼らから学んだのが仕事20、片思い80なら?

RUN会社の人々


出典:SBS

ホ·ジュンソク パン·イフン役(40歳、男)
#RUN代表

何もしない。ニックネームが「ミスター·ナッスィン」。何もしないで組織を転がすのも、ある意味では能力だ。いつもチーム員たちとの疎通を 渇望しているし、入りたいが、チーム員たちがうまく仲間入りしてくれない。しかし、そんなことで気を悪くする人ではない。楽天的で愉快だ。ヨンスとは大学の先輩後輩の関係で、人が知っているよりもしかしたらもっとヨンスと特別な仲かも。


出典:SBS

パク·ヨヌ キム·ミョンホ役 (28歳、男)
#企画チームのメンバー

パン代表と魂のデュオ。慇懃に渡りがうまい しかし、憎らしくはない。ずうずうしく滑稽に話す才能がある。イ·フンをよく除け者にしているように見えるが、それでも最後まで残っている。イ・フン君と杯を交わすのはミョンホだけだ。

 
出典:SBS

ユン·サンジョン ジ·イェイン役 (27歳、女)
#企画チームのメンバー

情報に長け、機転がきく。特に誰々の間のサムのような情報には、気が狂いながら飛びかかる。仕事せずにサボっているように見えるが、 能率は最高。受け持った仕事は早く終えて、早期帰宅する。


出典:SBS

チャ·スンヨプ カン·ジウン役 (26歳、男)
#企画チームインターン

大学卒業後、初めての社会生活。全体的に会社に大いに満足して通う。ヨンスから学ぶ点が一番多いと思い、心から尊敬する。

その他の人々


出典:SBS

パク·ドウク パク·チソン役(33歳、男)
#エンジェイのマネージャー

エンジェイのそばで黙々と自分の仕事をするマネージャー。以前とは異なり、大きな揺れを経験しているようなエンジェイの役に立ちたいが、積極的に介入していない。しかし、エンジェイが何か決心したら、 その時は無条件で支持をするつもりだ。


出典:SBS

アン·スビン アン·ミヨン役(31歳、女)
#エンジェイのスタイリスト

友達がいないエンジェイに、それでも友人と言えるほどの知人 。私的な話もたくさん聞いてくれて一緒に悩みもしてくれるが、 本当に友達になるほど深く近付くことはできない。 エンジェイを気の毒に思うが、やむを得ない傍観者の立場を保つ。

 

出典:SBS

スタッフ /演出:キム・ユンジン、脚本:イ・ナウン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

えぱたさん

その年、私たちは 1話・2話 あらすじと感想
その年、私たちは 3話・4話 あらすじと感想
その年、私たちは 5話・6話 あらすじと感想
その年、私たちは 7話・8話 あらすじと感想
その年、私たちは 9話・10話 あらすじと感想
その年、私たちは 11話・12話 あらすじと感想
その年、私たちは 13話・14話 あらすじと感想
その年、私たちは 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想


「広告」


【放送情報】


【花道だけ歩きましょう】

●BS日テレ 全70話(2021/12/6から)月~金曜日11:30から 字幕

花道だけ歩きましょう キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜】

●BS12 トゥエルビ 全22話(2021/12/13から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜(チョンイル電子 ミス・リー) キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【夫婦の世界】

●BS朝日(2021/12/14から)月~金曜日8:30から 字幕

夫婦の世界 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【黄金の私の人生】

●BSテレ東 全70話(2021/12/20から)月~金曜日8:53から 吹替[二]

黄金の私の人生 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ストーブリーグ】

●BS日テレ(2021/12/20から)月~金曜日16時から 字幕 

ストーブリーグ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●WOWOWプライム 全21話(2021/12/22から)字幕

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率 


2021年版 投票中!


【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)

来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿