この恋は初めてだから (この人生は初めてだから) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2018/10/12から)木・金曜日10時から 字幕
●Mnet 全16話(2018/8から)字幕
●Mnet(2018/5/15から)火・水曜日20:30から 字幕
●【日本初放送】Mnet 2018年3月14日~ (水)(木)22:00~23:15
●韓国放送2017年10月9日~(月) 月・火ドラマ 21時30分~
(この人生は初めてだから)
この人生は初めなので / この人生は初めてだから

この人生は初めなので 이번 생은 처음이라 全16話
2017年放送 tvN
平均視聴率 3.5% 시청률 第1回2.3%
 2017y10m12d_140249896
tvN この生は初めてだから 이번 생은 처음이라 公式サイト
あらすじ

家のない“ホームレス”ユン・ジホ(チョン・ソミン)と玄関だけわが家である“ハウスプア”家主ナム・セヒ(イ・ミンギ)が、ひとつ屋根の下に住んで繰り広げられる胸ときめくロマンスドラマ。この時代の人生の中で恋愛、結婚、職業など彼らの現実的な悩みを表わす作品

 2017y10m12d_143327308
この人生は初めなので 이번 생은 처음이라 相関図
キャスト

イ・ミンギ  ナム・セヒ役(38歳アプリチーフデザイナー)玄関だけわが家
チョン・ソミン  ユン・ジホ役(30歳ドラマ補助作家)ホームレス
イ・ソム    ○○(30歳、大企業代理- >下着スタートアップ代表)
パク・ビョンウン ○○  (38歳、結末子CEO)

キム・ガウン ヤンホラン(30歳、レストランマネージャー)
キム・ミンソク   ○○(28歳、CTO)
キム・ウンス  ○○(63歳セヒの父/前の高校の校長)
ムン・フィギョン ジョミョンジャ(56歳セヒの母/主婦)

김병옥 :ユンジョンス(60歳)-ジホの父、カーセンター運営
キム・ソニョン :ギムヒョンジャ(58歳)-ジホの母、専業主婦
ノジョンヒョン:ユンジソク(26歳) – ジホの弟、軍勤務修了復学生
チョン・ヘェウォン ウン・ソン役 ジソクの彼女

スタッフ / 演出:バクジュンファ、ナムソンオ 脚本:ユンナンジュン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

以下話数あらすじと感想

marikoさん

 

この人生は初めなので 1話・2話 あらすじと感想 イ・ミンギ ナム・セヒ役
この人生は初めなので 3話・4話 あらすじと感想 チョン・ソミン  ユン・ジホ役
この人生は初めなので 5話・6話 あらすじと感想
この人生は初めなので 7話・8話 あらすじと感想
この人生は初めなので 9話・10話 あらすじと感想
この人生は初めなので 11話・12話 あらすじと感想
この人生は初めなので 13話・14話 あらすじと感想
この人生は初めなので 15話・16話 (最終回)あらすじと感想

 

以下作品感想

marikoさん

何の期待もなく観始めたドラマなのですが、予想以上に考えさせられたし面白かったです!まず、男性主人公があのイ・ミンギだとは気付かなかったほど役になりきっていたので驚きました。そして女性主人公のジョン・ソミンちゃんも、その辺にいそうな自然体の女性を上手く演じていたと思います。

このドラマは若者たちが「自分たちの人生に本当に望むことは何なのか?」を見つけていく物語です。主人公ジホが作家ということもあり、劇中で詩や小説のエピソードが出てきたりしたので、少し哲学的な要素もあったような気がします。

今までの韓国ドラマでは年長者の言うことは絶対、慣習や家族を大事にするのが韓国…というイメージだったのですが、このドラマでは若者たちはそんな過去を打ち破って自分たちの人生を歩もうとしているんだということを感じました。

そういったテーマが視聴者の心にマッチしたのか、視聴率も当初の2%台から徐々に伸びていって最終話には4%台後半にまで駆け上ったので、成功に終わったと言えるのではないでしょうか?

主人公以外の出演者たちも魅力的で、最近人気のキム・ミンソクさんをはじめ、刺激的な女性を演じたイ・ソムさん、愛すべきナイスキャラのパク・ビョンウンさんなど、印象的な俳優さんが多かったです。

登場人物たちはそれぞれ不器用に生きていて、そんな姿にも共感できました。ラブシーンも心温まる描き方をされていたので、そんな点も他のドラマでは観られないのではないでしょうか。

最後に、参考までに本ドラマで紹介された本は、キム・ヨンス「世界の果て、彼女」、チョン・ヒョンジョンの詩集「島」、ドリス・レッシング短編小説集「19号室に行く」(邦題不明)、パク・ジュン「泣いたからといって、変わることは何もないだろうけど」(邦題不明)、の4作品です。こんなに多くの本がドラマ1作品に出てくるのは珍しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿