W 韓国ドラマ(二つの世界) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV (2017/12から) 字幕
●BSジャパン(2017/8/18から)金曜日10:01から 字幕
●KNTV(2017/8/21から)集中再放送月~土曜日7時から 字幕
※話数ごとのあらすじと感想は一番下に記載しています。

W -二つの世界 (-君と僕の世界-)  W 더블유 全16話
2016年放送 MBC
平均視聴率 11.6% 시청률
 W -君と僕の世界- DVD SET1(お試しBlu-ray付き)
W – 二つの世界 W 더블유 公式サイト
あらすじ

ウェブマンガ「W」の主人公である大財閥のカン・チョルと、現実世界に生きる好奇心旺盛な外科医オ・ヨンジュが、現実と仮想世界を行き来しながら繰り広げるスリリングなドラマ

 2016y08m09d_224622414
W – 二つの世界 W 더블유 相関図
キャスト

イ・ジョンソク カン・チョル JNグローバル共同代表 元オリンピック射撃金メダリスト 天才
ハン・ヒョジュ オ・ヨンジュ ミョンセ病院胸部外科、レジデント2年

チョン・ユジン ユン・ソヒ カン・チョルの秘書
イ・テファン ソ・ドユン カン・チョルの用心棒

キム・イソン オ・ソンム ヨンジュの父親で漫画家

パク・ウォンサン カン・チョルの父親
ナム・ギエ キル・スソン ヨンジュの母親

キム・ナウン カン・チョルの母親

ホ・ジョンド パク・ミンス ミョンソン病院胸部外科専門医

カン・ギヨン カン・ソク・ボム 胸部外科レジデント2年

イ・シオン パク・スボン ソンムの弟子

リュ・ヘリン ソンミ ソンムの弟子

スタッフ /演出:チョン・テユン 脚本:ソン・ジェジョン
コメントにて随時感想募集中です。

第1回 8.60%
第2回 9.50%
第3回 12.90%
第4回 12.90%
第5回 13.50%
第6回 12.20%
第7回 13.80%
第8回 12.20%
第9回 11.30%
第10回 12.30%
第11回 12.20%
第12回 11.10%
第13回 11.90%
第14回 10.90%
第15回 11.40%
第16回 9.30%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
mariko63さんの感想より

新しい韓流ドラマの世界が始まった!

韓流ドラマといえば、恋愛・出生の秘密・交通事故がストーリーのキーポイントになっている場合が多いです。そうでなければ、歴史物ドラマですよね。

でも、この「W」は良い意味で、今までの韓流ドラマのイメージを完全に壊してくれました!未来と現在を行き来するファンタジーでありながら、サスペンス!そして恋愛の要素も入っているので、放送時間中、息をつく暇もありません!

主演俳優は若手注目俳優のイ・ジョンソクさんと、「トンイ」で有名なハン・ヒョジュさん。イ・ジョンソクさんは「学校2013」に高校生役で出演していた時に、あまりにもイケメンなので注目し始めたのですが、今作でも漫画主人公にふさわしい、現実離れした美しさが目を引きます。漫画を読むとき、読者は主人公の姿を自分の頭の中で最高にかっこいい姿に想像しながら読むと思うのですが、このドラマでは、人々の想像よりもずっとカッコイイ姿のイ・ジョンソクさんです。そして相手役のハン・ヒョジュさんも、相変わらずの可愛らしさで女性主人公を好演しています。

漫画の中と現実世界を行ったり来たりする物語というと、配役を少しでも間違えると安っぽい出来のドラマになりそうですが、演技派女優で知られるハン・ヒョジュさんと、安定した演技のイ・ジョンソクさんの2人が、カッコイイ世界観を作り上げています。

このドラマの脚本家は2013年のドラマ「ナイン」で有名になったソン・ジェジョン作家なので、ストーリーの面白さと仕掛けの精巧さは保証付きです。

早くも2016年一番記憶に残るドラマが決定したかも知れません。

 

話数ごとのあらすじと感想はこちら

quetalsurinoさんより
W -君と僕の世界- (二つの世界) 第1話・第2話・3話 あらすじと感想
W -君と僕の世界- (二つの世界) 第4話・第5話・6話 あらすじと感想
W -君と僕の世界- (二つの世界) 第7話・第8話・9話 あらすじと感想
W (韓国ドラマ) 二つの世界 第10話・第11話・12話 あらすじと感想
W 2つの世界 第13話・第14話 あらすじと感想
W -君と僕の世界- (二つの世界) 第15話・第16話(最終回) あらすじと感想

「イ・ジョンソク」はW以降、2016年韓中共同ドラマ「翡翠恋人」の主演を演じています。新しくはウェブドラマ(最近韓国で流行り)の「原題:初キスだけ6回目」に出演が決まったようです。イ・ジュンギ、ジ・チャンウク(仮面検事)、パク・ヘジン(チーズインザトラップ)、EXOのKAIのほか、2PMのテヨンなども出演する予定で放送は未定。

2016年11月16日から新たに放送されるドラマ「原題:ウェイトリフトの妖精 キム・ボクチュ」に特別出演する予定で「ゴッホ、星が輝く夜に」でも特別出演して話題になりました。

追加情報

「イ・ジョンソクは「W」で2016MBC演技大賞の大賞を受賞」

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー