ここに来て抱きしめて 3話・4話 あらすじと感想 チン・ギジュ、ハン・ジェイ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ここに来て抱きしめて  이리와 안아줘 全32回(16話) MBC

第3話視聴率3.8% 第4話視聴率4.4%

quetalsurinoさん

第3話・第4話 あらすじ

父から地下の作業場に立ち入ることを禁じられていたユン・ナム(子役ナム・ダルム)。しかし、父が持ち込んだ犬がキル・ナグォン(子役リュ・ハンビ)が飼い犬だと気づいたことで、初めて父に背き地下の部屋に入り、助け出そうとしたところ、キル・ナグォン(子役リュ・ハンビ)が現れた。。。

父ユン・ヒジェ(ホ・ジュノ)は息子ナムとナグォンが一緒に居ることを確認すると、しばらく無言で二人を眺め、危険を感じたナムはナグォンが友達だと告げます。偶然発見した犬を保護していただけど嘘をつくユン・ヒジェ。ナムはナグォンを家まで送り、彼女の家族の温かさに触れることになります。

一方、兄キル・ムウォンは学校の廊下で一方的に暴力を受けるクラスメイトを目撃して、救急車を呼びます。暴力を振るっていたのはナムの兄、ユン・ヒョンム。両親を亡くし、父キル・ソンシクに引き取られたムウォンは、暴力的なことを黙認できない。。。

幼い頃から父ユン・ヒジェに秘密を教え込まれ、洗脳されてきたナム。しかし、ナグォンと出会ったことで息子が変わり始めたことを知った父は、警告の意味を込めてハンマーをナムの机の上に置き、ナムも悩み始めます。

理性を失い再び殺人を犯すため犠牲者を捜しまわっていたユン・ヒジェは、暗くなったバス停で女性に道を聞くふりをして拉致してしまいます。夫の浮気を疑った妻チェ・オキは、夫の経営する犬の飼育場に向かい、全身血だらけになった夫ユン・ヒジェを目撃します。こっそり夫の行動を観ていたチェ・オキは彼に見つかりそうになりますが、無事見つかることなく逃れます。

有名女優の娘であることから学校でいじめにあうナグォン。しかし、変わらず明るい彼女の姿に、父から教えられたのとは違い明るい世界が存在すると信じるようになったナムは、迷わず彼女を守っていくと誓います。

9年後、厳しい状況にも負けることなく生きてきたナムは、チェ・ドジン(チャン・ギヨン)として、警察官になるため、一生懸命な日々を送ります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3話・第4話 感想

地下室でユン・ヒジェと鉢合わせになってナグォン。心配していたことは起きませんでしたが、微妙な微笑みを浮かべ、次に会ったときは。。。と語った時、ゾットしました。次に会ったときは何かが起きることになるのでしょう。ユン・ヒジェ役を演じているホ・ジュノの演技がすごい!

「君主~仮面の住人~」で見せたホ・ジュノも、欲望のために実の息子を殺す怖い役を演じていますが、正直、ユン・ヒジェのキャラクターが強すぎて、それまで持っていた彼のイメージを一新。特定の実在した殺人犯がモデルになっているわけではないようですが、扱われる事件や、犯人像が実際にあった連続殺人犯を思わせ、本当に怖い!

幼い頃から父に教えられた世界観を変える人物との出会いで、ナムが変わり始めます。父、ユン・ヒジェもそのことに気づき始め、ナムに警告のようなメッセージを残す。ユン・ヒジェの妻も夫の本当の姿を知ってしまうことに。チェ・オキに危険がおよぶことになるのでしょうか。超緊張するシーンが続き、次の話で何が起きるのはすごく気になる展開。描き方が非常に上手ですね。

成人したナムは、ナグォンとはずっと会っていないようで、自動販売機にあるナグォンの写真をみつめ自分に勇気づける姿。まだ初恋の彼女を忘れることない、その姿がどこか切なく、今後の二人のロマンスがどのように描かれるかドキドキします。

だた、二人の運命を変えた「あの夜」何があったのか、その疑問は次の話で少しは明らかになることを期待し、成人した二人のロマンスが早く本格化して欲しいです。

 

チン・ギジュ(진기주)ハン・ジェイ役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日:1989年1月26日身長:170センチ血液型:B型
ミスティ(2018/JTBC) ハン・ジウォン ヘランの後輩アナウンサー
水曜日午後3時30分(2017/SBSプラス) ソン・ウヌ ジェウォンの友人、会社員
仮面の王イ・ソン(2017/MBC) チェ・カンソ 世子の護衛武士
グッドワイフ(2016/tvN) ソン・ヒス ロースクールの学生
麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~(2016/SBS) チェリョン ヘ・スの小間使い
もう一度ハッピーエンディング(2016/MBC) アン・スンス スヒョクの亡妻、ミヌの母
ポンダンポンダン王様の恋(2015/MBC) 昭憲(ソホン)王后(朝鮮時代)世宗の正室.ソヒョン(現代)ダンビの友人
2度目の二十歳(2015/tvN) パク・スンヒョン 人文学科新入生

 

ここに来て抱きしめて 5話・6話 あらすじと感想 ホ・ジュノ ユン・ヒジェ役

 

ここに来て抱きしめて 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿