お金の花 (カネの花) 19話・20話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

お金の花(カネの花) トンコッ 돈꽃 全24話

 

第19話あらすじ

チャン名誉会長に自分が孫のウンチョンであると告白したピルジュは、強気な態度を見せる。一方、副会長になったブチョンは、ミャンマーにいるヨチョンを独断で呼び戻し、チャン名誉会長に事後報告する。憤るチャン名誉会長をピルジュが説きふせるが、ブチョンはピルジュの言動に不信感を抱くようになっていた。そんな中、ピルジュとチャン名誉会長が2人で外出したことを知ったブチョンは、ピルジュの動きが一層気になってしまう。

quetalsurinoさん

第19話感想

祖父チャン・グッカンに孫であることを明かしたピルチュ。グッカンはピルチュの正体に驚き、二人は内密にDNA検査までしましたね。そして、チョンアバイオの株をピルチュが購入できるようにしたいと要求しますが、グッカンは彼の要求を断り、ピリピリする祖父と孫の対決が続きました。結局、ピルチュの要求をのむことになったグッカン。

ピルチュがウンチャンだとまだ気づいていないマルランは、ブチョンを副社長にさせて見返りとして、意外なプレゼントをしましたね。マルランが保有するデイル物流の株を半分ももらうことになりましたが、今後プルチュがチョンアグループを手に入れるために、マルランから譲渡された株をどのように使うか、楽しみです。

一方で、チョンア家を出る決心をしたモヨンは、ブチョンに離婚を求めました。モヨンを好きな気持ちから、彼女を自由にすることを決心したブチョンですが、ピルチュとモヨンの関係を相変わらず警戒しているようでした。

家を出ることをピルチュに伝えたモヨン。ブチョンが復讐を成し遂げるまでチョンアで去ることはないと気づいたのか、ピルチュと一緒ではなく、一人で家を出る決心をしたモヨンのお別れのキス。切ないですね。突然のモヨンのキスに驚くピルチュは、キスが終わるとそっとモヨンの手を握る時に見せたピルチュの表情がさみしく感じました。

ピルチュの希望通り、チョンア家での出来事をすべて忘れ、モヨンは幸せになることはあるのでしょうか。。。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第20話あらすじ

離婚を拒否するブチョンにモヒョンは、訴訟をするしかないと告げる。一方、ピルジュはチョンアバイオを持株会社にし、ブチョンをグループの会長に据えるという計画を立てる。そんな中、ピルジュが不正の証拠資料を検察に提出したことで、チャン名誉会長は出頭要請を受ける。名誉会長側はヨングを襲わせて資料を奪うが、ピルジュはより強力な不正の証拠を突きつける。それを見たチャン名誉会長はピルジュへの融資を決行するが…。

 

quetalsurinoさん

第20話感想

ピルチュの正体を知るブチョンとの緊張はチ続く中、チョンアグループを早く手に入れる方法をピルチュが提案し、マルランとブチョンが受け受け入れ、今後チャン・ソンマン側との後継者争いは続きそうです。

チャン・グッカンもピルチュの計画通り動き、チョンアバイオの株を購入する資金を銀行から借りることにも成功し、そのことを知ったマルランは不安になる様子が描かれました。これまで数十年もマルランの側を守ったブチョンの実の父、オ運転手が死を迎えました。ブチョンがチョンアグループのトップになる前にオ運転手を処理したかったマルランは、毒入りのコーヒーをオ運転手に渡し、すべてを知りながらも息子のために命を落としたオ運転手。

結局、オ運転手は自殺と処理され、複雑な気持ちになりました。その後、タキシード姿で現れたピルチュに女性としてときめいていることが分かる中、ピルチュが彼女の耳のもとでささやいた言葉。その言葉に驚く表情を隠せないマルラン。ついにピルチュの正体が、復讐相手のマルランに明かされました!亡きチャン・スマンの長男として、マルランにとって、最も脅威的な存在となるピルチュ。

韓国放送時、視聴率が20%を突破しました。最後のシーンでは何が起きるかドキドキしてみていましたが、ウンチョンであることを明らかにしたピルチュの姿に、最も緊張する瞬間でした。今後、ピルチュとマルランの関係がどう変わっていくのでしょうかね。最終話まで目が離せない展開となってきました!

 

お金の花 (カネの花) 21話・22話 あらすじと感想

 

お金の花 (カネの花) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー