ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた 15話・16話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた 15話・16話(最終回) あらすじと感想

「広告」


ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた 어느 날 우리집 현관으로 멸망이 들어왔다 2021年放送 tvN 全16話

第15話視聴率2.334%

daisySSさん

第15話あらすじ

タク・ドンギョン(パク・ボヨン)に生きる命を与え、彼女の前から姿を消した滅亡(ソ・イングク)。ドンギョンは滅亡との思い出と彼の言葉を思い浮かべ、幸せな毎日を送るための努力を続けます。側にいない滅亡へのドンギョンの切ない気持は募るばかり。

イ・ヒョンギュ(カン・テオ)との初恋に終止符を打ったナ・ジナ(シン・ドヒョン)は、チャ・ジュイク(イ・スヒョク)への気持ちを伝えられず、お互いに連絡を取り合わない二人。両想いの二人を見つけるドンギョンは、時間ばかり過ぎる二人の関係が気になり、ジナに勇気を出して告白するようアドバイスします。

滅亡が消えて3ヶ月後、腫瘍が小さくなる奇跡が起き、ドンギョンは仕事に復帰することになります。通っていた出版社ではなく、チャ・ジュイク(イ・スヒョク)が設立した出版社のチーム長として働くことになったドンギョン、、、ジュイクと共に作家契約を結ぶために奮闘、忙しい時間を過ごします。

起業後、距離を置くためジナとの連絡を控えていたジュイクは、ジナを訪ねると契約書を渡します。「このまま会わないのは辛い、仕事仲間でもよいので・・・」と語ると、ジナもジュイクへの気持ちを伝え。。。

一方、一人で過ごすドンギョンは、滅亡とは夢で会うことができず、滅亡が消える前にプレゼントしたバラの花が枯れると、花を買ってきては滅亡との記憶に涙を流します。しかし、彼がプレゼントしてくれた人生をまっとうするため明るくポジティブな日々を送るよう努力する。



小説家としてウェブ小説を連載するようになったドンギョン、、、小説のタイトルは「ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた」。滅亡と自分のラブストーリーを描いた作品で、二人が初めて出会った時をスタートに連載中。読者の反応はストーリーの展開から、悲しい結末を迎えることになるだろうとの予想する書き込みが多い。滅亡がいつか戻ってくると、彼への気持ちを諦められないドンギョン。

ある夜、バス停でドンギョンと出会った神は、元気そうなドンギョンの姿に、「もう少しこの人生を続けてみる」と語り、傘を持たず帰る神の姿を見たドンギョンは、彼女に傘をゆすります。ドンギョンから渡された傘を手に、神の庭園に立つ神の姿。目の前に立つ滅亡に、神の庭園の蝶としての運命は終わったと告げると、「生きないさ、、、幸せになって」との言葉通り、人間としてドンギョンの前に再び現れた滅亡!

バスの中、滅亡のことを思い浮かべるドンギョン、、、バスが揺れて、彼女が転びそうになった時、ドンギョンの手を逃げる手は、滅亡の手でした。

第15話感想

幸せなエンディングを迎えました!

今話が始まってから終わる少し前まで、滅亡との再会を夢みて明るく振る舞おうとするドンギョンの姿が描かれ、夜になると一人ベッドで涙を流す姿が加わると、すごく切ない気持にさせられました。幸い、ドンギョンの腫瘍が小さくなる、滅亡が望んだ通りに平凡だけど幸せな人生を送ることができることにはなりましたが、再び滅亡が姿を見せるまで悲しい展開が続きました。

でも、3ヶ月後の奇跡はドンギョンの病気が治ったことだけではなく、人間としてドンギョンの側に戻ってきた滅亡。これで幸せな最終話を迎えることができます。しかし、名前も顔も持つことなく存在し続けた滅亡ですが、姿を消す前に呼ばれていた「サラム(人間)」という名前で呼ばれることになるのでしょうか。

滅亡が人間として戻ってこられたところは、いまいちしっくりこない部分もありますが、とりあえずはドンギョンと滅亡のロマンスが幸せな結末を迎えることができるという点は、安心。個人的な意見としては、滅亡が戻ってくることになったあたり、それほどドラマチックな展開がなかったのが残念でした。神の庭園での滅亡の存在及び役割は、蝶のようなもの?命が尽きた蝶、、、庭園の肥料となり花を咲かせたとで、神の庭園では花のような存在となった、、、神の庭園にあるお花たちは人間を意味することから、滅亡が人間になったということになるようです。

滅亡が姿を消した理由を伝えることができず、叔母と弟のタク・ソンギョン(SF9ダウォン)は、滅亡が長期出張中と知らせ、彼らも滅亡が戻ってくることを待っているようで、最終話を残していますが、第15話でエンディングを迎えたような錯覚を起こしました。果たして最終話ではどのようなエンディングをむかえることになるのでしょうか。

チャ・ジュイク(イ・スヒョク)とナ・ジナ(シン・ドヒョン)のロマンスもラブラブなエンディングを迎えて欲しいです。

第16話視聴率2.340%

daisySSさん

第16話(最終回)あらすじ

ある日、人間としてタク・ドンギョン(パク・ボヨン)の目の前に現れた滅亡(ソ・イングク)、、、ドンギョンは嬉しさのあまり彼から目を離すことができない。特別な能力を持たない普通の人間として戻ってきたことを伝える滅亡。ドンギョンは彼が再び姿を消してしまうことになるのか、不安を見せます。慣れない人間として戻ってきた滅亡を一人残しておけないドンギョンは、彼を連れて出社。

あきれた表情をみせていたチャ・ジュイク(イ・スヒョク)に、滅亡が運転してくれるので、楽に仕事ができると話すと、滅亡を歓迎する様子。ドンギョン以外は滅亡の顔を認識することができなかったことから、人間として戻ってきた滅亡は、人々にどのような姿として映るのかを心配します。しかし、神の配慮でこれまでと同じ顔のまま、、、人々が記憶する通りのまま。

「サラム(人間)」の名前で、、、神の配慮で医師として生きることになった滅亡。人間になった滅亡は、嫉妬深いタイプとなり、ドンギョンと一緒にいる「男性」、全員に対して嫉妬を燃やします。

ロマンス小説の連載を辞め、スリラー小説を連載することになったナ・ジナ(シン・ドヒョン)の小説が人気を集め、トップ10に上がり、ジナはチャ・ジュイクとのロマンスを始めます。一方、小説「ある日、うちの玄関に滅亡が入ってきた」が人気を集めると、チャ・ジュイクは小説家とコンタクトを取るようドンギョンに命じます。自分が書いた小説だと語れないドンギョンは、契約は無理・・・と語り、チャ・ジュイクを驚かせる。

戻ってきた滅亡は、ドンギョンの叔母カン・スジャ(ウ・ヒジン)に正式に挨拶を交わし、家族の一員となります。弟のタク・ソンギョン(SF9ダウォン)も滅亡を歓迎。

ドンギョンの夢に現れた神は、育てていた植物に花が咲いたと語ると、コスモスを見せます。滅亡はコスモスだった!咲いた花を見つめるドンギョンに、「滅亡なら、あなたと共に困難を乗り越え、幸せになれると信じていた」と語り笑顔を見せます。ドンギョンも神に笑顔を見せ。。。

ドンギョンの家族に受け入れられ、人間としての人生を送る滅亡は、これまで感じることのなかった人間としての幸せを味わい、幸せな日々と過ごします。夜空を見つめるドンギョンと滅亡、、滅亡は「ドンギョンと末永く幸せな時間を過ごせますように」と流れ星に願いを伝える。

第16話(最終回)感想

人間になった滅亡にとって最高に幸せなエンディング!!平凡な人間として生きていく滅亡、、、名残惜しさが混じった最終話でした。

第15話でドラマのエンディングを見た気がしたので、最終話はオマケのような気持ちで視聴しました。人間になった滅亡はドンギョンと共に長生きするため、タバコを辞めお酒も辞める・・・、人間として生きるための心構えがリアル過ぎて、思っていたエンディングではなかったですが、人間になれた滅亡がドンギョンと共に幸せな人生を送ることになる、、、ファンタジードラマからリアルなロマンスドラマにジャンルが変わってしまった錯覚がありました。

ファンタジードラマ的な要素は神が登場する場面のみ、、、正直、第16話の展開は必要だったのか、考えます。リアル感のある展開は期待していなかったので、最終話に対して否定的なコメントは控えたいと思うため、完結後のスペシャル(エピローグ)の感覚で今話は視聴する方が、ドラマを最後まで楽しめる気がします。

神が育てていた鉢のお花は素朴なコスモスの花でした。滅亡はコスモスだったのは意外でしたが、すべて円満に収まった幸せなエンディングだったので、これでよかったと思える最終話でした。最終話に登場した神の姿も前とは違い、元気そうな表情で、ドンギョンと滅亡の想いが神までも感動させたよう!

第1話で流れ星を見ながら願いを伝えるドンギョンの姿とオーバースリップするように、エンディングも流れ星を見ながら願いを伝える姿が登場しました。エンディングで望みを話すのはドンギョンではなく、滅亡、、、大それた望みではなく、平凡な望み、、、末永く幸せなドンギョンと滅亡であって欲しいです。

「空から降る一億の星」で演じたキム・ムヨン役、このドラマで演じた滅亡の役を通じて、俳優として強い印象を残したソ・イングクですが、記憶喪失の御曹司を演じたラブコメ「ショッピング王ルイ」で演じたルイ(カン・ジソン)のような役をまた演じて欲しいです。ツンデレのようで甘え上手なラブコメの主人公役を演じるソ・イングクがまたみたいです。

ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【純情に惚れる】

●BS朝日(2022/2/2から)月~金曜日8:30から 字幕

純情に惚れる 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン】

●テレビ大阪(2022/2/2から)月~金曜日11:59から

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン- あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (時代劇サイト・外部リンク)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー