おしえて!イルスン 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

おしえて!イルスン(疑問の一勝) 의문의일승 全40回(20話) 2017年放送 SBS

aulajapaさん

視聴率 第17回5.7% 第18回7.1% (第9話)

第9話あらすじ

あの日チンソングループの階段で拾った、赤いハートのマークとCKの文字が入った、ハンドメイドのキーホルダーを、ジョンサムはジニョンに渡します。走り去る足音を聞いた、顔は見ていない、たぶん男だと思う、君の父親は自殺したんじゃないと。

ピルソンはジョンサムを見て、見たことがある顔だ、私を知っているかと聞きます。料亭殺人事件のファイルを見ながら、事件を思い出しています。

アン弁護士は現金の一部について、メディアを抱き込む報道を作り、グァンホはあのカネを検事に渡したのはチョルギだろうと言います。

チン会長の下で働いていたチェが、ジニョンに、あの日タバコを吸いにビルの外に出て、チン会長が屋上から落ちるのを見た、しばらく端に掴まっていた、落ちた後に誰かが屋上にいたと証言します。会長は誰か刑事と電話で話していたようだと供述します。

ジョンサムはキム検事に、グァンホの資金について訊かれ、年に一度、船で現金が運ばれて来ることを教えます。

ギョンはパク刑事の子供ガンを誘拐しようとし、ガンを遠くから見ていたチョルギが見つけ、通報。物陰に隠れ、チョルギは怖がるガンに、「お前の父さんを知ってる。パクスチルだろ?」と言いますが、ガンは「父さんじゃない。義父だよ」と。パク刑事の捜査班が到着し、ギョンを逮捕しますが、ギョンの牢に近づく男…。

パク刑事はチョルギに、ガンの靴の大きさは…、話し始めますが、話す必要はないと遮るチョルギ。

パク刑事の妻、チャギョンが営む警察署内のカフェに姿を現すチョルギ。チャギョンは気づきますが、「もうあなたに会う必要はない」と言います。去るチョルギ。チャギョンの目に涙。

ガンを背負って車に乗り込もうとするチャギョンを見て、ジニョンが手助けしようとした瞬間、ガンの学校教材が落ち、中から例のCKのイニシャルのあるそっくりなハンドメイドのキーホルダーが…。これは誰のと訊くジニョンに、チャギョンは私のよと答えますが、ガンは僕の父さんのだよと言います。

あの日、チョルギがチン会長のオフィスの廊下に居たのでした。

第9話感想

ガンの実の父親はチョルギでした。チョルギが失踪した後、パク刑事は産まれてきた子をチャギョンと一緒に育ててきたのでした。感動ですね。キムヒウォンは、悪者の役をやっても怖く決まるし、ヒューマンドラマでもかなめの役どころをこなしますね。コメディーでも楽しませてくれるし、ベテランの俳優さんです。

チョルギが失踪したのは、なぜだったのでしょう。グァンホを追っていたそうですが、チラッと出てきたコンテナーの中に閉じ込められて血を流している様子は、どうしたのでしょう。信用できるのか、できないのか、どうも不審な動きをします。

ピルソンは、ジョンサムが殺人犯に仕立てられた事件の担当刑事でした。ピルソン役の俳優さん、チェウォニョンは「君を憶えてる」でソイングクと共演して骨フェッチの不気味な殺人者の役でしたが、強烈な印象がありました。メガネをかけると全く別人に見えます。ユンギュンサンと並んでもさほど身長差を感じないとは、高身長なんですね。

作家さん、スイカとか、ハンドメイドのキーホルダーとか、小物にこだわりますね。何度も出てくると、犯人がそんなに都合よく証拠を落としてくれるかなと疑問に思ってしまいます。とにかく落としたということで納得し、チョルギもあの日あの場所に居たことになりました。

ジニョンとジョンサムの距離は前話で急速に縮まったようですが、ジョンサムの正体がバレる危険に焦点が集中して、緊迫した状況になり、期待したほどの発展はなかったようです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

aulajapaさん

視聴率 第19回5.6% 第20回6.3% (第10話)

第10話あらすじ

チャギョンはキーホルダーはチョルギにあげたものだと言います。パク刑事はチョルギを容疑者リストに入れるよう命じます。チン会長の自殺の件を再捜査することになり、パク刑事はジニョンに休暇を命じますが、ジョンサムと組むと言います。

ペクギョンが首を吊り自殺したとの情報が入ります。ジョンサムはキム検事に、ギョンが処罰牢に入った日の記録を渡し、この日に誰か死んでいるはずと言います。

グァンホはピルソンかアンかに大統領候補になるよう言います。スランはグァンホの養子ヨンミンを推薦しますが、批判に耐えられない者が立候補できるかと言い、ヨンミンは退室します。

チョルギが署に現れ、チン会長に渡す物があるからと屋上に呼び出され、会長が落ちそうなのを見て手をつかんだと供述します。会長とは大統領選挙の直前に大企業からの選挙資金について捜査していて知り合ったと。なぜ失踪したとの問いに、チョルギは事故だったと言います。

チンの部下チェが、刑事がチンのブラックボックスを持って行ったと言いますが、証拠リストにそれはなく、当時の担当刑事に訊くと、チンの妻が自殺なので必要ないと外したことを告げます。

ジニョンが家でカメラのSDカードを見つけ、チンが死の直前に料亭のホン女主人を腕を組んでいる様子を見ます。ジニョンの母は、お前の父親は私を騙していたと言います。

キムは、ギョンが処罰牢に入った日、要人が3件、自殺など怪死しているのを発見します。

キムがスランにグァンホを売れと誘ったところ、クァクが送られてき、キの安全を保証してくれ、チンの運転手が事件の鍵を握っていると言います。

チェが見た2人の刑事のうち、1人は誰だったのか写真で見ているうち、ドアが開き、ピルソンが入ってきました。チェは署から姿を消し、何者かに刺されます。後を追ったジニョンも刺され…。

第10話感想

チン会長の部下チェが見た刑事はどうやらピルソンらしいです。グァンホの家に度々現れるので怪しいと思いましたが、チン会長の事件にも一枚噛んでいたようです。それで昇格したんでしょうか。

チョルギが会長の手をつかみ、それからどうしたか聞かなかったのでしょうか。

ギョンとスランの関係は中国で始まっていました。脱北者で15歳からスランに育てられ、スランは中国の病気のギョンの母に仕送りしてると。なんか、陳腐な気がします。一方で殺人を命じる者が?

ギョンが自殺したのも、偽装でしょう。誰かが殺され、スリ替え自殺に見せかけたのか、ギョン自身が殺され、誰かが自殺に見せかけたか。

チン会長と料亭のホン女主人が腕を組んでいる様子は浮気していたということでしょうか。ジニョンの母の騙されたという言葉から、彼女は何か知っているかもしれません。チン会長の死が自殺とされた時に、会長の妻が遺書の筆跡を認めたから、というのが臭うなと思っていました。

ユンギュンサンは、造りが整った顔をしていますね。どの部分も自己主張せず、小さくまとまっていて、鼻筋が通っています。目がそれぞれ均等にいい形で、目ヂカラがあり、迫力あります。

ピザ屋の宣伝なのか、名前もはっきり出て、何度もピザの差し入れがありますが、具だくさんで美味しそうです。

 

おしえて!イルスン 11話・12話 あらすじと感想

 

おしえて!イルスン(疑問の一勝) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー