おしえて!イルスン 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

おしえて!イルスン(疑問の一勝) 의문의일승 全40回(20話) 2017年放送 SBS

えぱたさん

視聴率 第25回5.8% 第26回6.2% (第13話)

第13話あらすじ

グァンホの養子ヨンミンが女遊びとドラッグで、料亭のホステスを絞殺してしまい、クァクが電話して、スランが見つけます。

ジョンサムがピルソンの事情聴取をします。ジニョンの提案で、「証拠を消す」と言ってみます。

クァクとキがピルソンの倉庫に隠してあった書類を盗み、ヨンミンのドラッグテストに関する書類を抜き取りポケットへ。捜査班が到着、クァクから書類を取り返しますが、ヨンミンの書類に火をつけてしまいます。

ピルソンのオフィス、車、家宅捜査でスマホその他を押収。

クァクが燃やした書類の破片から、鑑識が調査、ドラッグテストの書類で陽性の場合に発行される書類で、血液型AB型の男性の物との結果が出ます。

チョルギにジョンサムは、「グァンホに近い者でドラッグをやっている者がいるか」と訊きます。チョルギは「もしスランが関わっているなら、グァンホの養子ヨンミンで、ドラッグをやっているなら、グァンホに知られないよう隠すだろう」と言います。

スランの回想…。孤児院の前に置かれた乳児を、グァンホが養子にしたのでした。

クァクから押収したスマホの履歴から前日のスランとクァクの足取りを追い、ドラッグディーラーから手がかりになる写真を入手します。そこにはヨンミンと女が写っていました。

イリム食品のオフィスのソファに、ヨンミンの両手を縛って横たえるスラン。ヨンミンは目を覚まして暴れ、スランはクァクとヨンミンを運び、トイレに隠します。ジニョンとジョンサムがオフィスを訪れ、誰もいないのを不審に思い、ジョンサムは探しにオフィスを出ます。ジニョンがオフィスに残っていると、ヨンミンが入ってき、暴れ、ジニョンの首を締め、あわや殺されるところ、ジョンサムが助けます。ヨンミンは精神病院へ。

チョルギとチャギョンはカフェで話し、「10年前に人を殺してしまった」と言います。

ピルソンは「取引はまだ有効か」と、ジョンサムに訊きます。

 

第13話感想

グァンホがヨンミンを養子にしたのは、売名のために養子縁組したのでしょうか。だったら、子供が可哀想です。

ジニョンが首を絞められる箇所、主人公が死んだらドラマの先が続かないので、助け出されるのだろうと思って気長に見ていましたが、ずいぶん長く首を絞められるので、大丈夫かと思ってしまいました。苦しそうにしている演技が顔まで赤くなってきていて、本当に絞められているのではと心配になりました。

ジニョンと母がジョンサムの住むビルに引っ越して来ました。イルスン刑事の部屋は、いわゆる屋上部屋で、トタン屋根が夏は暑く、冬は寒い、極貧の物件でした。部屋に二段ベッドがあって、急な必要にも備えていたんだなと思わせる舞台設定です。ジニョンたちは普通の部屋とのことで、ここでもちょっとした階級があります。

ジョンサムはシングルマザーの家庭で、母を事故で失い、殺人犯の濡れ衣を着せられ10年の冤罪、可哀想な設定です。ジニョンたちが近くに住むようになって、少し家庭的な雰囲気になってきました。

近くのボクシングジムで、格闘技の基本を教えてあげる場面、ユン・ギュンサンがもろに初心者という感じで、ジニョンのされるまま、教えられたことができたら得意気で、無邪気な笑顔がとても可愛いかったです。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

えぱたさん

視聴率 第27回6.6% 第28回6.9% (第14話)

第14話あらすじ

ピルソンはジョンサムに、料亭殺人事件のチョ・スンウォ検事とホン女主人は「刺されて死んだのではない。他の誰かがナイフに触った。目撃者だ。まず、証拠を取り除いてくれ、そうしたら続きを話す」と言います。ピルソンはジョンサムに解剖結果があることを示唆します。

ジョンサムは料亭殺人事件のファイルを洗い直します。

捜査班はドラッグディーラーから入手したヨンミンと女性が写っている写真を元に周辺の聞き込み、当日の夜に彼女とヨンミン、財閥の御曹司が飲んでいたことを突き止め、彼女と居たホステスの調査をします。

グァンホとアンのヨンミンへの対応を知り、スランは怒ります。

ジョンサムがチョルギに、「一度も料亭でグァンホを見たことがない」と言うと、チョルギは「秘密の出入り口が個室に通じてるのだろう」と言います。「選挙後にグァンホの側近であったチャ執事が失踪した」と教えます。

通話記録ほかの手がかりから、女性の遺体が遺棄されたと思われる地域で遺体捜索。ヨンミンに逮捕状が出ます。

ジニョンはチン会長の事件の時、ジョンサムを父親殺害の犯人と疑っていたことを告白します。

「チン会長が自殺とみなされた後でも、ジニョンはジョンサムが映っていた18階のCCTV映像を持っていた。料亭殺人事件でジョンサムが捕まったと聞いてよかったと思った。後で映像を消した」

ジニョンとジョンサムからピルソンの話した解剖結果のことを聞き、パク刑事はピルソンのオフィスのテーブルに空洞があるのではと疑ったことを思い出し、テーブルの中から隠し金庫を発見、解剖結果のオリジナルを見つけ出します。チョ検事は頭部を打たれた傷があり、遺体には動かした跡がありました。ホンは出血多量が死因でした。

病室に老人を見舞うスラン、乳児の写真を見せ、「返せ」と言います。

「死んだよ。2日前。あなたも見ただろう。グァンホが殺したんだ」

アンがグァンホに解剖結果について言い、グァンホは「ピルソンの口を封じろ」と命じます。スランが署に出頭し、「秘密を暴露する」と言います。

ジョンサムが出す食事を毒入りではと疑うピルソン。ピルソンの前にジニョンがミネラルウオーターのボトルを差し出し…。

 

第14話感想

ジニョンとジョンサムは10年来隠されてきた事実に向き合うことになりました。なんと、殺人犯の濡れ衣を着せられたジョンサムに、アリバイがあったのです。これがあれば、10年も刑務所にいることも、タッチが死ぬこともなかったかもしれません。ジニョンが自分にとって不利になる事実をジョンサムに言えたことは、大きな進歩だと思います。辛いでしょうが、ジョンサムもそれを受け止められたのは、良かったです。

ヨンミン事件の重要参考人で、犯行時現場に居た2人のホステスのうち1人に、クォン刑事とキム刑事が任意同行要求した時、スランの2人の手下も彼女を呼んだ場面、刑事2人が颯爽を現れ、刑事のIDを出した後、スランの手下らが懐から出したのが手足を縛る道具だったのが笑えました。

サスペンスをさりげなくコメディーにスリ替えは成功してます、このドラマ。筋金入りのサスペンスはあまり好きでないので、この手のスリ替えは大歓迎です。

スラン役のユン・ユソン、綺麗な二重で目が大きくて、相応に歳を取って老けてますが、悪者でも母性はある微妙な役どころ、細かく表現していて、さすがベテラン女優さんだと感心します。スランにヨンミンの実の母親ではと疑いDNAテストをしたと告白する場面で、アン弁護士役俳優のキム・ヨンピル、人の弱みを知り尽くした抜け目ない弁護士を演じてユソンとの絡みが、見事だなと思いました。

 

おしえて!イルスン 15話・16話 あらすじと感想

おしえて!イルスン(疑問の一勝) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー