操作~隠された真実 (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●LaLa TV全16話(2018/7/4から)月~水曜日13:30から 字幕
●韓国放送2017年7月24日~9月12日

操作~隠された真実   全32話(35分) ※16話
2017年放送 SBS
平均視聴率 11.08% 시청률
操作~隠された真実 DVD-BOX1
あらすじ

柔道選手のムヨンは、ドーピング疑惑により柔道界を追放された上に、記者だった兄を殺害されてしまう。兄の死の真相を探るため、ムヨンは手段を選ばず奔走する。

キャスト

ナムグン・ミン ハン・ムヨン 愛国新聞記者 トラブルメーカー
オム・ジウォン グォン・ソラ 仁川地検最年少検事
チョン・ヘビン オ・ユギョン 大韓日報の記者
ユ・ジュンサン イ・ソクミン 大韓日報社会部伝説の記者

ムン・ソングン ク・テウォン 大韓日報常務
チョ・ヒボン ヤン・ドンシク 愛国新聞社主、ソクミンの友人
キム・ガンヒョン イ・ヨンシク 愛国新聞記者
パク・ギョンヘ ソ・ナレ 愛国新聞記者
アン・ジフン ヤン・サンホ 愛国新聞記者

パク・ソンフン ナ・ソンシク 大韓日報記者
オ・アヨン コン・ジウォン 大韓日報インターン記者

パク・ジヨン チャ・ヨンス ソウル中央地検特捜1部長検事
チョン・ヒテ パク・ジヌ ソラの部下、検察捜査官、6級係長捜査官
パク・ウォンサン イム・ジテ 仁川地検部長検事

スタッフ /脚本:キム・ヒョンジョン 演出:イ・ジョンフム
コメントにて随時感想募集中です。

2017年SBS演技大賞月火ドラマ部門男最優秀演技賞 ナムグン・ミン

 

第1回 11.60%
第2回 12.60%
第3回 10.40%
第4回 12.50%
第5回 11.30%
第6回 12.00%
第7回 9.50%
第8回 12.10%
第9回 10.30%
第10回 11.80%
第11回 10.10%
第12回 11.40%
第13回 9.90%
第14回 11.40%
第15回 10.60%
第16回 12.20%
第17回 9.70%
第18回 11.20%
第19回 10.20%
第20回 11.60%
第21回 9.60%
第22回 10.90%
第23回 9.90%
第24回 11.60%
第25回 10.00%
第26回 11.60%
第27回 10.30%
第28回 12.20%
第29回 10.30%
第30回 12.40%
第31回 11.00%
第32回 12.40%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●真実を暴いていく社会派ドラマに興奮!情報を捜査する巨大組織の存在に気づくが、果たしてドラマの結末は?

見えるものがすべて真実ではない。メディアや記者の在り方、何が真実で何が作られた真実なのか、裏切り裏切られ、このドラマがたどり着く最後が何になるのか、ハラハラする展開が続く社会派ドラマでした。真実を暴くために一生懸命な記者、ハン・ムヨン(ナム・グンミン)と検事クォン・ソラ(オム・ジウォン)の熾烈な戦いを、時には激しいアクション、時には予想をはるかに上回るような逆転が続き、本当の真実に近づいていく様子にスリルまで感じるほどでした。

どんな状況でもぶれることのない記者ハン・ムヨン役を演じたナム・グンミン。「明日素敵は日」の優しいイイひとのイメージが強かったナム・グンミンが「匂いを見る少女」で悪役に挑戦し、「リメンバー」や「美女コンシム」に至るまで様々なキャラクターに挑戦してきましたが、「キム課長」で演じたお金のためなら何でもする?卑劣な男キム・ソンニョンの姿が今でも鮮明に残るほど。。。 ドラマの前半では、時々キム・ソンニョンのイメージと重なって見えました。最近、ナム・グンミンが出演したどのドラマも当たりのようで、面白い。

不正を告発しようとしたために命を落とすことになった兄の死の真相を暴くため始まったハン・ムヨンの戦いは、お金儲けの手段として存在するジャーナリズム。真実を伝える立場のジャーナリズムが権力に操られ、見落とすほど小さな手がかりから始まった真実への戦いは予想もしない巨大組織との対決となりました。

正義感の強い記者、イ・ミンソク(ユン・ジュンサン)と、ムヨン、そして引き下がることを知らない検事、ソラの協力のもと、やっとその組織を暴けそうになったところで、ドラマが終わりました。最後に、逆転があったのかなかったのか微妙でしたが、決定的な証拠が入っていると思われるタブレットが発見されたこと。巨大組織が再び操作する可能性を示唆し、恐れを知らないムヨン達によって、嘘の真実が真の真実へと変わっていくチャンスがある・・・。真実に近づきドラマは終わる。

【エンディング・結末】

正義はかつ!的なエンディングではなかったことは、ちょっと残念ですが、最後まで誰を信じて、何を信じるか、忍耐を持って追及してきたムヨンのやり方は完璧ではなかったけど、理不尽な状況を変えるために必要なことは、勇気をもって行動することとの、強いメッセージを残したドラマで、逆転に逆転を繰り返し、息をつくこともできないほど緊迫した瞬間もあり、韓国ドラマ的な方程式で描かれる社会派サスペンスドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー