お金の花 (カネの花) 1話・2話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

お金の花(カネの花) トンコッ 돈꽃 全24話

 

第1話あらすじ

国内屈指の大企業・チョンアグループの戦略企画室で、弁護士を務めるカン・ピルジュ。ピルジュは、背任容疑で逮捕されるが、チョンアグループ名誉会長のチャン・グクファンの孫であるチャン・ブチョンの犯した罪を、自ら被ってのことだった。肩書きとは裏腹に、問題処理や裏の仕事を任されるピルジュは、チャン名誉会長の「犬」だという悪評さえもある。そんなピルジュは密かに、大統領候補であるナ議員の娘ナ・モヒョンの調査を続けていた。

https://knda.tv/kntv/program/kn180301/

quetalsurinoさん

第1話感想

2016年「ビューティフル・マインド ~愛が起こした奇跡~」、2017年「ボイス~112の奇跡」に続き、チャン・ヒョク主演の待望の最新作。ドラマが始まる前に読んだ紹介文の内容がキャッチで、期待が高まりました。どの権力よりも強い力を発揮する「お金」という力。お金そのものの権力を手にするため繰り広げられる展開に、主人公のチャン・ヒョクがその力に支配されることなく、どのように立ち向かっていくのかが、描かれるようです。

チョン・ヒョクが出演するドラマは必ず視聴していますが、演じるキャラクターに合わせたイメージチェンジがとても上手なだけに、このドラマではどんな魅力を発揮し、話をリードしていくのかと共に、逆転が何度もありそうです。

第1話では、カン・ピルチュとチャン・ブチョンとの最初の出会いも紹介されました。ブチョンのせい(ため?)で2度も刑務所に行くことになったピルチュ。刑務所の廊下を歩く幼いピルチュと現在のピルチュがかさなった場面では、ピルチュが長期にわたり計画してきたことが、復讐?と予想することができましたが、その理由や詳細な計画が今後どのように描かれるのでしょう。

無能でわがまま、でもグループ内での位置を常に気にし、神経質そうに見えるチャン・ブチョン。ピルチュに対して常に上目線で、ピルチュはブチョンのためなら何でもする「忠実な犬」のようですが、実は裏ですべてを操っていくことになるのは弁護士のピルチュなのでしょうね。ストーリーラインや登場人物の分かりやすいキャラクター設定など、第1話にして既にこのドラマにはまっちゃいました。韓国でいう、中毒性の強いドラマなのでしょうね。

グループ内での激しい勢力争いがある中、従兄弟のチャン・ヨチョンの方に祖父で創立者のチャン・グッカンの気持ちが動き始めた時、ピルチュが動き出します。次期の大統領有力候補のナ議員の娘とブチョンを政略結婚させる計画。。。 ナ議員の娘とはナ・モヨンで、ピルチュが長年密かに見つめていた相手でした。モヨンから初恋の相手チョン・イノの名を聞くと表情が変わるピルチュ。必ず再会したい相手で、彼とは運命的なものを感じると話すモヨンですが、チョン・イノとピルチュの関係は?

復讐のために、長年準備してきたピルチュ。彼が描くシナリオ通り、チョンアグループの人々は動き、彼の計画に最も重要なキーを握っているのは、モヨン。

サスペンスドラマではないですが、ドラマが終わる時の音楽にドキッとしました!最終話までドロドロ、ハラハラする展開が続きそうで、チャン・ヒョクが出演するドラマは、文句なしに面白い!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

quetalsurinoさん

第2話あらすじ

ピルジュの計画どおり、ブチョンは、モヒョンに接近するために、助けた鳥の治療を見守る。従弟のチャン・ヨチョンに勝つため、モヒョンとの結婚に乗り気のブチョンだったが、軽率な発言が多く、ピルジュに殴られてしまう。一方、ピルジュの弟分であるヨングは、昔の写真を見て、ピルジュとモヒョンの間に何かあるのではないかと勘繰る。そんな中、チャン名誉会長は、ブチョンをミャンマーの木材工場へ送り、修業をさせると言いだす。

https://knda.tv/kntv/program/kn180301/

第2話感想

チャン・ブチョンとナ・マルラン(イ・ミスク)親子は、ピルチュが復讐を図っているなどと全く疑いもしない様子でマルランはピルチュなしでは何もできないほど彼に頼っているような印象を受けました。これもすべてピルチュの計画通りなのでしょうか。

ナ議員の娘とブチョンを結婚させ、祖父チャン会長の望み通り、チョンアタワーの建設を成功させることを条件に、グループ内でのブチョンの位置を取り引きするピルチュですが、彼のシナリオ通り、ナ議員の娘モヨンはブチョンと恋に落ち、結婚することになりそうです。好きな人との恋愛・結婚を望むモヨンですが、ブチョンとの出会いがすべて計画されたもので、偶然ではなかったことに気づくことなく、ピルチュの計画に利用されることになるようです。

内緒で付き合っている恋人のユン・ソウォンの存在は、母のマルランやピルチュにも気づかれていることを知らないブチョンが、初めは目的を持ってモヨンに接近しますが、徐々に彼女に魅了され本気でモヨンを愛することになる。こんな設定で話が続いていきそうです。永遠に続く秘密はないので、二人の結婚が初めから演出された政略結婚だったことにモヨンがどのように気づくか、面白くなりそうです。

「ビューティフル・マインド ~愛が起こした奇跡~」に続き、チャン・ヒョクとは2度目の共演となるパク・セヨンは、これまでのイメージが強すぎたのか、第1話での印象はナ・モヨンというキャラクターとイメージがかさならないことが心配でしたが、徐々にこれまでのイメージが薄れてきた気がします。ドラマ「私の娘、グム・サウォル」での悪役ぶりがすごくて、それにつられるように最後までドラマを観た記憶があるので、このドラマでも純粋に愛を夢見たモヨンが、お金や権力が中心の世界でどのように変わりゆくのか、楽しみです。

モヨンを調べていたピルチュは、命の恩人だった少女がモヨンだったことを知ります。ピルチュは気づいていないようですが、実はモヨンに特別な感情を持ち始めている様子。でも、復讐のために彼女への気持ちを抑え、ブチョンに恋し結婚する姿を見守ることになるのでしょうね。過去、ピルチュが落としたネックレスを拾ったのはモヨンでした。

ピルチュの復讐とネックレスの謎を残し、モヨンが捜している初恋の相手がピルチュと気づくことなく、二人のすれ違いが始まることになるのでしょうかね。ピルチュのドキッとする言葉を最後に、彼の復讐が本格的に始まったと感じました。ぞっとさせるほどカリスマ性の高いチャン・ヒョクの演技に改めて驚かされました!

お金の花 (カネの花) 3話・4話 あらすじと感想

 

お金の花 (カネの花) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー