この恋愛は不可抗力 キャスト・相関図 あらすじと感想

2023年


放送予定 

【日本放送】 

●Netflix 同日配信

【韓国放送期間】 2023年 8月23日~ 10月12日 22時30分~

この恋愛は不可抗力

이 연애는 불가항력

2023年放送 JTBC 水木 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

 

この恋愛は不可抗力

出典:https://tv.jtbc.co.kr/

あらすじ

約300年前に徹底的に封印されていた禁書を手に入れた緑地課の公務員イ・ホンジョと、その禁書の犠牲になった弁護士チャン・シンユの不可抗力的ロマンスを描く。切っても切れない運命に巻き込まれた2人の男女の切ない願いから始まった、甘くて愉快なロマンスが視聴者の恋愛細胞を刺激する。

相関図

出典:https://tv.jtbc.co.kr/

キャスト

主要人物


出典:JTBC

チョ・ボア イ・ホンジョ役

29歳、温州市役所の緑地課、一般行政職9級公務員。

両親も、兄弟姉妹も、連絡の取れる親戚も、彼女も彼氏もいない。四柱に孤独な孤高者がいるとはいうが…それでもこれは本当に酷いではないか。

夜な夜な酒を飲む。酒を飲むと寂しさが爆発して、悶絶する。

涙を流しながら一人酒を飲んで、朝になると元気な顔で出勤し、ニコニコしながら一生懸命に働く。温州市東区庁の特級解決者であり、区民の罵倒を受ける係。無茶苦茶なクレーム、起承転結のないクレーム、担当外のクレームまで率先して解決する。市庁に発令された彼女は、みんなの羨望の的となる。

ホンジョは自分の頑張りが通じたと思ったが、それは不幸の序章だった。研修期間中、監査室から密かに指示された暗行監察を一生懸命やっただけなのに、その件でチーム長が叱責される過程で波乱が起きた。彼女は市庁に行く前からすでに、市庁内の忌避される対象になっていた。

セルフ検定試験、鷺梁津(ノリャンジン)考試村、私一人での狭苦しい部屋に暮らしにつながった、暗黒の日々、その長い長い一人ご飯も飽きたのに、仕事場でまで温かいご飯なんて。夜勤を終えて終バスに乗るとき、監視カメラもない危険だらけの路地を登り、粗末な住宅の2階に到着するとき、君と一緒にいる夜を想像した。雨の夜は傘をさして迎えに来てくれる、並んで座ってネットフリックスを見ながら一緒にチキンとビールを食べて、仕事で受けた鬱憤を吐き出すと、「そいつは悪い奴だ、お前は頑張ってる」と言ってくれる…まだ私の元に来ない君が 一緒にいる夜。ホンジョはその「君」が政策補佐官クォン・ジェギョンであることを切に願った。

しかし、そう切望していたクォン・ジェギョンは来ず、チャン・シンユという人間が来た。古い木箱と一緒に。


出典:JTBC

SF9 ロウン チャン・シンユ役

33歳 温州市役所の法律顧問官、弁護士。

きちんとしている、そのものだ。容姿は秀でていて、言葉は簡潔で、行動は整然としている。香りで表現すると、「清々しい秋の日差しにさらさらと乾いたリネンシャツの香り」でしょうか?

自分のことはあまり話さないけど、着ているもの全てが高級品なので、大学の同級生やロースクールの同期は「ちょっとお金持ちの家の息子なんだろう」と思っていたそうだ。

成績1位でスポーツ万能、さらにちょっとしたギャグセンスもあって、人気があった。特に男性に。

朝鮮時代から今まで、数多くの要職に優れた人材を輩出してきたプンサン・チャン氏のウンフィコン派。この骨格のある名門家には、先祖代々伝わる「伝説の故郷」のような話があった。

「不気味な呪いが代々受け継がれる」

「温州山のふもとにある神堂は、そのままにしておけ」

実際、シンユの家は350年前から息子たちにだけ受け継がれる遺伝病を抱えていた。父はそれを呪いだと信じて、神堂はそのままにしておいた。シンユは呪いを信じなかったが、 いつか自分にも遺伝病が現れるという事実は信じていた。

病気は突然の幻触(外部からの刺激がないのに、皮膚に何かが触れたように感じる感覚)とともにやってきた。血に濡れた手がゆっくりと頬を包み込む感覚が生じたり消えたりすると、その手が触れたところが火で焼けるような激痛が続く。治療法がない希少疾患であり、進行が非常に早いため、数ヶ月後には片麻痺で手と足の正常な機能を失う可能性があるという。

憤慨した父は、これは全部あの物乞いの呪いのせいだと言って、すぐにでも全国の巫女を総動員して、超大規模なお祓いでもしてやろうという勢いだったが、左脳型の人間であるシンユは違った。

法律事務所はいつ辞めるのか。 恋人のナヨンとは別れるのが正解だろうか…。これまで以上に早く冷静で論理的、理性的な判断をしなければならないと思った。ある女性と出会う前までは。


出典:JTBC

ハ・ジュン クォン・ジェギョン役

35歳、温州市役所の政策補佐官。

温州市役所の実勢。ビダム(ビジュアル担当)」と呼ばれる。ソウル大学、経営学科出身で、シンユの直属の先輩だ。

来たくなかった。温州市庁なんて。政治を夢見て、中央省庁の要職に就くこともできたが、家族が邪魔をすることを知っている。アルコール依存症の父、ろくでもない家庭の長男だが、裕福な家庭で愛されて育ったような外見だ。見事なスーツのフィット感、たまに見せるボーイフレンドルック、今日は前髪ありかなしか、その一挙手一投足が話題になる。

スウィートな笑顔に息をのむ女性が溢れかえるが、その笑顔は本物ではない。ピンクの包装紙に包まれた冷たい氷のようなもの。恋も、恋愛も、結婚にも全く興味がない。かつて愛した女性がいて、一時期、結婚を夢見たこともあったが、父親が彼女に絶えずお金を借りていたことを知って、心を閉ざした。二度と愛する女性を自分の家族と結びつけたくなかった。そんな気持ちだった。好きだと、告白してきたホンジョを突き放したのは。「私みたいな人じゃなくて、いい人と付き合ってほしい」と。

ところがしばらくして、ホンジョに近づくシンユを見た。結婚を約束した彼女もいるのに、何をしているんだ? 怒りがこみ上げてくる。しかし、ホンジョもシンユに振り回される。

そんな二人を見守るなんて、到底できそうもない。「いい人と付き合えと言ったんであって、彼女がいる男と付き合えなんて言ってないよ」気持ちを隠すのはここまで。

ジェギョンはホンジョに直進することにする。


出典:JTBC

Girl’s Dayユラ ユン・ナヨン役

29歳、インテリアデザイナー。

普段は女神のような美貌を誇示するが、仕事中は暴れん坊になる。鉄製のはしごを踏んで登り、電動ドリルを叩き込むと、タフなのにきれいな顔になる。

法務法人ローアンドハイのリモデリングに参加した。 終わってみると、ある部屋が問題だった。電気が入らず、仕上げは荒れ、造作家具が合わなかった。作業員に頼むこともできるASを直接担当したのは、その部屋のオーナーがシンユだったからだ。

ナヨンは彼の容姿に一目惚れし、彼のスペックに二度、惚れした。だから、一度に直せる問題をちょっとずつ10回に分けて少しずつ直した。

男たちは100%見ないふりをしてもチラチラ見るのに、シンユは本当に書類ばかり見ていた。必殺技を使った。システムエアコンを調べようとはしごを踏んで登り、わざと滑った。シンユが彼女を抱きしめた。ゲーム終了。

2年目の恋愛をしているのにプロポーズがなく、疲れた。家系に伝わる遺伝病のせいで悩んでいることに気づいたときは、胸の奥がチクチクと痛くなった。頭では別れたが、心はもっと燃え上がった。苦しみまで愛するのが本当の愛なんだ、と思う自分がたまらなく愛おしかった。私、まるでメロドラマの主人公みたいじゃない? でも、シンユがちょっとおかしい。

私に何の相談もなく、法律事務所を辞めて温州市役所に転職したのだ。父であるユン・ハクヨン市長は、義理の息子が私を助けに来たのだと喜んでいたが、気になった。予感は外れなかった。

 

市役所の人々


出典:JTBC

ヒョン・ボンシク コン・ソグ役

48歳、環境緑地課チーム長、6級

いつも根に持つところがあり、コン(韓国語で根に持つ)チーム長と呼ばれる。

癌で長く闘病していた母を看病しているうちに、いつの間にか加齢臭がする老独身になっていた。病気の世話による頻繁な休職で昇進が遅れたが、公務員合格証を受け取ったばかりのホンジョが賄賂受給で監察班に通報したことで、5級昇進を目前にして水の泡になる。内心は狭く、後に引くタイプなので、自分を困らせたホンジョを大っぴらに使いまくる。ちょうど更年期障害も訪れ、極端に敏感になっていたところに、運悪く引っかかってしまったのだ。

世の中楽しいことなんてないのに、株に投資し3兆まで吹き飛び気が狂いそうなところに、嬉しいニュースが聞こえてくる。

マ・ウンヨンが離婚したらしい!どう慰めればいいのか分からない…?口ではそう言ったが、心の中では万歳三唱した。彼女の初恋にはなれなかったが、最後の恋にはなれる。ファイティン!でも…。受け入れられるだろうか?イケメン俳優と暮らしていた彼女が、こんなひどい私の顔を?


出典:JTBC

イ・ボンリョン マ・ウンヨン役

47歳、緑地課 課長、5級

仕事上手な強いお姉さん。同期の中で最も昇進が早かった。いつも自己啓発に熱心で、身だしなみは後回し。彼女にとって服は、体を隠す道具でしかない。

10年分の年次休暇を使い果たし、30日ぶりに復帰したウンヨンは、別人になっていた。休暇中に彼女は離婚をした。花の中年で有名な年下の夫が犯した不倫スキャンダルは、超大型のゴシップとして韓国を騒がせた。

市庁のすべての同僚は、ウンヨンが極端な選択をするのではないかと心配していた。しかし、彼女は、より強いメンタルで戻ってきた。局長になるぞ! 恋愛もするぞ! 熱く!

まさか相手がコン・ソグになるとは思わなかった。20年以上も私を好きな純情な男…。悪くない。中年のロマンスは難なく始まるが、縛られたくない。

「結婚はどうでもいい。事実婚がいいな」その言葉に息を飲むソグは、カッコ悪い。かわいい。


出典:JTBC

パク・ギョンヘ ソン・セビョル役

29歳、緑地課8級、緑地職。

仕事ができるキツネだ。大変で目立たない仕事は、極力避ける。ホンジョにあらゆる雑務を任せる。

前にいた9級の後輩は同じキツネ科で扱いにくかったが、ホンジョは言われたことを黙々とこなす。それでも可愛がるわけにはいかない。なぜって?私より可愛いから。狭量なコンチーム長がいいわけじゃないけど、ホンジョが大嫌いだと知って、同じ味方になる。いつの間にかホンジョをいじめる主犯になった。


出典:JTBC

ミラム ユ・スジョン役

32歳、緑地課7級、緑地職。

温州市役所の代表、目ざとい人。どの部署で何があったのか、誰と誰が良い仲なのか、知らないことがない。

主な関心事は市庁舎のツートップ、クォン・ジェギョンとチャン・シンユ。二人のどちらでもいいから、一度恋愛してほしいと願う。コンチーム長とセビョルが主導するホンジョいじめは本気ではなかったのに…。遅ればせながら本気になる。チャン・シンユとクォン・ジェギョンが、ホンジョが好きって?あり得ないことではないか?


出典:JTBC

アン・サンウ ナ・ジュボム役

41歳、グリーン造園花園社長

第2の緑地課の職員といっても過言ではない。それほど親密な関係だ。

温州市公園の造園、街路樹や緑地帯の植栽、遊歩道の管理など様々な仕事を担当している。仕事を一度に与えているのではなく、それだけ仕事が上手だから信頼して任せるのだ。

植物に関する豊富な知識で、ホンジョに多くの助けを与えてくれる。

行方不明の妻に似ていると言いながら、たまにご飯を食べに行こうと言うながら、次第に過度の執着を見せる。


出典:JTBC

イム・ヒョンス パク・ギドン役

32歳、法務チーム主務官、7級。

シンユが憎い。彼を補佐するのが主な業務なのに、本当にやりたくない。見ていると羨ましい。自分にないものを、全部持って生まれたようだから。すでに見つけた書類も無駄に遅れて渡し、電話もわざと取らない。シンユのユーモアセンスがどんなに優れていても、絶対に笑ってやらない!でも、いつの間にか彼を見て大笑いしている。この感情は何だろう?


出典:JTBC

パク・ジェジュン オ・ウラム役

9歳、サムシクの孫

名前はウラム(韓国語で雄大)だが、体格は小さい。両親もなく、友達もいない。いつも一人で公園でコンビニのホットドッグや、おにぎりで食事を済ませる。公園を担当するホンジョと、なぜかご飯友達になり、お礼に恋愛相談をしてくれたりする。


出典:JTBC

ユ・スンウン オ・サムシク役

70代、公共労働者

ホンジョが管理する、高齢の公共労働者の一人である。

炎天下で苦労している老人たちを丁寧に世話する、ホンジョが可愛い。孤児に等しいホンジョも、おじいちゃん~!と言いながら、よく従う。孫のウラムを一人で育てている。

 

シンユの周辺人物


出典:JTBC

イ・ピルモ チャン・セフン役

55歳、バウ建設会長、シンユの父。

父から「呪い」に関する話を聞いた時、彼もシンユと同じように「なんてことだ」と思ったという。かなり昔に、弟を亡くした。タバコも吸わなかったのに、肺がんで亡くなった。年々肺炎が酷くなり、数年前には敗血症で悪化して、亡くなった。

セヒョンは思った。 ここまでくれば、呪いは迷信ではなくサイエンスだと。会社一つだけを残し、ほぼすべての財産をシンユに相続させた。条件は「健康なうちに早く結婚して、子どもを産むこと」。

他人から見れば幸運な身の上だが、心配は尽きない。娘3人、息子3人を産んで、賑やかな家庭になることを望んだが、息子は1人。受け継がれる遺伝病まであるので、代が途絶えるのではないかと不安でいっぱいだ。

あんなにきれいで優しい彼女がいるのに、なぜ結婚しないのか、まったく理解できない。いつも妻に苦労をかけるが、離婚されそうになり、目が覚める。


出典:JTBC

チョン・ヘヨン ソン・ユンジュ役

40歳のような53歳、シンユの母

俳優として最もホットな時に、結婚前に妊娠した。罵倒された。当時はそうだった。

引退して33年、人生に楽しみがない。息子のシンユと遊ぶのが一番楽しいのに、顔を見なくなって久しい。

「健康に育ってくれ」と言ったのに、無駄に有能に育って、なぜ法律事務所に入ったのか、週に100時間ずつ働いて寝落ちした。

夫は「他人」だ。口を開けば、息子が心配ではないのかと、叱られる。人々がなぜそんなに浮気するのか、分かるような気がする。この男とこのまま生きて死ぬのか…。悔しすぎる。

「どこ?今何してる? 私と一緒に星を見に行かない?」という歌を聞くと、「うん! 星を見に行くよ!」と叫びたくなった。 涙がポロポロ流れた。

新しい人生を始めたい。夫は笑うが、息子は応援してくれる。やっぱり私の息子!私とマキアートでも一杯飲む?嫌?じゃあヤンニョムチキンは?


出典:JTBC

キム・ヘオク ウンウォル役

70代、巫女

温州山のふもとにある神堂を守り、50年以上、神占いを見てきた。

かつては数年ごとに予約がいっぱいで、あらゆる財閥家の奥様や有力政治家が列をなしていた。

しかし、年齢を重ねるにつれて神通力が弱まり、神娘も現れず、ウンウォルは忘れ去られた。

老衰に転倒まで重なり、身動きが取れなくなり、療養病院に入った。2年ぶりに誰かが訪ねてきた。ホンジョだった。彼女が祀る身代わり、サクラソウが言った。木箱の主はホンジョだと、呪文書を返す時が来たと。

 

出典:JTBC

スタッフ /演出:ナム・ギフン、脚本:ノ・ジソル
作成:え/キ.ま

作品感想

daisySSさん

●不可抗力に惹かれ合う二人、、、運命でつながった二人、、、甘く切ないロマンスドラマ!

ロウンとチョ・ボア主演の話題作!

運命をテーマにした作品としてドラマのタイトルから分かる予想できる通り、運命に逆らうことはできないという点を中心にストーリーが展開されます。

このドラマのジャンルとしては、ロマンス、ファンタジー、オフィス、ミステリー、サスペンスのすべてを楽しめる作品ですが、個人的にはファンタジーロマンスとして分類したいと思いました。

ボーイズグループSF9出身のロウンは、俳優業を優先させるため、2023年秋からはSF9としての活動を中止した状況。

2018年からは俳優として複数の作品に出演し、「輝く星のターミナル」から俳優としての認知度を上げ始めました。2019年、大ヒットした学園ドラマ「偶然見つけたハル」で主演を演じて以来、人気を集め続けてきたロウンは、2021年には「先輩、その口紅塗らないで」と「愛慕」に出演。

時代劇「愛慕」の大ヒットで、2PM出身のジュノ、ASTRO出身のチャ・ウヌと並び、演技ドルの中ではリーダー的な存在となりました。

2022年には死神をテーマにした「明日」にも出演し、さまざまなキャラクターに挑戦する中、世

界的に大ヒットした「恋慕」の期待を背負って、2023年に放送されたのが「この恋は不可抗力」。

「この恋は不可抗力」は、350年にも続く呪いを解くために、封印された古い文章をきっかけに出会う、運命的なロマンスを描いた作品です。

この作品で、ロウンはイケメン大物弁護士チャン・シンユを演じ、熱血公務員イ・ジョンホ役をチョ・ボアが演じています。

近年、多く見られる転生が登場するファンタジードラマですが、オフィスドラマとしても楽しめます。何よりも、ファンタジー物でありながら、現在を生きる主人公たちの日常で起こる様々なエピソードを中心に描いているため、前世と現世の描かれ方が複雑なものではないため、見やすい内容となっています。

個人的には最終話を残した2話あたりが、最もおもしろかったです。前世のエピソードが切なく描かれ、最終話でどのような展開を迎えることになるのか、ワクワクさせる展開が描かれています。

個人的には、タイムスリップする作品などを視聴して、未来が変われば、過去の出来事も変わると考えることが多いです。

このドラマのエンディングを見て、過去の出来事にも未来の選択が何か影響を与えた可能性があるのでは??と思えるエンディングでした

ジョ・ボアとロウンの相性もよく、純粋にロウンがカッコいいので、ファンタジーロマンス物が好きな方にお薦めしたい作品です。

 



【放送情報】

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/22から)月曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【白詰草】

●サンテレビ 兵庫 2024/4/23 (火) 10:00~

白詰草(韓国ドラマ) キャスト 相関図 感想 あらすじ

【悪の花】

●サンテレビ 兵庫 2024/4/23(火)11:00~

悪の花 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【ペントハウス】

●テレビ愛知 2024/4/30(火) 09:30~

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

【ホジュン~伝説の心医~】

●BS12 トゥエルビ 全68話(2024/5/1から)水・木曜日16時から2話連続放送 吹替[二]

ホジュン~伝説の心医~ 感想  視聴率 キャスト・相関図

【グッドキャスティング】

●BS 12トゥエルビ  全16話(2024/5/1-22)月~金曜日深夜27:30から 字幕

グッドキャスティング キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

【キム秘書はいったい、なぜ?】 

●BSJapanext 全20話(2024/5/3から)月~金曜日10時から 字幕

キム秘書はいったい、なぜ? キャスト・相関図 感想 視聴率 あらすじ

【ホテリアー】

●BS11 全20話(2024/5/3から)月~金曜日14:29から 字幕

ホテリアー 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【王になった男】

●BS日テレ 全24話(2024/5/3から)月~金曜日12:59から

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

【恋人】

●WOWOWプライム 全21話(2024/5/3から) 金曜日19時から2話連続放送 5/23深夜から第4話までのキャッチアップ放送。 字幕 

恋人(韓国ドラマ) 2023 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP