あいつがそいつだ 9話・10話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

あいつがそいつだ 9話・10話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


あいつがそいつだ 그놈이 그놈이다

【韓国放送期間】2020年 7月6日から2020年 8月25日まで 2020年放送 KBS2

第9話視聴率2.1% 3.2%

えぱたさん

第9話あらすじ

誰と結婚するかで大喧嘩する両親の銀婚式で、ヒョンジュ (ファン・ジョンウム) はまた宣言する。「私は自分自身と結婚する!」

仕事帰りにジウ (ユン・ヒョンミン) に誘われて、デートするヒョンジュ。公園の湖のほとりで、自転車に乗るが、ジウは乗れず、ヒョンジュがジウを乗せてあげる。

ドギョム (ソ・ジフン) にインタビューすることになったソユン (チョ・ウリ) は、自分の気持ちを打ち明けて、言う。
「ソチーム長は、代表と付き合ってる。一緒にホテルで一晩過ごした」
どこに泊まったのかと思って心配していた日、ヒョンジュは嘘をついて、ジウとホテルに泊まっていたと知ったドギョムは、ショックを受ける。

ヒョンジュが友人らにバーで話す。
「代表が酔っ払って呟いた名前が、ミンジュだった」
そばでソニ (チェ・ミョンギル) のスパイが張っていて、報告する。ジウがミンジュの名前を知っていることに、動揺したソニ。一方、ジウもソニについての身辺調査をする。

ソニはヒョンジュをカフェに呼び出し、言う。
「あなたは、ジウが長く付き合っていた女性に似ている。事故で彼女を失って苦しんだ。あなたを彼女の代わりと思っているんじゃないかしら」



ソニのスパイは、ジウの精神科医との治療記録をソニに報告する。

ソニと話すジウは、動揺して去ろうとするソニの背後から言う。
「キム・ソニ! いや、キム・スジョン!」

ヒョンジュはジウに確認する。
「あなたが付き合っていた人に、私そんなに似ている? 私は彼女の代わりなの?」
ジウはヒョンジュにキス。その瞬間に、夢の中で探していた男性は、ジウだったと分かる。

 

第9話感想

ジウがヒョンジュにキスした時、今までフラッシュバックで見えていた男性の顔がはっきり見えました。それは、ジウでした。

どうも、こういうあたりの設定や展開がこじつけっぽくて、登場人物たちに入り込めません。

ジウとソニが話した時の感じでは、まだソニが知らないことで、ジウが知っていることがあるようです。ソニは動揺してカフェを足早に立ち去りましたが、ソニは自分のほうがよく知っていると思っていて、不意を突かれた様子でした。そこに何か、この4人、ヒョンジュ、ジウ、ソニ、ドギョムの関係につながる秘密があるのかもしれません。

ヒョンジュとしては、あまりに歳が下すぎるドギョムとの関係で、一方的にヒョンジュのことが好きなドギョムを苦しめるより、歳が同じくらいのジウとの関係を真剣に考えたい気持ちはあるのでしょう。

いわゆる“前世”の存在は信じませんが、催眠療法は興味を引かれます。深層心理の奥深くに押し込められた記憶や感情が、匂いや音楽で意識に上ってくるというのは、あり得ると思います。

ジウから紹介された精神科医の催眠療法のセッションの中で、オルゴールまで見えてきていましたが、あれはジウが死んだ時に墓の棚にあったのと同じもの。ヒョンジュが見た、真珠のイヤリングをして、オルゴールを持っている女性は、キム・ソニらしい。ジウとソニが話したシーンで、ジウがソニを呼んだ名前によれば、キム・スジョン。

最後まで行けば、この関係がどういう意味を持つのか、理解できるのでしょうか。

 

第10話視聴率2.2% 3.3%

えぱたさん

第10話あらすじ

ヒョンジュはドギョムにジウとの関係を話す。ジウとの結婚を強要する母に、ソユンは他に好きな人がいると宣言。スパイの偵察してきたドギョムの写真を見て、そっくりだと驚くソニ。
「チョン・ウヨン…」

ミンジュに渡すつもりで、渡せなかったオルゴールを、ヒョンジュに渡して、約束していて、見られなかった映画を2人で一緒に見る。

精神科医と話すジウ。
「セッションの途中で、彼女が自分から催眠術から解けたのは、初めてです」

ヒョンジュがSNSで投稿したオルゴールの写真を見て、動揺するソニ。
「なぜヒョンジュがこもオルゴールを持っている⁈」カン・ジノの墓に行くソニは、棚にあったはずのオルゴールがないことを見る。

ソニはジウに言う。
「私がジノ先輩の葬式代を払った」
「店に頼んだはずのオルゴールが失くなったんです」
「私が盗んだとでも?」

ソユンは家出するが、クレジットカードを止められ、行く当てがない。ドギョムに電話すると、ホテルの宿泊費をドギョムが払ってくれる。ソニはドギョムに会って言う。
「娘はジウと結婚することになっているんです」

(回想映像) ジウが古い新聞の記事を見ている。
「事故で2人死亡。ソン・ミンジュとチョン・ウヨン」

ソニは金庫から書類を出して、シュレッダーにかけていく。

ウェブ漫画制作会社で大騒ぎになって、ヒョンジュがニュースを見る。
「ソヌ製薬代表とキム・ソユンが婚約発表」

 

第10話感想

過去の死んだ人々の怨念がずっと残っているというのは、まぁ、あり得るかなと思いますが、自分たちの“運命”がそれに影響されたり、支配されたりとかは、考えたくないです。

大事なのは、自分が今、何を選択するかだけで、他の人の考えや状況によって、本当にやりたいことを選択できないというのはあり得ると思いますが。自分の過去の記憶が深層心理で足かせになって、すべき選択ができないというのは、よくあることと思います。

ジウがいわゆる“何百年”かの記憶があって、そこから来る知識があって、ヒョンジュを待っていて、ずっと渡そうとしていたオルゴールをやっと渡せたというのは、美しい気がしますが。

ヒョンジュの記憶の中では、オルゴールを持っていた女性は、(ヒョンジュには顔は見えませんでしたが) 真珠のイヤリングから、ソニでした。そのオルゴールは、ジウがヒョンジュに渡そうとして、できず、今渡した? う〜ん、こんがらがる。まだ経過は明かされていませんが、当時ソニが盗んだようです。

冷たく感情を表に出さないタイプのジウが、ヒョンジュに一直線で、しっかり心を決めている様子が好感持てます。

ドギョムの出番がまたたくさんあって、嬉しかったです。「お姉さんが幸せになってくれれば」と言った時の顔がキュート!「もしお姉さんを苦しめたら、その時は容赦しない」とジウに言った時。お〜、頼もしい!

 

あいつがそいつだ 11話・12話 あらすじと感想

あいつがそいつだ キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー