いつも春の日 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS11(2018/9/5から)月~金曜日13時から 字幕
●フジテレビTWO(2018/5/21から)月~金曜日8:20から3話連続放送 字幕
●KNTV(2017/4/19から)集中再放送 日曜日早朝4時から5話?連続放送 字幕

いつも春の日 언제나 봄날 全120話
2016年放送 
平均視聴率 % 시청률
 2017y04m10d_213407642
MBC いつも春の日 언제나 봄날
あらすじ

 8年ものあいだ軍務に就いていたチュ家の孫娘インジョン(カン・ビョル)が除隊し、父ミョンシク(ソヌ・ジェドク)と再会の喜びを分かち合っていた。その時、近くに居合わせた老人が倒れ、ふたりは救護にあたる。老人のドクサン(イ・ジョンギル)は実は大手食品会社KRの名誉会長。献身的な父娘の姿にドクサンは不思議な感情が芽生える。
その頃、ドクサンからスカウトを受けたヒョンジュン(パク・チョンウク)がKRの社長に赴任。さらにドクサンの孫ユノ(クォン・ヒョンサン)も理事として入社してくる。インジョンに好意をもつヒョンジュンと、インジョンのかつての恋人ユノ。何も知らないインジョンはKRに入社し、ぎこちない会社生活が始まった…。一方、ミョンシクに実の親がいることが発覚し…。

2017y04m10d_213656274
 KNTV いつも春の日
キャスト

カン・ビョル チュ・インジョン 未婚の母。元職業軍人 双子

キム・ソヘ チュ・セウン 叔父夫婦の養女 KRの秘書室に勤務 双子

パク・ジョンウク ク・ヒョンジュン KRの社長

クォン・ヒョンサン カン・ユノ KRグループの御曹司

ソヌ・ジェドク  チュ・ミョンシク トラックで野菜を売っている

イ・ユジュ チュ・ポヒョン 幼稚園児 チュ・インジョンの娘

スタッフ /脚本: キム・ミギョン、ソ・シネ 演出 :イ・ヒョンソン
コメントにて随時感想募集中です。

 

カン・ビョル 강별 チュ・インジョン役
2017y04m10d_221032129
出典:http://www.imbc.com/
生年月日: 1990年8月9日 2009年に『女子高怪談』シリーズの第5作でデビュー。168cm, 48kg ソウルアメリカ人高校を卒業で英語が堪能
ミス・マンマミーア(2015/KBS drama)ソ・ヨンジュ シングルマザー
おバカちゃん注意報(2013/SBS)コン・ジンジュ ジュンスの義妹、美容師
鉄の王キム・スロ (2010/MBC)アヒョ 斯盧(サロ)国の王女、密偵、スロの恋人/アニ アヒョの姉

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●家族について考えさせられるドラマ!

韓国ドラマではよく子供が生まれた時に、他の赤ちゃんと入れ替わってしまい大人になってそのことを気付くというドラマが多くあります。

このドラマも子供を取り違えられてしまい人生が変わってしまったドラマですが、今までのドラマとは違い子供が入れ替わっていたことを気付いたのが58年も経ってからだということです。当然、58年も経っていれば入れ替わった子供は58歳でその子供大人になっています。

このドラマは、子供が生まれた時に取り違えられて58年も経ってそのことが分かったことで2世代の人が家族とは何なのかと考えさせられるドラマです。

このドラマのヒロインは未婚の母で子供を産んで軍に勤務していた女性が除隊をする所から始まります。ヒロインのインジョンを演じるのはチソンさんのドラマの鉄の王キムスロで相手役として見事な演技を見せてくれたカン・ビョルさんです。

父親役を数々のドラマで脇役として見事な演技を披露してくれているチュ・ミョンシクさんが演じています。韓国ドラマが好きな人ならこの俳優さんをあのドラマで見たことがあると思うほど、多くのドラマに出演しています。最初にチュ・ミョンシクさんをドラマで見たのは百万本のバラでいい加減だけどどこか憎めないおじさんの役を演じていました。

そんなチュ・ミョンシクさんですが、このドラマでは本当はお金持ちのうちに生まれたのに赤ちゃんの時に取り違えられて貧乏な家で育った実直なお父さんです。58年前に赤ちゃんの時に赤ちゃんの取り違えがあっただけでも、事件ですが次々にこの2つの家族に事件が起きます。回数が長いドラマですが、次々に事件が起きて次は何が起こるんだろうと思い飽きることなくドラマを見ることが出来ます。

脇を固める俳優さんも演技力の高い俳優さんが多く、家族とは何かや血の繋がりとは何かを考えさせるドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー