お金の花 (カネの花) 23話・24話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

お金の花(カネの花) トンコッ 돈꽃 全24話

 

第23話あらすじ

亡くなったはずのナ議員が生きていることを証明する動画が配信されたことで、チョンア内に衝撃が走る。そんな中、チャン名誉会長はピルジュに母親の遺言を渡し、読み直すように促す。ブチョンはナ議員の生存を隠していたピルジュを責め、自分に唯一残ったチャンの姓だけは守り抜きたいと告げる。一方、マルランはこの期に及んでもチョンアは自分たち親子のものだと言い張り、自身はピルジュの処理を、ソンマンにはナ議員を始末させようと企む。

https://knda.tv/kntv/

quetalsurinoさん

第23話感想

チョンアグループから手を引くことができないマルランに、ピルチュはオ運転手の死に彼女が関与した証拠を突きつけ、マルランはピルチュを毒殺しようとしましたね。毒入りのワインを飲んだピルチュが苦しむシーンでは、このまま主人公は死ぬ?と思っちゃいました。でも、突然笑いだすピルチュ。彼女の計画をすべて知っていたのは、マルランの秘書がピルチュの協力者だったからでしょう。

しかし、ピルチュの予想とは違う動きをしたのは、ブチョンでした。オ運転手の銃を手にしたブチョンは、その先をピルチュに向けます。銃声がなり、第23話が終わりました。果たしてブチョンはピルチュに発砲したのでしょうか。ピルチュとブチョンの最後の対決となりそうですが、まさかの結果になっていないことを願います。

ナ議員が政治資金に関する真実を明かすようで、モヨンの心配通り、ピルチュにもその影響がありそうで、チョンアの会長の座にどんな変化があるか、最終話で確認することになりますね。予想が難しく、逆転が続くなど破格的な展開を続けてきた「金の花」でしたが、マルランが毒殺を図ったことや銃を手にしたブチョンなど、個人的には最終話を前に少し流れがおかしい、気がして残念でした。

でもこれまで本当に面白かったので、最終話への期待も高まります。チャン・ヒョク出演するドラマは、どれも外れることなく、見入ってしまう不思議な力があります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第24話あらすじ(最終回)

死を望むマルランに対してピルジュは、生きて罪を償わせようとする。そして、チャン名誉会長から渡された後、読まないままになっていた母親の遺言を読む。そこには「復讐のために生きてはならない」という母の思いが記されていた。そんな折、モヒョンはナ議員への資金調達が記録されたチョンアの二重帳簿のデータを手にする。

https://knda.tv/kntv/

quetalsurinoさん

第24話感想(最終回)

前の話で気になった銃声の後に何が起きたのが分かりましたが、やるせない気持ちになりました。ピルチュに向けられた銃、毒を飲んで死のうとしたマルランと危険を覚悟してマルランを助けたピルチュ。最終話のスタートから複雑な気持ちになりましたが、欲を捨てることができなかったマルランの最後は尚複雑な気持ちにさせられました。逮捕されたマルランは精神異常からか、ピルチュを亡き夫チャン・スンマンだと勘違いする場面は、マルランにとってのピルチュの存在が大きさを気づかされました。

ピルチュはチョンアの将来のためにできる選択をしましたね。内部告白することで、3年の求刑となりましたが、彼がえがいたチョンアの改革は成功し、オーナー家はチョンアグループの経営から手を引く結果に。。。モヨンはチョンア財団に残り、クリーンな運営を目指している姿が意外でしたが、ピルチュとのロマンスの発展も期待できるような開かれたエンディング。

ハッキリしないエンディングは個人的には嫌いではないので、最後のシーンが復讐を終え普通の日常に戻ったピルチュの姿だったのは、希望のある描かれ方だったと思いました。ピルチュとモヨンの恋にも希望がまだありそうと、願えるエンディングだったので、これまでのハラハラする展開が多かっただけに、ホッとしました。

チャン・ヒョクが出演したドラマはすべて観ましたが、これまで演じたどの役よりも「カン・ピルチュ」の役が残した余韻がどのドラマよりも長く続きそうです。

お金の花 (カネの花) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー