20世紀少年少女 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

20世紀少年少女 20세기 소년소녀 全32話

 

第9話 視聴率 3.2% 第10話 視聴率 3.7%

quetalsurinoさんより

第9話・10話 あらすじ

ジンジン(ハン・イェスル)はガラス越しに、外に立っているアンソニ―(イ・サンウ)と目が合い驚きます。アンソニ―を見て驚き、現れた撮影スタッフを見て更に驚きます。ジンジンが出演するのがロマンスドラマではなく、バラエティー番組の「私たち結婚しました」で、相手がアンソニ―だと知り、ジンジンは緊張します。

撮影から帰ると、天井からの水漏れが原因で、コン・ジウォン(キム・ジソク)がジンジンの両親の自宅でしばらく生活することになったことを知ります。結婚しているはずのジウォンは一人暮らし、ジンジンは彼を配慮してできるだけ友達として接するよう心がけます。

ジウォンに小包が届くと、その箱がジウォンの妻からだとジンジンは誤解します。嫉妬を隠しジウォンの妻の存在が気になりながらも何も言えないジンジン。ジウォンが結婚していると、ジンジンが誤解していることを知ったジウォンは、距離を保とうとするジンジンに、結婚していないことを伝えます。

ジウォンは母の再婚、兄ができたことや妹がいることまで、これまでをすべて話し、ジンジンに兄を紹介すると話します。撮影日、アンソニ―とジンジンに番組にから新しいミッションが渡されます。その内容は、二人の結婚式。ジンジンは、ウェディングシーンを撮影するために親友二人を呼び、アンソニ―は偶然近くに来ていた弟のジウォンを呼びます。

アンソニ―が人気番組に出演することになったことを喜ぶジウォンは、仮想結婚の相手がジンジンと知り驚きます。ジンジンもジウォンの兄がアンソニ―だと知ります。

第9話・10話 感想

ジンジンとジウォンにドキドキしちゃいました。これまで持っていたキム・ジソクのイメージが少し変わりました。初めて演じるロマンティックコメディの主人公とは思えないほど、かなりのあたり役です。

ジウォンが結婚していないことを知り、明るく笑い喜ぶ姿が可愛かったです。お互い初恋の相手なので、再開後もドキドキする気持ちってありますね。ましてやジウォンは、まだジンジンが好きだと思います。 

ジウォンが独身だと知ったジンジンは彼を意識してか、鏡を見たり家でくつろいでいても身だしなみを確認する姿って、恋をする女子の典型的な様子ですね。

10代の頃、アンソニ―の追っかけをするほど熱心なファンだったジンジンは、あれほど願っても一度も実物に会うことができなかった相手。そんなアンソニ―と仮想結婚番組で夫婦を演じることになります。アンソニ―に会うと緊張するジンジンと慣れない様子のアンソニ―ですが、初めての撮影があった日にアンソニ―のジンジンへの気持ちが少しずつ動き出したような気がします。

雨の中傘のないジンジンを車まで送るアンソニ―は、途中かかってきた電話に対応することになり、傘を持ったジンジンはずぶ濡れになりながらも、アンソニ―が濡れないように配慮します。アンソニ―は彼女の行動を気づいてくれたのでしょうか。  

番組での設定上の結婚とは言え、兄アンソニ―と結婚することになった相手がジンジンとは、ジウォンにとっては動揺するほど驚きの事だったようです。ジウォンが戻ってきて以来、ドキドキするジンジンですが、アンソニ―も10代の頃ファンになった初めてのアイドル。

アンソニ―はジンジンに対して少し偏見を持っている様子ですが、共演することでジンジンの純粋さに気づき恋することになり、ジウォンとの三角関係を形成することになりそうです。今後の三人の関係に注目です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11話 視聴率 3.0% 第12話 視聴率 3.0%

quetalsurinoさんより

第11話・12話 あらすじ

アンソニ―(イ・サンウ)が出演する番組の相手役が、ジンジン(ハン・イェスル)だと知り驚くジウォン(キム・ジソク)は、番組で準備した二人の仮想結婚式に参加し、二人の様子を見つめます。

二人が出演する番組「私たち結婚しました」のミッションで、夫役のアンソニ―ではなくジウォンを選択してしまったジンジンは、アンソニ―の反応を心配します。アンソニ―はジンジンの連絡先を聞き、ジンジンは恥ずかしくなかなか番号を言えない理由は、携帯電話の下四桁がアンソニ―の誕生日だったから。。。 

アンソニ―はジンジンがジウォンの幼馴染だと知り、ジンジンはジウォンが兄の存在を内緒にしていたことにガッカリします。運命の人は必ず出会うと意味深げな発言をし、二人の間には微妙な空気が流れます。

10代の頃から熱狂的なファンだった相手、アンソニ―との仮想結婚にソワソワするジンジンと、初恋の相手と再会し、友人として側にいる複雑な気持ちのジウォン。アンソニ―はジンジンがジウォンのただの幼馴染だと聞かされ、ジンジンの意外な姿に少しずつ彼女に興味を持ち始めます。

アンソニ―と二人きりで食事をすることになったジンジンは、緊張のあまり落ち着かない時間を過ごします。大好きだったアンソニ―との食事の話を嬉しそうに語るジンジンの話をジウォンは静かに聞きます。ゴキブリに驚き悲鳴を上げたジンジンに気づき、ジウォンは急いで彼女の部屋に駆け付けます。

しかし、部屋のドアノブが壊れて外に出られなくなった二人は、10代の頃に戻ったように楽しい時間を過ごし、いつの間にか眠ってしまったジンジンをジウォンが見つめます。

第11話・12話 感想

ハン・イェスルのロマンスコメディって、やっぱり面白いです。「ファンタスティックカップル」は大好きなドラマの一つで、最初は同じイメージ過ぎると思っちゃいました、似ていて全然違います。ハン・イェスルはキュートで、ファッションも素敵!相手役のキム・ジソクがすごくいいです。ガッカリした時や困った時に見せる微妙な微笑みが、彼の気持ちを隠していることが分かるので、寂しく見えちゃいます。逆にそこが好きになりました。

芸能人になっても昔好きだったアイドルのアンソニ―は、ジンジンにとっては雲の上の存在。ジンジンの携帯電話の番号がアンソニ―の誕生日だったとは。。。 35歳のジンジンとは世代が違いますが、同じような経験があり、その気持ちすごく分かります。一緒にいると緊張しますよね!

予期しない三角関係が始まりますが、一人は昔大好きだったアイドルで、現在も憧れを抱いている相手。もう一人は学生時代の甘く酸っぱい初恋。何十年と会っていない間、幼馴染のジウォンが記憶にあった少年ではなく、男性として成長したことに気づいた時、本格的なジンジンの悩みが始まりそうです。

一方のアンソニ―も落ち着いた大人の雰囲気で、全く欠点なんてなさそうなイメージなので、これまた今後のジンジンにとって悩みの種となりそうですね。ジンジンへのアンソニ―の気持ちの変化があった話なので、本格的な三角関係がスタートしそうです。

突進するバイクからジンジンをかばって手首を怪我したジウォンでしたが、ジンジンは彼の怪我が運動中のものではなく、ジンジンを助けた時にできたものだと気づくのでしょうか。眠ったジンジンを見つめるジウォンの眼差しが切なく見えてしまいました。今後の展開にドキドキします。

ロマンティックコメディって観ていて気分がよくなります!

20世紀少年少女 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

 

20世紀少年少女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー