お金の花 (カネの花) 7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

お金の花(カネの花) トンコッ 돈꽃 全24話

 

第7話あらすじ

ブチョンの母であるチョン・マルランは、DNA鑑定の結果、行方を捜しているチャン・ウンチョンとピルジュを別の人物だと思い込む。そして、ピルジュはマルランから、ウンチョン、つまり自分自身の捜索を依頼される。一方、ピルジュと密会したナ議員の前に、チョンアのチャン・ソンマン会長が現れ、ブチョンとモヒョンを破談にしようと持ちかける。そんな中、モヒョンは、待ち伏せしていたソウォンに会い、親身になって身の上話を聞く。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn180301/

quetalsurinoさん

第7話感想

ブチョンとモヨンの結婚でグループ内での位置に不安を感じた次男のチャン・ソンマン会長が本格的に動き出しました。二人の結婚に不安を感じるモヨンの父、ナ議員。でも、仕込まれたことに気づかないモヨンはブチョンに恋をし、結婚は予定通りに進められることになります。

内密に進めたはずのブチョンとピルチュのDNA鑑定。チャン・ソンマン会長の耳にまで流れてしまいました。疑いを持ち始めたソンマン側も動き出しそうで、今後一層激しい展開が続きそうです。DNA検査結果を手にしたピルチュは、ブチョンとDNAが一致せず、チャン家の血を受け継いでいないことに。。。 ブチョンのも隠された出生の秘密がありそうです。ピルチュがDNA鑑定を確認していると現れたブチョン。ピルチュは結果をブチョンに打ち明けることになるのでしょうか。適度な速さの展開と緊張感が味わえ、これまでとは少し違う流れになりそうな予感がします。

一時はチョンアグループから出される危機を迎えたプルチュが、グループ内での権力をめぐって再び復讐のために動き出しました。どこからどこまでがピルチュの計画なのかが、分からないけど更なる逆転がありそうで、ハラハラする展開はまだ始まったばかりですね。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第8話あらすじ

自分とブチョンのDNA鑑定の結果を見たピルジュは、血縁の新たな事実を知る。そんな中、マルランはピルジュを呼び出し、モヒョンへの思いを断ち切るように説く。一方、チャン名誉会長に認められつつあるブチョンは、新事業を提案するが、ヨチョンから邪魔をされてしまう。その頃ソンマンは、マルランとピルジュが行ったDNA鑑定結果を入手。ブチョンの血筋を疑い始めたソンマンは、従兄弟同士であるブチョンとヨチョンの鑑定を指示する。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn180301/

quetalsurinoさん

第8話感想

DNA検査結果、ブチョンがチャン・グッカンの実の孫でないこと、チョンアグループの長男の息子じゃないことが明らかになりました。ピルチュにその事実を告げられたブチョンは酷く動揺し、荒れました。事故で病院に運ばれたブチョンの血液検査をするため現れた看護師。チャン・スンマンがブチョンのDNA検査をするために動き出しますが、さすがピルチュ。検査に出された血液を自分の血液とすり替えたことで、危機を乗り越えました。

戻ってきた元恋人との中で揺れ動くピルチュ。モヨンに対する気持ちも本気で、出生の秘密をすべてモヨンに打ち上げ、モヨンはすべてを知ったうえでピルチュとの結婚を決心します。モヨンならすべてを受け入れてくれるはずだと、アドバイスするピルチュは誰よりも彼女のことを理解しているように思えました。

ブチョンとモヨンの結婚式で、ピルチュが見せた悲しそうな表情が忘れられないですね。モヨンは初恋の相手がピルチュだと知らず、拾ったネックレスを見て彼を思い浮かべた時は、ちょっと切ない気持ちになりました。ずっと捜していた相手が実はすぐそばにいたことに、モヨンが気づく時のショックが大きそう。

結婚と同時にNYの支社で働くことになったブチョンが戻った5年後、空港でピルチュが見たものは、同じ飛行機を乗って息子を連れて帰国した元恋人のソウォンの姿。モヨンと結婚後も、関係が続いていたことに気づいたピルチュの怒り。その怒りを抑えるような無表情のピルチュの姿がクローズアップされ、次の話ではソウォンが本格的に登場するようですね。 

最後まで復讐なのか、モヨン(愛)なのかの選択を狭まれそうなピルチュ。彼が最後どんな選択をするか、今から楽しみです。

お金の花 (カネの花) 9話・10話 あらすじと感想

 

お金の花 (カネの花) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー